• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

jiokoのブログ一覧

2017年09月23日 イイね!

*


_________________________________________
◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇
◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



●レイアウト


は可愛い背景があったので、かえてみただけでした。

ねこちゃんも。特に意味はありません。

🐈


ずっと、同じだと飽きてしまうので、

簡単に変更できるし、偶然みつけたので、変えてみました!


こんな感じもありかな。




●痴情のもつれ!?・・・。



Q.何をすれば刺されるのか・・・???



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●傷口から腸が… 36歳の妻が48歳の夫を包丁で。より


記事を読むと、
トラブルの原因は不明ということだけど。
夫婦の(男バツイチ子持ち)関係性かな。


記事のコメントより。


▼夫の浮気、私の性病感染が発覚した後、
夫が次からはゴムをつけて浮気すると宣言した時は包丁で刺してやろうかと思った。▲



なるほど、不倫?はあながち、間違っていなさそう・・・💦


これも刺された理由は不明?とか夫側は思うんだろうか?💦




▼男には気の毒だが貴方にもそれなりのダラシナイ訳があったのだろう!
俺も若い頃夜中に腹に包丁突きつけられすきみて逃げた苦い経験がある、
そういう過激な女ほど最初は魅力的に映るから不思議だ、
まあ男は大臣でも議員でも役人でもかわらない、
一瞬の快楽のために危ない虎穴に我を忘れて一生を棒に振らないため、
我慢するときは我慢しょうじゃありませんか、
年を重ねて最近虎穴より樹木を育てている、
でもいつまでたっても柔肌に弱い。 合掌 ▲



包丁突き付けられた過去があっても、まだ懲りずに浮気ってもはや相当な病気だなと思う・・・💦






●43歳男性「子供が欲しい」で始めた婚活の結末


ちょっと気が重くなる話ですが・・・。(´-∀-`;)



---------------------------------------------------------------引用


私が仲人を務める結婚相談所で2年ほど前に成婚退会をした横山富雄(45歳、仮名)が、
久しぶりに事務所に遊びに来てくれた。
たまたま近くで仕事があったのだという。

この記事の写真を見る

「元気そうね。仲良くやっている?」

「はい。おかげさまで」

富雄はこう言うと携帯を取り出し、写真フォルダーにあった1枚の写真を見せてくれた。
それは富雄と妻の香苗(40歳)がソファに並んで座り、香苗の膝にはトイプードルが抱っこされている写真だった。


「あら、犬を飼ったの?」

「そうなんです。不妊治療に区切りをつけまして、これからは香苗と2人、犬をかわいがりながら仲良く暮らしていこうと。バニラと名付けました。私も香苗メロメロですよ。今は、バニラを中心に家が回っています」



■夫43歳、妻38歳、何よりも子どもを望んでいた

2年前、43歳、38歳で成婚退会した2人は、結婚後、何よりも子どもを望んでいた。
結婚後の最初の半年はタイミングをはかりながら自然妊娠を期待していたがかなわず、年齢的に“待ったなし”の状態だったため、体外受精に切り替えた。そんな話を私に以前してくれた。


「不妊治療って、男性よりも女性の体に負担がかかる。香苗は採卵がとても痛かったようで、見ていてかわいそうでした。でも、2人とも望んでいた子どもだったので、その痛みにも必死で耐えていたようです」


3回トライしたが、結局3回とも失敗に終わったという。
富雄は、これまでの不妊治療を淡々と語り出した。

「1回は受精卵を移植したのですが着床しなかった。残りの2回は着床したものの、流産となりました。不妊治療をしているときって、夫婦の会話が、そのことばかりになるんですよ。特にうまくいかなかった後は、家の中がどんよりした重たい空気に包まれる。私が会社から帰ってくると、香苗が絶望的な顔で玄関に立っているんですよ。時にはヒステリックに泣きじゃくったり。彼女が精神的に不安定になるのは、頭では理解してはいたんですが、こちらも仕事で疲れていたりすると、そういう彼女を大きな気持ちで受け止めてあげられなかった」


ささいなことでのけんかも絶えなくなり、普段の夫婦の会話もギクシャクしていったという。

「2回目に流産したとき、妻は精神的に本当につらそうで……。3日間くらい彼女は泣きっぱなしでした。不妊治療って結果が見えないし、何回やったら成功するというのも約束されていない。このまま失敗し続けたら、その度に香苗は心も体も傷ついていく。さらにおカネもかかる。『なにもそこまでして子どもを授からなくてもいいのではないか。もうこの苦しみから解放されよう』という気持ちになったんです」


「これからの人生は、2人で仲良く暮らしていこう」。
それが話し合いの末に、2人で導き出した答えだったという。



■結婚はいつでもできるが、出産には期限がある

結婚はいつでもできるが、出産には期限がある。晩婚化により、高年齢出産が増加しているといわれて久しい。不妊治療の技術は年々目覚ましく進歩しているが、年齢が上がれば出産へのリスクも高まるのは、どんなに医学が発達しようとも否めない事実だ。高年齢出産は、“妊娠しにくい”、“流産しやすい”“ダウン症などの染色体異常児が発生する確率が高くなる”という問題も抱えているし、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの、胎児と妊婦の命にかかわる病気にもなりやすい。たとえ妊娠がうまく進んだとしても、早産の確率が上がるとも指摘されている。


どんなに医学が発展しようとも、アンチエージング医療で見た目の若返りが可能になろうとも、体が年齢とともにリアルに老いていくことを止めることはできないのだ。

私事で恐縮だが、筆者も36歳で結婚をし、できるだけ早くの妊娠と出産を望んでいた。
最初は基礎体温をつけ、タイミング療法で自然妊娠することを試みたが、なかなか妊娠しなかった。
1年後にやっと妊娠したものの、9週目で流産をした。2回目の妊娠は38歳になってからで、これもまた流産。


産婦人科医からは、「年齢的に時間を無駄にはできない。不育症かもしれないから、体を調べなさい」と助言され、大学病院の不育症外来に通った。しかし不育症にあたる特定の原因は突き止められず、そのとき医師に、こう説明された


