• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年11月28日

旋回率の良さとは、こういう事だ。



先日、行われた航空自衛隊築城基地航空祭でのF-2Aによる二機に機動飛行。

F-2Aの性能をいかんなく発揮したデモフライトだったと思います。過去に旋回半径と旋回率についてアップした事がありますが。

コチラをクリック。

文語では伝えにくく理解しにくいと思うので、実際に映像を見れば分かるかな?

低速度での水平8の字も凄かったですが、特に映像では3:00くらいかな?ハイスピードで進入したF-2Aは速度エネルギーを維持したまま360度ターンしてオフして行きましたね。その時の機速が落ちず、「スパーッ」と空気を切り裂くように飛ぶF-2Aは惚れ惚れしますね。そこに旋回率の良さが伺えます。

旋回率とは角速度の事ですね。旋回半径も重要ですが、現代の戦闘機は旋回率で決まります。ロールインからロールアウトまで機速が落ちないと言う事は余剰推力、通称は「SEP」と言いますが、それにデジタルフライバイワイヤのモードである「RSS」と「DLC」モードによる事と主翼のみならず、スタビウィングと胴体からも揚力が発生し、また空気抵抗が少ない同機からの特性が光っていますね。それに映像のF-2Aには主翼下にはパイロンがあるのでクリーン状態から比べれば抵抗が大きくなりますが、それをモノともしない強みがF-2Aにはあるのです。

F-16C CCIP(BLOCK52)とでは同じエンジンであるGE製F110-GE-129ながら、自重が重い不利とされるF-2Aと遜色はありません。

主翼を一体成形型カーボンファイバー製による軽量化と適切でしかもいかんなく発揮出来るデジタルフライバイワイヤのスケジューリングが良かったかと思います。

MADE IN JAPANのデジタルフライバイワイヤを甘く見ては困りますよ。
ブログ一覧 | ミリタリー | 趣味
Posted at 2017/11/28 19:45:49

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

櫻井さんの9days ・・・ 7/9
P.N.「32乗り」さん

4年振りの大雪・・・
あうてちさん

窮地に陥った時にこそ垣間見れる正体 ...
Hiiroさん

現在開催中のキャンペーンのお知らせ
シュアラスターさん

東京で4年ぶりの大雪。続編
蒼8@F23さん

転ばぬ先の杖!
アマンド7さん

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「ドクターの診断によると「インフルエンザおよび肺炎の疑いがあり」なんだそうだ。それに高熱も続いているので節々と腰が痛いッス。」
何シテル?   01/23 11:07
パワーハラスメントによるストレスで自律神経機能不全で病院に通院中。発病してから20年が経過したが、未だに当時の上司、同僚等の謝罪は一切無し。 精神的、肉体的苦...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ファン

122 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
2台目レガシィのCBA-BP5Dです。 やはりレガシィは良いですね。乗っていてクルマと ...
日産 ノート eパワー 日産 ノート eパワー
ノートe-POWERの加速を舐めてもらっちゃ困るぜ。
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
4WDターボにハマッています。レガシィは最高・・・と言いたいところですが色々とマイナート ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
初代レガシィ君が引退したのでメイン車となりました。新古車でしたが良い価格でした。装備もD ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.