• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

twinguistesのブログ一覧

2017年09月21日 イイね!

ラリー北海道へ行ってきました♪~番外編~

所謂、番外編です。



⚫️連れて帰っていいですカー
恐らくスペクテーターのなんでしょうけど
(※勝手に撮影してしまい、大変申し訳ございません。ダメなら指摘してください)
個人的好みで、連れて帰っていいですカー(車)が、何台かありました。


インプレッサの限定車↓

プレミアついて、700万くらいするという噂も(マジかー!!
黄色いインプレッサ、カッコいいー。


エリーゼさま(お菓子じゃないよ)↓

こういう実用性度外視的なクルマ、おいらの大好物です。
ステキな色の緑。本気で60km/h牽引したくなってしまいました。


苺ヴィッツたん。

賛否両輪あるでしょうが、ワタシが湯水のようにクルマに投資出来るとしたら
チェリーピンクのヴィッツにRSのミッションを載せ換えて
(若しくはヴィッツRSをチェリーピンクに全塗装する←こっちのほうが実用的か)
こんな感じの車両にしたい、と考えたことがあります。


でも一番連れて帰りたかったのは、147のGTAくん。

かっこいい。
ワタシにもう少し金と腕があって、家庭の事情が許せば乗ってみたいです(^^)
左ハンドルだし、マニュアルだった筈。ワタシは全く問題なしなんですが。



⚫️レンタカーを借りようか悩んでいた
急に当選話が舞い込んだため、実は
レヴォーグのSTIを借りようかどうしようか、悩んでいました。
ほれ、やっぱしスバルの企画だし。
今はスバル乗りじゃないので、ヨソサンのクルマで行っていいもんだかどーなんだかで悩んでいたのです、真面目な話。
トゥインゴだと早朝や夜半走るのは嫌だし、
裏のアイツだと、今となってはスバルのすっげぇ遠くてワヤな親戚なんでしょうけど…
ま、裏のアイツがいて良かったですよ(^o^)



⚫️やっぱりレーダー必要か?!
帰りに、石北峠の下りを過ぎたあたりで
久~々に捕まりそうになりました。。。
どちらもレーダーを搭載させていないので、漠然と何れは必要かなと思っていたのですが、
こりゃあトゥインゴにドラレコつけるより早くなりそうな予感。

FBMも近いので、トゥインゴのドラレコをどれにしようかな~
なんて呑気に考えていたのですが、
最近専ら、裏のアイツのほうが稼働率高いので
ウカウカしていたら捕まるほうが先になりそうだな。。。

ただ、ワタシ、単独だと音楽かけて移動しているから
レーダーの音が気になってしまって、電源切っちゃう癖があるんです。
↑そんなヤツにレーダーつけても無意味だ。


⚫️他人と話すのも、リハビリの一環
実は、これが最大の課題でした。
現状の治療とリンクするんで、余計に。
なので、話しにくそうな方がいたらどうしよう、と思っていたのは事実。
元々群れるのが物凄く苦手なのもあって、固まって移動すれってなったら
どーしようと思っていたのもまた事実。。。

グループなんて作られてしまっていたら、もー入っていけませんから。。。

おかしなのがいたらトラウマになりかねない状況下で
参加者全員と話せたのは、自分にとって収穫でした。



●もう一度メインで日本車乗るなら…スバルもいいな
今はサブカーで日本車があるという状態ですが、
もう輸入車アウトで日本車じゃないとダメだというなら
今のワタシなら、問答無用でWRX STIを指名買いすると思います。

今回久し振りにWRX STIに乗せて貰って、御世辞でも社交辞令でもなく
本気でいいクルマだ、こりゃ欲しくもなるわ、と思えました。
ただ、スバル車って比較的維持費も結構掛かるし、
保険料もなかなかのもんだし、アレを乗りこなせる腕もない…。

帰り際【WRX STIいいなぁ】と、ちょっと呟いてしまったんですが
たまたま山内選手に聞かれてしまい、


【ここに関係者いっぱいいますから契約書持ってこれますよー!!】との事。


イヤイヤイヤイヤイヤまだまだ先の話ですからッ(((^_^;)