「流産する確率は、思いのほか多い。一般的には妊娠の約15%が流産となる。35歳以上になるとその確率が上がり、35~39歳では20~30%、40歳以上では40%以上の確率で流産するといわれている。あなたの場合、38歳だから30%と考えたときに3回の妊娠で1回は流産するという計算になる。不育症というよりは、年齢的な要因が大きい」


この説明を聞いて、不育症ではなかったことに安心しつつも、年齢的にこの先妊娠し出産することは不可能なのではないかと、絶望的な気持ちになった。


そこから、漢方薬を飲んだり、定期的に病院に通って妊娠しやすい体づくりを心掛けたりした結果、40歳のときに自然妊娠をし、それが双子だった。
過去の経験から“また流産するかもしれない”と心配で毎日を不安な気持ちで過ごしたが、5カ月目で安定期に入り、少し安心をした。


ところが安心したのも束の間、7カ月検診のときに、「片方の胎児の心音がおかしい」と言われ、29週で、急きょ帝王切開で出産することになった。

生まれてきた娘たちは、第1子が1253グラムの極小未熟児(極低出生体重児)、第2子が977グラムの超未熟児(超低出生体重児)で、4カ月間、NICU(新生児集中治療室)にお世話になった。
新生児の高度専門医療の発達により、娘たちは命を救ってもらい、おかげさまで何のトラブルを抱えることもなく健康に成長した。しかし私は、高年齢出産者の抱えるトラブルをいくつも経験しての出産となった。


どんな出産にもさまざまなドラマがあるが、高年齢出産や不妊治療をした夫婦の場合は、目の前に乗り越えなくてはいけないたくさんの課題が突き付けられる。
トラブルも起こりやすい。
それを解決しながら前に進んでいくのだが、結果、わが子を抱ける夫婦もいれば、あきらめる夫婦もいるのが現実だ。



■「子ども」にこだわるあまり破談になったお見合い

目の前の富雄は、清々しい顔で言った。

「僕も香苗も不妊治療をしたことに、後悔はないですよ。そのことでたくさんけんかもしたけれど、それを経たからこそ強くなった夫婦の絆もあります」


そんな富雄を見ていたら、香苗と出会う前に、結婚寸前までいきつつも「子ども」にこだわるがあまり破断になったかつてのお見合いがあったことを思い出した。

富雄が婚活を始めたのは、43歳のときだ。身長は168センチと小柄だったが、やせ型で清潔感があり、女性からは好感をもたれる見た目だった。面談のときには「子どもが欲しいから、なるべく早く結婚がしたい」と言っていた。富雄は、以前私が私設ブログに書いた“脳内婚活”という言葉が、まさに自分のことだと胸に刺さったのだという。


脳内婚活について、かつて私はブログにこう書いていた。

「『いつかは結婚相手にめぐりあえるだろう』という気持ちはあるものの、行動を起こさないままに年齢を重ねてしまう。脳ミソの中には“婚活”という言葉が常にあるので、行動を起こしている気持ちになっている。過去1年を振り返り、何人の結婚できる候補者にあったかを紙に書き出してみるといい。一人たりとも出会っていないことが多い」

富雄は、女性にはずっと奥手だった。
中高と男子校で、大学時代はサークルに好きな女性がいたものの、告白できないままに卒業をした。


卒業後は、あるメーカーに就職をしが、会社が海外に工場を持っていたために、30代のときにはインドネシアに3年、タイに2年赴任をした。
20代で女性経験もないまま海外赴任となり、海外では余計に恋愛からは縁遠くなり、38歳のときに帰国をした。

そこからまた日本での生活が始まったものの、“いつかは結婚したい”と思いつつも、家と会社を往復する毎日。
そんなときに、脳内婚活をしていた自分に気がついた。
“結婚したいと思っているだけでは一生このままだ。
行動を起こそう”と私を訪ねてきた。そのとき、43歳になっていた。


富雄は、私の相談所で10カ月ほど活動をし、20回くらいお見合いをした。
その中で、現在の妻の香苗のほかに、もう一人、結婚に向けて真剣交際に入った女性がいた。
岩田真里、同時40歳、富雄よりも3歳年下の女性だった。

5度目のデートを終えたころ、富雄から連絡がきた。

「今回の真里さんは、食の好みも合うし、話していて気を使わずに自然体でいられるんです。
真剣交際に入って、このまま結婚に向かえたらいいなと思っています」

声が弾んでいた。さらに、こう続けた。


「前回のデートのときに、真里さんがお母さんの話をしてくださったんです。お母さんが、“あなたもいい歳なんだから、横山さんに振られたら、もう次のお相手は出てこないと思ったほうがいいわよ”とおっしゃってくださったそうです」

真里の母親が、2人の交際を全面的に応援してくれているようだった。

またその後のデートでは、こんな報告もあった。

「今日、私が車を出して鎌倉方面にドライブに行ったんですが、帰りに真里さんを家までお送りしたら、『富雄さん、リンゴを持っていきませんか?』と。お母さんのご実家から、リンゴがたくさん届いたそうで、真里さんのお母さんが、『今日、富雄さんに持っていったら?』とおっしゃってくださったみたいなんです。『喜んでいただきます』と言って、車内で待っていたら、真里さんと一緒にお母さんがリンゴを持って出てきてくださったんです」

真里の母とは、このときが初対面。
驚いで車を降りたという。
すると、真里の母は、リンゴを手渡しながら、富雄に言った。

「娘のことをこれからもよろしくお願いします。この年まで一人でいて、もう結婚できないかと思っていたら、富雄さんみたいなすてきな男性に巡り合えて本当によかった」

私は、その話を聞いて富雄に言った。
「お母さん公認なら、もう結婚が決まるのも時間の問題ね」



■順調に見えた交際で、突然の「交際終了」

ところが、その1カ月後に、真里の相談所から「交際終了」の連絡が来た。

結婚するものだとばかり思っていたので、私はびっくりして、富雄にすぐにメールを入れた。

「真里さんから、交際終了が来けれど、何があったの?  あんなに仲良くやっていたのに」

すると、富雄から「将来的に子どもを作るか作らないかという話でもめました」という返信がきた。
メールだけでは詳しい話はできないと思ったので、その夜富雄と電話で話すことにした。

