• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

-そう-のブログ一覧

2017年10月16日 イイね!

みんカラが毒だと思える時



私は普段、時間が空いた隙間時間にみんカラを見ています。

しかしたまに、こんな時にみんカラを見てしまうと、自分の体によくない・体に毒だと思える時があります。そんな場面をいくつかピックアップしてみたいと思います。



①お金がない時


お金がない時にみんカラを見るのは・・・毒ですね(笑) しかも、自分の車の足りない所に目が行っている時は、なおさら毒です。こういったお金がない時。無理にお金を工面したり家庭内借金をすると、余計に自分を苦しめる事になりがちです。

私はそういったお金がない場合。自分の車の足りない所を見るよりも、自分の車の足りている所、満足している所を見るようにしています。「自分の車は純正車と比べてここが違う、ここがよくなった」という所を見て、満足な気持ちに浸るようにしています(^^; ないもの(パーツ代)はないので、今あるものに満足する事が望まないための手っ取り早い方法だと思っています(笑)



②子育てに忙しい時


これは私の場合だけかもしれませんが。子育てをしている時でも、子供を見ながらの隙間時間にみんカラを見る時がたまにあります。
(子供を家で遊ばせながら、みんカラを見るとき等)

こういった子育て中のみんカラ。これはパパの体にとって毒です(笑)

なぜ毒かと言いますと。皆さんのオフ会での楽しい様子の報告ブログ。おいしい料理を紹介されたブログや、ご夫婦での仲睦まじい旅行のブログ。そして走行会のブログ・・・などなど。

小さい子供がいると、なかなかできない事ばかり。皆さんのブログを見てるだけで羨ましくなって。そして今置かれている自分の状況がうらめしくなってしまいます(^^;

こういった自分の環境にうらめしく思う時。自由時間をもっと増やせと妻に言ってみたり。あるいは妻が子供を見れば、自分はもっと自由になれると考えてしまうと・・・。夫婦の危機に発展する場合があります。←過去に経験あり(^^;

そこで私の場合。今の子育ての事をブログで書いてみる、今の自分にしかできない子育てをブログで発信しています。子育ても子育てで、楽しいこともありますので、それをネタにしています。ネタにしている娘や妻には、何の了解も得ていませんが(^^;

今ある皆さんの楽しいブログは、将来子供が私の手から離れた時。その時の私の一人時間を楽しむ術を、皆さんから教わっていると思ってブログを拝見しています♪



③食あたりのため身体を休めていた時


これは今年の梅雨の時にさかのぼりますが。妻の作ったカレーで食あたりした時。頭は痛くなくてお腹だけ痛かったので、横になりながら気をまぎらわせるために、みんカラを見てると。普段の健康な時は、皆さんの美味しそうな料理の写真や外の綺麗な景色の写真を、楽しんで見ていたのですが。

食あたりで身体の調子が悪い時は、料理の写真や景色の写真を見ると、気をまぎらわせるどころか逆に気持ちが悪くなってしまって・・・。

体がつらい時は失礼ながら、みんカラが毒に思えました(^^;;

美味しそうな料理の写真や綺麗な景色の写真は、私自身が健康だからこそ楽しく見れるのだと、この時初めて気付きました。健康だからこそ、美味しいものが美味しく見えて、綺麗なものが綺麗に見える。同じ写真でも、自分が健康か不調かによって、写真の見え方・とらえ方が変わるという事を知ることができました。



これら①②③を見直してみると。


結局は、「読み手の自分の状況によって、みんカラの記事がためになる情報にもなり、逆に毒にもなる」という事に気付きました。


自分の今の状況を恨んだり、周りの人をねたんでも、何も良いことは起きませんね。むしろ今以上に悪くなるように思えてしまいます。

今の自分は足りていないと思うよりも、今こうして生活できて足りている事に感謝して。そして今の自分にしかできない事をやってみる。そうした方が建設的で、自分の気持ちも健全になるような気がします。



私は、私より若い方のブログを拝見する時は、「自分の若い時は、彼らのように楽しんでいただろうか」と、反省の材料にさせてもらいながら拝見して。

私より先輩な方のブログを拝見する時は、「将来子供が手から離れた時の、目指すべき将来像」と思いながら、どうやって将来を楽しむかを想像しながら拝見させてもらっています。

