• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2007年02月14日

U-R か?

本日、我がFamilia S-Wagon A-spec. 零式 

は 法定12ヶ月点検を受けてまいりました。

なかなか厳しい結果の診断結果となっております。

色々と改善を試みてきたアイドリング不調問題でしたが、これの根本的原因は

エアフローにあるのではないか?

という診断結果です。

ですが、我がA-spec.零式にはサブコンがくっついているので、普通にECU診断したら思いっきりアイドリング時の電圧が違っているので、そりゃエラー臭い結果にはなるんじゃなかろうかと・・・。

あとになって思った次第です。

エアフロセンサーって、何気に\40,845もするんです。

色々買い物しすぎたこの時期にそのお金は出せません。
第一、ECU診断といっても、サブコンでの調整されたデーターをおそらく読んでいる筈なので変な結果が出てしまっても当たり前というか・・・確かにエアフロもタレてはきてると思うので、一概に「それは違う」と言えないわけですが、診断結果も微妙な所があるので、やっぱりこっちは様子見。
最近その症状出ていないので、暫く乗ってやっぱりその症状が頻繁に起きるようであれば「検討する」って感じでしょうか。


そして、第二の診断結果。

前々から問題視していたリアのブレーキホースの取り回しの件について。

これはもう100%のダメ出しがでました。
そうです、素人が見ても無理についているのはわかるくらいですからね、そりゃダメだって言われるに決まっています。

そこから導き出された回答がどんなものかといいますと。

「リアのショックをノーマルに戻すべきです。もしくはきちんと適合している物に取り替えることを強くお勧めします」

とのこと。

待ってください・・・

リアの足をノーマルに戻したら、これでもかっ!っていうくらいお尻が跳ね上がってしまいます。
ただでさえリアの車高は高くしたくないのに、これでリアのショックをノーマルに戻してしまったら、今まで培ってきた何かとプライドを全て捨て去ることになってしまうじゃなですかっ!

とはいえ、ブレーキホースそのものは直さないとほんとヤバイので、そこをどうにかしなくてはなりません。
でも、A-spec.零式としては、足回りをノーマルに戻すことなど・・・。
物凄い葛藤の嵐です。

つまり、その仕様にしたら今までのようなドライヴはもうできないということで、生産が終了して久しいS-wagonの適合パーツなどもうほとんど残っていない状態ナ訳です。
つまりそれは、A-spec.零式の死を意味するわけで、もうこれ以上この車で走る続けることは無理だと言うことになるのです。
8年愛したこの車と、ついに別れる時が訪れたようです。

頭を抱えながら、ディーラーの中古車展示場を眺めていると、赤い車の気になるテールが目に飛び込みました。
そそくさと見に行き、隣に止まっていたH8年式の「カレン」に目が移ります。

5速マニュアル車・・・

しかも価格がかなり安い・・・しかもトヨタ車。
小雨の振る中じろじろ見ると、左側のサイドステップがハデに損傷しているではないですか。
でも2LNAで5速のトヨタ車で古めの車と来れば・・・。
などと妙な気を起こしそうになりましたが、カレンっていう時点でまた凄まじいマイナー車です。
しかもアルミが入っている程度のド・ノーマルチックな激安な車は、どうせろくなものじゃないんです。
しかもこんな古いマイナー車でやっていくんじゃ、今の貧乏生活ではやっていけません。

却下。

その隣に、黒いFDが目に付きます。
32Rのようなホイールをくっつけてある、一通り手が入っていそうな黒いFDが123万(検ナシ)

私は思うのです。

FDなら・・・これは求める物を全て持っている・・・。
でも123万もするのか・・・

が本音です。

乗りたいけど、無理ですRX-7なんて。
(正直REの中古車に物凄い恐怖心を持っている私)

ここまで話を引っ張って、ようやく目に止めていた赤い車に目を移します。

アコードセダンか・・・悪くないよね、98万だし(検ナシ)。

いえ、よく見ると違います「トルネオユーロR」です。
2.2LのVTEC搭載車両って事じゃないですかっ!

