• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

930GGのブログ一覧

2017年07月29日 イイね!

GGグルマ

GGグルマ

毎日暑い日が続きますね~。


夏ですからね・・しょうがないか。















私の89カレラ、




ガスがすぐ抜けてしまうようで

今年はクーラーがほとんど効きません。



ま、30年近く酷使されてきているのですから

しょうがないですね。










そんな私の89カレラのクーラー不調の状況を知りながら

この暑い最中の先日、







老人養護ホーム「クレフの里」のホーム恒例催し物、

箱根・伊東ツーリングが開催されました。






この暑い中をクーラーの効かない89カレラで

わざわざ伊東くんだりまで何か食べに行かされるなんて・・




こりゃもう最近社会問題になっている

老人の虐待と言うかイジメと言うか・・




そんな類の催し物企画としか言いようがありません。









ここで登場したジャクソンさんがいろいろお膳立てしてくれたのですが、






ま、「クレフの里」なんてのは

所詮「ブラック老人ホーム」なんですよ。













で、





参加したのは案の定

エアコンのよく効くお水な人たちばかり。











それどころか





爆音仕様の軟弱マカンが居たり、







屋根が開くのに閉めっぱなしでエアコンつけてる

軟弱「せむし男」とか












997GT3持ってるくせに

わざわざMINIで参加した人達も居ましたね。



「お嬢ちゃんミニ」と黒い「ナンパ系チャラミニ」。













ところが!






当日は奇跡的に曇って涼しい絶好のドライブ日和!

箱根なんて濃霧でウインドウ全開がとても気持ちいい!

クーラーなんて必要ありませんでした。





そう、神はいつだって年寄りに味方するのです!












たまに皆で一緒に走るのはやはりたのしいですね。










もちろんドライビングはあくまで遵法。







前の車を煽ったりしない

他の真面目なファミリーカーに道を譲らせたりしない

2車線を使って伊豆スカイラインを登ったりしない

キール音を発してコーナーを曲がったりしない・・。






ほら、







後ろにいたハワイ仕様の911GT3RSから撮ってもらった写真に

飛んでいるセミが映り込むぐらいのスローペースです!














そうやって仲間と箱根を走るのはとても楽しいのですが・・









一方では、





最近どうもお水な人達と一緒にサーキットや峠を走ると

イラっとする事が多いのですよ。





何にイラっとするって

930の遅さに・・。











私の場合、





道を歩いていても前に人が歩いていると抜かさずには居られない・・

まして駅のホームでスマホを見ながら歩いている小僧なんかは蹴とばしたくなる・・

駅のエスカレーターは絶対右側を歩いて上がる・・

駅の階段は絶対に一段飛ばしで駆け上がる・・





と言うやや病的なせっかち人間ですから








930で今どきの991GT3RSなんかと一緒に峠やサーキットを走ると

自分がスマホ見ながらホームを歩いているバカ小僧のような気分になるのですよ。







なんでもかんでもコンピューターが制御し

後輪ですら向きを変えるような車は誰が乗っても速いに決まってます。




930は速さを求めるような車ではない事は百も承知、

今どきのお水と競争すること自体無意味であることも重々承知、

ポルシェの味は空冷の方がずっと濃いことも承知・・



それでも時々腹が立つ・・








こりゃお水に乗り換えるしかないかな・・

なんて非現実的な事を考えたりしていた矢先、















以前ご紹介した雑誌GG(ジジ)の9月号にこんな記事が載ってました。









「走れば命の泉わく! ジジは百までクルマ好き」なんて上手い事いいますなあ。















そう、やっぱりMTでなくっちゃ!

今どきの991GT3やRSなんてPDKとかなんとか・・幼稚園児でも運転できる。





岸田氏の秀逸な川柳・・


「マニュアル車、むかしカッ飛び、いまボケ防止」


さすが雑誌編集者、こういうコピーが上手い。











結局GGの行き着くところは

「ちょい古グルマ」








そして


粋なちょい古グルマの最右翼は空冷ポルシェ。






やっぱり89カレラは最高!




