• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

知 -kazu- @VM4のブログ一覧

2017年09月19日 イイね!

やってもーた orz

やってもーた orz休日のきょうは早起きして、ぬる湯ツーリングでお留守番だったスバル・レヴォーグでうね練(違)でも、と思っていたんですが、青空にちょっと薄雲がかかっています。ならば1週間ほど前にお知らせのはがきが届いていた運転免許証の更新を済ましてしまおか、と方針転換。


レヴォーグで門真運転免許試験場に着いたのが10時20分ごろでしたかね。平日やのに試験場内は人・人・人。受付には5、60人が列をなしていて「こんなんで午前中に終わるんかいな」て心配したんですが、案外と回転が早くて5分ほどで次の手数料支払いへ。むしろ、このあとの写真撮影で20分以上待たされて気を揉みました。何とかお昼休み前の更新時講習に滑り込み、12時すぎには新しい免許証を手にすることができました。


Gカードげと



たぶん陥落から6年ぶり復帰 v(^^; 前車のインプレッサG4と現車のレヴォーグでは無検挙(無違反とは云わんwww)ですからね。



それはさておき、姉さん、事件です!


それは運転免許試験場に着く直前の出来事。いつになく早起きして集中を欠いていたからか、ちょっとでも早く受付の列に並ぼうと気が急いていたからか、レヴォーグで試験場に向かっていたらうっかり駐車場の入り口を通り過ぎてしまいました。Uターンしようとして府道右側のマンション駐車場に頭を突っ込んで、あわててバックして切り返そうとしたら右リアらへんから「ベコッ」て何かが潰れるような女兼~~~な鈍い音が。


歩道の車止めにタイマンを挑んで敗れ去った模様 orz


父ちゃん涙目 (T-T)


リアバンパー右側の角から側面にかけて擦り傷がついてしまいました。一部は塗装がえぐれて樹脂が露出しています。バックモニターがついているにもかかわらず映像を見ていませんでした。


レヴォーグはん、堪忍やで~~~ orz


いったん帰宅してから、市内にある心当たりの板金業者さんに見せて修理見積もりしてもらうことにしました。


まずは拙宅に最寄りの小さな町工場へ。気さくで人柄のよさそうな大将に傷がついたリアバンパー右側のみの補修・塗装をお願いしたところ「2万でいけますよ」と。なんや、そんなもんならお願いしよかなと即決しかかったんですが、参考までに地元では老舗の業者さんにも様子をうかがいに行ってみることに。この機会に自宅の近くで何かと頼れる業者さんがみつかるといいなあと思って。


幹線国道からわきに入った住宅街の一角に工場が見えました。事務所で書類仕事をしていたお兄さんに事情を説明して現車を見てもらうと、「このくらいなら磨くだけでだいぶ目立たなくなりますよ」と。補修の見積もりしてもらう気まんまんだったので返答に窮していると、お兄さん「磨くだけなら
お金はいりません」と云ってバフがけの用意を始めました。


確かに



もちろん樹脂の地肌までイッてしまったとこはどうにもなりませんが、お兄さんはタッチペンでの補修をご推奨です。「小さな傷でも大きな傷でも塗る面積は同じなんで、あとで大きな傷がついたときに塗装されたらどうですか? もったいないし」


なんかええ業者さんを見つけた気がします。新栄自動車工業のお兄さん、ありがとう
Posted at 2017/09/19 22:00:01 | コメント(4) | トラックバック(0) | レヴォーグ | クルマ
2017年09月19日 イイね!

