• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

-そう-の愛車 [スバル インプレッサ スポーツ]

ブレーキ残しをプロドライバーの書籍・車載映像から分析

カテゴリ : その他 > その他 > その他
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間30分以内

作業日 : 2015年09月17日
1
ご注意: 動画は、この記事を読んだ一番最後に見て頂くと、ありがたいですm(_ _)m


(記事を読まれる前の前提知識)
私、サーキットはほとんど走ったことのない、一般ドライバーです。そのため、車の挙動について、想像しながら記事を書いていることが多々あります(^^;;

どうか温かい目で、記事を読んで頂けると幸いです(^-^)
2
私、MOTIONISTを使って90度カーブを曲がる練習をしています。その中で、コーナー進入前でどうしてもブブー音をもらってしまいます。減速を終えてステアリングを切り込む時にブレーキを余らせてしまい、減速から旋回のGの移り方が、なめらかではないことが原因のようでした。

そのため、減速しながらステアリングを切っていく「ブレーキ残し」をしたところ、ブブー音をもらうことなく、旋回Gを減らしながらスムーズに、荷重移動ができました。

この一連の動き。プロのレーシングドライバーは、どのようにしてコーナリングしているのか、興味が湧きました(いきなり話が飛躍しますw)
3
一番最初の画像に載せた書籍。これは、以前みん友のアルジジさんがブログのコメントで、読んだことのある本とおっしゃっていたものです(題名は聞いてないので多分これだと思うのですが^^;)

私、アルジジさんのコメントを読んで、すぐに購入しましたw

この本は、GT選手権などで活躍されたミハエル・クルム選手が書かれた本です。(伊達公子さんの旦那さんと言ったほうがわかりやすいでしょうか^^;;)

レーシングドライバーが行う操作を、事例を交えて具体的に書かれています。ブレーキング方法から始まって、コーナリングのライン取り、はてはドライビングポジションまで・・・。グラフやデーターを載せて、目で見て分かりやすく解説された本です(^-^)
4
(書籍1ページ目)

そのブレーキング方法の中で、ブレーキ残しについて詳細な解説をされています。解説文を一部抜粋しました(大切かなと思うところを、赤でカギ括弧しました)

本書ではブレーキ残しを「トレイル・ブレーキング」と称しています。

このトレイルブレーキングを使うことで、ステアリングを切り始めるターンインの区間もブレーキング区間として使うことができると書いてあります。
5
(書籍2ページ目)

この書籍のなかにある「アペックス・ポイント」とは、クリッピング・ポイントのことを意味するようです。

このトレイル・ブレーキング(ブレーキ残し)を要約すると、

ステアリングを切り込むターンインから後も、ブレーキを使って減速する。減速しながらコーナリングすることで、コーナリング中も減速区間として使える。ただし、タイヤに減速Gに加え横Gも与えることになるので、荷重の縦方向と横方向に分散させる必要がある。

トレイル・ブレーキングは、ブレーキングからのターンインの瞬間に、ブレーキ踏力を緩めることが重要なこと。そうしないと、リヤの荷重が軽くなり過ぎてスピンしてしまう。

というものらしいです。(私の理解が合っているか自信ありません(^^;;;)
6
これらを踏まえた上で、実際のドライビング映像はないかなぁ~と、you tubeを見ていると・・・

ありました♪

その映像が、一番最初にあった動画です(^-^)

この動画、ベストモータリングの映像で、筑波サーキットをバトル中のドライバーのオンボード映像と足元の映像が同時に見れます。そして各ドライバーごとに、まるまる1周の操作を見ることができます。

同じコースを使って、ドライバーごとの操作を見ることができる・・・各ドライバーの操作を比較できて、とても見ごたえがあります♪
7
この画像は、動画の1:49付近のものです。
服部尚貴選手が、シビックタイプRを運転している時のものです。

雨が降ったあとのウエット路面での減速・コーナリング。
旋回Gを抑えながらブレーキとステアリング操作をしているところが分かります(^-^)
8
こちらの画像は、動画の18:24付近のものです。
同じく服部尚貴選手が、鷹目インプレッサSTI RA-Rを運転している時のものです。

完全ドライで、コーナーを攻めています。

ここの動画を見ると、ステアリングを切りながらブレーキングしている様子が分かります。ミハエル・クルム選手が書かれた書籍と、同じようなトレイル・ブレーキングをしているように見えます。

この動画を見ていて、あれだけステアリングを切っていてもブレーキングしているのだなぁと、ブレーキングを残す距離の長さに驚きました。

そしてコーナーに進入するライン取りも、クリッピングポイントに向かって、結構イン寄りに進入していますね。4WDをうまく曲げようと思うと、ああいったライン取りがいいのでしょうか。やったことがないので分かりませんが(笑)


以上、私の想像も含んだ分析となりましたが、このブレーキ残しを使っているプロドライバーがいる、という事を分かることができました♪

コーティング

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

アルミテープ貼り付け

難易度:

容量接合アースの研究 その1

難易度:

アイサイトのダウン

難易度:

グレたのでいほー車にしました!

