車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月24日 イイね!
2.5年目の浮気プレミアムフライデーって何?なわたくし。本日お休みなので、きのう発表されたスバル・レヴォーグのリコールを手当してもらおうと行きつけのDに電話したところ予約いっぱいで....」塩対応


ふぅぅん、そういうことなら、と
腹いせ新しいマツダ・CX-5を試乗してきました。マツダのディーゼルには未練がありますので。



最寄りのDは「新世代店舗」のデザイン文法に沿って昨年7月に改装されたばかり。黒を基調としたシックで高級感のある内外装で、BMWやVWクラスの輸入車Dと比べても見劣りしません。この時点で
スバル負けてます

コーシーも紙コップじゃないしw


予約なしの飛び込みでしたが、駐車場で出迎えてくれた若い営業さんに試乗を申し込むと展示してあったXD L Packageの4WDを案内されました。オプションてんこ盛り仕様です。いつ見てもソウルレッドは魅力的ですね。



レヴォーグと比べるのが妥当かどうかは判断がつきかねますが、全長で145mm短く、全幅は60mm広くなっています。リアゲートをあけると全長が短いぶんカーゴルームのタテが短いように見えましたが、容量は十分でしょう。ただレヴォーグの床下収納 (違) は洗車バケツほかが余裕で入りますが、CX-5の床下はそれほど入らなそうです。スペアタイヤはありませんでした。


身長172cmの男性 (わし) がリアシートに着座してみると、足下、頭のうえともに拳1コ以上のゆとりがあります。運転席に収まってみると、やはりインストゥルメントパネルやダッシュボードまわりの造形や仕立てのよさがうらやましくなりますね。ここでもスバル負け (以下略)



プッシュスイッチを押してエンジンスタート。アイドリングではさすがにディーゼルノイズがカラカラと聞こえてきますが、先代やCX-3よりは控えめな印象です。ドアの密着部にゴムを巡らせるなど遮音にはさらに気を遣っているようです。走り出してアクセルを踏み込むとゴーッという力強いノイズが入り込みますが、うまく雑味が取り除かれているようでそれほど嫌な感じではありません。

ちなみにこの個体、すでにエンジンルームへの猫侵入の痕跡がw


それでは運転してみましょう。Dの敷地から歩道を横切るスロープを下り、一段下の幹線道路へ左折すると、思っていたより大きくロールしましたが、脚がよく伸びて乗り心地は柔らかく感じました。オルガンペダルのアクセルを踏み込むと2,000rpmで42.8kgf・mを発生する2.2Lディーゼルが1,660kgのやや重たい車体をすーっと加速させていきます。発進加速の感覚は先代の印象と変わっていないように思いました。アイポイントが高く視界も広いので見晴らしはいいですね。


幹線道路から住宅地に入っていくと、さすがにレヴォーグ+60mmの全幅が気を遣わせます。拙宅マンションの立体駐車場だと、とめるたびに慎重にならざるを得ないでしょう。乗っているうちに慣れるものなのかも知れませんが。


短いコースの中で全車速追従のレーダー・クルーズ・コントロールも体験できました。レヴォーグのアイサイト3と比べて機能的には遜色ないように思います。ブレーキングがアイサイトより優しく感じられたのが印象に残りました。パーキングブレーキは電動式です。


せっかくの機会ですのでDに戻ってご商談を。XD L Packageの4WDに本革シートやらシート・ハンドルヒーターやらナビSDカードやらを盛ってコミコミ総額¥3,936,250


ちーん。


大船に乗ったようなゆったりとした気分にさせてくれるいい車です。高速道路を長距離走るようなドライブは楽ちんで気持ちよさそう。お財布にも優しそうですし。しかしながら、8月に初回の車検を迎えるレヴォーグから乗り換えたくなるかと云うと、そこまでの動機にはならないような気がしています。


ということで、浮気は本気にはならなさそうです。
※いずれも個人の感想です
Posted at 2017/02/24 22:40:03 | コメント(8) | トラックバック(0) | 試乗 | クルマ
2017年02月19日 イイね!
白い道ドライブ movieスバル・レヴォーグでゆく白い道ドライブの動画編です。雪景色の高野龍神スカイライン(和歌山県)を気持ちよく駆け抜けてきました。



いつもドラレコ動画の編集はフリーの Windows Movie Maker でお手軽に済ませてるんですが、ちょいと Movie Maker ではできない編集の必要に迫られまして (謎) そこで休日の午後は同じくフリーの AviUtl と mp4 を扱えるようにするプラグインとを急きょインストールして即席お勉強でした。


