車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月13日 イイね!
数年前 友人の兄がこのイベントのポスターを依頼された
しかし 彼は写真から車の絵を描くのだが自分で会場に足を運ぶことが一度もなかった
体調がいい年に一度だけ友人の家族と相談し協力して彼をイベント会場に・・・実車をみる彼の目が
輝いていた そして特に去年他界されたお父さんが喜んでくれた事が心に残る

ちょっと前に友人と食事をしながら兄の体調を聞いた 最近は体調が悪く描く気力も失せて
来てしまっていると・・・写真を沢山撮って 元気になるように兄の所に持っ行くつもりだと
どう?行かない?
その日は お昼にある夫婦とランチの約束があり予約を入れてしまっている
相方に11時までに戻るからと約束して会場に・・・パレード前の集合場所に出向くと
多くのクラッシックカーが出番を待っていた

友人は一台一台 描くことを想定し兄の為にシャッターを切る

何人か知り合いに挨拶をし 初めてのオーナーともお話しできた・・・イベント見学に来ると改めてみんな車が好きなんだな~と 

今回少し残念な思いを体験した 私が怪しい輩に見えたのだろうか?あるお馬の車 すばらしいコンデションに思わず綺麗にされてますねとご挨拶をしたが返事がない・・・きっと聞こえなかったのか?忙しいだろうから仕方がない お話できないのは残念だ
 私もそんな時があるし反省しなければ 嫌な思いをさせてしまった皆さん 本当にゴメンナサイ 今後 気を付けます 何処かでお会いした時はお声を掛けてください

気を取り直しお牛とFを持ち込んだ方にご挨拶 以前違うイベントで隣合わせた方だ お久しぶりDino元気ですか?と覚えていてくれた・・・それを聞いてかお忙しい方から逆に声を掛けられた 恐ろしい現実を体験したイベントである

今回の一番の出会いは 朝一番の市営駐車場である 煙草を一服しているとラリー仕様の車が横を
いい音を残し通り過ぎたすると障碍者スペースに なんだと思いながら見ていると 若いカップルだ 彼女がトランクからスポーティーな車椅子をドライバー側に 颯爽と乗り込み私の居る喫煙場所に坂を下って向かってくる 後輪が浮くブレーキングと切り返し 素晴らしいドライビングテクニックだ
少しの時間 ラリーについて話し込んだ とても爽やかな青年だ 朝一に元気をもらえた気分だった
すると連絡先を教えて頂けますかと・・・断る理由などない 

今日朝一番 メールが今度ゴルデーニ見に行かせて下さいと書き込まれていた
彼との再会が今の私の一番の楽しみになっている・・・ ゆっくり語ろう ありがとう




Posted at 2017/03/13 13:40:15 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月15日 イイね!
車好きの 夢の箱

   それはガレージやカーポート

ただ車を置いておく場所じゃない

子供の頃 廃材や洞穴 倉庫の隙間など見つけては隠れ家を・・・
トタン一枚の屋根 窮屈な隙間
そこが 何故か不思議なくらい落ち着くんです 

屋根や壁 自分の宝物や仲間と過ごす空間 そして流れる時間

決して豪華じゃなくてもいい 心地よさを感じれる空間

                      ・・・みんな憧れた

私もまさしくその中の一人 昔 雑誌の記者さんがガレージを取材させて
欲しいとイベント会場で言ってこられた スミマセン 私はガレージ
を持ってないんですよ 周りは壁のカーポートなんですよと
丁重にお断りさせて頂いた

               ・・・それでも そこは私の夢の箱なんですと

みんカラで 金八ジネッタ氏のプログをたまたま拝読することに
すると夢の箱を自らの手で楽しまれていた それは驚きの連続

二年前 山奥に隠れ家を見つけた そこには納屋があった 納屋があったから
そこにしたのかは 言うまでもない
初めてのDIY 納屋からガレージへと姿を変えていくことに
ウッドデッキ 雪見囲炉裏小屋と夢が次々と現実にと・・・

春に金八ジネッタ氏達による 夢のガレージライフを実現するイベント
「ガレージング ピクニック2nd」が開催されると情報を得た

興味のある方は覗いてみてください 子供の頃の気持ちを再び感じられるかもしれませんよ
https://camp‐fire.jp/projects/view/18423
で私は知りました

皆さんの夢の箱のブログを聞かせてくださいね






Posted at 2017/02/15 16:06:04 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月10日 イイね!
Dinoの生い立ちについて語ろうと思うと本の一節「王の道」なる解説がなくては語れない
その本とは「スーパーカー誕生 」 著 沢村慎太郎氏の著書のことである

この著書によるとランボルギーニミウラがスーパーカーの道を示し デ・トマゾ マングスが後を追い
ハイパフォーマンス公道ミッドシップ時代が始まると・・・

その当時フェラーリはF1も 2座のレーシングカーもミッドシップレイアウトに移行し戦っていたが しかしロードカーはFR方式を選択し続けた 水面下では公道用ミッドシップをピニンファリーナと模索をし始めていたのだが・・・

そして2座レーシングマシン ディーノ206Sをプロトのようにしピニファリーナ側は提案するが
「あれはフェラーリのロードカーとして あらゆる面で調和が足りなかった」とフェラーリ技師が語り
なかなか進まない その後やっと第三試作車 206gtの名で作られたのである
しかし横置きエンジン 横置きトランスミッション設計を変更されていたのだった

この著書の中でⅤ6の生みの親 ヤーノが紹介されている ランチア・アウトレリアのⅤ6の生みの親
でありDinoのエンジンの開発者であると・・・
その意味は愛息アルフディーノの作品ではないということで ヱンッオの過大宣伝ではと・・・

しかしこの時代 ミッドシップ2座マシンのレーシングカーのノーズには跳ね馬ではなくDinoのエンブレムが付き60年代中盤以降ミッドシップでレースを戦っていた  レースカーの開発に強い思い入れのあった愛息のディーノの名前を付けたのはレースカーからなのであると私は思うんですが(?)