遅いけど・・










そんなカレラにカッコよく乗るために、




筋トレで体重減らして腹引っ込めて

階段ぐらいかけ上がるGGにならないとね。












991GT3RSも991GT3も、

997GT3RSも997せむし男も、

黒チャラMINIも、



そんなお水な小僧ども!







抜かせてあげます。

どうぞお先に行きなはれ!




但し、

歩いてる時は決して抜かされはしませんがね。





Posted at 2017/08/01 21:08:23 | コメント(3) | トラックバック(0) | 930カレラ | 日記
2017年06月23日 イイね!

ジジイジリ

ジジイジリ

みんカラを再開するきっかけとなった(笑)雑誌

GG(ジジ)創刊号が発売されましたね。

創刊おめでとうございます。




定期購読を申し込んでたら

さっそく送ってきました。










ページをペラペラめくって

ちょいと弄ってみましょうか。










元LEON編集長の岸田一郎氏が編集長ですから

この「GG」も物欲満開金満雑誌に仕上がってます。





そう、この手の雑誌はこうでなくちゃいけませんね。




読者は自分のライフスタイルの参考にすることもあれば

そこに夢を見出したりもするのですからね。







何しろ「GG」とはGolden Generationの事。


決してシルバー世代なんかじゃない、

あくまでゴールドなんですな。













ちなみに



私のHNの「930GG」のGGは




お気づきの方もいらっしゃると思いますが、


ブログに掲載している私の撮った写真に記載のとおり

「Great Generation」 のGGなんです。





まあ言って見れば「素晴らしき世代」って事ですね。




我々団塊の世代、


何やかやと騒がしくもありしかし活気のある世の中を

何やかやと忙しくもありしかし懸命に生きてきた、

そんな世代、




高齢者と呼ばれようともまだまだ元気な肉食世代、



「素晴らしき世代」だと思うのですよ。











で、


雑誌「GG」はそんな世代の「指南誌」らしいのですな。












どれどれ

ちょいと指南してもらいましょうか。











ときどき大黒PAや辰巳PAでお見かけする

岸田氏の964タルガ。






流石にセンス良く

しかも目立たないところにこだわりがあったりして

とても美しいですね。






ちょい古グルマのススメ」との事。




指南してもらうまでもありません。



ちょい古グルマの空冷ポルシェ、

これこそGGの乗るべき車。

同感!














ゴージャスなジジにも増して

華麗なる知的ジジへ・・  (加齢なるジジではないですぞ!)







(抜粋)

ジジならではの素晴らしい経験値、深い教養、

それらが醸し出す優雅な物腰と言ったものは

お金で買えるものではありません。





で、

美術館へ行ってアートを語りなさいって事なんですね。

さすればパートナー(なんじゃ?)の見る目も変わるとの事。




なんか浅いなあ・・



芸術でニキータの歓心を引こうってのはどうかな?










一昨日も美術館行きましたけどね、一人で・・



三菱一号館美術館でやってるレオナルドxミケランジェロ展。





素晴らしい美術館だし

ダビンチとミケランジェロのディゼーニョ(素描)を集めた

なかなか見る事のできない素晴らしい作品展でした。






芸術は一人でじっくり鑑賞するべし。

「空冷ポルシェは一人で乗るべし」と同じ。













ファッションの記事は大いに参考になりますね。

何しろ〇〇クロしか着たことないものですから・・








でも今はまだ

体型改善の真っ最中なのですよ。





お腹のたるんだジジには

雑誌にあるような素敵なファッションは似合いませんからね。



ね、〇田さん!













パナマ帽、


これ欲しいんですよね。






もちろん日本でかぶる勇気ありませんが

ハワイとかでね。






「目深に少し傾けてかぶる事」とちゃんと書いてある!

さすが!



商品の写真を載せるだけならアホでも出来る。




どのように着こなすのか、どうやってかぶるのかなど

そういう記述が重要なんですよね、この手の雑誌には。












これ全く同感!