撮影機材:
Transcend DrivePro 200
Posted at 2017/02/19 19:40:01 | コメント(3) | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域
2017年02月19日 イイね!
お泊まり温泉と白い道ドライブスバル・レヴォーグで和歌山は白浜の温泉ファミレスwにお泊まりしてきました。某じゃらんでいつのまにかゲットしていた期間限定ポイントが今月末で消滅してしまうので、図ったようにめぐってきた平日連休で消化してしまおうというコンタンです。


今月中旬の某日、大阪を9時半に出発。曇時々晴の予報でしたが、R25→R165→K30→R24京奈和道無料区間といつものルートを南へ下っていくと次第に雨が降ってきました。ひとり撮影会に備えて洗車したのに、早くもレヴォーグは泥まみれ orz テンションはダダ下がりです。


京奈和道終点の岩出からK63→K14→K10→R424→R370と和歌山市街を迂回して海南からR42を南下します。


海沿いを走っているとやっと青空が見えはじめたので、風景のいい印南の海辺に寄り道してひとり撮影会など。強風が吹きつけていてお天気が安定しません。



白浜入りしたらすでに15時すぎ。



まずは
崎の湯(和歌山県白浜町)へ。食塩泉、手前42.6℃。



海側41.4℃。沁みるわーーーーー。強風で白波が立っています。
極楽極楽♪



16時すぎにやっと温泉ファミレスもとい湯快リゾート ホテル千畳(和歌山県白浜町)に到着。おひとりさまなんででしょうか、部屋は裏側のいちばん端っこです。部屋で Wi-Fi が使えるんですが ぶちぶち切れるわ某SNSのログイン状態がめっちゃ怪しいわ。ハッキング対策大丈夫か?





でわ、さっそくお風呂をいただきましょう。ちなみにこの日は強風のため露天風呂閉鎖だそうで。いつもアチいから入るつもりなかったのでいいんですけど。


大浴場「千寿の湯」は食塩泉かけ流し。大浴槽41.6℃、ぬる湯39.5℃。極楽極楽♪


このぬる湯があることが、この温泉ファミレスに泊まる
理由なのです。


さっぱりしたら、夕餉をいただきましょう。レストランはブッフェスタイルです。まずは1巡目。「海鮮丼のせ放題」と「アジアンフェア」を一緒にやってるもんだから、超絶怪しいことにw



2巡目も怪しいプレート。


今宵はここまでに致しとうございますw


部屋でひとやすみしたあと、またお風呂へ。湯あがりに無料マッサージチェアで揉まれてみます。あ゛〜〜〜〜〜 (放心)



この日の走行距離は 213.3km でした。




翌日。ゆっくり8時前まで惰眠をむさぼったあと、朝湯からの朝餉へ。引き続きブッフェスタイルにつきワンプレートを埋めようとして妙な取り合わせに。



チェックアウト時間ぎりぎりに宿をあとにして、この日はまず椿温泉へ向かいます。11時前に道の駅併設の日帰り施設、椿はなの湯(和歌山県白浜町)に着きました。ところが「準備中」の札が。「ええっ!」と不満の声をあげると、窓口の尾根遺産が「お湯が張ってるか見てきますね」と。


すぐに入れたんですが、あとでよく見ると営業は12時からでした m(__)m m(__)m m(__)m
※湯守の爺さんによるといつも11時すぎには入れるようにしてるそうですけど


JAF割行使で \400。源泉まき風呂は32.8℃。アル単(表示は硫黄泉)ながら玉子臭とつるすべ感があります。


清掃直後の一番湯を独泉極楽極楽♪


だれも来ないので源泉まき風呂に1時間以上つかってました。

このあと実は、すさみの農園で「高級いちご狩り」をする予定でした。じゃらんで宿を予約したとき「体験予約サービス」の \1,000 引きクーポンが発行されたので、ほなつこてみよかてことで。ところが前日の夕方、宿に着いてから携帯に連絡があって「いちごの生育が思わしくなく満足に提供できそうにないので、日にちを変えてもらったほうがいいかと」と。

5日前に予約を入れているのに、それならそうと何でその時点で連絡してくれないんでしょうねぇ。なんともまあ呑気な業者さんです。お試しのつもりだったので文句も云わずキャンセルしましたが、家族旅行とかで楽しみにしてるひとは怒ると思うんですが。


ということで時間があいたもんですから、お天気もいいことですし標高 1,000m 超の白い道をめざすことにします。ひとり撮影会リヴェンジを期して、まずはR42を田辺市内まで戻って洗車。



上富田のR42からR311→K198→K29で龍神へ。R425を経てR371高野龍神スカイラインへ、いざ突撃!