そして、私と同じ立場の方のブログを拝見する時は、「子育てって大変だけれど楽しい。子供と同じ時間を過ごせる今に感謝です♪」という気持ちで、皆様のお子さんの成長を楽しく拝見させてもらっています。


「今の自分にしかできないものは何か?」という事を、みんカラから教わっている気がします(^-^)


私にとってみんカラは 毒ではなく ためになる情報の塊です♪

Posted at 2017/10/16 23:08:32 | コメント(5) | 自分のこと | 日記
2017年10月10日 イイね!

新型スイフトスポーツを試乗してきました

昨日、新型スイフトスポーツの6速MTを、やっと試乗することができました(^-^)


助手席にディーラーの方を乗せて。時速60kmまでで幹線道路を走る、といった試乗内容です。今回の新型スイフトスポーツと比較対象するのは、私が現在乗っている5速MTの1600ccインプレッサスポーツ(馬力110ps トルク15kg)と、2ヶ月前に20分程自由に試乗した6速MTの WRX STIです。また、ファミリーユースとしての視点でも見てみました。


(以下の画像は、スズキの公式HPからお借りしました)


<外観>






外観はパッと見た目は、ノーマルのスイフトとほぼ同じように感じました。「外観は目立たず、車の中身が違う」ことを好む私にとって、このスタイルは嬉しいです。

ただし、後部座席のドアを開閉するための、ドアノブは低い位置にはありません。後部Cピラー枠内の高い位置にドアノブがあります。このドアノブの位置はノーマルもスイフトスポーツも同じようです。小学校低学年の子供は、後部ドアノブに手が届かないかもしれないので、注意が必要です。




<内装・後部座席・収納>






内装はあまり興味がなかったのですが・・・(^^; とりあえず、ステアリングとシフトノブは革製品です。私の乗っている先代GPインプレッサは、「内装は必要最小限にし極力簡素化する代わり、販売価格を抑える」車でしたので。無駄に革製品を使っていない、シンプルなスイフトスポーツの内装に、好感が持てました。

後部座席に座ってみると。コンパクトカーの割には足元も狭くは感じず。頭上から天井までの高さもゆとりがあるように感じました。後部座席に座っていても圧迫感は感じない印象でした。

後部ハッチバックを開けてみると。思いのほか収納スペースがあることに驚きました。海外旅行で持っていく大きめのキャリーケースが寝かせて置くことができる程の、スペースがあるように感じました。ファミリーユースとして、この収納の良さはポイントが高いです(^-^)


さて、いよいよ運転席に座ってエンジンをかけて。車を走らせてみます。


<MTのクラッチ・ブレーキ・アクセルについて>


(この画像は、公式HPにあった走行中の動画からキャプチャーしました)




クラッチペダルを踏んでみると、軽い力で踏み込むことができました。私のNAインプと同じくらいの軽さだと思います。半クラッチの位置も手前すぎず奥すぎず。扱いやすかったです。

クラッチ横の、足を置くためのフットレスト。普通の車のようにしっかりと盛り上がったフットレスではありません。足を置けるように滑り止めの薄いフットレストがあるといった感じでした。また、クラッチとフットレストの間隔は、やや狭めです。ただ、私のGPインプはもっと狭いので(笑)。このスイフトスポーツのフットレストは、クラッチに足を置き換える動きをしても、クラッチに必ず足が当たってしまうというような狭さでは無いように感じます。気を付けることに慣れれば、問題ないように感じました。

ブレーキペダルの感触について。法定速度内での走行で、助手席に座るディーラーの人を怖がらせたくもなかったので、たいしたテストはできませんでしたが。0.1Gや0.2Gの弱い減速G一定をしても、ブレーキのフィーリング的には、違和感を感じることもなかったです。