正直この時代のHONDAの車嫌いじゃないです、ぱっと見て引き付けられら何かは、私に新しい何かを予感させました。
これは、大人になるチャンスかもしれません。
そんな感じの想いが体中に沸きあがるのを感じてしまったわけです。

でも、この車速いの?

という、いつまでも小僧から抜けられない魂が、大人になることを抑止するのです。

第一、パーツあんの?

とか、そういう気持ちが・・・。

小雨の振る中、じろじろ見てみると・・・。
シートはレカロです。
シビックのような本気レカロじゃないですが、大人のレカロが入っています。
(Rだから当然といえば当然か)
5速です、もちろん。
走行距離が7万以下です。
VTECが付いてる2.2Lで、しかもNAです。
半分完成したセッティングシステムがそのまま使えます。

さらにじろじろ見ると、車高調入ってます。

てか、HONDAのこの手の車なら、普通にTEINとかからも出てる気が・・・。

大人になる・・・か。

などなど、凄まじい思いをはせながら、店内へと戻り我がA-spec.零式の帰りを待ちます。
耳に馴染んだ排気音が奥から現れると

「やっぱり降りられない・・・この車から」

という、率直な感情がやはり沸きあがるわけです。
e-01もくっつけて、これから再び始まろうというこの時期に、終止符を打つことはどうしても決心が付かず、さらに足回りをノーマルに戻すなんてありえません。
その小さなプライドを放棄するくらいなら、いっそうのこと・・・。

と、再び向こうに止まっている赤い車に目が移り、凄まじい葛藤が始まるわけです。

直感で引き寄せたHONDAの赤い車か。

酷い出来栄えだけれどコツコツ地道に作り上げた自前の武器にまだ夢を乗せるか。


このまま崩れてゆくだろうソレに何時までもしがみ付くのか、しっかりと握ってきた何かを手放すのか・・・。

物凄い葛藤です。

夢物語だと笑われて叩かれても、それでも続けてきたこの道はどこまで続くのでしょうか。

でも答えは案外簡単だったりします。
捨てきれないプライドがあるのなら、そのプライドを維持する努力をしてみることです。

久々に賭けに出ました。

一度抜けたAPPのブレーキホース。

これが昔と同じ形をしているのなら、私はまだ走り続けることが出来るでしょう。

昔と同じでないのなら、そこで全てが終わります。
ブログ一覧 | 個人的感情 | クルマ
Posted at 2007/02/14 18:46:10

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

車に人生捧げた人種です。 GC8は初心者なので、色々勉強中です。 零式Project. は影利の登録オリジナルブランドです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

EJ20 
カテゴリ:基本情報
2010/06/26 21:49:48
 
GC# SIT 
カテゴリ:STI
2008/01/27 17:05:12
 
カーステーション マルシェ 
カテゴリ:ショップ
2008/01/25 23:21:34
 

お友達

細かいことは気にしませんので、お気軽に!
6 人のお友達がいます
kam^o^kam^o^ * AlfinAlfin
れめれめ のだっちのだっち
大阪マイロ~大阪マイロ~ 銀狼@営業奮闘中☆銀狼@営業奮闘中☆

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
のりもの あつまれ いろんな くるま~ どんどん でてこい たたかう くるま~♪ いろ ...
マツダ ファミリアS-ワゴン マツダ ファミリアS-ワゴン
FCが不動車になったため急遽購入した三代目MYカー。 MSフルエアロで購入、その後1年以 ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
初代を事故で失ったのでその後購入した二代目MYカー。 短い間でしたがロータリーFR TU ...
ホンダ シティ ホンダ シティ
初代MYカー。 いろいろな願いを込めた千羽鶴。 様々な憧れと希望を乗せて、走る楽しさを教 ...

過去のブログ

2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.