そして2座レースで輝かしい成績を残したディーノ206Sの栄光のイリュジョンを散りばめ 商品の売りにする戦法だったと だからフェラーリではなくディーノでなければならなかったと・・・

そして60年代当時のレースを知るものにはDinoは栄光のキーワードであり横長の黄色い四角形のエンブレムをオーナーは誇りとすべきなのだ と書き締めておられる

                   ・・・興味のある方は読んでみてください おもろいです
Posted at 2017/02/10 20:40:36 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月16日 イイね!
遅くなりましたが明けましておめでとうございます 皆様新年をどうお過ごしでしょうか?
 
私は年末の大掃除をバタバタとこなし 家族と新年を迎え 末娘の成人式を終え 仕事と新年会に
追われる日々を過ごしております

カーライフにつきましてはFj君のスタッドレスタイヤを新調したくらいです
メカニック君が昨年もう変えましょうと選んでくれました 無頓着な私はどのメーカの物が性能的に
いいのか調べようともせず 宜しくねと・・・するとブリザードが着いて戻って来たんです

メカニック君曰く このタイヤなら間違いないからと 雪深い隠れ家に安心して遊びに行ってくれと

この数日 全国的に寒波到来 隠れ家はもう雪景色だろうな 雪見囲炉裏の出番だなと 気持ちは行きたいのだがなかなか出向くチャンスが無くモヤモヤの日々 すると メールが・・・

バイク仲間の青年からだ 子供に雪遊びさせたいから隠れ家に日曜居る?との連絡
土曜日は新年会だから 来るなら食材買って朝から向かうよと返事
お願いします子供達楽しみにしていますとの事・・・おじいちゃん頑張るからと新年会を深夜1時には
早帰り

日曜の朝 外をのぞき小豆の散歩 地元まで軽く雪景色 雪は止んでいる・・・
相方は私が買い出しから帰ると 雪遊びするほど積もっているのかしらと 言いながら
眠そうに自分の雪装備を・・・

川沿いには 所々圧接された雪が このタイヤいい仕事してると私でも分かるです
いいチョイスしてくれました

しかし 徐々に周りの景色が変わってくるは 途中には本日 温泉休館の看板が・・・嫌な予感

大型の除雪車が走り回っている 相方も不安そうな顔つきに(二年目の隠れ家 去年 暖冬でそれ程でもないと思っている・・・) 村に入ると村人が玄関先を雪かきをされている姿があちらこちら

相方もこの現実を目の当たりにして隠れ家大丈夫かしらと言い始めた・・・

道沿いは除雪され高性能のスタッドレスタイヤの恩恵で隠れ家に到着出来たのですが問題が・・

先に到着していた青年は雪見囲炉裏まで雪を払いのけ辿り着いてはいるが敷地内に車が入れない
状態である 当然 Fj君も入れない 高性能スタッドレスタイヤでも無理なものは無理でした(笑)

男二人 準備しておいた手用雪かきで玄関までなんとか到達・・・トイレ確保の瞬間である

すると観兼ねた村人が手動除雪機で敷地内の一部 駐車スペースを作りに来てくれたんです
    
                          本当にありがたい・・・村は寒いが村の人は暖かい



                         いい経験出来ました・・・感謝 感謝
Posted at 2017/01/16 13:20:47 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月20日 イイね!
寒くなってきた 時に雪がチラつく隠れ家
火のぬくもりが恋しい季節

相方に設計図を依頼に出したのが10月末・・・

幼馴染の飲み会の時 一人では夢が実現出来ないと
また我がままをいつものように言い 協力要請 
トラックの手配から 実働日の人数調整 資材買い出し調達など
幼馴染達 実に手際がいい・・・もの心がついた 保育園から
50年間ずっと一緒にいるのだから 誰が何をすればいいのか
阿吽の呼吸で決まっていく

まず初日 買い出しとアメリカンガレージテントを設置(よくわからない説明書 英語で
これまたいい加減) それでも資材置き場と雨の日の作業場が必要と文句を言われながら力説 

木曜の休日は相方と二人 資材の塗装をし下準備

集合日は設計変更の資材調達と簡易基礎の水平取りから始まり
集合3日にて屋根まで葺けた
なんか 形になってきた
          ・・・毎回 みんなで鍋をつつき 仲間の失敗を笑いに変えながら
           囲炉裏小屋作りは終盤に向かっていく

汗を流しに温泉場に行き 戻ってみると 空きが沢山ある駐車場 40君が私のFj横に
駐車してくれていた 新旧のツーショット 嬉しい


                          ・・・実に幸せな気分に
                          ・・・みんなに感謝 感謝
Posted at 2016/12/20 11:38:29 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「美濃市のクラッシックカーイベント見学 http://cvw.jp/b/2276150/39450494/
何シテル?   03/13 13:40
梵ぼんです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
3月4日 つれづれなるまゝに 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/06 22:58:58
伊豆のお誘い(ちょっと早いけど・・) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/07 09:05:35
秋の紅葉旧車カフェツーリング2016の最終案内  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/25 13:11:26
ファン
102 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ FJクルーザー トヨタ FJクルーザー
トヨタ FJクルーザーに乗っています。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.