みんカラ:モニターキャンペーン【MPD-JAPAN】

Q1. ご使用のセキュリティは? 1:電装品 2:アナログ用品 3:未装着
回答:
3 おまへん

Q2. 身近で盗難・車上荒らしに遭った経験は? 1:あり 2:無し
回答:
1 あり

E46 318i で車上荒らし被害。盗難はなかったもののウインドウを割られ自腹修理。E46 430i ではタイヤ+ホイール盗難。痛恨のロックナット未装着。保険で補填。いずれも自宅マンション隣の青空駐車場で。


OBD コネクタを物理的に保護することで芋微カッター (mobile ATOK....) を使った車両盗難は阻止できますが、ウインドウやら物理キーやらを壊されると結局修理が必要になるわけで。


この記事は みんカラ:モニターキャンペーン【MPD-JAPAN】 について書いています。


※質問を編集、削除しないでください。
Posted at 2017/09/19 14:21:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2017年09月18日 イイね!

石東ぬる湯ツーリング2017初秋:2日目その1

石東ぬる湯ツーリング2017初秋:2日目その1HONDA NC700X でゆく石東ぬる湯めぐり、1日目その2のつづき。


9月11日。三瓶温泉国民宿舎さんべ荘
(島根県大田市)で目覚めたら何と7時半でした。早起きして露天風呂を貸し切り状態で楽しむつもりが出遅れました。なんやかやゆーてもアラフィフにはオートバイで遠出はしんどかったんでしょうか orz


とにかく浴室へ向かいます。一夜明けて男女入れ替えで右側が男湯です。足を踏み入れてみると意外にも独泉状態でわありませんか。みなさん朝餉の席にいらっしゃるのでしょうか。


これ幸いとやりたい放題



源泉31.7℃、酒樽31.2℃。
極楽極楽♪



お湯には黄茶色の細かな湯の華が舞っています。きのう入った隣の酒樽にはなかったような。



上がり湯に桧風呂39.1℃。朝の終了時間ぎりぎりまで1時間ほど漂っていました。



9時半にチェックアウト。お世話になりました。



この日も近くの絶品ぬる湯からハシゴしていきましょう。
K30を西の原のほうへ向かいます。この日はお天気下り坂で曇り空のスタート。湯めぐりが目的なんで気にしませんが。



ここも快走路やなあ。



K286に折れてしばらく、レヴォーグでは通りたくない去年は通ったけどw)こんな細道を分け入ると、



小屋原温泉熊谷旅館(島根県大田市)に着きました。去年5月以来の再訪です。



こちらには3つの小さな浴室が並んでいて、日帰り客はこのうちひとつを1時間貸し切りにすることができます。さっそく4湯目をいただきましょう。勝手に二の湯と呼んでいる手前から2つめの、いちばん小さな浴槽を独泉



含二酸化炭素・ナトリウム・マグネシウムー塩化物・炭酸水素塩泉37.6℃。源泉38.1℃。ぬる湯なのに、しばらく浸かっていると額から汗が噴き出します。


みごとな泡つきっぷりは相変わらずです。



例によっておっさんの足ですんませんが m(__)m


マニア的萌えポイント多数www 





ところが、興奮してあれこれ記録しているうちに肝心なことが頭から抜け落ちてしまったんでしょうか、あとからデジカメの画像を確認したら自撮りをおさえていなかったことが発覚。これは大失態 orz


ということで、極楽極楽♪



つづく。


撮影機材:
OLYMPUS Tough TG-1
KYOCERA TORQUE G01
Posted at 2017/09/18 12:20:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | NC700X | 旅行/地域
2017年09月17日 イイね!

石東ぬる湯ツーリング2017初秋:1日目その2

石東ぬる湯ツーリング2017初秋:1日目その2HONDA NC700X でゆく石東ぬる湯めぐり、1日目その1のつづき。


三瓶温泉亀の湯の絶品ぬる湯を独泉状態で心ゆくまで味わったあと、16時すぎにこの日の宿、
三瓶温泉国民宿舎さんべ荘(島根県大田市)に落ち着きました。日帰りでは何度も訪れていますが泊まるのは初めてです。かねて機会があったら、広い露天風呂に点在するいろんな仕立てのぬる湯浴槽を泊まりでゆっくり味わいたいと思っていたところ、某楽天トラベルでややお安くポチできてしまったもので。


