車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月16日
打倒センチュリー?
一昔前までは、車=セダンでしたが、最近は急激に減りましたね…



X81系マークⅡ3兄弟の頃(懐かしいですね…)、は、セダン全盛期の時代、特にこの型のマークⅡは石を投げれば…というほど売れていましたね。
スーパーホワイトⅡにワインレッドのグランデ2.0/ATで決まりでした(^^)

ハイソカー(死語でしょうか 笑)ブームと相まって、クラウン・セドグロ・ローレル・カローラ…など、セダンが基本でありました。

時代も変わり、最近一世を風靡しているのが、ミニバン・コンパクトカー。
駐車場を見渡しても、ほぼこれらの車です。
セダンはクラウンが健闘しているものの、非常に少なくなりましたね。

最近の子供が「車の絵」を書くと、ミニバンの絵を描きますね。
私の年代は、典型的な3BOXセダンを描いていましたが(笑)



特に、このアルファード&ベルファイア、非常に売れていますよね(^^)
外観は、これでもか!というほどの大型&メッキのグリル。迫力・高級感満点です。

最近は、公用車~役員車~ハイヤーまで「黒のアルファード“ロイヤルラウンジ”」が席巻しています。
センチュリー、LS、シーマ、クラウンHVを侵食する勢いです。



1BOXスタイルだけあって、セダンに圧倒的優位な点は「室内空間の広さ」ですね。
画像は通常のセパレートシートですが、足を伸ばせる広さに、広大な頭上空間・・・DVDも視聴可能なリアモニター等々、快適な空間です(^^)
売れる理由がわかります。

1,000万円超の「ロイヤルラウンジ」は4人乗りは、大型モニターにフルアジャスタブル本革シートなど、クラウン・センチュリーを意識していますね。



セダンに乗りなれていると、視点の高さとボンネットが視界に入らないのが独特に感じます。
逆に、この広さとアイポイントの高さに慣れているミニバンオーナーの方は、セダンには戻れないでしょう。









インパネのデザインも非常に高級感があっていいですね(^^)
部分的にはクラウンを超えるつくり。



良いなと思ったのが、ダッシュボードのソフトパッド。全面が合皮張りになっており、高級感があります。
クラウンより力を入れている気がします。



カップホルダーも、クラウンのようにダンパー入りの蓋で、ヌルーと高級感があります。
小物入れも植毛張りになっており、抜かりなし。



パーキングブレーキは電動式。HOLD機能も付いてます。



スイッチもメッキ付で◎です。


新型アルファード&ヴェルファイア、非常に売れていますが、理由がわかりました。

昔は「いつはクラウン」でしたが、今は「いつかはアルファード」といっても過言ではないようです。
クラウンと同価格帯ですが、孫を乗せたりする理由で、アルファードに乗り換えるオーナーも多いそうです。

各メーカーを見ても、売れるミニバン・コンパクトカー、そしてハイブリッドカーに力を入れて、トヨタでさえ、セダンは二の次という感じを受けます。

事実、クラウン等に積まれる6気筒エンジン「GR系」も10年越えですが、新しいエンジンが登場する気配がありません…
そして、センチュリーのV12廃止に続いて、LSもV8廃止でV6化…

セダン好きにとっては先行きが暗いですが、次期センチュリーを楽しみにしています(^^)
ブログ一覧 | クルマ
Posted at 2016/10/16 19:11:19

イイね!0件



タグ
今、あなたにおすすめ
この記事へのコメント
2016/10/16 20:23:11
こんばんわ!
御投稿。いつも楽しみにしております!

マーク2三兄弟。懐かしい!
スーパーホワイトにワイン内装。私の祖父が一時期乗っておりました。

セダンの代わりにミニバンが主役に躍り出たのは、初代《タマゴ》エスティマの頃からでしょうか?
みるみるセダンは後退しましたね。
私にとって、ミニバンはセダンの敵。カタキ(笑)


アルファードは、先代あたりの頃から4人乗りのVIP向け仕様が出ましたね!
エスティマにもありました。

先駆けはエルグランドのオーテックロイヤルでしょうかね?
政界の方々も、センチュリーやセルシオから、街行くミニバンと見た目が変わらず、目立たないミニバンベースの高級仕様車に乗るようになりましたね。
色々と都合が良いのでしょう。

