• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

冬道のブログ一覧

2016年11月05日 イイね!

底なし沼の底への道(サンニッパへ)

底なし沼の底への道(サンニッパへ) すっかりと幽霊部員として定着しつつある今日この頃です。炎上BOSEなどというセカンドネームも拝命しているようで,みんカラの世界から隔離されておりました。
 ということで,近況報告です。

 下の子も4年生になり,学校でのスポ少活動も始まっています。実は,3年生より姉同様,ミニバスに励んでいましたが,一身上の都合により退部・・・・3ヶ月の充電期間を経て,夏から野球小僧となりました(^_^) 道具一式そろえるのに,結構なお金が・・・(T_T)


 ミニバスの時は,↓のように,EF70~200 F2.8L IS Ⅱを使用していました。焦点距離が足りない時は,エクステンダーなんかも使ったりして・・・


 で,でもですね・・・・ 野球のグラウンド,球場は,バスケットコートに比べて広い・・・・広すぎる・・・・特に外野は遠い・・・・  200mmじゃ足りない・・・・足りない・・・・足りない・・・・(と自分に言い聞かせ・・・・)



 中古ですが・・・・・・ こんなことになってしまいました・・・・・・

 重くて,手持ちしていると腕がプルプルするし,イライラしてきますが・・・・
 さすがにサンニッパ,その画質にはびっくりするほどです。

 ええ,ええ,もちろん家族のためですよ!!(^O^)v


 ただ・・・・・無認可なので,まだ,隠しています・・・・・
Posted at 2016/11/05 13:41:31 | コメント(12) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2016年04月10日 イイね!

【今日の1本】 僕だけがいない街

【今日の1本】 僕だけがいない街【出演】藤原竜也、有村架純、及川光博
【監督】平川雄一朗


【解説】:シネマトゥデイより引用
 三部けいによるミステリー漫画を、『ツナグ』などの平川雄一朗監督が映画化。自分の意志に関係なく時間が巻き戻る現象により18年前に戻った主人公が、記憶を封印していた過去の未解決事件と向き合い、時空移動を繰り返しながら事件の解明に挑む。主演は『カイジ』シリーズなどの藤原竜也、彼が心を開くきっかけを作るヒロインに『映画 ビリギャル』などの有村架純。そのほか及川光博、石田ゆり子らがキャスト陣に名を連ねている。

【内容】:Movie Walkerより引用
 藤沼悟(藤原竜也)は漫画家としてなかなか売れず、アルバイトをして生計を立てている。彼には普通の人とは違うところが一つあった。それは、何か悪い出来事が起こると時空移動(タイムリープ)し、原因が取り除かれるまでその時間が繰り返される『再上映(リバイバル)』が起こることだった。やがて藤沼はあることをきっかけに、彼がまだ小学生だった18 年前、母が犠牲になった児童連続誘拐事件と向き合うことになる。

おすすめ度☆☆☆☆

※大好きな藤原竜也主演ということで楽しみにしていました。なかなか劇場に行けず,でも観たい気持ちは抑えられず,TSUTAYAにてコミックをレンタルして原作を読んでから観に行きました。アニメもあるようですね。それぞれの好みや支持はあると思います。個人的には,原作を読んでから,映画を観ると,なかなか楽しめなかったりするのですが,映画は時間に収めている関係上,説明足らずな部分があり,それを補完するのは原作なのかなぁ と思ったりもします。今回は,ハムスターとかは,映画では,なんで出てくるのかさっぱり意味が分かりませんが,原作を読むと,しっかりと分かります。 原作との違いは多々ありました。ヒロミが女の子になっていたり,蜘蛛の糸が出てこなかったり,ラストが全く違っていたり・・・・   でも,これはこれとして割り切ったら,楽しめる作品ではあると思います。映画を観て,??? て思った方は原作を読むといいかな と感じました。
 有村架純も相変わらず可愛かったです(^_^)

Posted at 2016/04/10 17:52:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | 今日の1本 | 日記
2016年04月07日 イイね!