まずは、
お約束



さっそく宿の風呂をいただきましょう。この時間は向かって左側の浴室が男湯です。循環濾過の内湯は無視して露天風呂へ。3湯目。含塩化土類食塩泉の酒樽32.0℃の一点買いで1時間ほどうつらうつらと。



極楽極楽♪



さて、そろそろ夕餉の時間です。宿は素泊まりで予約したので、こじんまりとした温泉街で何かいただくことにしましょうか。坂道をおよそ800m、10分ほど歩いて下って
霧の海食堂きっ川(島根県大田市)に入ってみることにしました。



三瓶には何度も立ち寄っていて泊まったこともあるんですが、こんな店があるとはまったく意識していませんでした。日曜の夜、テーブル席とテラス席は地元客でほぼ満席です。三瓶の山ん中 (失礼)なのに、 なぜ?


ということで、おひとりさま席へご案内www

奥のテラス席から黄昏時の山々を眺めながら美味しいもんいただくと癒やされるでしょうねーーー


さっそく、なんでか名物らしいジンギスカンと生ビールを注文。お昼をいただきそこねたので、がっつりいきましょう。



給仕してくれた尾根遺産いわくマトンは「表面が焼けたら食べられます」と。すぐに焼けるんで、肉焼きーの、撮影しーの、生呑みーのと忙しかったでつ



特製テーブル(違)からは、そこはかとなく昭和のにほひが



確かに柔らかくて美味しくいただきました。女将さんによるとマトンはオーストラリア産ながら、ほかの店のように機械切りではなく人の手で丁寧にカットしているのが美味しさの理由とか。



満足してお店をあとにしました。


おりてきた坂道を宿へと戻ると、あたりはまっ暗。街灯もなくて手探り状態です。スマホのLEDライトでしのぎましたが、これは油断してました。



ちょっと部屋で休んでから、またまた宿の露天風呂へ。酒樽はやや温度が下がって31.5℃。桧風呂39.0℃と代官の桧風呂41.1℃で暖をとりつつ終了ぎりぎりまで1時間半ほど無心に。


極楽極楽♪



お約束。



でわ、おやすみなさい。


この日の走行距離は 450.6km でした。



つづく。


撮影機材:
OLYMPUS Tough TG-1
KYOCERA TORQUE G01
Posted at 2017/09/17 11:30:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | NC700X | 旅行/地域
2017年09月15日 イイね!

石東ぬる湯ツーリング2017初秋:1日目その1

石東ぬる湯ツーリング2017初秋:1日目その1HONDA NC700X で石見東部の絶品ぬる湯をめぐってきました。


頼んでもいないのに勤務表に3連休がついてたんで、ほんまはもうちょっと遠出するつもりで2泊の予約も済ませていたんです。ところがどうも2、3日目のお天気がよろしくない予報でしたので、出発2日前に急きょ日程を1泊2日に短縮して行き先を手前に変えたという次第。今回はスバル・レヴォーグはお留守番です。


そんなこんなで9月10日。朝6時半に大阪を出てまあまあ青空の下、近畿道から中国道を順調に西へ。



三次東ICから松江道を北上して島根県に入ります。吉田掛合ICから県道でR54に出て南へちょっと戻ると、三瓶山に向かうK40の交差点が見えてきました。そう、この旅で三瓶らへんのぬる湯を
めぐります。


K40を西へ。
気持ちのええ快走路やなあ。





北海道は十勝らへんでこんな風景をよく見たような気がします。



もう秋ですねぇ。



ひとまず三瓶を通り過ぎてR375から、まずは1湯目の
湯抱温泉 神湯なかだ(島根県美郷町)へ。こちらは初めての訪問です。



高齢のご夫婦で営んでおられるようです。奥さまに浴室へ案内していただきましたが、そこにあるのは女湯と家族風呂だけ男湯が見あたりません。「あの~~~どっちを使えば....」とたずねると「お風呂は一緒ですから」と。日帰り入浴は事前に要確認てことでしたが、貸切風呂だからなんですね。

