• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月10日

フライバイワイヤにおける操縦桿の動き



フランス空軍公式PVがあったんですね。

その一環として、通称「アルファフライト」と言う、戦闘機単機によるデモフライト。その一つがダッソーラファールのアルファフライトですが、注目して欲しいのは、右サイドにある操縦桿の作動量ですね。少し動いているのがわかるでしょうか?

ダッソーラファールもデジタルフライバイワイヤですので極端な事を言えば、操縦桿は動かなくても操縦桿にあるGセンサーでフォースコントロールにより補助翼を動かす事が出来ます。実際に米国当時のジェネラルダイナミクスYF-16は全く操縦桿が動かなかったと聞いています。同時にラダーペダルもパイロットの足によるフォースコントロールでラダーを動かしています。つまりラダーペダルも動かず。

だが、そこは人間ですので、僅かな作動量で操縦桿が動くことにより、パイロットが安心出来るというか操縦している実感があるようです。それを考えれば、ダッソーラファールの操縦桿は、まだ作動量は大きいようです。

また、F-18やユーロファイター・タイフーンなどは、昔の機械式操縦桿のように作動量が大きい戦闘機もあります。安心感が違うようですよ。

それに今の旅客機もフライバイワイヤですが、エアバスのようにサイドスティック(操縦桿)方式ですが、ボーイングは人間感覚優先事項で昔のホイールコントロール方式でのフライバイワイヤです。

当初はサイドスティック(操縦桿)方式は違和感があったようですが、慣れれば問題無いとのエアバスの答えではありますが、やっぱり動いた方がパイロットは操縦しているという実感がありますからね。

人間の感覚とは不思議なモノです。
ブログ一覧 | 航空機 | 趣味
Posted at 2016/10/10 20:26:57

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「雨が降りそうで降らない。」
何シテル?   06/27 14:41
パワーハラスメントによるストレスで自律神経機能不全で病院に通院中。発病してから19年が経過したが、未だに当時の上司、同僚等の謝罪は一切無し。 精神的、肉体的苦...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

話題ですね~! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/06 16:36:01

ファン

123 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
2台目レガシィのCBA-BP5Dです。 やはりレガシィは良いですね。乗っていてクルマと ...
日産 ノート 日産 ノート
ノートは良いですね。 NISSANの意気込みが伝わるクルマです。 走って良し、燃費も ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
初代レガシィ君が引退したのでメイン車となりました。新古車でしたが良い価格でした。装備もD ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
4WDターボにハマッています。レガシィは最高・・・と言いたいところですが色々とマイナート ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.