でも、あればの話ですが・・













美女が集まるバーがある・・?





どこどこ!?



書いてないし・・











ジジはサバイバルゲームでダイエット?




これはいけませんなあ・・





誓って言いますが

サバイバルゲームでお腹は凹みません!






それより何より・・



BB弾撃って遊ぶなんて

小僧のやることでしょ!






GGは実銃を撃たないとダメです!






時間がたっぷりあるのだから



BB弾撃つぐらいだったら

あの面倒くさい講習や試験を突破して

銃の所持許可を取ればいいじゃないですか!




「銃砲等所持許可書の取り方」を指南すればいいのに。

(私は既に持ってますけどね)













とかなんとか、






あーでもないこーでもないと

楽しんで読める雑誌ですね。







まだまだ為になる面白い記事、車の記事がたくさんあり

読み応え十分ですよ!



是非ご購読を。









しかし・・







LEONなどに比べて

肝心の「ニキータ」が地味ですなあ。




もっと美魔女を登場させて欲しいですね、

「ジジの娘」とかなんとか言う設定で・・

Posted at 2017/06/24 01:27:54 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年06月11日 イイね!

スピードスターと言う名の車

スピードスターと言う名の車

関東も梅雨に入ってしまいましたが

今日は晴れとの予報でした。

珍しくジェイソンさんから皆さんに連絡が入り、


「午前中の適当な時間に大黒PAに行きませんか」

とのお誘い。








ジェイソンさんと言う人は西洋人ではなく、一応日本人です。





しかし

「午前中の適当な時間」なんて

どこまでてきとーなのか、





その辺のいい加減な感覚が少し日本人離れはしています。










映画「13日の金曜日」のジェイソンかって?







ま、そんなもんです。










そのジェイソンさんは

老人養護ホーム「クレフの里」のケアマネジャーの一人ですが




車を9台も持っているくせに

少しでも雨が降りそうなら

新幹線の「こだま」でクレフの里までわざわざやってくる

ヘンな人です。






でも今日は久しぶりにコイツで現れると思っていましたが、









大黒に行ってみると






・・・・驚愕のサプライズ

突然の10台目の増車!









「これなに?」

「なんちゅークルマ?」

「こんなんあったん?」





997後期スピードスター!









クレフの里に来る人たちは

皆さん紳士で優しい人ばかりですから、





「なんでこんなん買うたん?」

「これカッコええか?」

「ノートルダムのせむし男みたいやなあ~」






なんて思ったとしても

決して口に出して言ったりはしません。


(注: 上記は皆さんが心の中で思っていたであろう感想を開示したまでであり、決して私個人が考えたり感じたり言ったりした事ではありません。念の為。)









・・・・



かける言葉もなく、




しかし皆さんなんとか褒めるポイントを見つけようと

懸命に車を眺めすかしています。






「ちょっと幌を上げてみてください。」

「あっ、手動なんですね! そこがまた渋いですね!」


なんて訳のわからんコメントしか出てきません。








無駄にだだっ広く間延びしたリアデッキ。







意味不明な四角い切り込み。













私の中での911スピードスターは

なんと言っても930スピードスター。





この男らしくも優雅な後ろ姿。








これはぜんぜんちがうがな。












力強く美しい横顔。






ちょっとちがうなあ。











均整の取れた肢体。















997スピードスターは

930スピードスターのオマージュと言う事ですが、












「だったら930スピードスター買えばいいのに」

「そちらの方がずっと安いししかもカッコいい」





なんて




皆さんジェイソンさんには聞こえないように

しかし結構大きな声でワイワイやってたら、








ジェイソンさんが

小さな声でボソボソと、しかし嬉しそうに言いました。





「この車世界で356台の限定生産です」

「だからシリアルナンバーがついています」





(なるほど・・)







「日本には現在5台しかないと聞いています」

「今欧州のオークションで42万ユーロの値がついています!」










瞬間、



皆さんの目が

侮りの目から尊敬と羨望の目に変わりました!