難易度:

モービル用アンテナケーブルのコネクタ交換

難易度: ★★

アルミテープチューン

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2015/09/17 12:09:16
同じ本持ってます(^^)
コメントへの返答
2015/09/17 12:22:15
おおぉ。

紀州路さんも、この本持っていらっしゃるのですね♪ この本、レーシングドライバーの操作が、分かりやすく書かれていますね(^-^)

ただ、僕の場合はこの技術を試す機会がないので、動きを想像しながら本を読んでいます(^^;
2015/09/17 20:38:34
ブレーキングからターンインにかけて凄い分かり易く、丁寧に書かれてます〜←自分が実行できるかは別問題…(^_^;)

そして、そうさんの分析力も凄いですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

初心者のフラフラした走りですが、走行動画が撮れたら-そう-さんに分析して欲しいです〜ww
コメントへの返答
2015/09/17 21:50:59
このミハエル・クルム選手の本。とても分かり易く書かれていますね(^-^)

僕がそうだったのですが、問題にぶち当たって、なんとか解決しようと試行錯誤していく中で、本に書いてある事の意味がようやく理解できたって感じです(僕も、実際にできるかは微妙ですが^^;;;)

あはは、僕の分析はたいしたことありませんよ(^^;;; だって、限界走行を知らないのですもの(笑)

ただ、知らないし確信が持てないため、色んな角度から検証してみないと、気が済まないのかもしれません(^^;;;;

僕が分析できるかどうか分からないですが、まっしさんの走行動画、ぜひ見てみたいですw

普通に運転しているだけでも、MT車はその人のクセが出るので、見ているだけで楽しいです(^-^)
2015/09/17 20:45:43
大変参考になりました!!
コメントへの返答
2015/09/17 21:56:54
つたない文章ですが、参考にして頂けてとてもうれしいです(^-^)

でも、こういった運転操作が書かれた本を知ったのもインターネットのおかげ。プロドライバーの車載映像が見れるのもインターネットのおかげ。

ほんと、便利な世の中になりました♪
2015/09/18 09:24:39
そうさん おはようございます!

おおー!
まさにこの本です!
自分が読んだのは、表紙が写真の旧版でした。しかも図書館で借りたものでした(笑)。
初心者なので、クラッチアクセルブレーキ操作のポイントが知りたくて、コーナリングのところなどは、流してみていました(笑)。
外国人なのに旦那さんすごいな!日本語うまいなとか思ってました(*´∀`*)

ドライビングの良書とお墨付きいただけて、嬉しいです。
自分も、買おうとおもいます。
コメントへの返答
2015/09/18 12:46:01
アルジジさん、こんにちは(^-^)

おおぉ。
やはり、この本でしたかw

あの旦那さん、上手に日本語しゃべりますよね。そして外国の方だから、なのでしょうか。この本では、プロドライバーの操作を、分かりやすく表現されていますね。

日本人は技術的な事は、なかなか多くを語りませんね。もし語ったとしても、具体的ではなく抽象的に、表現をぼかして分かりにくくする感じがします。

僕も、各コーナーごとのライン取りの方法やプロドライバーとしてのセッティングの詰め方といったところは、流し読みしてます(^^;;;

ただ、この本は、ブレーキングの具体的な使い方の他に、左足ブレーキについても少し記載がありますね。プロドライバーのトップシークレットである、左足ブレーキに触れられていたので、技術を伝えたい本気度を感じました(^-^)

いい本を教えてもらいました♪
アルジジさん、ありがとうございます(^-^)
2015/09/18 21:39:50
そうさん こちらこそありがとうございます!

確かに、日本人は、言葉で伝えないで、盗め的なところありますよね。仕事でも。
言葉にしないと、伝わらないこと、ありますよね。

左足ブレーキもありしたね!
ヒールアンドトウが、初歩的な技術とか書いてあって、まじか!と衝撃を受けたような気がします(笑)。

自分も、レーサーのなかでも、伊達さんの旦那さんとレース中の事故から頑張って復帰した太田哲也さん(字違ったらすみません)は、特に崇めてます(*´∀`*)
コメントへの返答
2015/09/19 03:34:53
みんカラって、いろんなことを教えあいっこできるので、いいですね(^-^)

そうなんですよね~。日本人は技術を盗めなんですよね(^^; だから、僕もベスモの車載映像とペダルワークを、食い入るように見てましたw

左足ブレーキ。ご本人さんのエピソードでは、最初は左足ブレーキから覚えたみたいですね。でも雨のレースの中、ヒール&トゥをせずにいたら、ブレーキング中タイヤがロックしてエンストしたって、書いてありましたw

戦闘速度で、エンストは怖すぎです(^^;;;;

こういった、ご自身のエピソードを交えて技術の重要性を訴えているので、読んでいて面白かったです(^-^)

レーシングドライバーの方も、人柄がいい人がたくさんいらっしゃいますね♪

僕はレースはあまり詳しくはないのですが、ベスモに出演されるドライバーの方の会話を聞いていると、憎めない人柄がそこかしこに、表れていますね(^-^)

プロフィール

はじめまして、「そう」と申します。 スバルインプレッサスポーツ1.6i-Lに乗っています。 エコドライブを楽しんでいます。 親子一緒にドライブする事が...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

スズキ・スイフトスポーツ(通称スイスポ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/14 21:24:28
スイフトスポーツ(ZC33S)の試乗して来ました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/12 22:56:18
新型スズキ スイフトスポーツ速攻試乗! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/01 16:29:43

お友達

ブログなどのコメントで。
数回やり取りしてから、お友達になれると嬉しいです(^-^)
61 人のお友達がいます
しげお@WR-LTDしげお@WR-LTD * 熊っち熊っち *
アルジジアルジジ Ocean5Ocean5
銀黒1号銀黒1号 Co-zyCo-zy

ファン

195 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ スポーツ スバル インプレッサ スポーツ
2013年7月納車 1.6i-L(GP3‐B型)の4WD車です。 エコドライブを楽しんで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.