• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

☆GE90仝のブログ一覧

2014年10月31日 イイね!

結局、シロだった



異音発生に伴い、真っ先に疑ったのはオルタネーター。

回転系としては当然と言えば当然の疑惑の目が向けられます。ただし、今回はシロでした。疑った三菱電機150Aオルタネーターごめんなさい。

このオルタネーターは国内向けでは無く、国外向けでパーツは日本国内で製造し組み立ては台湾でアッセンブルしています。SCコイルを採用して発電容量が最高で150Aですからね。

スバルオーナー者としても、このオルタネーターは魅力的かと思います。ただ、最高が150A容量があっても実際に使用することはまずあり得ないのですが、アイドリング時の発電容量がアップしていますし、アイドリング時の電気負荷に応じてカバー出来るオルタネーターは頼もしい味方ではあります。

おさーんが計測した結果ではアイドリング時で電力最大負荷で75Aはクリアしていましたので、まずバッテリーが上がる事はありません。電流計、電圧計を見ても確認出来ました。またSCコイルですので低抵抗はエンジン負荷を軽減する意味でも有利です。

ですが、やはりオルタネーターと言えばデンソー製が一番でしょうね。ご存じの通り、デンソーはトヨタ傘下の会社。理想を言えばデンソー製オルタネーターがスバルにも採用してくれれば言うことはありません。

トヨタ車に乗って居るオーナーの方々、まずバッテリーが上がる事はないでしょうね。オルタネーターがデンソー製ならば心配はありません。

天下の三菱電機もオルタネーターに関してはデンソーには負けますね~
Posted at 2014/10/31 22:40:04 | トラックバック(0) | レガシィ | クルマ
2014年10月31日 イイね!

トーチング



今は退役したオーストラリア空軍、F-111Cのトーチングまたはフェーエルダンプバーンです。

単なるアフターバーナー時に燃料投棄するとアフターバーナーの火で投棄した燃料が燃える現象です。

と言う事は、ある意味T-2ブルーインパルスが離陸時やソロ機が360度ターンするときも炎が上がりますので、あれもトーチングの一種かもですね。

ただ、T-2ブルーインパルスの場合は事情が違います。
Posted at 2014/10/31 21:04:25 | トラックバック(0) | ミリタリー | 趣味
2014年10月31日 イイね!

今月もよく走りました~



10月分のノート走行距離数です。

なんだあかんだあと言っても、月に1000kmは走っていますね。
Posted at 2014/10/31 19:48:36 | トラックバック(0) | ノート | クルマ
2014年10月31日 イイね!

異音原因解明



外気温度が低いとき、エンジン始動と共に「フィーッ」という高音域が異音が発生した箇所が解りました。

当初はオルタネーターかと思いましたが、スペアのオルタネーターに替えても異音発生は持続することが解り、セカンダリーとして注目されたパワーステアリングポンプからの異音発生と解明したようです。多分、ポンプベーンでは無くリリーフ弁からだと思います。赤四角がパワーステアリングポンプで、白四角がオルタネーターです。

何故、リリーフ弁から異音が発生するかは不明ですが、思うに中古車で購入したレガシィですので、ある一定期間展示状態であった。当然ながらエンジンは回さないし走る事も無い。と言う事はパワーステアリングフルードが留まり、それがリリーフ弁の開閉力に影響を与えたかと思われます。

まず、どのクルマもハイドロによるパワーステアリングポンプからの異音発生は希で、しかも異音発生頻度は低いようです。ですが、時には異音発生しますが、殆どがフルードを交換すると異音は収まります。

今回の事例はフルードを交換しても変化が無かった事から、異音発生デバイスはリリーフ弁と結論したようです。ですが、リリーフ弁が不具合を起こしたから、それだけを交換することはまず不可能であるので、パワーステアリングポンプのリビルト品に交換する事になりました。約2諭吉ですが、急なハンドル不具合により走行支障するよりかは安全策を優先しました。

リリーフ弁はハイドロによるパワーステアリングにとって最重要デバイスですので、ハンドルが重くなる可能性も否定出来ないのも確かです。兆候はありましたね。どうも春先からハンドルが重いなとは感じていました。

今回の事例はスバルDらーも初めての事だそうで、また比較的新しいBP5レガシィでの事案ですから原因解明が遅れた要因かと思います。もし、スペアのオルタネーターが無かったら、益々原因解明に時間が掛かったかと思います。EJ20系エンジン仕様のオーナーの方々はご注意を。

と言う事で、リビルト・パワーステアリングポンプを発注しパーツが来るまで数日はかかると言うことで、まだまだレガシィの入院は長引くようです。仕方ないですが出費が痛い~
Posted at 2014/10/31 19:25:08 | トラックバック(0) | レガシィ | クルマ
2014年10月31日 イイね!

これでデフも大丈夫だ



おはようございます。

北部九州はどんよりとした天気で雨の予報も。明日から11月ですが、例年、文化の日の前後は天候が恵まれていましたが今年は例外のようです。文化の日の「空自入間基地祭」は雨でしょうか。

レガシィが謎の異音で未だに原因解明の為に入院中ですが、平行してフロントドライブシャフトブーツの交換作業を行うに鑑み、デフオイルも交換です。

SUNOCO BRILL 75W-90ですが、SUNOCO BRILLと言うとレーシングオイルという感じはしますが、ストリートでも問題ありません。長期安定の保証、高信頼性、あらゆるデフに適合したベースオイルのチョイス、それに期待を裏切らないパフォーマンスはSUNOCOしかないと思いますよ。

意外にデフオイル・チョイスは難しい局面ではありますね。レーシングマシンのようなデフオイルクーラーとかテンパーチャーを計測するデバイス等もないですから。

入れたら最後、あとはデフオイルの任せるしか無いのが現状かと思います。普通にデフが正常に動作することが大事。異音やコーナリング中のギクシャク感も全く無いのを維持出来るのは、かなり難しい事ではあります。

スバルAWDは確かに良いですが、その核となるデフオイルはエンジンオイル以上に慎重にチョイスしなければならないケミカルだと思います。

ただ、こちらでは店頭販売していないのが残念ではあります。
Posted at 2014/10/31 06:07:03 | トラックバック(0) | レガシィ | クルマ

プロフィール

「寒~い、外気温度が3.0℃だって。」
何シテル?   11/17 06:17
パワーハラスメントによるストレスで自律神経機能不全で病院に通院中。発病してから20年が経過したが、未だに当時の上司、同僚等の謝罪は一切無し。 精神的、肉体的苦...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/10 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファン

122 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
2台目レガシィのCBA-BP5Dです。 やはりレガシィは良いですね。乗っていてクルマと ...
日産 ノートeパワー 日産 ノートeパワー
ノートe-POWERの加速を舐めてもらっちゃ困るぜ。
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
4WDターボにハマッています。レガシィは最高・・・と言いたいところですが色々とマイナート ...
マツダ デミオ マツダ デミオ
初代レガシィ君が引退したのでメイン車となりました。新古車でしたが良い価格でした。装備もD ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.