• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月10日

フェラーリの苦悩



昨日行われた2016 F1 日本GPはニュース等で報道されている通り、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグのポールトゥウィン、おまけにメルセデスAMGのコンストラクターズチャンピオンも獲得。ダイムラーグループおよびドイツにとっては、良い一日だったかと思います。ただ、ハミルトンのスタートは仕方ないね。それだけカーボンクラッチシステムデバイスは難しいという事でしょう。

逆にフラストレーションが溜まったのはスクーデリア・フェラーリでしょうか。マシン、パワーユニット、パイロットたるハードウェアは申し分なし。ただし、レースタクティクスシラバスは疑問を感じるのはベッテル、ライコネンの両パイロットでしょう。レースにおけるタクティクスはタイヤチョイス、スティントタイミング、トラック状況、トラフィック、アンダーカット、ステイアウトのタイミングがベターで無いと勝てない事は百も承知。昨日のレースを見てポディウムに立つのは、あまりにも悲惨としか言えない。速いマシンだけに残念ではあります。鈴鹿サーキットトラックはパイロットの腕もそうだが、タイヤにとってもかなり過酷であること。トラック温度が25度ならば、タイヤは柔らかめのミディアムをチョイスしますが、それではライフが持たない。各チームがミディアムを最初にして、あとからハードをチョイスする理由はスティント回数を減らさないと鈴鹿サーキットトラックはオーバーテイクは難しいからだと認識しているから。ラジオでベッテルが「バカらしい」と盛んに叫んでいたのはオーバーテイクが出来ない事への不満かと思います。それに最終スティントでハードではなくソフトタイヤに交換した事は、またチームタクティクスの疑問が噴出。これは多分、レースを知らないフェラーリCEOの判断でしょうか。アリバネーネ・チーム代表も苦悩しているかと思います。

イタリア本国でも経営学出身であるフェラーリCEOにレースタクティクスが分かるのか?との声は真実だと思います。シーズン途中でチームを離れたジェームス・アリソンを考えると、有能なレースエンジニアを解雇した事で、またフェラーリの悪い伝統が始まったかと思います。

ベッテルもライコネンもポディウムに立てたのに、結果的にチームタクティクスの誤算で失った事は、まだまだ苦悩は続くかと思います。
ブログ一覧 | モータースポーツ | スポーツ
Posted at 2016/10/10 08:54:06

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「足が痛って~、治るのかな?不安になってきたよ。因みにまだ「杖」が無いと歩けません。」
何シテル?   07/28 09:29
パワーハラスメントによるストレスで自律神経機能不全で病院に通院中。発病してから19年が経過したが、未だに当時の上司、同僚等の謝罪は一切無し。 精神的、肉体的苦...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

122 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
2台目レガシィのCBA-BP5Dです。 やはりレガシィは良いですね。乗っていてクルマと ...
日産 ノートeパワー 日産 ノートeパワー
ノートe-POWERの加速を舐めてもらっちゃ困るぜ。
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
4WDターボにハマッています。レガシィは最高・・・と言いたいところですが色々とマイナート ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
初代レガシィ君が引退したのでメイン車となりました。新古車でしたが良い価格でした。装備もD ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.