「356台しか作ってないの? そりゃ希少価値がある!」

「42万ユーロ! いやあ、将来もっと高くなるね!」

「へえ~、こりゃいい! 高いと思ったけど安く買ったんだね!」









コメントもガラッと変わっちゃいました。

この人たちは現金と言うかなんと言うか・・





まったく・・









ポルシェは乗ってナンボの車だと思っていたが


ポルシェは売ってナンボの車やったんかい!











とは言え、


ジェイソンさんは何故かそういう車を決して売ろうとはしないのです。





だから増えるばかり

だから乗る機会も少なくなる

完全空調のガレージに保管して

手入れをして観て楽しむ・・




手入れをして鑑賞・・







そう、

ジェイソンさんにとってポルシェはお金儲けの手段ではなく

ポルシェは盆栽なのです。











ところで

スピードスターとはどういう意味なのか?









Weblio辞書によると

「高速走行者。スピード違反者」の英単語との事です・・・



(ついでに向こうのオレンジの991GT3RSもスピード違反者みたいなものです)










因みに私のは930カレラ





スピード違反者ではありません。






(注: 誤解なきよう申し添えますが、当ブログはジェイソンさんをからかっているだけであり、決して997スピードスターと言う車を誹謗中傷しているわけではありません。ポルシェはどのモデルであっても美しく世界最高レベルの素晴らしい車であることは言うまでもありません。)

Posted at 2017/06/12 00:43:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年06月06日 イイね!

暗闇は好きですか?

暗闇は好きですか?昨日のつづきで

しょーむない筋トレ話ですので

すでにマッチョな方や

筋肉に興味ない方は

スルーしちゃってください。








マラソンをする人の 「ランニング ハイ」 とか

ポルシェで爆走する人の 「ドライビング ハイ」 とか (そんなんあるんか?)



ま、人間は覚醒剤打たなくっても「ハイ」になる事があるらしいのですよ。






世の中にはヘンな人がいるもので、

最近では 「コロコロ ハイ」 なんてのもあるようです。







コロコロやってるとハイになってしまって

いくら続けてやっても疲れないどころか

楽しくて止められない・・なんて








そんなヘンな人、いやloverさんの事だなんて決して言いませんがね・・




そんな人の影響で老人養護ホーム「クレフの里」では

コロコロ患者がどんどん増えて

集まってもコロコロの話題だけで

ポルシェの話なんて一言もしやしませんよ、





まったく・・











しかし、





頑張れば数値で結果が出る

結果が出ると嬉しくなってもっと頑張る

やがてなんチャラって言う若者向けメーカーのタイトなシャツも似合うようになる

そうなると自信もついてくるし前向きになる

だからもっと頑張る・・と言う好循環



これはとても良いことだと思いますね。














ところが私の場合は・・









明らかに視覚的体型変化が現れているのに

体組成計による体脂肪率・骨格筋率の数値変化にあまり現れて来ないのです。


 





そうなると毎夜毎夜コロコロと「輪っか」をころがして頑張ってみても、






「オレはなんでこんなアホなモノをコロコロ転がしてるのか・・」

「しんどいだけやないか・・」

「体型改善のための手段なのにいつの間にか手段が目的化しておる・・」

「そもそも1170円の輪っかにゃ所詮限度があるだろう・・」








なんて風に




思考がネガティブスパイラルに陥ってしまい

暗闇を彷徨う結果となってしまうのです。
















そんなある日・・








JRの山手線の原宿駅のホームで電車を待ちながら

ふと向こうのでっかい広告を見るとこんなのが目に止まりました。







そりゃ目にとまりますがな

こんな煽情的な広告ですからね。

でも何の広告なのかさっぱりわかりません。




どうせ若者のファッションの広告かなにかだろうと思いつつ・・

気になったので家に帰って調べて見ました。







b-monster

暗闇ボクササイズ!