アクセルレスポンスについて。最近の車は特にスバル車はそうなのですが、電子スロットルのアクセル開度と実際のスロットル開度にズレがある場合があります。弱いブリッピングでの回転数合わせてのシフトダウンをすると、このズレが顕著に分かります。私のインプレッサスポーツでも新型WRX STIでも、電子スロットルのズレをはっきりと感じました。今回のスイフトスポーツでは、そういった電子スロットルの開度のズレを感じることはなく。ブリッピングでの回転数合わせも、比較的容易にできました。



<MTのペダルレイアウトについて>





スイフトスポーツのペダルは、一般的な乗用車のように足を前に伸ばした先にペダルがあるタイプではなく。椅子に座って足が下に伸びた所にペダルがある。ペダルを上から踏むような、コンパクトカーによくある運転姿勢になります。慣れれば問題ないのでしょうが、慣れるまではペダルを踏むことに、少し違和感があります。

ヒール&トーについて。アクセルとブレーキペダルの間隔は、ヒール&トーをするには丁度よい隙間となっています。しかし、弱ブレーキをしながらでは、右足のかかとがアクセルに届きにくかったです。これは、サーキット等での強いブレーキングをした時にヒール&トーがしやすいように、アクセルペダルがブレーキペダルよりも若干奥の位置にあるからだろうと推測します。

ブレーキとアクセルの横の間隔は問題ないので、あとはアクセルの奥行の調節(例えば、ペダルに厚みを付ける等)をすれば、弱ブレーキでもヒール&トーができると思われます。



<加速性能 (過給圧を掛けた場合と掛けなかった場合)>





陸橋の上り坂をスイフトスポーツで、速度60kmで6速1500rpmで走行中の場合。

私の1600ccのインプの場合は、5速1500rpmではエンジン回転数が低すぎて、陸橋上り坂では失速していきます。それが新型スイフトスポーツの場合は、6速1500rpmからでもアクセル開度15パーセントの過給圧がかからない量でも、しっかりと加速していきました。過給圧がかけていない低回転の領域でも、しっかりとトルクがあることに驚きました。


陸橋の上り坂を過給圧を掛けて加速した場合。

私は普段の走行の時から、アクセルはどれだけ踏んでもアクセル開度50~60%での走行をしています。今回の試乗も、上り坂を50~60%のアクセル開度で走行してみました。

その結果。

アクセル開度50%でも、回転数3000rpmを超えればしっかりと過給圧がかかります。しかも1速では0.3Gの加速Gがでるのですが、それが2速に上げても1速と変わらない0.3Gの加速Gをかけられる事が体感的に感じとれました。私のインプでは、上り坂を2速で0.3G加速はできないです(^^; 2速でも背中から押される加速感。これはしびれますね(^-^)

ちなみに3速での加速感は、簡単に速度オーバーになってしまうので試していません。


なお、この加速性能に関連して。

FF車でこれだけ加速性能がよくて、トルクがあるとなると。昔のベスモのビデオでしていたような、パイロンの間をジグザグに走行するテストや、鋭角コーナーの脱出時において。

ステアリングを戻しながら瞬時のアクセルonの時に、トルクがあり過ぎてリアタイヤにトラクションが移って、フロントのトラクションが抜ける。トラクションが抜けてフロントタイヤが空転しそうになって、トラクションコントロールが作動する。結果スロットルが電子制御で絞られる、といった事がこの車では起きないのかなぁと心配してしまいます(^^; 

(ベスモのDVDを見ていた時、確かFF車でターボを積んだ「マツダスピードアクセラ」が、同じようにトラクションコントロールで苦しんでいる様子を見た記憶があるもので^^;)

そのようなテストはさすがに公道ではできないので。サーキットでの試乗動画等で、確かめたいポイントです。




<ステアリング インフォメーション>





私は、定速走行をしながらステアリングを切っても、そこから伝わる情報を感じ取る感性はありません(笑) そのため、交差点を曲がる時のステアリングインフォメーションに、重きをおいて試乗するのですが・・・。今回交差点を曲がる時は、ほぼ信号待ちからの発進となってしまって。減速しながら交差点を曲がる事は、1回しかできませんでした。

その貴重な1回の、減速からのステアリング操作を思い出すと。私のインプ(フロントにタワーバー、リアにアンダーブレースで補強)の感覚と同じようなステアリング感覚を、スイフトスポーツから感じました。ステアリングを切っても、一瞬の間が空いてからヨーモーメントが発生する、そんな感覚です。