当時、真里は40歳。「今の仕事が好きだし、ずっと働き続けたい。年齢的に出産のリスクを考えたら、子どもはいらない」と言ったそうだ。

対して富雄は、「子どもは授かりもの。結婚して、最終的に子どもができなかったら、それはそれでしかたない。何が何でも子どもが欲しいとは思っていない。ただ、チャレンジをせずに、はなからあきらめるようなことはしたくない。チャレンジをした結果できなかったのなら、それを結果として受け入れる」と。

の富雄の言葉に、真里はかたくなに反発をした。


「それなら、私はあなたとは結婚できません。ほかの方とお見合いをして結婚をしてください」

そしてこの翌日、真里の相談室から「交際終了」の連絡がきたのだ。

その後、何人かの女性と見合いしたのだがうまくいがず、最後に見合いしたのが香苗だった。
当時38歳の香苗は、とても子どもを欲しがっていた。
その気持ちが富雄と重なった。
順調に交際を進め、結婚となり、結婚後は2人で妊娠に向けてできるかぎりの前向きな努力をした。

ただ、先に記したとおりに結果として子どもはあきらめた。
それでも、チャレンジをして導き出した答えに、夫婦は後悔をしていない。



■婚活よりも妊活のほうがつらく苦しい

私の相談所を成婚退会し、妊活を試みるもなかなか結果が出せないでいる別の40代の女性が、私にこう言ったことがあった。

「婚活よりも妊活のほうがつらく苦しいです。婚活は、次々に相手が変わっていくから、“今度こそうまくいくかも”という希望が持てる。“結婚できないのは私が結婚を真剣に考える相手に巡り合えないから”と、相手のせいにできる。でも妊活は、夫と私、相手が決まっている中での時間との戦い。妊娠して流産をすると自分をどんどん責めてしまうんです」

この言葉を聞いたとき、“かつての私もそうだったなあ”と思い出した。
ずいぶんと自分を責めた。

富雄と香苗が笑顔でトイプードルを抱きながらほほ笑んでいる写真を見て、そこにもまた夫婦の幸せの形があると思った。「努力が報われない」のが妊活なのかもしれないが、それを乗り越えた夫婦には、そこに新たな関係が生まれているはずだと信じたい。




---------------------------------------------------------------まで



●この記事のコメント


▼周りにアラフォーでまだ独身の男性は結構います。
男ばかりの職場だとなおさら。独身を満喫してきている。
お金も自由に使えるし。
でも男性は髪が薄くなる前に行動を起こした方がいいと思う。
結局見た目から入るからね。
あと、定年になっても子供が学生というのは老後の生活を苦しめるよ。


▼子どもが欲しいなら43歳、38歳では遅いなぁ。
晩婚化で初産の平均年齢が上がってきているとはいえ、人間の体が高齢でも産めるように変わる訳ではない


▼20代前半で幼稚園保母さんと結婚した知り合い。
子供欲しいという彼女を差し置き、自分は自動車に金つぎ込み。
30過ぎてから「もう限界だから」という彼女に合わせて子作りしてみたが、男側の原因で妊娠しにくいことが判明。
治療をはじめたが、記事の通りに女側が大変で、3年くらいやって諦め。
そこからそれこそ記事の通り、残りの人生二人で仲良くやっていこうになればよかったが、男は子供のために貯めた金で自動車の大改造。
そして40過ぎて離婚だ。
すごく可愛い女で器量もよく、、、もっとはやく離婚していればすぐに次の男と結婚できたろうに…かわいそうに…
その男は「帰宅しても家事してくれる人がいない」とぼやいていた。
こっちから縁切りした。


▼45歳でも自然妊娠する人もいるし(こういう人に限ってうっかりできちゃった的な人が多いのも悔しい)、28歳でも体外授精してなかなか成果が出ない人もいる。
本当に妊娠力の差はなんなんだろうと思う。望んだ時に自然に出来る人が心底うらやましい。



▼男女平等社会の弊害が出てきている。
こういうのも自業自得といいますか、やはり全てを手に入れる事はできないのかも知れません。
結婚もせず好きに40歳あたりまで楽しく過ごしてきた人たちを早く結婚して育児に追われてきた女性からするとふざけるなと思ってて、それで子供まで手に入れれると思う事自体をナメてると思ってる人も多いと思います。
けど、こんな社会にしたのと日本だし、将来の破綻がみえてるこの社会に希望のヒカリを灯す子供達にチカラをいれず、生産性のない老害どもにチカラをいれてる社会は神からも


▼何にせよ適齢期はある。
それまでの人生散々好きなように生きてきて、適齢期過ぎてから焦って行動にうつして、授からない。
当たり前じゃない?適齢期って何の為にあると思うの?その事に適してる時期だよ。
それを自ら見て見ぬ振りしてきた事へのしっぺ返しじゃない?
私達はこんなにも婚活や不妊治療で苦労してます、なんて態度見せられてもね。
ならもっと早くから行動してればよかっただけじゃない?
どうして妊婦が不妊治療者から心無い態度を取られないといけないの?(話がズレた)
身から出た錆だよ。


▼わざわざ婚期を遅らせて妊娠しにくい悲劇を語られても。。。
もっと若い時から人生計画を立てて、仕事と両立させながら妊娠出産を考えるべきだと思う。なるべくしてなった結果だとしか思えない。


▼子供が欲しいだけで結婚するのに38の相手はないだろ


▼女も女だけど...
40代の男で「子供ほしい」と公言して婚活してる奴ってクソくらえと思う。
産むのは女だし!と言いたくなる。
その年まで何も考えなかったくせに。
嘘でも「出来たらいいですね」くらいにしとけと思う。



▼29で子ども産んだけど様々な障害があり、とっても大変です。
すべて子ども中心の生活になっています。子どもを産むには、覚悟が必要です。


▼晩婚化と言われてるけど、何も考えずに周りに流されてる人達がそういう風潮を作っただけ。



▼男女平等で仕事にやりがいや責任持つのは構わないけど、子供欲しい女性はもう少し真剣に考えた方がいい。
『羊水腐る』発言が懐かしいけど、言い方悪いとはいえ的確にバッサリ言わなければ気付かないやつは多い。
あと、男もどんどん精子衰えてくるのも知っておけ。
奥手だなんだ言ってるやつは結局行動しない言い訳人間。