これだ! と思いましたね。













要するに・・






サンドバッグもしくはBoxmasterと称する器具が100台近く並んでいる

真ん中に一段高くなった細長いステージがある

暗い中の壁にプロジェクションマッピングでいろいろな背景を映し

TRFとかいうスタイルの音楽を大音響でガンガンかける

パフォーマーと称するオネエチャンもしくはオニイチャンがステージ上を動き回り

パフォーマーの仕草と号令に合わせた有酸素・無酸素運動を交え

サンドバッグ(もしくはBoxmaster)をガンガン叩きまくる

45分間のワークアウト






ま、そういう感じのフィットネススタジオですな。









えーがな えーがな!





何がいいかって・・




ワークアウトに来る70~80%が女性だってところ。

しかも暗闇ですよ、暗闇













銀座、青山、新宿、恵比寿にスタジオがあるようですが

近いところの無料体験を直ちに予約しました。









無料体験には10人ぐらい来てました。





ウエア―も簡易バンテージもグローブも全部貸してくれます。

しかも500mlの水までくれます。


(注: Bandageすなわちバンデージですが日本では何故かバンテージと言うので

すね。ロールケージを日本ではよくロールゲージと言うのと同じですね。)











上は水着の上みたいな半裸

下は肌にピッタリとしたパッチみたいなもの(こーゆーの何ちゅーの?)を履いた

長身スリムで腹筋割れていそうなモデルのようなオネーサンが





ボクシングのフォームなどを説明してくれます。









お~~~、ボクシングのフォームは一応サマになっとるやないか!










始めの10分間は





心拍数を120まで上げるために

有酸素運動・無酸素運動を組み合わせた準備体操を

オネーサンを見習い音楽に合わせて行います。





!!!






動きが速やすぎ!!

こちとら跳んだり跳ねたりなんてここ何十年もしたことないんやぞ!









10分後には・・




息があがってゼイゼイ・・

汗が滝のように吹き出て・・



キ、キツイ・・

しんどい・・






もうアカン!


(オジイちゃん、まだたった10分ですよ、10分!)











しかしオネーサンは非情です。

続けて今度は10分間のシャドーボクシング。






ジャブだクロスだフックだアッパーだ・・

慣れない動きにバランスは崩れるし順番間違えるし・・





なんて思っていたら


いきなりプランク30秒とかジャンプスクワットとかやらされて

それですぐにまたシャドーボクシング・・って調子。









そのうち

Drinking Break !  (15秒ぐらい休ませてくれます)



すぐに Glove On !   の掛け声・・








で、


「Boxmasterを滅多打ち」が続きます。






本当は25分間続くのですが

体験会ではめった打ちは5分程度の体験。











いやあ~~





女性が7~8割と言うので

正直なめてました・・







こりゃキツイ!




終わってロッカールームに帰ったら

ベンチに座ってしばらく立てませんでした。




こりゃジジイにはちと無理だな・・


と思いながら









その場で会員登録しました。










何故って・・






コロコロより面白そうだから!














3週間経ちました。

11回行きました。




案の定ジジババは私以外に誰一人居ません・・








でも身体が少し慣れてきましたよ。

キツイのは変わりませんが

始めの10分でへこたれる事はなくなりました。







会社が終わった後の

夕方から夜にかけての枠は一杯で

なかなか予約がとれないそうです。


人気があるみたいですよ。









私は平日の大体昼前後の枠を予約して行きます。




そんな時間に行けるのは

年金生活隠居老人の特権ですな。





そうすると空いていて大体50人ぐらい。

そのうち男の子は1割程度。




9割は

30代~40代の妙齢の女性なんですよ。







ほら、コロコロよりずっと楽しそうでしょ!