【今日の1本】 グラスホッパー

【今日の1本】 グラスホッパー出演: 生田斗真, 浅野忠信, 山田涼介, 麻生久美子, 波瑠
監督: 瀧本智行


【解説】:シネマトゥディより引用
 人気作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説を、『人間失格』などの生田斗真主演で映画化したサスペンス。恋人を殺害した犯人への復讐(ふくしゅう)に燃える元教師、人の心を操り自殺に追い込む殺し屋、その命を狙うナイフ使いの殺し屋の運命が、それぞれの思惑を抱えながら交錯していくさまが展開。監督は、『脳男』に続き生田とタッグを組む瀧本智行、脚本を『あなたへ』などの青島武が担当。共演には日本のみならず国際的に活躍する浅野忠信、Hey! Say! JUMPの山田涼介が顔をそろえる。

【内容】:Movie Walkerより引用
 世界でも屈指の人が集中する過密都市、東京・渋谷。この街のスクランブル交差点で、ある事件が起こる……。恋人を失った中学校教師の鈴木(生田斗真)は、復讐のために仕事を辞め裏社会に身を投じる。組織に追われながらも真相を追ううちに、鈴木、人を絶望させる力を持つ自殺専門の殺し屋・鯨(浅野忠信)、そしてナイフ使いの若き殺し屋・蝉(山田涼介)という、出会うはずのなかった三人の運命が交錯する。

おすすめ度☆☆☆☆

※伊坂幸太郎の原作小説なので,一筋縄ではいきません。どんでん返しがあるんだろうな と予想していましたが,やっぱり!! でした。吉岡秀隆がなかなかいい味出してます。てっきり,主人公の生田斗真が,仇を討つ話かと思ってみたら・・・・・・ です。なかなか飽きさせない作品です。


Posted at 2016/04/07 22:26:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | 今日の1本 | 日記
2016年04月02日 イイね!

【今日の1本】 進撃の巨人

【今日の1本】 進撃の巨人出演: 三浦春馬, 長谷川博己, 水原希子, 本郷奏多, 三浦貴大
監督: 樋口真嗣


【解説】:シネマトゥディより引用
 人間を捕食する巨人と人類との壮絶な戦いを描いた諫山創の人気コミックを基に、『巨神兵東京に現わる 劇場版』などの樋口真嗣が実写映画化したアクション大作。100年以上前に出現した巨人が巨大な壁をぶち破り、再び侵攻してきたことから、巨人対人類のバトルが繰り広げられる。エレンを『真夜中の五分前』などの三浦春馬が演じるほか、長谷川博己、水原希子、石原さとみ、國村隼といったキャスト陣が集結。原作にはないキャラクターも登場するなど劇場版ならではの展開や、巨人のビジュアルやすさまじいバトルの描写も見どころ。

【内容】・Movie Walkerより引用
 突如出現した巨人たちに人類の大半が捕食され、文明は崩壊。生き残った者たちは巨人たちに侵攻されないよう巨大な壁を三重に築き、その内側で暮らしはじめた。それから100年以上経ち惨劇の記憶が薄れていく中、壁の外の世界に憧れるエレン(三浦春馬)は安穏と暮らす人々に苛立ちを募らせていた。しかしある日突然想定外の超大型巨人により壁が崩され、侵攻してきた巨人たちに人々は次々に食べられていく。2年後、人類はより内部への撤退を余儀なくされていた。対巨人兵器、立体機動装置によって武装した調査団が結成され、エレンらは外壁を修復する決死の作戦に赴く。その途中、巨人の襲撃にあい、仲間のアルミン(本郷奏多)をかばったエレンは飲み込まれてしまうが……。

おすすめ度☆☆☆

※コミックも何の予備知識もなく,借りてきたDVDの予告と話題だけを頼りに観ました・・・・。が・・・。前編の方の冒頭30分観て,吐き気がしました・・・・ 最後まで観れない・・・と思って,そのまま返却・・・ その後,やっぱり続きが気になってレンタルして,前編・後編と観ました。 冒頭の30分を過ぎてしまえば,大丈夫・・・・ かな? 巨人の誕生した理由など興味深い部分はありましたが,あまりい異色の作品過ぎて・・・・・ ちょっと読後感ならぬ,観た後は放心状態です・・・・


Posted at 2016/04/02 23:51:03 | コメント(6) | トラックバック(0) | 今日の1本 | 日記
2016年03月15日 イイね!