●ワタシのメインカーの話
そういえば、無線に使う機材で
レンタルの発電機があったのですが、その発電機が
引っ張るタイプ(←これだけでわかるかしら)だったのです。
その引っ張る構図が、2CVのクランクがけに似ていたため
思わず【なんか2CVのクランクがけみたいですネ】と話したら
スバルのおにーさんたちに
【随分コアなネタだしてきましたねー!!と】突っ込みが。

ま、こういう話題が出てきましたんで
普段は何に乗っているンですかという話をされたんですが、
【前はレガシィに乗っていましたが、今は普段ダイハツのネイキッド、天気のいい日中だけ初代のルノートゥインゴに乗っています】と申したら
【えええええー!!(オクチポカーン)そりゃ2CVの名前も出ますよねぇ!!】と言われてしまいました。。。

って、こんな事書くとワタシを知らない方は
どんだけコアなヤツだと誤解するかも知れませんので
念のため申し上げておきますが、ワタシは至って極々フツーの、
どこにでもいるそこらへんの一般女性です。



●帰りは勿論、温泉へ
陸別ジャパーンを堪能して大層埃だらけになったため
帰りは【塩別つるつる温泉】というところで、長風呂ではなかったものの
短風呂???ジャポーンしてきました。
ここ→http:// www.tsuru2.net/

もう、早く温泉に入りたくて入りたくてどーしようもなかったんです。
が、帰りの道中が長いため、
ほんの小一時間ほどしか入れなかったのが心残りでした。



まぁ色々ありましたが、行って良かったです。
非常に充実した1日でした♪




BGM : Driving All Night / 尾崎豊

Posted at 2017/09/21 20:52:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | Moteur competition | クルマ
2017年09月21日 イイね!

ラリー北海道へ行ってきました♪~その3~

スバルコミュニティレポーター企画で一番の目玉だった…らしい、





同 乗 体 験 走 行






実はワタシ、この存在を全く知りませんでした(←おいチャンと文章読め
というのも、レポーター参加者の内の一人か二人が抽選で同乗可能なんだと勝手に勘違いしており
まさかレポーター5人全員が同乗可能だと思っていなかったんです。

なので、この話をされたときに





し ま っ た 
マ イ メ ッ ト 持 っ て く り ゃ 良 か っ た






と、心の底から後悔したのでした。。。
一応、レンタルさせてくれましたので、よかったんですけど。



そして、今回のクルマ。
じゃんじゃじゃーん♪



此方の車両は、鎌田卓麻選手が
これからダートトライアルで使う(らしい)本番用のクルマ。
実は今回のラリー北海道のレッキでも使われたそうですが。
いいのかそんな本番前の車両使って!?いいか、ワタシんじゃないし(何っ

※ウチの自治体の隣町にあるカマタスポーツは、卓麻選手の御実家です
(いつも不思議なクルマが数台ある)


最初のコドライバーは、山内選手。
いってらっしゃーい(^O^)ノ

ばぼーばぼぼぼぼぼー(結構な爆音でした←ナンバーついてるけど車検通るのか!?)



程無くして、山内選手が降りてきました。
がしかし、開口一番、意外な発言が。




【いやあああああ怖かったですうううううう】




山内選手のこの発言が事実かどうかはわからないですが、
恐らくドンガラの車両でガシャンガシャンいいながら横で運転されていると
心理的に怖く感じるのでしょう。
あと、根っからドライバーな方って、無条件で助手席怖いという方もいますから。


皆さん、同乗する時ってどんな気持ちなんだろう。
そんな想いを勝手に妄想しながら、順番を待っていたのでありました。




とかなんとかいっていたら、ワタシの番。
ガチのラリーカーに乗るのは初めてですが、
ダートトライアル車両には乗せて貰った事がありますので、それ以来です。
ミラージュのサイボーグ、レガシィRS、インプレッサWRX以来だから
遥か昔、それこそ14~15年前くらいの話。。。


平塚選手に御挨拶して、四点式シートベルトをして…
おぉっと、一言申さねば。



女性ですが容赦しないでガンガン踏んじゃってオッケーです☆
(自分で言うのもナンですが、この手のクルマには比較的耐性があります)