ちなみにWRX STIは、ステアリングを切った瞬間にヨーモーメントが発生するという感覚でした。また、STIはインプよりも小さなステアリング舵角で曲がることができました。

今回のスイフトスポーツは、交差点を曲がる時のステアリング舵角も、インプとほぼ同じ量だったと思われます。

このステアリングインフォメーションに関連して。スイフトスポーツの足回りは、WRX STIのように固いという印象ではありませんでした。助手席や後部座席に人を乗せても、それほど乗り心地に気を使わなくても、ドライバーは普段通りの運転ができそうでした。


<シフトフィール>





私は先代のスイフトスポーツも試乗した事があります。その時のシフトを入れた時のフィーリングは、柔らかいというか。素早く次の段速に入れることができました。

今回のスイフトスポーツでは、シフトフィールがカッチリとした、1速1速をしっかり入れる必要があるように感じました。スイフトスポーツのシフトフィールも、私のインプと似ているという印象を持ちました。


・・・試乗体験記は、以上になります。




普段は試乗体験記は書かない私ですが、どうして今回書いてみたかというと。



今のMTインプレッサの後継車として、新型スイフトスポーツを検討したいと思ったためです♪

(ただし、今のインプもまだ3~4年は乗りたいと思いますので。その後ということになりますが)

これだけの軽い車体に、ターボを付けて。6速MTで軽快なステアリング操作と、走りを楽しめる。それでいて、トランクルームの収納は結構あって、後部座席も狭くはない。しかも、車両価格は200万を切っている。見た目はおとなしいスイフトに見えて、走ると化ける。私好みの1台です(^-^)

ガソリンタンク容量は37Lと少ないですが、昔のガス喰い虫のRX-7と比べると、走行距離は伸びてますし。MT車は長距離走行をすると、JC08モード燃費なんて簡単に上回る燃費を出せますし。

デメリットを差し引いても、メリットの方が大きいというのが、今の新型スイフトスポーツでの印象です。


今乗っているGPインプレッサスポーツも、収納や走る歓びといったものは十分満足できる車です(^-^) これからもインプを楽しむ気持ちに変わりはありません。しかし、次期車という考えを頭の片隅に残しておこうと思い、今回のブログに書いてみました。


まだ3~4年先になりますが、大きい車が好きな妻との意見調整が大変になります(^^;

恐らく妻は、次の車はSUVといった大きな車を希望してくると思います。かたや私は、コンパクトで走りを楽しむスイフトスポーツのマニュアル車(笑)

車の方向性が真逆です(^^; 将来を考えただけでも恐ろしいので。

今はGPインプでどうやって運転操作向上に努めようか。その事だけを考えていこうと思います♪

Posted at 2017/10/10 17:01:58 | コメント(5) | トラックバック(0) | 自分のこと | 日記
2017年10月09日 イイね!

娘と一緒に愛知県へ


昨日のこと。

娘が以前から、「去年行った、愛知県のスピードが出る滑り台にもう一度のりたい」と言っていたので。娘とパパの2人で愛知県の健康の森に行って、スピードがでる滑り台にのってきました。


朝6時30分に出発して。朝9時30分には公園に到着。連休のためか、朝早くからでも親子連れの人が多かったです。





娘の目的である、スピードの出る滑り台に到着。この滑り台はローラー滑り台ではなく、より速度が出やすいプラスチック製の滑り台です。

娘さん、この滑り台に10回は滑りました。ただ、速度が出て急こう配を滑り下りるため。滑り終えてから、また滑り台の頂上に上るのが大変(笑) 子供にとって滑り台は、体力向上のいい運動になります♪

滑り台や他の遊具で遊んで。途中の草むらでは、バッタがたくさんいたので。車に積んであった虫とり網と虫かごを持ち出して。娘さん、喜んで虫とりを始めました。





お昼ご飯は、妻が握ってくれたおむすびと、コンビニで買ったチキンフライをおかずに食べました(^-^) おむすびさえあれば、おかずは娘と一緒に好きなものを買って公園で食べられる。妻に負担をかけず、娘も喜ぶ我が家の定番です(^-^)