▼こんな時代に38で子供が欲しいは、不妊治療覚悟のうえやろな。
自分も晩婚だけどすぐ子供ができて、二人目も困らなかった。
10年早く結婚した友達が旦那が協力しないと不妊治療できず、結局子供を諦めたが、みていて本当に気の毒だった。
もし男に原因があるなら、ぐじぐじ言わずに協力してあげてほしいな。


▼子供を作るなら20代のうちに作らないと。35過ぎたら諦めな


▼30歳前だし、そろそろ婚活って流れが諸悪の根元。
確かに見た目が若々しい30代はたっくさんいるけど、子供がほしいなら25歳には結婚28歳には出産すべき。
それが人間の体の仕組みなんだからどうしようもない。
30歳越えたらダウン症の心配も、35歳越えたら一気に何もかもが危険になる。
いい加減教えてあげないと。


▼子供を作るなら若い方がいい。
女性の自由はいいが、
子供をつくるといった観点で女性の
意見がもう少し前に出てもいいと思う。


▼妊娠に期限が有ることを知らない独身女が意外に多くて驚く。
声を大にして知らしめて下さい。まともな子供が産まれる高齢出産は奇跡です。


▼婚活で知り合って子供の話をしないで付き合うって呑気過ぎ。
お互い中年同士なんだから時間の無駄じゃん。
若くても不妊や無精子症の人も居るけど、どうしても子供欲しいなら婚活遅過ぎたかもな。
まあ子供って金食い虫だからいなきゃいないで良いもんよ。


▼カノジョ欲しい〜…で、恋活から8年、街コンやら紹介して貰っても全くできませんが? 笑
子供が全てでは無いが、お互いに子供が本気で欲しいならもっと早く行動しないといけない。


▼結婚も出産も思い通りには往かないのが世の常


▼人工授精6回ダメで体外2回目で妊娠出産。
あきらめるなんていう言葉は私の中にはありませんでした。
心身ともに辛いのは女性。
不妊治療は旦那さんが協力的でなければ絶対にムリです。
また、これだけ不妊に悩むひとがいるのに、高額医療というのが、諦めなくてはいけない原因にもなるんです。


▼晩婚を奨励する風潮に原因がある。
若い内に産まないと大変。


▼若くして妊娠してもふしだらとかいうくせに、晩婚だと遅いだの。
じゃあ何歳がいいのか。


▼やっぱり子供を持つ上限としては40歳だよ。子供20歳で親が60歳。
定年65だけど、老後を考えると、それでも遅いくらい。それに子供の友達におじいちゃん(おばあちゃん)?て言われるのは悲しい。


▼子供が欲しいなら若い奥さんもらわないと。
友人の兄は35の彼女連れてきたら親に子供産めないでしょ、と反対されあきらめた。


▼男ならまだしも女(38)なんて
今頃?そもそも結婚が遅くね?何やってたのその年までとしか思えん


▼子供が欲しくて38歳の女性と結婚て失敗するべくして失敗してるな


▼男のスペック的に選択肢が無かったのだろうから仕方ないね。


▼子どもほしいのに40歳に38歳の女性をチョイスしてる時点で、厳しいですよ…
ご自身も帰国後脳内婚活してた時間がもったいない。
38歳なら30代前半までの女性を無理なく選べただろうに。せっかく女性に比べて年齢の縛りが緩いのに、その利点を全く生かせなかったのが残念です。
まあ晩婚になる予感がある男性は、若いうちから散財せず貯蓄に励むことです。定年後の子どもの学費分です。
そして高齢出産以前の女性の年齢から、自分が遠ざかり過ぎないうちに婚活することですね。


▼40代以上の夫婦で、犬を飼っているという人に会ったとき、子供の話題は避けるようにしている。


▼お互いに子ども欲しくて結婚したのに諦めてそれはそれで幸せだと思えるようになるなんて強いなと思います。
私はこのまま子どもできなくて諦めようと旦那から言われたら離婚考えてしまうかも


▼読んでいるのが辛い。不妊治療は本当にしんどい。
今の若い人達には、女性が年齢を重ねることで妊娠が難しくなることは、出来るだけ周知して、早期に結婚して欲しい。歳を重ねてから後悔して欲しくないです。


▼高齢になるとリスク高まること知ってて結婚しないんだから、自業自得じゃないの。


▼私は35歳で結婚したが不妊歴4年(流産2回)
自分より遅く結婚した同年代の5人は全員1年以内に子供を授かっている
年齢、年齢というけれど、結局は体質なんじゃないかと( ´_ゝ`)


▼批判を承知で意見をすると、子供がほしいのであれば、生物学的に30歳以下の女性からチョイスした方が良かったかと。もちろん結婚ってそれだけではないので強くは言えませんが、子孫を残す生物としての価値ある期間は限られてます。


▼年の離れた8歳下の小学生の妹がいます
妹を産んだ時の親の年齢は35です
姉とは2歳差で年が近いのですが
3人目はできにくかったみたいです
親の場合20後半でも3人目が出来なく
8年も出来なかったみたいです…


▼38歳で半年間のタイミング法は長すぎます。
1日たりとも時間を無駄にはできない年齢。


▼この男性、子供を希望するなら、38歳とか40歳ではなく、20代かせめて35歳までの方と結婚すべき。
40歳の女性に子供求めるのは酷です?