外地におられるある女性がおっしゃいました。




「平日のそんな時間に来る妙齢の女性って・・人妻ですね」

「あ、人妻倶楽部だ!」










私の場合、





「人妻感知機能」はオフにしており

「人妻関知機能」はオンにしてますから、




人妻であるかどうかは感知せずわかりませんが

たとえ人妻であっても関知はするようになっとります。




一方、人妻はジジイを全く感知も関知もせず無視するようになってるようです。









ま、そんな人妻達に囲まれ・・いや、無視されて

しかし時々そんな人妻達をチラチラ横目で見ながら





暗闇と大音響の中で汗をかきながら

Boxmasterをぶっ叩いて・・そしてへばる・・・





こりゃずっと暗闇を徘徊していたい








ここでは




各Boxmasterに iPhone が設置されていて

Polarと言うデバイスを借りて身体につければ

脈拍と消費カロリーをリアルタイムで見ることが出来ます。




先日このデバイスを借りて見ました。




トレーニング中の最大脈拍数は158、

45分間の消費カロリーは454kcal でした。





脈拍数158と言えばサーキットを走っている時とおなじぐらいだし

まあ問題ないレベル。



消費カロリー454kcalは

ジョギングで皇居1周半程度

マックのダブルチーズバーガー1個のカロリー。


(ダブルチーズバーガー食べるのやめよ・・)





慣れてきて心肺機能が強化されてくれば

消費カロリーも増えてゆくそうです。








元来



歩くの嫌い、足で走るの嫌い、跳んだり跳ねたりも嫌い、

大音響の音楽嫌い、

しんどい事嫌い・・な私ですから



こんなにキツイのは続きそうにないと思っていたのですが






しばらく続きそうです。





もともとなんでも道具から入る方なので

こんなのも買っちゃいましたしね、

本革のパンチンググローブ!








でも、どうして続ける事ができるのかって・・?







ま、それなりのMotiveって言うかIncentiveっていうかなんと言うか、

その辺の詳細は・・








また無粋なみんカラ事務局にブログを削除されそうなので書けません









ま、冗談はともかく・・






ここのボクササイズは

運動プログラムがなかなかよく考えられていて





日頃から身体を動かしている若い人にはどうって事ないのでしょうが

アラ古希世代にはチャレンジし甲斐のある内容だと思います。









暗闇・・・

好きです。


Posted at 2017/06/07 01:28:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2017年06月05日 イイね!

軽量化のススメ

軽量化のススメ

軽量化は

最もコストパフォーマンスの高い

チューニングである。







車弄りのお好きなみなさんに

これを否定する人は居ないでしょう。





ところで、





すっかり暑い季節になってしまいました。





先日、クーラーをかけてみたら冷たい風が出てきません。

(注: 89カレラの場合、エアコンではなくあくまでクーラーです。)

恐らくフロンガスが抜けてしまっているのでしょう。






そうだ! 軽量化だ!

この機会にクーラーレスにしてしまおう!










・・・なんて邪悪な考えは微塵もありません。





直ちに

淡々とクレフなんちゃらと言うショップにお願いして

粛々とフロンガス2缶を入れてもらい



冷たい風が出てくるようになりました。








大体

車の軽量化なんてそう簡単な事ではないですよね。





本来その車が持っている正当な機能を殺して

その安全性や快適性を犠牲にしてまでも車を軽くしようなんて・・




余程の思い切りと邪悪で変質的な精神が必要です。








正しく健全な軽量化とは・・

無駄なモノを軽減すると言う事ではないでしょうか?




無駄なモノ・・






そうです!




お腹の周りに醜くへばりついた

あなた自身の脂肪ですよ。

そんな無駄なモノを落とす事こそが

最も健全かつ有効な軽量化なのです!






この健全な軽量化については

996GT3loverさんが

優等生的に美化された真面目ブログで詳しく書いておられるので

そちらをご参照ください。







でもせっかくなので

その裏話をご紹介しておきます。








昨年秋ごろ・・






私は

自分の許容限度に達した体重、

脂肪でタプタプになった腹、

それにすっかり肉が削げ落ちた肩と胸を見て、

愕然としました。





そりゃもうアラコキ(=arround 古希)ですから

あちこち経年劣化し錆も出てきます。




ジジイなんだからしょうがないのです。

別に誰が見ているわけでもなし誰に見せるわけでもなし・・



あるがままに生きてゆき歳を取って行けばそれでいいのですよ。






アラン・ドロンにしてもシルベスター・スタローンにしても

シュワルツェネッガーでさえも

ジジイになったらそれなりに贅肉も脂肪も蓄えてますからね。




別に恥ずかしくもなんともない・・







と割り切ればそれだけのことなのですがね、




どうもこれが素直に割り切れないのですな、







自分を許せないと言うか

自分の美意識に反すると言うか

なんと言うか・・




何より

こんなのじゃ恥ずかしくて

ポルシェを着ることが出来ない!