もう少し公園で遊ぶかなぁと思っていたのですが、思いのほか早く飽きたみたいで(^^;

このまま愛知県をあとにするのも、かなりもったいないと思い。

みん友のまっしーさんが以前ブログで紹介されていた、自動車教習所でのイベントがあることを思い出して。ラリーレプリカのドライバーとして、まっしーさんも参加されているとの事でしたので。

実車だけでなくゴーカートもあるとの事でしたので、娘も楽しめるかなぁと思って。蒲郡にある自動車教習所のイベントに行ってみる事にしました(^-^)





このイベントでは、まっしーさんをはじめとしたラリーレプリカが3台と、実際にラリーを走られているラリーカー1台が展示されていました。


7歳になるうちの娘は、展示されていたラリーカーには興味が無いようでした(^^; パパがまっしーさんと話をしていても、とってもつまらない顔をしていたので。まっしーさんとの挨拶もそこそこに、教習所のコース内にあった電動カート乗り場に行きました。




しかし、この電動カートにも娘はすぐに飽きたようで・・・。

今度は、小さなエンジンで動くゴーカートにパパと一緒に乗る事にしました。




パパは助手席に座って、娘が運転席に座りました。娘一人でハンドル操作とアクセル・ブレーキ操作をさせる事にしました。

ハンドルで車を曲げたり、アクセル・ブレーキで車の速度をコントロールできる。娘も自分一人で車を運転することに、喜びを持ってくれたようでした。


ゴーカート乗り場で順番を待っている間に、ラリーカーやレプリカ車による同乗走行が始まりました。私たち親子の目の前を、まっしー号が走り去ります。














教習コースの外側をぐるっと一周するものです。ただ実際のお楽しみ区間は、最初のストレートと右コーナーへの進入。そしてコーナー立ち上がり後のストレートの3か所のようです。


娘に、「同乗走行を体験してみるか?」と聞いてみると、展示コーナーでは見向きもしなかった娘が、実際の車の走りを目の前でみて。興味が湧いてきたようで、「乗る乗る」と言ってくれました。

同乗走行の順番を待っていて、私たちの番になると。目の前には、こちらの車が停まってくれました。





こちらは、実際にラリーを走られている86との事。


うちの娘さん、先ほどのゴーカートで一人で運転操作できたことに気を良くしたみたいです。パパと一緒に同乗するのではなく、「私一人で車に乗りたい」と言うので。娘一人で86に乗ってもらうことにしました。





86のドライバーさんに「速いスピードと遅いスピード、どっちがいい?」と聞かれたみたいで。うちの娘は「速いので♪」と答えたようです。

ラリーカーの加速Gと横Gを味わってみて。娘さん、とってもお気に召したようで、「楽しかった(^-^)」と言っていました。

公園での速度のでる滑り台を、喜んで乗る事と言い、今回のラリーカーでの同乗体験と言い。娘さん、耳の三半規管が強いですねぇ(^^; ちなみにうちの娘、その場でくるくると20回まわっても、まっすぐ歩く事ができます。私は20回も回ると、目が回って酔っ払いのような歩き方になるのに(^^;



・・・うちの娘が86に乗っている間、私はボケっと待っていたのかと言うと。私は86の次に走っていた、まっしー号に乗っていました♪

クローズドコースで、まっしーさんのナビシートに乗るのは今回が初めてです(^-^)

まっしーさんは、教習所の短い直線でも2速いっぱいまでひっぱって。減速もそこそこに横Gがしっかりかかる走りを体験させてもらいました。

コーナー立ち上がりでは、丁度立ち上がった先の外側に、10センチ程の高い縁石があったのですが。そこを、タイヤ幅半分もない数センチくらいのスペースまで寄せて。寄せながら、しっかりと立ち上がる走行をされていたのが、印象深かったです。

私はあそこまで、外側縁石に寄せながら立ち上がることはできないです。せいぜいタイヤ幅1個分の間隔で寄せるのが精一杯(^^; まっしーさんの正確な車幅感覚と、正確なドライビングスキルを堪能させて頂きました♪