▼「みんながそうだ」とは言わない。
婚活、妊活を、否定も馬鹿にもしない。
でも、一般的に、35を過ぎたら、精子の数は減り、精子の運動率は落ち、質も劣化する。
また、「高齢」になるほど「染色体異常」の可能性が上がる。
みんながみんな、若いうちに結婚できるわけではないが、妊娠しにくくなるリスク、染色体異常のリスクを知っておくべきだ。
知らない人間に「知っておくべき」ってのも難しい話だが。
みんながみんな、ではないけどね。


▼妊娠出産だけじゃなく、そこからの育児を考えると、40過ぎると体力的にしんどいよ。
子供が成人するときは60、大学で一番お金がかかるときだし、孫の顔を見るときは70越えているんじゃないかな


▼わたしは32歳だったのに着床すらしなかった。妊娠も結婚も奇跡だよね。


▼父親が高齢だと自閉症の子が産まれる確率が上がるという研究結果も出ているようだし、諦めて正解だと思う。
それに子供が学生のうちに定年退職になるのも避けるべきとか考えると、よほど資産家とか定年のない自営業とかじゃない限り男性37歳位まで、女性はリスクや体力的にも35歳位までが限界だと思う。


▼だから女の結婚は20代まで
アレルギーなどない健康な子供を産める確率が高いのは20代がせいぜいという友人医師のアドバイス通り
子供が欲しくない男なんていなかったし
私は29で婚活やめました
学校でそういうこと教えてくれない時代だったから仕方ないでしょうね


▼大々的に言ってしまうと非難を浴びるだろうが、昔みたいに第一子は20半ば〜後半には遅くとも産んでおいた方が良いなと思う


▼こういう記事が多すぎ…。
20代だって出来ない人は出来ません。
私の姉は結婚半年で子宝に恵まれ元気な赤ちゃんを産みました。43歳です。


▼こういう記事にはよく養子をもらえば?と書く人が一定数いるけどさ、なんで私たちが苦しい思いしながら不妊治療してると思う?自分と愛した人との子供に会いたいからなんだよ。
子供だったら何でもいいわけじゃない。子供が出来ない身体じゃない人には分からない感覚だろうけどさ…


▼夫婦の絆が強くなればーあとは時間が解決してくれますよ。
毎日基礎体温のストレス、治療費が高く、二人分1年半で車が買えるほどあっとゆーまに消えてなくなくなった。
保険適用外が多く助成してもらえる前の治療費がとてもかかり不安とストレスの毎日でした。
医師も東京で治療するともっと高いよ~2、30万が安いと。時間あるから倍やる?と言われたときに金銭感覚の違いに気分が悪くなりました。
金持ちじゃなきゃ治療できないんだな…と。赤ちゃんは?と聞かれる辛さとストレス、かわいそうと言われて暗示にかかってしまい私はかわいそう…そしてその言葉に苦しめられました。子供がいないとかわいそうな人?そんな基準をつくってるひとのほーが痛い人だ。
そしてもーいちど考えました。私はこの人と一緒に生きたいと思って今ここにない命と結婚したわけじゃないと。
おばさんになって寮のおばちゃんになってもいいしね☆辛いときもあるけど楽しい人生です。


▼25で結婚して1年未だに授からない…
そろそろステップアップに進もうとしているけど人工授精は一回50万はかかる着床しなかったらと思うと何度挑戦するか分からない
保険効かないし助成も限度がある
うちは旦那さんが歳上だし私も同年代よりはお給料頂いてたから、そこそこ蓄えあるけど、出産適齢期の若い人たたはなかなか踏み込めず時間が経つんだろうなと思う


▼こういうとき女性の年齢だけを気にしがちですが、男性の生殖能力も低下するのも忘れないで欲しいですね。


▼欲しいと思った時は、時すでに遅しは常にある事。


▼女性も男性も、本気で欲しいなら、若いからから身体を痛めつけないのは勿論、双方共に歳下と結婚した方が良いのではないか?と思う。


▼どちらかが若ければ、片方のDNAにエラーがあっても、もう片方のDNAがエラーを打ち消してくれるらしいので。
晩婚同士よりは、妊娠&出産の確率が上がると思う。



▼子どもほしいなら 早めに結婚するべき。
お金がないからって お金は子ども育てながらでもなんとかなる。
でも、体年齢は待った無し。
友達も26から不妊治療を8年やってようやくできたよ。
26でも不妊体質だとなかなかできないのに 30越えたらもっと無理。
晩婚だと後が辛いよ。
早婚はいまが辛いけど、40には子育て終わるから。
40から子育てやったら 巣立つ頃に定年迎えてお金なんて貯めれないよ。
例えば40の時にお金はある程度あるけど
いまから 赤ちゃん育てるのと25で結婚してお金は厳しいけど赤ちゃん育てるのとは 終わりが全く違うから。


▼40歳を超えて婚活してる男性でも子供が欲しいというのはよく聞く
授からなかったその時は仕方ないので夫婦2人の生活を考えるとか言うが、女性にとってはすごくプレッシャーになるように思う
若くても必ずしも授かれるとは限らないし、不妊治療にトライして成功するかもわからない
仮に不妊治療が成功して授かれたとしても、その後子供を育てる体力と金銭的な事とかわかってるのだろうか
高齢でも妊娠が可能なら子供が欲しいという考えは否定しないが、現実は大変な事がたくさんあるからね


▼青ポチなんだろうけど、若いうちに妊娠できないならまだわかるが、40近くもなって、子を持てないと言われても…
そりゃあ、まぁできたら幸運ぐらいに思っててほしいよね。
この人達はワンちゃんで落ち着いたけど、高齢で妊娠できずに嘆くなら、何かを犠牲にしたかもしれないが、若いうちに産んどいたほうがいいと思う。
税収、社会を支える点でも、高齢出産ばかりになると、社会がまわらなくなるから。


▼昔から子供は産みたいと思っていたけど、人見知りもあり、なかなか結婚までたどり着けなかった。
やっと、37歳で結婚。
現在41歳で、やっぱり︎子供には恵まれなかった。(一度妊娠するも流産)
でも、37歳の結婚だから、今の主人と出会って結婚までした。今の主人と結婚して良かったと心から思ってるから、これが運命なのかな。と思う。


▼やはり現実は厳しい。卵子は老化する。昔から結婚適齢期と言われる年齢はやはり的を得ていると思う。
だから、女性が結婚適齢期にちゃんと結婚し出産出来る環境を作らなきゃいけない。


▼結婚生活とは子供のいる楽しい家庭という連想が強過ぎるのでは。
結婚相談所に登録している多くの50代男性達が「子供が欲しいです、30代の女性希望。」となっていて、登録している40代50代の女性が余りまくってる状態。
しかし、30代の女性で50代男性を希望する人は少ないので、結局 男も女も結婚難民が増えている状態。
うまくいく夫婦は、子供がいてもいなくても幸せに生活している。
もう少し考え方を柔軟にしないと結婚難民が増える一方だ。