路肩の雪のため部分的ではありますが1~1.5車線状態が続き、対向車が来ないかひやひやしました。








標高 1,100m























レヴォーグの AWD とVDC に DUNLOP WINTERMAXX の強力タッグは、圧雪より始末の悪い中途半端に解けたシャーベットの上り坂をものともせず、ぐいぐいと進んでいきます。わしのようなドシロウトのドライバーが運転しても回ることも刺さることもなく、安心して走破することができました(コピペ)


降りてきたら高野山内も路面積雪あり。ふもとから大門へ至るR480高野街道まで積雪してるのを見るのは初めてでした。凍結した轍の上にシャーベットがのった最悪のコンディションで難儀しました。



19時前に帰宅。この日の走行距離は 222.4km、2日間の総走行距離は435.7 km でした。



撮影機材:
Nikon D7200 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
OLYMPUS Tough TG-1
KYOCERA TORQUE G01
Posted at 2017/02/19 12:00:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域
2017年02月17日 イイね!
LEVORG in whiteスバル・レヴォーグで和歌山の白い道を走ってきました。


レヴォーグの AWD とVDC に DUNLOP WINTERMAXX の強力タッグは、圧雪より始末の悪い中途半端に解けたシャーベットの上り坂をものともせず、ぐいぐいと進んでいきます。わしのようなドシロウトのドライバーが運転しても
回ることも刺さることもなく、安心して走破することができました。


D7200 で撮った画像の
小細工がすみましたので、先行して一部を公開します。ぼそぼそつぶやいていた温泉旅のご報告は、またのちほど。





















撮影機材:
Nikon D7200 + SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM
Posted at 2017/02/17 22:40:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | レヴォーグ | クルマ
2017年02月11日 イイね!
櫂を漕ぐこないだ高野龍神スカイラインで雪遊び (違) したときのこと。


スバル・レヴォーグのトランスミッションはご承知のとおりCVTなんですが、九度山からR370の
うねうねを高野山大門まで駆けあがる、あるいは逆に駆けおりるとき気持ちよく走るには、どうしてもマニュアルモードでパドルシフトを多用します。


走りながらふと思ったのです。パドルシフトカバーとかロングパドルシフトとかの名前で流通しているエクステンションって、
いるのかなあ


わたしのドライビングポジションとステアリングの握り方だと、うねうねの峠道でもステアリングセンターから左右それぞれ120°以上まわすことはまずないので、純正パドルでも左右どちらかの手の中指から小指まで3本の
どれかが常にかかってるんですね。ちなみに指の長さは人並みかやや短めなのではないかと。もちろん手の小さなひとにはありがたいパーツなのかも知れませんね。


つけてるひとも多い人気パーツなんで、こういうこと書くとなんか飛んできそうではありますが (^^;


以下余談。指の長さに関しては
こんな記事が。ナニとの相関についても言及がありますが、わが身をまじまじと観察するに「ほんまかぁ?」みたいな orz
Posted at 2017/02/11 12:00:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | レヴォーグ | クルマ
プロフィール
「@岩ちゃん@  白浜逝ってきます!w」
何シテル?   02/28 12:33
知 -kazu- @VM4ともうします。大阪在住のおっさんでおま。 ※旧名 I'm_a_niwakaSUBARIST (2014年9月から2015年6月ま...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
愛妻と、、、結婚記念日旅行へ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/30 20:41:20
スバルよ、私の車に何をした? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/02 19:19:31
COMTEC ピュアクリスタルフィルム 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/04 15:36:20
お友達
レヴォーグや NC700X にお乗りのみなさんはもちろん、スバル一族のかた、温泉道楽なかた、ツーリングライダーなかた、撮影道楽のかたなど趣味のあいそうなかたは遠慮なくみん友リクエストいただければと。
85 人のお友達がいます
琵琶ます尾琵琶ます尾 * 1・2・3・○○!!1・2・3・○○!! *
直線総長直線総長 * 鳴沢 了鳴沢 了 *
ごまレヴォごまレヴォ * 火ーやんにーサン火ーやんにーサン *
ファン
42 人のファンがいます
愛車一覧
スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
SUBARU LEVORG 1.6GT-S EyeSight に乗っています。人生2台目 ...
ホンダ NC700X ホンダ NC700X
どんな走り方をしても燃費は30km/Lを下回りません。最高値は主に高速道で38km/L台 ...
スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
パナHDDナビやら本革シートやらコミコミお大尽仕様。豪雨でも雪道でも、AWDの安定感とE ...
BMW 330i Mスポーツ BMW 330i Mスポーツ
至高の直列6気筒、M54 エンジンを 5MT で操る愉しさ。思った通りのラインをトレース ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.