今度は、ぜひサーキットでの同乗走行をお願いしたいです(^-^)


同乗走行を体験させてもらった後、次は運動ジムの会社さんがされていた、クライミングのブースに行きました。




こちらではクライミングや、ヨガで使っている布を使った逆立ち体験(?)をすることができました。

その後も教習所の周りをぶらっと歩いていると。娘がミニセグウェイをしている広場を見つけました。娘はセグウェイは初体験でしたが無料ということもあり。一度、体験させてみることにしました。

係りの人に手をとってもらいながら10分もすると。娘さん、上手にセグウェイを乗りこなすようになりました。





このセグウェイに、娘はえらく気に入ったようで。このセグウェイコーナーに1時間はいました(^^;

このセグウェイコーナーの後に、娘がもう一度同乗走行に乗りたいというので。最後の最後にやっと、私たち親子でまっしー号に乗る事ができました♪

まっしーさん、何度も何度も同乗体験をさせてもらい、ありがとうございました(^-^)

うちの娘。まっしー号に乗ったあと、パパに「ジェットコースターみたいで楽しかった」と言っていました。


蒲郡自動車学校でのイベント。

娘と1時間もいられればいいかなぁと思っていたのですが、なんのその。イベント閉会時間の4時まで、3時間近く滞在できました。


こうして時間一杯イベントを楽しんだあと。名古屋に寄って娘の好きな手羽先を食べて。なごや飯も堪能して、日帰りで夜の10時に家に着きました。

娘の愛知での楽しい思い出も、増えたみたいでよかったです♪
Posted at 2017/10/09 17:07:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | 娘のこと(^-^) | 日記
2017年09月29日 イイね!

ドアパンチ対策を、駐車場の写真を用いて考えてみる

私、今の車に乗り換えてから、既に4年がたちました。

この4年の間、駐車場でのドアパンチにはとても注意を払って車を停めていました。その結果、4年の間で4~5回はドアパンチに遭ったものの、深い傷を付けられることもなく。ドアの塗装を綺麗に保つことができました。


運によるところも多いと思いますが、日ごろのドアパンチに対する対策も功を奏したのかなと思っています。

私の過去のブログでも、ドアパンチについて何度か紹介はしていますが、今回は実際の駐車場の写真を用いて、ドアパンチへの私の対策法を紹介してみたいと思います。



実際の写真を用いる前に、私のドアパンチへの対策法はザックリと以下の通りです。
(対策法を書いた以前のブログは、こちら



1.駐車する列の、一番はし側に停める。

2.混雑する店舗入り口に、近い場所への駐車は避ける


3.どうしても狭い場所に駐車する場合は、ななめ停めをする。


4.これらの方法によってもドアパンチされるという不幸が起こった場合は、イライラせずに潔くあきらめる



これらの対策法を元に実際の駐車場の写真から、私がしている愛車を停める場所の優先順位について見ていきたいと思います。


下の写真は、私の地元で一番大きなショッピングセンターの駐車場です。写真の左側に大型ショッピングセンターがあり、皆さんショッピングセンター入口に向かって車を停めます。写真の上側の店舗には、お客さんはほとんど足を運びません。






この駐車場には、おおよそですが250台くらいの車を停める事ができます。

(この駐車場の他に、表にも巨大駐車場があるのですが、大きすぎて1枚の写真に入らないため、こちらの駐車場を例に使いました)


この駐車場の中で私はまず最初に、ドアパンチ対策法「2.混雑する店舗入り口に、近い場所への駐車は避ける 」ことを行います。


私がこの駐車場の中で、真っ先に車を停める候補から外す場所が、次の通りです。
(写真中、オレンジ色に囲われた部分)





駐車場左側の①枠部分は、まさしく大型ショッピングセンター入口に近い所です。車の出入りも多いため、駐車候補から外します。

次に②枠についてです。こちらはどうして駐車候補から外すのかと言いますと、下の写真のような通路が設けられているためです。


(屋根付き通路の様子)