というわけで、いってきまーす♪
おぉドンガラ車両なんて久々ですわい。
(嘘だ、以前乗っていたアルトは最終的に大部分の内装を撤去してドンガラになったんだった)


加速、いいですね。ベースの素性がいいからか?
アクセル、パーシャルだけど
下り右コーナーなのに踏んでる踏んでる(  ̄▽ ̄)ニヤニヤ
でもすぐフルブレーキ。

アクセル踏んで、また加速。
ちょっと急な連続コーナー。
ステアの動きを見ていると、物凄ーく細かい動きをされているんですね。
それこそ何ミリとかそんな世界。
(クイックステアにしているとかなんとか仰っていたような)
サービス!?で、リアをちょっとスライドしてくれたのですが(わーい)
機械式デフがキチンと仕事してくれているので、立て直しもクイック。
4WDなのにガンガン曲がる、これぞスバル。
(これがランエボになると、そーもいかない。おいらはTMEのVer6.5しか運転したことないですがフロントヘビーなのもあって曲がるけど曲がりにくかった記憶が…)

そんな中、左に振って、あと5cmほどで
コース脇のどでかいトラクター用のタイヤにぶつかる!
というところまでいってたのですが、そこはプロ、ススッとアクセル踏んで
ステアも切り直して、上手く立て直していました。
あれ、ワタシみたいなフツーのドライバーなら一発ゴンです。。。

全開に近い踏みっプリを期待したのですが
コースが狭かったため、それは厳しい注文だった!?
それでも陸別のあんな狭いコースで90km/hくらいの速度。
エアコン絶賛稼働中でしたので、ワタシが同乗した状態で
いいとこ3割、いって4割弱の走りだったと思います。
かなり手加減されていたのもわかりましたが、本気で全開タイムアタックされたら
あたしゃ意識不明になるんじゃないかと。。。


でもホントに、降りるのが勿体無いくらい、楽しかったですー♪
正直、あと5周くらいして欲しかったほど。



参加した皆さんも、物凄く楽しかったようで
いやーもっと乗っていたいですよねー♪なんて話になっていました(^^)
もっと乗っていたらガソリン喰ってどーもならなかったでしょうが。。。
そしてそのガソリン代は誰が出すんだという話になるでしょうし。



ほんで、一人の参加者の方がボソッとこう仰いました



【平塚さんの同乗走行って、かなりレアですよ。新井さん(※新井敏弘選手)とかはバンバン同乗走行するけど、平塚さんって滅多に人乗せない方ですから】と。
マジかー!!そりゃあ知らなかった。
女装させたら~なんてとんでもございな事を申してスミマセンでしたーッ(これ今言う事じゃない



皆さんの同乗走行も無事終わり、再度集合して閉会式?を。
まーまー色々ありましたがお疲れ様でした、ありがとうございましたっと。


今回、貴重な楽しい体験をさせていただきました。
こういう機会に恵まれて、感謝です♪
スタッフの皆さん、平塚さん、山内さん、参加された皆さん、
お世話になりました。ありがとうございます(^O^)ノ

レポーターのみなさん、優しい方ばかりで良かった。
怖いのいたら、折角のリハビリも回復遅れるどころかトラウマになりかねない。


蛇足ですが、ラリー関係の参加型企画を北海道で行うのは
実は今年初めてです、との事。
今年はトヨタもラリーに力を入れていて頑張っていますが、
こういう参加型企画を他所のメーカーでも積極的していただければ
【おもしろそーだからちょっと応募してみようかな】
という方が増えるんじゃないかな、と感じました。

北海道は、モータースポーツ離れが加速しています。
何かに出るといっても、エントリーする方の大半は常連組です。
しかも、毎年平均年齢も上がってきております。

モータースポーツ離れの背景には
色々な事情や景気の問題、自治体の協力問題なども挙げられますが
一番の懸念事項としては矢張り
【続けていくには資金がかかるから】、これに尽きると思います。
もっと安価で初心者や初めての方でも飛び込みやすいような価格設定のモノがあれば、と
常々感じている次第です。
北海道の場合は移動費でかなり金額が飛んでいきますので、
せめてもう少しエントリーフィーが安ければいいかなぁ…とも。。。
そうすれば、若い子も飛び込みやすくなるのでは、と思います。