アルファード(ベルファイヤ)のロイヤルラウンジは、トヨタラインナップでは、センチュリーに次ぐ価額。

装備や広さは、あの空間で2列なので、巨大リムジンに匹敵。
脚廻りも4輪ダブルウィッシュとなり、乗り心地も先代より改善されたのでしょうが、やはり、センチュリーには程遠いと思いますね。

何故なら、アルファードは量産車です。
ロイヤルと言えど、ベースのアルファードを少し豪華に見立てただけであり、確かに現行クラウンより造りは良いと思いますが、初代の生い立ちも商用車からですし、確かにアルファードは素晴らしいクルマだと思いますが、さすがにセンチュリーと比較対照にはなり得ないと思います。

センチュリーは我が国の陛下も御乗りになる最高級車。格は英国ロールス・ロイス、ドイツのプルマンのランクですから。

センチュリーに比すれば、私の乗るLSすら、ただの普通の量産セダンですから(笑)
次元が違います。

よって、アルファードをリムジンとはどうにも思えないのです。すみません。失礼を百も承知で言います。

本物の素材を遣い、最高の手法でそれを仕上げ、造り出される上質極まりなき空間。
滑らかであり、静寂なる走り。
オーナーとして、誇りを持て、周りからも意識される圧倒的な風格。気品。

やはり、運転手に迎えに来てもらうならば、巨大なサルーンがいいですね(笑)

それはもう古い考えだと、なんと批判されようが、私はあくまでセダン。サルーンに拘り、誇りを持ちたいです。

私は死ぬまでセダンを貫くために、自分の家庭を持つことを棄てた愚か者です(爆)

コメントへの返答
2016/10/16 21:08:33
こんばんは!
ありがとうございます(^^)

マークⅡ3兄弟懐かしいですよね~
マークⅡ、クレスタ、チェイサー、姉妹モデルを設定するほどでしたが、今ではノア・ヴォクシー・エスクワイアです。

おっしゃる通り、ミニバンブームとなったのは、初代エスティマかも知れないです。

それまでは、キャブオーバ1BOX=バン=商用車で、乗用1BOXは、それらをベースとした、キャラバン・コーチ/ホーミー、ハイエースワゴン、ライトエース&タウンエースワゴンというラインナップでした。
ベースは商用車なので、乗り味は商用車の域。

その後、乗用1BOX専用としたエスティマは話題になりましたよね(^^)
ミッドシップに卵型のフォルム、今でも新鮮なインパネ形状など…

その後、RVブームになってパジェロやランクルが売れた時代を通じ、ホンダのステップワゴンやオゼッセイがヒットし、トヨタや日産も追従・・・一気にミニバンが溢れるようになった気がします。

日産のエルグランドが上級ミニバンとして登場し、これまたヒット、トヨタも対抗してグランドハイエース→アルファードという黄金時代に突入~という感じでしょうか(^^)

いつもながら、トヨタは後出しで席を奪ってますね(^^)


昔は高級車=セダンでしたが、時代は変わってきましたね。
現行アルファードも、開発主査がおっしゃるように、クラウン等の高級セダンに肩を並べられるような「高級車」として新設計したようです。

やはり、公用車・役員車需要に応えるためのようです。リアサスのダブルウイッシュボーン化など、かなり力を入れています。

それなりの立場の方が乗る車=高級セダンですが、その流れもだいぶ崩れてきました。

夏にノーネクタイのクールビズが一般的になり、結婚式でも礼服は着なくなり、世の中がある種の「格式」だったり「ステータス」の線引き・特別感が薄れてきたのも要因なのでしょうか?

ショーファーカー=セダンだとは思いますが、次期センチュリーはどのような車になるのでしょうか?気になりますよね。

日本独自の和の車として、職人技を取り込んだ、現行モデルをさらに飛躍した車になることを願っています(^^)
2016/10/16 20:28:47
こんばんは!

おっしゃる通り、セダンの肩身が狭い世の中になりましたね。若い子も18で免許を取ってローン組んでセダン乗り回す馬力のある奴も少なくなったみたいで…(笑)

確かにアルファードのロイヤルラウンジはセンチュリーに匹敵する高級車ですよね。

でも一般市民は、センチュリーやクラウンの黒塗りセダンは一目見ただけで高級車だ、贅沢だと言いますが、公用車にアルファード使っても街中で走り回るミニバンで皆乗ってるせいかあまり贅沢だとは思われないんでしょうかね?
コメントへの返答
2016/10/16 21:24:47
こんばんは!