そこで一念発起して

糖質制限、スクワットとエルボープランクを毎日少し、




それにあの噂のSIX PADで、





3か月かけて漸く体重4kg減、ウエスト4cm減を達成し

まあ一応我慢できる程度の体型に戻りました。










そしてそんな頃、そう、今年の初め頃・・

老人養護ホーム「クレフの里」でお会いした996GT3 loverさんとの会話。




L 「体重が増えたので糖質制限してだいぶ落としたのですが、ある時点から全く落ちないのですよ・・。」

私 「そりゃ筋肉をつけなきゃだめですよ。筋肉で基礎代謝を上げるのです。それには SIX PAD が一番。テレビ見てるだけで腹筋が鍛えられます。楽ちんで効果ありますよ。25000円とちょいと高いですけどね。」






それから2週間後のlover さんとの会話。




L 「SIX PAD は高くて買えないのでアブローラー、俗に言うコロコロ買いました!」

(注: ポルシェを2台も持ってる人が25000円のSIX PADを買えないわけがありません。 lover さんの話を翻訳すると、「そんなものに25000円も出費するのは神さまの許可が下りないのでやむなく1170円のコロコロ買いました」と言う意味です。)


私 「わっはっは! そんなもの長続きするわけないじゃないですか! 人間は余程のドMでもない限り、一人でやろうとすると辛いことやしんどい事を避けて易きに流れるものなんですよ。だからみんな「強制してもらう」ためにライザップに金を払うのですよ!」

(注: 私はこの時、lover さんが「ドM」であることをすっかり忘れていました。)







それからひと月後、大黒PAでloverさんにお会いしました。





そこには、あの少しポッチャリしていたloverさんではなく、身体にフィットするなんちゃらと言うメーカーのTシャツとジーンズで身を固め、爽やかにほほ笑む細っそりした筋肉質の青年、じゃなかった、オヤジが居たのです・・




私 「lover さん、どうしたのですか?! 身体壊したの?」

L 「いえいえ、コロコロをひと月続けたらこんなになりました!」





・・・・

この人、ドMの変態や!!






家に帰ってさっそくアマゾンで1170円のアブローラーをポチったのは

言うまでもありません。











それにしても

コロコロは自身の軽量化には究極のコストパフォーマンスですね。






ま、私は若いころに特段のスポーツで鍛えたわけでもないので

もともと筋肉ムキムキ体型ではありませんが、





コロコロを3か月使用してみたところ・・




腹筋はもとより


大胸筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋、三角筋といった筋肉が

そこそこ人並み程度に復活してきたのです。




コロコロ恐るべし!









ところが・・にもかかわらず・・






この3か月

loverさんと違って体重・体脂肪率・骨格筋率が全く変化せず

微動だにしないのです・・





なんでやねん!!




                   つ づ く 

Posted at 2017/06/05 23:22:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日常 | 日記

プロフィール

「のり味、しお味、チーズ味 http://cvw.jp/b/2294353/38139482/
何シテル?   06/30 00:14
930GGです。よろしくお願いします。 62歳にして人生初めてのポルシェしかも997GT3を買い、富士スピードウエイでその性能を思う存分楽しみました。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

モーガン 4/4  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/02 12:15:46

ファン

73 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
BMW 116iに乗っています。
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
2014年12月に993から乗り替えました。最後の空冷1996年式993カレラはとてもバ ...
ポルシェ 993 カレラ ポルシェ 993 カレラ
2013年6月から2014年12月までのわずか18カ月の所有でしたが、その濃密な時間は3 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
2011年6月に人生初のポルシェとして997GT3を買いました。今乗っておかないとこの先 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.