どっちかというと、北海道の場合は、カスタム系の方が賑やかかも。
カスタム系もエントリーフィーは結構かかるけど、現場で走らないから
そのぶんガソリン代だけは掛からないですし。



でも、ワタシはやっぱり、モータースポーツが好き。
ゴハンそっちのけに出来るほど、好き。
見るのも好きですが、走る方が好き…だな。


Posted at 2017/09/21 12:08:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | Moteur competition | クルマ
2017年09月20日 イイね!

ラリー北海道へ行ってきました♪~その2~

わたしたちは、こんなひとたちだったので↓



あんなクルマや



こんなクルマや



そんなお子や



すったらお子は



堂々とSNSにアップ出来ません。(といってもしてたけど)
なので、此方ではスバル車以外をアップしていきます。

※よいこのみなさんはこういう撮影をしてはいけません(本気で危険です)



午前中は、こんなオフレコショーがあったり

左:スバルのおにーさん(進行役の方)
中央:ラリードライバーの平塚忠博選手(確か以前、ストーリアX4で走ってた方ですよね)
右:スーパーGTの山内英輝選手(現在、BRZで頑張ってます(^O^)ノ)


この3名、レンタカーの話をされていたり
速いクルマってやっぱり安定してるし安全だわねって話をされていました。
オフレコネタが多かったのですが、
此処では(個人情報保護法により?)敢えてバラさないでおきます。
いずれ口が滑って言っちゃうかも知れないけど(ぁ。


SS6とSS7の陸別ジャパーンでは、
この3名が無線で勝手な…いえいえ、色々な事を喋りながら
わたしらがクライアントとして無線傍受するという
ちょっと面白い試みも。

傍受というと、ワタシなんかはHQの中で
SOSトラッキングとしてオフィシャルをやっていたので
聞きながら他の事をする、というのには慣れている筈なんですが…ネ。


長閑に眺めながら観戦したり



ワタシは日陰でのんびり見ていたので、まるで遠足気分でした(?)



昼食を渡されましたが、こんな埃ガッツリな状態では流石に食べられない。。。
近くにいったら、埃や砂だらけです(そこがラリーの面白い所なんですがね)
食事は、観ながらだとちょっと厳しいかと。。。


本来なら、陸別ジャパーンというだけあって
ウォータースプラッシュのゾーンがあったんですが
流石に我々は(無線傍受する関係で)観戦エリアが決められていたため
ウォータースプラッシュの所へは行けませんでした。

だって、みんな泥まみれになっても困るもんねぇ。
なんせ雨上がりの翌日だったし。



因みに、SS7はここから場所移動をしたんですが
埃モクモクにすっかりヤられて、ちょっと離れて観戦していました。

なんか出走順全然違うじゃねーかというのはナシで(((^_^;)


近年は、プジョー208やシトロエンDS3もラリーで走っています。
が、勿体無くないのかなーこの人達(←そこか?

ラリー洞爺でも頑張っていた、川名さん。
しかし、イマイチ上位に食い込めない。がんばってほしいなー。


86やBRZが出たとき、まさかこんな日が来るとは思っていませんでした。
サーキットは想定していましたが、まさかラリーでも走るとはね。



三菱のコルトさん。これ、案外速いンです。
うちの友人もコルトラリーアートに乗っているのがいますが、弾丸級です。
(因みに友人はこれにチャイルドシートをつけてファミリーカーにしている)

ワタシはコルトといえば、花柄仕様&ピンクのロールケージにしていた
ラリードライバー大井こずゑさんを思い出しますが、
今年は大井さんいないなーと思っていたら、ゼロカーで発生していた模様。