【今日の1本】 HERO

【今日の1本】 HERO出演: 木村拓哉, 北川景子, 松たか子, 佐藤浩市
監督: 鈴木雅之


【解説】:シネマトゥディより引用
 木村拓哉主演によるヒットドラマの劇場版第2弾。個性的な検事・久利生公平が、某国大使館の関与が疑われる女性不審死の真相解明に挑んでいく。監督に「HERO」シリーズの演出を担当してきた鈴木雅之、キャストには木村をはじめ、『ルームメイト』などの北川景子、『告白』などの松たか子とシリーズを支えてきた面々が結集。久利生と対峙(たいじ)する外務省官僚役で、佐藤浩市が共演する。胸のすくような久利生の活躍に加え、外交問題も立ちはだかるスケールの大きい物語も見どころ。

【ストーリー】:Movie Walkerより引用
 ネウストリア大使館の裏通りで、パーティコンパニオンの女性が車に撥ねられ死亡した。東京地検城西支部の久利生公平検事(木村拓哉)は、事務官の麻木千佳(北川景子)と共に事故を起こした運転手の取り調べを始めるが、二人の前にかつて久利生の事務官を務めていた雨宮舞子(松たか子)が現れる。現在、大阪地検難波支部で検事として活躍する雨宮は、広域暴力団が絡んだ恐喝事件を追っており、その重要な証人が今回の被害者女性だった。これはただの交通事故ではないと感じた久利生と雨宮は合同捜査を開始するが、雨宮は久利生のあまりの変わらなさに呆れるばかり。そんな中、ネウストリア公国の大使館員から事故当時の状況を聞くため、久利生は大使館に出向き直接交渉を試みるがあっさりと断られてしまう。実は、大使館には日本の司法がまったく及ばない治外法権があり、それは国際社会における各国の当然の権利であって、正義の名の下にそれを侵すことは外交を崩壊させかねない禁断の行為であった。諦めきれない久利生はさらにアプローチを重ねるが、当然の事ながら大使館はまったく応じず、やがて事態を重く見た日本の外務官僚・松葉圭介(佐藤浩市)から圧力がかかってくる。さすがの久利生も大使館という決して侵してはならない絶対領域の前になす術なく、捜査は進展のないまま暗礁に乗り上げてしまう……。

おすすめ度☆☆☆

※なかなかベタな感じのストーリーです。治外法権である大使館が舞台だったり,そこに切り込んでいく手法などなど・・・・ でも,役者が違うので,やっぱりそこはHEROの世界になるんですかね・・・・ 個人的に,木村拓哉と松たか子の恋愛模様には興味がなかったりして・・・・
 でも,ドラマ同様楽しめる作品だと思います。


Posted at 2016/03/15 22:15:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 今日の1本 | 日記

プロフィール

「底なし沼の底への道(サンニッパへ) http://cvw.jp/b/229831/38804882/
何シテル?   11/05 13:41
H18.10.1にMPV LY3Pが納車になりました。 2007.7.14 埼玉TEAM来秋オフ【6名】 2008.3.23 NoWさん歓迎オフ【3名】...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

人間ドック 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/06/23 19:27:26
ZOOM ZOOMな仲間たちⅥ 参加のお願い 
カテゴリ:ZOOM ZOOMな仲間たち関連
2009/11/17 23:57:52
 
BLOG CLOCK 
カテゴリ:ブログコンテンツ
2009/01/23 00:49:05
 

お友達

 みんカラ8年生になりました。登録した当初の気持ちを忘れずに活動していきたいと思っています。
 楽しく交流できる方からお誘いいただけますと,とても嬉しいですヾ(^v^)k  お待ちしております。
359 人のお友達がいます
kana.kana. * StarMoonStarMoon *
りょうれいりょうれい * のんのパパのんのパパ *
フーチャンフーチャン * けいそうけいそう *

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ヴェルファイア トヨタ ヴェルファイア
2015.7.5納車しました。 TRDフロントスポイラー(LED有)を装着。 今回はノー ...
マツダ MPV マツダ MPV
買い替えるつもりはなかったのですが,試乗車のターボが忘れられず,買っちゃいました。10月 ...
マツダ MPV マツダ MPV
子供の誕生を機にミニバンにしました。ノーマルです。フォグランプとリヤスポのみオプションで ...
トヨタ クレスタ トヨタ クレスタ
就職して初めて買った車でした。FRということで冬は怖い思いをしたことも1度や2度じゃあり ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.