この屋根付き通路には、買い物にきたお客さんの多くの人が行き来します。そして写真では見づらいですが、買い物カート置き場もあります。

仮に通路横に愛車を停めた場合。もし、通行人の腕時計や車のキーが愛車のドアに当たったら。もし、買い物カートが愛車のドアに当たったら。その当てた本人は恐らくそのまま立ち去ります。

私は、車の出入りの多い場所だけではなく、人の行き来の多い場所にも車は停めないように心掛けています。



こうして駐車したくない場所を除いた、駐車スペースが下の写真になります。
(緑で囲まれた部分。ただし、おおまかな囲み方をしています)






この駐車場の中で、私が一番に車を停めたいと思う場所。ドアパンチ対策法「1.駐車する列の一番はし側に停める」を行うと、下の写真のようになります。

(ピンクで囲まれた部分が、私が停めたいと思う場所です)







一部、緑色で囲まれた部分をはみ出して、停めたいと思う場所(ピンク色)があります。緑色をはみ出すことは、それだけドアパンチに遭うリスクが高まります。しかしそのリスクよりも、列のはしに停めるメリットの方が大きいと考えるためです。

どうしてかと言いますと、列のはしに愛車を停めて隣の車との距離を取る行為。この行為は、ドアパンチ被害を未然に予防する、自分でできる唯一の直接的な行動だと思うからです。

もし両隣りに車を停めらてしまったら、隣との距離も取る事ができないため、相手の善意に頼るほかありません。



このように、自分が愛車を停めたいと思う場所。

この場所が必ずしも空いているとは限りません。

両方に車が停まっていて、その空スペースに車を停める場合。私が2番目に愛車を停めたいと思う場所は、下の写真のようになります。
(青色で囲まれた部分です)






この青色で囲まれた部分は、ショッピングセンター入口から遠い場所であることが分かります。ショッピングセンター入口から遠い場所は、それだけ車や人が行き来する数が減ります。隣に停まった車の出入りが減れば、それだけドアパンチに遭うリスクも減るのではないかと考えています。

(なお、入口から遠い場所に愛車を停めた場合。今度は車の盗難や車上荒らしのリスクが高まりますので、注意が必要です)



以上のように、優先順位を付けて車を停める場所を探したが、どうしても停めたくない場所に車を停めざるを得ない場合。また、隣の車とのスペースが狭い場合。

私はドアパンチ対策法「3.どうしても狭い場所に駐車する場合は、ななめ停めをする」を行います。



しかし、このななめ停めのドアパンチ対策法も、一度だけ破られてドアパンチされた過去があります(^^;
(ななめ停めが破られた時のブログ記事は、こちら



上のドアパンチ対策をしていても、破られる例があるように。どんなにドアパンチ対策をしていても、隣からぶつけられる事はあります。

そうした時は、ドアパンチ対策法「4.これらの方法によってもドアパンチされるという不幸が起こった場合は、イライラせずに潔くあきらめる」にかぎります(^-^) この方が精神衛生的にも、いいかなと思います♪



・・・このように4年の間、ドアパンチに注意を払ってきましたが。それでも、何回かは必ずドアパンチをもらってしまいますね(^^;


そんな中で私が得た教訓。

それは、

「君子、危うきに近寄らず」という考えです。


人が集まる時間を避けて、大型ショッピングセンターには朝早くに行ったり。そもそも、このような危険な場所には、自分の車は使わずに妻の車を使ったり、と(笑)

危険な状況が事前に分かっているのなら。その危険な場所・時間を避けることが、ドアパンチには最も効果的な対策なのだろうなぁと。最近思うようになりました。

Posted at 2017/09/29 17:15:30 | コメント(4) | トラックバック(0) | 安全運転・省燃費運転 | 日記
2017年09月18日 イイね!