スイフトスポーツの赤って、かわいい。

因みにSmashは、平塚選手がやっているショップらしいです。
ZC32S乗りの、あの彼女に宣伝しとくか(何


先代デミオくんも走っていました。
が、ちょっと元気なかったようです。がんばって☆



こちらは現行デミオさん。
なーんかこちらは、いい勢いでしたわよ。

どういうチューンをしているのか、個人的に気になります。


ヴィッツさん。こっちがRSだったっけな。



ヴィッツさんpartⅡ。んで、こっちがCVTのだった筈。

いよいよCVTでラリー走る時代になったんね…って思いました。
でも、今、オートマ免許の方も多いから、
今後こういうクルマでエントリーしてくる方も増えると思います。


シビックtypeR Euroですな。

なんでこんなズングリムックリになったのー!!!(←そこか?そこなのか?
いや、確かに速いンだろーけどさぁ。。。



案の定、この時点でリタイヤが結構多かったのですが
こっから更に脱落していくンだ。。。
だってそれが【ラリー北海道】だから。




観戦の後は、お待ちかね!?の、アレでござい。


というわけで、続く(待て、次号!←この元ネタわかる方がいたら250万乙女のバイブルなアレを御存知な方でしょう)

Posted at 2017/09/20 16:30:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | Moteur competition | クルマ
2017年09月19日 イイね!

ラリー北海道へ行ってきました♪~その1~

今回はオフィシャル応募をし忘れていて、どうしよう~と悩んでいたんですが
そんな中、スバルのコミュニティサイトで
応援サポーターとレポーターを募集しているという企画があり、
たまたま応募したら、何故か当選メールが届いてしまったンです。
(※因みにレポーターは5組募集していました)




こ り ゃ あ 行 く し か な い で し ょ う




ということで、秒速で
【行きます!是非とも参加させて下さい!!宜しくお願い致します!!】
とメールを返信し、行くことになりました。

きっとスバルの担当者は、そんな恐ろしいメールが届いた事に

【おい誰だよ、コイツ当選させたの…おかしなヤツだぜ確実に。厄介な事にならんといいんだが】

と思ったに違いないでしょう。



そして、当日の朝。
9時半に陸別サーキット集合だったので、余裕をもって朝3時半過ぎに出発。
こんなに早く出発したの、いつぞやのサーキット走行会以来です(((^_^;)
3時間ちょっとあれば着くんですけどね、今回はネイキッドだし。


しかし6時過ぎには陸別に入り、
セイコーマートで飲み物とカロリーメイトを買い出し。
駐車場にはレプリカ車が数台、あぁレプリカ展示車両の関係者か。


なんだかんだで現地に入り、最初に見たのが何故かムルティプラ。
誰だこんなコアなクルマ乗ってきたオフィシャルは(  ̄▽ ̄)

しかも向かいジェッタだし。


駐車場で誘導されて止めた…↓

スイフトスポーツ、懐かしいー。
ワタシも秘かにレプリカ考えてたんだよな~。


と感傷に耽っていたのも束の間、


【あ、スバルのゲストパスの人は上の駐車場に上がって貰えませんか】


えええええこっから上がるンかい(何いいいいい


…のぼるか。。。
ここでメディアのオフィシャルカー目撃。おつかれさまです。



坂を登って、草むらの駐車場へ案内されたら
既にゲストパスをぶら下げた二人が寒そうに何やら喋っていました。
でも二人ともスバル車…そりゃそうだよなスバルの企画だし。

おっかなびっくり状態で車から降りて御挨拶を。
【は、はは、はじめまして~、今日1日お世話になります~宜しくお願い致します~】

一人は帯広からきた若いおにーさん、STIのアルミが眩しいレガシィのツーリングワゴン。
もう一人は、札幌方面からきたオジチャンに近いおにーさん。
ダッチバイパーみたいな雰囲気の紺のBRZ。かなり弄っててお金掛けてるっぽい。
この方はスーパーGT観戦しに行ったり、サーキット行脚しているそうです。
三人で色々話していると、あと二人がやってきました。
一人は千葉県から来た猛者(←絶対ただもんじゃないでしょ)、
もう一人は北見からいらしたそうです。
どうもどうも~って初めましてなのに、お互いの車の話で盛り上がったり
なんだか初めましてじゃないような雰囲気に(^O^)良かったぁ~。