▼現在34歳で恐らく最後の妊娠生活を送っていますが、正直もうここが限界だなと感じています。


▼20代で産んだ上の子は、妊娠しづらい体質とは言え割と早い段階で結果も出たのに、30歳を超えた2人目、今回…は結果が出るまでに費やした時間も、借りた医学の力も、どんどん増えていくのを身をもって実感しました。
夫が結構年上なのでそれもあると思うのですが、男性は「男は年齢は関係ない」と、あくまで自身の加齢については能天気な人も少なくありません。
金銭面含め、本音を言うと、もう少し夫と年齢が近ければ…とは何度も思ったことです。


▼家は私が33歳、妻が30歳で妊活を始めて1年になりますが結果は出ていません。
お金は掛かるし月経の度に妻は悲しむ。
本当に妊活って辛いです。
それでも子供が欲しいから続けますが、この夫婦のような未来になっても彼等のように悲観せず前向きに生きていきたい。


▼他人が口を差し挟むようなことじゃない。
子供がいない夫婦は知り合いに何人もいるし、そして生涯独身を決めてる同級生だっている。
それはそれでその人たちの人生。


▼すこし前まで35すぎても、普通に妊娠できると皆んな思ってたんだよね。
芸能人も40すぎても妊娠出産してたし。
でもようやく、高齢出産の難しさ、リスクの高さが認知されてきた。今の若い子は理解してるんじゃない。
ただ、早めに結婚出産した方が良いと分かっていても、縁がないとか、経済的な問題で厳しい。
安心して出産育児ができる社会にならないと、少子化は止まらないでしょうね。


▼周囲の男性、40半ばの私でも妊娠の可能性があると、普通に思っています。そして、そういう方の妻とか周辺女性に30後半から40前半で自然妊娠・出産した人がいます。
私は高校生で親を介護し、27歳で結婚。28で第一子を生みましたが、障害のある子で、20代の若さでダブるケアを経験しました。
この辺でいろいろすり減ってしまったのか、二人目不妊。
もっと教育が必要です。妊娠・出産にはタイムリミットがあるのです。
たまたま出来た人がいるだけの話なんです。


▼何が何でも子供ってならないで、二人で楽しく生きていこうっていうのは全然ありだと思う
子供もいなくてずっと仲良しって結構理想だよ


▼自分の周りの話だが、20代後半で結婚して子作りしても2年以内に授かれるのは50%くらい。
30代後半に入り、妊活6年とか超えても20%くらいはまだ出来てない人がいる。
母数が20人位の話だから、あまり信憑性はないかもしれないが、子供ってなかなか出来ないなあと感じるこの頃。
反面、3,4人目とどんどんできる人も勿論います!


▼30代後半以降は結婚して子供、というよりも
共に人生を歩むパートナー探し(子なし)という
方向で相手を探した方がいいよね。
皆が思っている以上に高齢出産はリスクがある。


▼ちょっと遅かったね。
うちの両親はもう少し晩婚で不妊治療の末自分を生んでくれたけど、自分が成人する前に父親が定年になってしまい、独り立ちしようにも保証人通らず苦労した。
せめて子どもが大学卒業するくらいまでは現役でいられる年齢が望ましいと思う。
今は再雇用もあるから杞憂かもしれないけど。


▼子どもを授かるにはリミットがあると教育する必要もあるし、昔のように年功序列で昇級するシステムも必要じゃないかな。
今は未来が暗すぎて早く結婚して出産なんて環境ではない。


▼37歳で父親になった人が、
将来子どもが成人するのは自分が57歳の時、
自分が結婚した年(35歳)で仮に子どもも同じ年で結婚したとしたらその時自分は72歳、、、
と、そこまで考えて、「早く結婚して早く子ども作れば良かった」と言っていた。
いつか結婚、いつか子ども…と思っているだけでは、彼のように後悔することになる。
年齢的にちょっと早いと思う時に行動するのがちょうどいいのかも。


▼残念なことですが…婚活すればすぐに結婚できるとは限りません。


▼自分が婚活を始めたのは30代半ばのことでした。
そして今は40代半ば…いまだに結婚できていません。
…実際にこうなってみると、本当につらいものがあります。
そんな自分が言えることは、やはり婚活するなら早く始めたほうがいいということです。
歳をとればとるほど、出逢いの機会はどんどんなくなっていきます。
そして、結婚相手に選ばれる可能性が高いのは、身近な人です。
さらに歳をとれば、若い人から相手にされなくなっていきます。
…どう考えても、婚活するなら早く始めたほうがいいと思いますね。


▼うちも6年子ども授からなくて3回流産したけど、確かに夫婦の絆は強くなったなあ。
泣きじゃくるとかいう表現ではおとなしすぎるほど傷ついたり色々ありましたが。


▼女性は40歳くらいでも見た目とても綺麗な人が多いから、子供も普通にできると思ってる
見た目は衰えてなくても、体は確実に衰えていることを男性も女性も忘れてはいけない
子供が欲しいのならば20代のうちに結婚相手を探さないとね
若くても直ぐにできるとは限らないし





以前からもこういたった内容に関連する記事は、載せていたけど、
実体験からのコメントは参考になると思いました。


私事で考えてみてみると、
実際問題として、やっぱり子供はもう望んでなさそうだなと思う部分が強いかな。

今さら、私に子供を望みたいとは、思わないでしょうし、

私が結婚できていない現状からも、やはり、自分だけが幸せな家庭?を作ることも望まない気がします。。

実際、子供が可能か?といえば、コメントにあるように時間を無駄にせずに一秒でも早い決断が望まれる現状だと思う。



私はもちろんそうだけど、

男性は相手が若い女性であればいつでも可能という、可能性の考えもあるけれど、

記事によると43歳だと、この現状です。(30代半ばからの男女の結婚率も物語っているけれど)

結婚相手として現実的に考えれば、若くて30代前半(女性)くらいかなとも思います。

逆に30代前半の女性からみても43歳はおっさんに感じるでしょうし。


今からだとパートナーという感覚で相手(配偶者)と出会えればという感じかな?