セダンは肩身が狭くなりましたよね(^^ゞ
流石のクラウンは揺るぎない存在感ですが、それでも駐車場ではアルファードに押され気味ですよね。

同じ金額を出すならクラウンよりアルファードなのが、今の若い世代・ファミリー層の選択肢なのでしょうか。

ちょっと前までは、免許取りたての若いヤンチャなおニーちゃんが、セルシオ・シーマ・セドグロ・クラウンをシャコタンにして・・・でしたが、彼らも最近はアルファード/ヴェルファイアに流れてますね。

おかげで、大排気量セダンはエコカーブームと相まって、中古車相場が値崩れし(売れないらしいです…)、私には大助かりです(笑)

世間から冷ややかな目で見られるようになった、黒塗り高級車(センチュリー・クラウン)を、無駄使い・権力の象徴と色眼鏡で見られ、公用車でもアルファードが多くなっていますね。

日本の首都、花の東京都の知事公用車も黒のアルファードです(^^ゞ
2016/10/16 22:17:03
うちはロイヤルラウンジありますけど
乗り降りはマイバッハより楽ですが

乗り心地は所詮アルファードですね
コメントへの返答
2016/10/16 22:42:04
こんばんは!

ロイヤルラウンジにお乗りとはビックリしました(^^)

マイバッハとは流石にランクが違いますね(^^ゞ

見た目は高級でも、本質的な乗り心地は、高級サルーンには肉薄ですね…

ミニバンが高級車のジャンルとして扱われるのは日本独自の文化みたいですね。

海外では、コミューター・ミニバスというジャンルで、文字通りの乗合自動車の扱いです。

香港や台湾、東南アジアの国々では、アルファードの逆輸入車が1千万程で現地で売られて、当地の富裕層に人気らしいです。

自動スライドドアからVIPが登場はやや滑稽とも言えますね(^^ゞ
2016/10/18 20:14:21
こんばんは。

セダンの下火は残念ですね。
走行性能を含めたトータルバランスを見た場合、やはりセダンが良いと思っていますが、乗せられるだけであれば、アル・ベルの方が良いのかもしれませんね。

GX81系、最高でしたね。
僕はクレスタのスーパールーセントG(S/C仕様)が欲しかったのですが、燃費が悪かったらしいですね。
友人は、81系マークⅡのグランデ、別の友人の家では81系チェイサーのアバンテに乗っていましたね。
あの頃が懐かしく思います。
コメントへの返答
2016/10/18 22:24:59
こんばんは!

セダン、一時期の勢いがなくなりましたよね。
好みはそれぞれですが、セダン好きにとってはさみしい限りです。

車の基本形ともいわれますが、いずれはミニバンがそれになるのでしょうか。

81系、いいですよね(^^)
バブル期にデビューしただけあり、内装も非常に豪華です。

特に個人的には、ワインレッドの内装が好きでした。
今考えると、派手に思いますが、当時はハイソカーの象徴で憧れました(笑)

売れるのは、マークⅡ・グランデ、クレスタ・スーパールーセント、チェイサー・アバンテでしたが、Gについていたデジパネが好きでした。

4ドアハードトップもなくなり、30年の間にずいぶんと変わりました。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
幼少のころから車が好きで現在に至ります。 車も人間と同じく“十人十色”、それぞれ良いところがあり、個性があります。 嫌いと思っている車はありません。 ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
打倒センチュリー? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/17 07:38:44
電磁ポンプ・・・これで、おしまい。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/23 13:30:40
ドライブ日和 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/08 07:46:06
お友達
センチュリーに興味ある方、メッセージ&コメントお気軽にください。
27 人のお友達がいます
阿部ンタドール阿部ンタドール W220・・・1W220・・・1
大総統大総統 ムラポンムラポン
瑞雲G50瑞雲G50 チャンピオン シロナチャンピオン シロナ
ファン
33 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ センチュリー トヨタ センチュリー
デビュー当時からいつか購入することを夢見ていました。昨今になって相場も下がり、程度の良い ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.