だがしかし、7時半には全員が揃っていたという不思議な(異常?)事態。

因みにワタシが仏車も持っていると申したら、ええ2台持ってるの!?と言われました(((^_^;)
そうかそうだよなぁ、フツーの女性は2台持ち…いやしてるよ結構!!
いるよ2台持ち女性!!3台持ちの女性もいるよ。


んで、時計を見ると朝の8時過ぎ。まだまだ時間ある。
受付は流石にまだだろうなぁ。

とかなんとか言っていたら、レガシィのおにーさんが
【時間ありそうですからSS2でも見に行きませんかー】と仰ってきたので
行ってみましょう!!ということで、Aエリアにて観戦。



プチ登山をしながらサラッと観戦。なんですが、




こ の 登 山 が な か な か ハ ー ド だ っ た




ラリーの観戦スポットやギャラステへ行くとなると
どうしても山に上ったり下ったりするのが必要になるんですが、
ワタシはショルダーバッグに
タブレットとスマートフォンと財布と飲み物を積んでいて
なかなかの重量級状態で登山したので、結構しんどかったー☆
でも、こういう疲れはナンだか良いモノです。いい運動になります(^O^)ノ
※これが全身筋肉痛の要因なのは間違いない


こんなところで下から覗き込んで見ていました↓



シュコダのラリーカーが通過(一瞬だったんで撮り逃した)。



 
???
 



どうやら、直径10cm位の、でかい石が飛んできていたようです。
これもラリーの醍醐味。
※でも観戦する時は気をつけて下さいね


そりゃあこんなとこや↓



こんなところで観戦してたら↓



石や砂だって飛んできて当たり前です。
ラリー観戦って、こんなの飛んできてナンボ(  ̄▽ ̄)アルイミ ステイタス
うちのリアル姉貴(実姉)だったら絶対嫌がるぞ。

ミラージュやインプやエボが走ってきて実にいいところだったんですが、
いい時間になったので
山を下りて、受付会場へ。これがまた、遠いンだ。。。



当日のプログラムは

●ラリードライバー平塚選手×スーパーGTドライバー山内選手×スバルのおにーさん(司会進行役の方)のオフレコつきトークショー
●SS6(陸別)とSS7(陸別リピート)を平塚選手と山内選手の実況中継を無線で聴きながら観戦
(ごめんなさいコレ一般の方は聴けないシステムだったんです)
●平塚選手の同乗体験走行

といった感じでした。


平塚選手、間近で見てビックリ






ワ タ シ よ り 髪 が 長 い






ビックリでした、ホントに。
顔立ちも女性っぽいので女装させたらリアルで似合うと思います(←爆弾発言

一方、山内選手はかわいらしい感じのおにーさん(まだ若い)。
何にしろ、ラリー×サーキットというトークは、貴重。
平塚選手は、新井選手や勝田選手、鎌田卓麻選手の若い頃の話や裏話を、
山内選手は、ラリーって車壊しそうで怖いです((( ;゚Д゚)))僕は絶対嫌です((( ;゚Д゚)))という話をされていました。ちょっと意外。

ラリーを走る方って、ステージがその場その場で違うしね。
道確認のレッキはあっても、コースはコドライバーがペースノートを作って
コドラの指示でドライバーが動く。
グラベル(未舗装路)もあればターマック(舗装路)だってある。
レッキで晴れていても、本番で雨だったりする時もある。←こういう場合、タイヤ選択に悩むと思います
んでも、ラリーって、最終的には相手を信頼し合わないと成立しない競技。

サーキットは、基本走る時は一人だしコースも予め設定されている。
サーキットはキレイな舗装路しかないけど
雨の日のSタイヤなんて、まさにロシアンルーレット。
ウェット路面でスピンしてクラッシュされたりコースアウトしたら
マジで死んでしまいますよホントに。


わかっちゃいるけど、やっぱしクルマの運動会って、知れば知るほど奥が深い。
ワタシはたまたまサーキットにハマったクチだけど
相手がいたら本気でラリーやっていた…かも知れない。。。


トークショーが終わったら、いよいよSS観戦♪
SS6の陸別ロング(ったって短い)、SS7の陸別リバース。
ラリー北海道と言えば、【陸別ジャパーン】でお馴染みのあそこです。



んでもその前に、お弁当とお茶が支給されました(^O^)ノ


でーんででーん(しば漬けこぼれてるのは御愛嬌)



うぉ結構な量あるな~
食べられるかな(※食べられます)…
でも、すぐサクサク食べられる時間までは無さそうだなぁ。
後でいただこう♪



ってなことで、続くっ☆

Posted at 2017/09/19 12:05:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | Moteur competition | クルマ
2017年09月17日 イイね!