たとえその相手をみつけて結婚しても、30代前半(女性)だとしても子供が確実に持てるかはわからないし。



◎男性

30代半ばから、男性が子供を持てる可能性の結婚という年齢を仮に想定して35~43歳までだとしても、

仮に35歳(男性)の時に、28~33歳(女性)と結婚。としてみると。

(仮に40まで出産可能とすると)40-28=12年、40-33=7年。7~12年間。(相手(女性)の年齢次第になる)



◎女性

30代半ばから、女性が子供を持てる可能性の結婚という年齢を仮に想定して35~40歳までだとしても、

仮に35歳(女性)の時に、35~43歳(男性)(年下も含めてもいいかもしれない)と結婚。としてみると。

(仮に40まで出産可能とすると)40-35=5年。(相手(男性)の年齢も関係はあるけれど)



ここで、数字だけみると、(相性、女性の体質、男性の体質、持病などなどいろいろな要因はあったとして)

男性も最長で12(男性)-5(女性)7年
7年女性よりも子供を持てる可能性が残される程度ということです。

(35歳で28歳の女性と結婚するとです。)

年齢とともに男女ともに結婚の可能性はなくなっていくことは同じとしています。



例外として、男性の場合、

仮に35歳の時に33歳の女性と結婚し、7年妊活したとします。

それぞれが42、40になったときに子供ができないことを理由にわかれた場合、

女性はもう難しいが、

男性の場合そこから、男性が42歳で30代前半(33歳)の女性と再婚とすると、40歳(女性)まで7年あるので、

男性も最長で12-5=7年。に最長の7年。を足せば14年(同年の男女を比較して、女性よりも)にはなります。

(すぐさま相手を見つけ結婚できるともかぎりませんが、相手をみつけるまで、結婚までに3年かかれば、11年(同年の男女を比較して、女性よりも)です。でき婚もあるかもだけど)

これもどうしても子供に執着する場合のやり方ですし、14年は、うまく42歳で縁がありすぐに結婚するやり方で14年です。

現状は難しいでしょう。


他に、男性はいつまでも可能、は、例外になる要素が男性にある必要がある。

(現実問題に、例えば地位・名誉・資産、などなどがあれば例外にはなるかもしれない)

そして、結婚相手の女性がバツイチ、子持ちでも構わないとなれば年齢的な幅は広がるかもしれない。





●雑誌。

到着の感想。


まずはどちらも11月号。予約して買いました。



こちら、中にはもう一冊買う人がいるほど、豪華でよかったみたいです。

エトヴォスのコスメセットだけで2800円分相当らしいです。雑誌の価格は680円。

リップ&チークは雑誌に載っているような色味でした。








こちらは、まぁ、買わなくてもよかったかもしれないけど。


どちらも、貼り込み付録があります。



私の感想としては、最近は、豪華な付録になってるとは聞くけれど、

まぁまぁの感想かなと思う感じです。


デパート系の付録がいろいろ試せるのが良い点です。

デパートに行けばカウンターでもらえそうなサンプル系ですが、

もしくは無料で試せそうな感じもしますが、

毎度行き、サンプルだけもらうことも、

毎度試すこともできないです💦


あとは、新商品のものがサンプルとしてついていたりする点かなと。

どんなものが新しくでたのか、毎度チェックするのも大変です。



次回は、



フローフシのシートマスク3種類(発売前)と2018ダイアリー(女性の絵柄)です。

貼り込み付録が アベンヌ 薬用ハンドクリーム(2回分)

640円。

次回の購入は辞めるかな💦?

ダイアリーも700円だして、自分の気に入ったダイアリーを買った方がいいかも。?


フローフシは、以前に&ROSYの付録でアイライナーをかったことがあったかな。

&ROSYの12月号は



ローラアシュレイ ハンドクリームは 40g ¥1,200です。

付録は何グラムなのでしょう?半分くらい?ただお得感はなさそう。

こちらの雑誌はちょっと高めの800~900円前後です。


あと、こちらと、こちらの次号も。





30mlで12,000円(公式価格)です。
4mlで1600円です。

まあまあお得?




500円相当なので、そこまでお得感はなさそう。


次回の購入は辞めるかな💦?



Posted at 2017/09/24 00:05:26 | 日記
2017年09月18日 イイね!

*


_________________________________________
◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇
◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


簡単に。



●あら・・・。


推理ものでは、なかったわけでした(苦笑)残念。








まずは、20分前編の内容でした。






取調室







赤いプレゼント袋に入った箱



ハズレの箱からは、レイの指紋が見つかった。


正しくはレイじゃなく、サクがしたこと。




薔薇の香りがする・・・。


なぜそんなことをした?


サクがあらわれる。



あれはただのゲーム!



ゲームとはどういう意味だ?






ここからは、レイとサクの会話。



ゲームなんだから意味なんてないし。


一回話してみたかったんだよね。お前と。


母さんから聞いたけど、日記を読んだとき、キミがうまれたって。


ごめん一番つらい記憶を押し付けて。



一ミリだって悪いっておもってないって。知りようがなくね?(父親の精神状態)


自首させてくれりゃ、自由の身だったのに。


確かにに間違っていたのかもしれない。


守ろうとしてくれたんだよ。



お前ほんとめでたいな。


あいつが守ろうとしたのは自分自身。

お前に自首されれば、旦那は医者で一人息子は可愛くて

っていう絵にかいたような幸せな奥さんから

人殺しの母親にまっさかさま、自分がそうなるのが嫌だっただけ。

エゴのせいでみんな不幸になった。

罪深いなんてもんじゃないよ。





サワとの結婚を諦めさせるため。


お前は結婚と調子にのってるし母さんは浮かれてるし、

イラっときちゃって、お前のこと殺すってほのめかしたら、いい働きしたんだよね。




まずはメール。

庭のお父さん、フレーズはわれながら秀悦だったな。

お前のトラウマになってる相手

つかってやろうと思ったわけ。


(レコードで流れる音楽のこと。黄色い薔薇。)


俺のこと知らなかったじゃん、でも俺は共有してっからね。

イタズラはじめると、メンタル弱いから俺どんどんでやすくなって。

庭を掘り返したのも俺(サク)。


どこにかくしてたの?


お前の部屋の前の戸棚。


サワにおくったのはなんで?


母さん使っても、なかなかわからなかったから、あの子(サワ)からおしてみっかなと。


母さん中身知らなかったから、びびりっぷり笑えたわ。

お前もいつもナイスリアクションだったけどな。



お前は気づいてなかったけど、

あいつら、片思いだったじゃん。うまいこと使えそうだと思ってさ。


女子高生に、戸籍謄本をおくったのもサク。

弁護士の友達に、母さんがすり替えた婚約指輪を送り付けたのもサク。


でも結局サワちゃんに渡っちゃうし。





俺を恨むのはかまわない。(周りの人を巻き込むのはやめてくれ)



風見先生のロッカーに遺骨をいれさせたのは、

風見先生になすりつけるため。

母さんのこと、めっちゃ好きだったじゃん。

さすがにあいつが捕まれば結婚やめるんじゃないかって。


自首すれば困ったんじゃない?


あの頃には、お前をコントロールできるんじゃないかって思いはじめてた。


それに保険をかけていた。


保険?



もう一つ骨のプレゼントをお前の部屋においた。

あの箱を母さんに見つけさせ自首させるのが目的だった。

お前が母さんの為に自首しようとするが、

どうしても自首できない、もがいてもらうつもりだったけど。



でもサワがきた。

計画も崩れたね。


そうでもない。



ここにきて、前より格段にでれるようになった。

知ってるやつの前でしかでれなかったけど。

今じゃ、みんな知ってるからね。

出放題なんだよね。


で、提案なんだけど、その体、俺にゆずってよ。



続く。








💦推理ものとしてはあってはならい。が・・・。


とりあえず、

辛い記憶を押し付けられたサクのレイへの復讐でした。


(このまま何もなければ普通に行方不明のまま人生を終えただろうけど)

((日記を読み)それができない精神状態となると表現したということか?)

(人間の弱さを表現?)




さて、自分なりに解読すると?



サワとの結婚を諦めさせるため。


これが、やたらと出てきますが、なぜ諦めさせたいのか?

イラッときたとあるけど、これは違うだろう。




◎動機

サワとの結婚を諦めさせるため。⇒

辛い記憶だけを押し付けられて、自分の存在もわかってもらえず、

結婚してしまえば、サワは知らないため、自分がサクとしてでてくることもできないことから。?




◎目的

その体、俺にゆずってよ。⇒サクが主人格として、生きたいということか。

このまま、刑務所で刑期をおえ、罪を償えば、

サクは消えてしまうと考えたから?その前に基本人格を奪おうと考えたということか。?




都合よく辛い記憶を押し付けられ、都合よく存在すら知られず消えていくことに納得できなかった?
(それとも限界の表れだった?)



これはどう対処するんだろうかな?



別の見方をすれば、レイを守ってるようにも見えるんだが、気のせいかな?

このサクがいなければ、果たしてサワはレイと結婚しただろうかな?

サクが言うことは、一理ある。(サワに言った言葉)

(俺、お前のこと嫌いなんだよね。など)

(ここで結婚をやめれば、本当の愛とは言えないだろう。)


辛い人生を(なら)すべてサクが引き受けていることだ。



なんだかんだで、いろいろと押し問答が、ありそうだけど、

本当の愛?、または。心の強さを持てば?、

サクは諦めなければならないとわかれば、消えそうな気がするかな。?

そうでないと再び、生まれても(サクが生まれるような事態になれば)また不幸なことだ。



一人の人格崩壊してやり直そうとする人生ドラマ・・・?💦


Posted at 2017/09/18 18:22:43 | 日記
2017年03月23日 イイね!

*





_________________________________________
◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇
◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




PTSDの持続エクスポージャー療法ワークブック トラウマ体験からあなたの人生を取り戻すために






1.トラウマとは

・トラウマとは対処のできない程の衝撃を受けた時にできる心の傷。トラウマ体験とは孤独で強烈な恐怖の体験。

・身近な人も信じられなくなり、世界がとても危険なところに思われ、また次の瞬間に何かが起こるかも知れないと警戒するようになり、この状態が維持されていることがトラウマの本質です。緊張と不信の毎日を過ごします。

・トラウマの苦しみはトラウマ体験そのものから来るだけでなく、現在の生きづらさによる部分も大きいのです。

・トラウマが病気に至るかを決める最大のポイントは身近な人の支えの有無です。

・トラウマ体験もそこからの回復も全ては本人の目を通して見た世界で起こるものですから、そもそもそこでの本人の感じ方は全てが正当なものです。

・トラウマ患者は身近な人や世界への信頼感が無く、自分への信頼感も無い苦しい感じ方を強く抱えていると知っておくことは重要です。

・トラウマ症状が相手を怒らせて、新たなトラウマ体験を引き起こすということは珍しくありません。

・トラウマの症状があると脅威のセンサーがすぐに作動してしまうので、感情を見つめることも身近な人に支えてもらうこともどちらも難しくなります。


2.トラウマへの対処・トラウマからの回復

・トラウマからの回復全体に本人のペースを尊重することは命とも言えるほど重要です。話をただ温かく聞いてあげる、謝ってあげる、安心を提供してあげることが大切です。

・トラウマから回復するということは再び安全に歩ける道を見出して、『ここを歩いていけば自分は大丈夫』と思えるようになることです。自分、身近な人、世界への信頼を取り戻すことでトラウマから回復できます。

・できるだけ頻繁に『そう言われてどう思った?』と聞いてあげてください。とにかく無理をさせずに安心を提供することです。

・『そんな気持ちにさせてごめんね。これからはもっと安心してもらえるようにするからね。』『当時は本当につらかったでしょうね。気づいてあげられなくてごめんね。』『これからは気づくようにするから何でも教えてね』と話してあげる。

・共感すべきは悪口の内容ではなく、パニックで恐怖にかられていることを理解し、危険を排除するために滅茶苦茶に撃っている弾と考えて聞いてあげること。

・トラウマを持っている人は相手の真意を探ろうとする。人からどう見られているかが気になるのは危険を察知するトラウマの症状で、脅威のセンサーが働きとにかくやみくもに攻撃して身を守っているのであって、気にしすぎと考えてはいけない。


Posted at 2017/03/23 02:38:27 | 日記

プロフィール

よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

その他 その他 その他 その他
その他 その他に乗っています。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.