左側の扉が「女湯」の脱衣場で右側が「家族風呂」


独泉状態につきやりたい放題



内湯浴槽小は食塩重曹泉の加温37.5℃(参考値※後述) 源泉は24.5℃前後。加温された湯も源泉もそれぞれ蛇口からセルフで投入可能となっていますので、事実上、勝手に好みの湯加減にできそうです。なお、この日は浴槽大のほうには湯が張られていませんでした。

左が加温、右が源泉


極楽極楽♪(ほんまか)



源泉を口に含むと薄い塩味にほのかな炭酸味を覚知しました。思ったほど金気は感じません。このあといくつかの温泉をめぐりましたが今回訪れたなかでは湯抱温泉の源泉がいちばん美味でした。ふつうにスポドリとして飲みたいレベルです(個人の感想です)


2湯目は三瓶温泉 亀の湯(島根県大田市)へ。10年ぶりの再訪です。



日曜の15時前ですが、こちらも
独泉状態につき、やりたい放題



含塩化土類食塩泉34.8℃。元湯からだいぶ距離のある引き湯で、パイプと浴槽まん中の筒から注がれる源泉は35.0℃前後です。


極楽極楽♪

ヘンタイですねwww 


以前は朝9時からの営業で10年前に訪れたときは朝湯をいただいたような気がしますが、お向かいの児玉商店のおばあちゃんによると、いまは14~15時にお湯を張って17時から加温しているとのこと。


さて話は前後しますが、旅の行き先を三瓶に変えたとき頭の中にはランチしたい店がありました。去年5月の石東プチ湯治の旅で寄ったうぐいす茶屋(島根県飯南町)です。


宣言通りリピートするべく、日曜なんでお昼どきで混む前の到着をめざして大阪を出るつもりだったんですがちょっと出遅れて、着いたらちょうど12時すぎですでに満席 
orz 例の若い職人さんに「30分ぐらいお待ちいただきますが....」と恐縮され先に湯抱温泉へ向かうことにしたんですが、もう客の波もひいてるだろうと14時すぎに戻ってきたら「食事は終了しました」て無情の看板が orz


今回はご縁がありませんでした。




1日目その2につづく


撮影機材:
OLYMPUS Tough TG-1
KYOCERA TORQUE G01
Posted at 2017/09/16 10:00:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | NC700X | 旅行/地域

プロフィール

「@尾長ぐれこ そうですかイカ臭いですか ←そこ? で、そのかた何星人?」
何シテル?   09/19 17:14
知 -kazu- @VM4ともうします。大阪在住のおっさんでおま。 ※旧名 I'm_a_niwakaSUBARIST (2014年9月から2015年6月ま...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

持ち込み交換OK 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/05 08:30:46
スバルよ、私の車に何をした? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/02 19:19:31
COMTEC ピュアクリスタルフィルム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/04 15:36:20

お友達

SUBARU LEVORG や HONDA NC700X にお乗りのみなさんはもちろん、スバル一族、温泉道楽、旅ライダー、撮影道楽など趣味のあいそうなかたはどうぞ遠慮なくみん友リクエストをお寄せください。
84 人のお友達がいます
直線総長直線総長 * 1・2・3・○○!!1・2・3・○○!! *
三毛猫ちゃん三毛猫ちゃん * まみっこ。まみっこ。 *
銀ちゃんアル銀ちゃんアル * いけれぼいけれぼ *

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
SUBARU LEVORG 1.6GT-S EyeSight に乗っています。人生2台目 ...
ホンダ NC700X ホンダ NC700X
どんな走り方をしても燃費は30km/Lを下回りません。最高値は主に高速道で38km/L台 ...
スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
パナHDDナビやら本革シートやらコミコミお大尽仕様。豪雨でも雪道でも、AWDの安定感とE ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
至高の直列6気筒、M54 エンジンを 5MT で操る愉しさ。思った通りのラインをトレース ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.