神様からの素敵なプレゼント(プチオフ)

昨日のこと。

この日は、朝の6時に起きて。
妻に「一日自由時間をもらっていいかな?」と聞いたら、「いいよ」と言ってくれたので。

富山県にある、三井アウトレットモールに一人で行ってきました(^-^) 朝早かったので福井から富山までは下道で行って。久々にmyインプと濃厚な時間を過ごすことができました。9時30分の開館から12時まで。これまた久しぶりに、のんびり一人でショッピングを楽しみました。

ただ、何を買ったかというと・・・。小学2年生になる娘の洋服に娘の靴。娘のものばかり(^^; 娘は成長盛りなので、1年で服のサイズや靴のサイズが変わってしまいます。今のサイズより少し大きめのものを買っておけば、無駄にはならないなぁと思って。自分のものより子供の服を優先する、奥様方のお気持ちが分かる気がします(^-^)


こうして12時にショッピングを終えて。富山から石川・福井につながる国道8号線を、石川県の金沢方面に向けて走行していると。


左車線を走行する、インプレッサに遭遇しました♪









そして数台先に走る、別のインプレッサにも遭遇♪




どなたのインプレッサなのか、追い越した時は分かりませんでした。

しかし、2台とも普通の車ではない事は、後ろ姿から伝わってきました(笑) そこで2台のお車と同じ走行車線に移動して、もしからしたらみんカラをされている方々なのかもしれないと思い。ハイドラを立ち上げると。2台ともハイドラをされていました♪

ハイドラでは、こんな感じです(^-^)






ハイドラを見ると2台のうちの1台は、みんトモさんのいんすぽハイさんではありませんか! そこで私が一番前にでて。K.N.M....さんに向けて車内で手を振ると、手を振り返してくれるのが見えました♪


ここからは、同じインプレッサに乗る者同士。
会った事のないK.N.M....さんといんすぽハイさんでしたが。運転しながらでも、阿吽の呼吸で意思が伝わります(^-^)

K.N.M....さんに導いてもらい、近くのドンキに車を停めて。K.N.M....さんと、みんトモさんのいんすぽハイさんに、初めてお会いすることができました♪

そして、近くの北陸スバルSWING金沢西店に移動することに。






お話しをお聞きすると、

いんすぽハイさんは、10月に開かれる千里浜オフの下見に行かれて。その帰り道にK.N.M....さんに襲撃されて(笑)。お二方でSWING金沢西店に行く途中で、アウトレットから帰ってきた私が偶然通りがかった、

との事でした。


SWING金沢西店では、展示場の中で展示車を見ながらお話して。外の雨がやむと、外にでて3台で並べたインプの前でお話して。とても楽しい時間を過ごすことができました。

いんすぽハイさん、K.N.M....さん、ありがとうございました(^-^)


今回は、ほんと色々と偶然が重なった結果のプチオフでした。

私が丁度、妻から自由時間をもらって一人で車を運転していて。そして偶然国道8号線を、同じ金沢方面に向かって走っていたお二方と遭遇できて。私はハイドラをオフにしていましたが、お二方の普通の車とは違った後ろ姿に気付くことができて。そしてお二方に導いてもらって。

人との出会いってすばらしいですね(^-^)


私にとって今年は、みんカラをされている方と偶然が重なって出会う、という事がほんと多い年になりました。

休日は子供の面倒を見たり、妻に許しがもらえずにオフ会に参加できない私ではありますが。偶然の出会いは、家族のために尽くしていることへの神様からのご褒美なのかな、と思っています(^-^)


人との出会いに感謝です♪
Posted at 2017/09/18 00:20:46 | コメント(5) | トラックバック(0) | インプレッサ | 日記

プロフィール

はじめまして、「そう」と申します。 スバルインプレッサスポーツ1.6i-Lに乗っています。 エコドライブを楽しんでいます。 親子一緒にドライブする事が...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

スズキ・スイフトスポーツ(通称スイスポ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/14 21:24:28
スイフトスポーツ(ZC33S)の試乗して来ました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/12 22:56:18
新型スズキ スイフトスポーツ速攻試乗! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/01 16:29:43

お友達

ブログなどのコメントで。
数回やり取りしてから、お友達になれると嬉しいです(^-^)
61 人のお友達がいます
らな.らな. * maru///maru/// *
@Hongou@Hongou * fujimurafujimura *
しげお@WR-LTDしげお@WR-LTD * 虎神虎神 *

ファン

195 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
2013年7月納車 1.6i-L(GP3‐B型)の4WD車です。 エコドライブを楽しんで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.