全身筋肉痛。

全身筋肉痛でサーキット走行に行けなかったワタシです(オロローン
二度寝したのがいかんかった。。。

んでも、金曜以外の平日なら同じ料金で走れるらしいので
案外それでもいいかな、なんて。平日だと人も少ないし(^O^)


土曜は、ラリーをめいっぱい堪能してきました♪
スバルの企画で行ったのですが、参加させていただいてホントに良かったー。
北海道では初めての試みだったそうですが、こういうのを地道に増やしていって
参加したいな、という方が増えるといいなぁなんて思いました。
って、この話題は書くと恐ろしく長くなるので、次回へ(ぇ


全身筋肉痛で、1日グダグダしていましたが
いつまでもグダグダしているわけにもいかないので、明日から気を引き締めないと。


FBMの準備もボチボチ始めていかなきゃ。
天気のいい日に、メーターパネルのLEDもリターンマッチしてみようかな。
んだんだ、ネタを搭載したいものですが、どんなんにしよう。

FBMといえば、各車ズラズラズラと並べているのを見たいですネ。
個人的には、タカ407さんの白508とreebouさんの黒508を並べて
(どちらも小技が得意そうですから)
小一時間一本勝負的な小技(中技?大技?)を見てみたいです~。
ジャッジ要員は、naopeiさんちのロイチくんと、うちのしもべで(えええ


ところで、モタスポとはちょっと遠いのですが
遊んだり、ばらしたり、うちのLIFEに移植したりと色々出来そう↓
http://jmty.jp/hokkaido/car-hon/article-760a0

一万だと、年末までごろんごろん転がして(へ?)廃車にしても、惜しくないしさ。
オートテストなどで遊んでも面白そうだと思いますっ。



BGM : うみ / ビールと酢
※決してビートルズではありません


Posted at 2017/09/17 22:50:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | Moteur competition | クルマ

プロフィール

「周りで乗っていた、たぶんマイナー車。 http://cvw.jp/b/2281575/40839269/
何シテル?   12/12 16:44
みなさんこんにちは。 北海道でヒッソリと初代トゥインゴに乗っております、twinguistesと申します。 (由来はGeneration Twingo.fr...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

初めてのサーキット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/28 21:12:02
JB1ライフ SRSエアバッグ断線修理 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/21 21:48:36
楽しい雨の10日間と新しい発見 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/12 15:02:29

お友達

物凄く人見知り、相当面倒臭いヤツの為
基本的に実際にお逢いした方、接触のある方でお願いしております。

一般的にやっちゃいかんことや車検NG的弄り、
常識から逸脱されている方、及びその繋がりのある方は
それなりの対応をさせて頂きますので、御理解の程。
21 人のお友達がいます
reeboureebou * マスターの75と106マスターの75と106 *
なるほどうなるほどう * naopeinaopei
ROUSSILLONROUSSILLON reno【レノ】reno【レノ】

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー トゥインゴ カメと呼ばれたり、ピクルスと呼ばれたり。 (ルノー トゥインゴ)
初代の(シカモ並行輸入)ルノートゥインゴに乗っています。 たぶん、恐らく、北海道では2台 ...
ダイハツ ネイキッド 姐さん。 (ダイハツ ネイキッド)
Kei子たんの代替車。隠密車両partⅡです。 いつまでも引き摺っていたくなかったの ...
プジョー その他 ヴィクトル (プジョー その他)
しもべその1(?)、プジョーライオンのヴィクトルくん。 フランス車しか乗らない、贅沢っプ ...
輸入車その他 その他 ピーターラビット (輸入車その他 その他)
しもべその2(??)、ピーターラビットです。 イギリス生まれなのに、日本のアパレルブラ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる