• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

零一式三十四型のブログ一覧

2017年10月21日 イイね!

ゴールドアイ

数ヶ月前


着けていた汎用のHIDが壊れてから

前が見えれば良いと

特に拘りも無くなり、電球に戻してる。

こだわり無いと言いながら、

思い切り電球のヘッドライトなのに

逆にコーナーランプが白色LEDが

ダサいので



元にもどした。














GT-Rやクーペとはヘッドライトの構造が違うというか…



たしか、純正のXENONヘッドライトは、後期型ではセダンはオプションで、GT-Rとクーペは標準だった気がする。

クーペならまだしも、さすがの天下のGT-Rにハロゲンライトが着いてるのは見たことないというか、あたりまえに設定が無いだろう。


このレベライザーすら着いてない、ハロゲンライトか34セダンではある意味熱いのだ。

ハイビームでこの黄金色の輝き❗




もう冬に乗らないので関係ないが、
HID時は着雪すると熱量がすくなく、雪で前が見えなくなり困り物だったが、電球熱で順次溶けるので大雪時は助かり物だ。









ドノーマルスカイラインになってしまった。

Posted at 2017/10/21 16:51:31 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年10月15日 イイね!

耐久試運転


錆はさておいて、

機械的破損が続き、

安心な走りを全く見せなかったスカイライン

今シーズンの修理代を換算すると

全く鼻血が止まらない。



やっとまともな状態になる。



今日は雨だったが昼から試運転を行った。

大山も行きたいが、今日はまともに走るかチェックするため、山陰の大動脈

ルート9をやさしく流した。

脇道を行ってみる。


晴れてたら良い眺めだろうに。

ここは出雲と石見の境目あたり。

壮大な眺めにしばらく癒やされていると

雨足が強まる。


9号に戻り


スカイラインの調子を見つつ西へ。


あ~、不安のないドライブは何時かたぶりだろうか。


試運転は不安もなく今までに無い調子の良さを発揮したが、ハイキャスが動くようになり、

何時もよりグニャグニャ感が増したような…

いや、路面の轍だろう。









仁摩から山陰道に乗らず、従来の9号を流す。

そして、福光から山陰道無料区間で帰路に。




それにしても、山陰道無料区間が出来てから、

天下の9号もスカスカだ。

我が愛路54号も松江道が出来てからスカスカだが、


本当に昔の賑わいは無く寂しい。


それでもちょっと前はトラックやバスがガンガン走り、ディーゼル排気の香りがプンプンしていたのに、今ではその香りも無く、少し爽やかな感じだ。


益田までの所要時間が明らかに早くなった気がする。

素晴らしい事だが、熱い70年代の風情が無くなってしまった。

32、3年前のだろうか、オヤジとカローラで益田へ向かう時など、大体5~6時間かかった記憶がある。

今は山陰道の乗り口が整備された、湯里の消防署の前の登り坂。

あの頃はたしか浜田方面に登坂車線なく、タイミングが合わないと一生懸命加速するがなかなか速度が上がらないナンバーが島根2(一桁)の低速の石○バスにブロックされた上、登り切るまで排ガス黒煙を浴び続けたものだ。懐かしい思い出だ。洗車仕立てのカローラが汚れオヤジの機嫌がカオス状態になったことを懐かしく思いだした。


オヤジももう70か…




懐かしすぎだ。



早いも良いが、たまには下道もどうでしょうか。




帰りに車幅灯の電球を購入。

HIDが壊れて電球に変えてから、スモールがLEDなのがある意味かっこ悪いため、敢えて電球に戻すことにした。





どんどん初期化してるな…
Posted at 2017/10/15 17:46:00 | コメント(3) | トラックバック(0)
2017年10月11日 イイね!

錆②

先週錆発見後にすぐスカイライン入院。



なんとか…





パワステとハイキャスのW故障が

ホントになんとかなりそうだ。

パワステについては、修理直前でリビルト品が完成し、現物修理で無くなった( ´∀`)

ハイキャスもイケた。





錆は

見た目はかなりOUTだが、
先生による確認で、錆も下からでは、致命傷ではないようだ。



入院前に、錆取り剤をこれでもかとかけ、錆を除去し綺麗にしてみたが、どうやらこの穴付近だけ溶接が薄かったみたいだ。

それ以外は、取り替え時に盛りに盛った溶接が効いていてやはり表面錆のようだ。


そして、みん友さんからの情報提供いただいた
デブコンなる金属補修剤を注文することにした。
そうしといて、固めて上からPOR15を塗装してカチカチ固めることにした。

帰ってきたら早速。


先週入院前に錆防御の対策を。






汎用の縁ゴム

安かった。



貼り付けて雨水の流れを前に。

3重で防御。


エンジンルームの治水工事。灌漑を。

コレで洪水が収まり…

まるでゲームの信長の野望の内政みたいだ。



錆が進行していない左側も施工。



取り敢えず、時間稼ぎ。








シーズンが終わってしまう。


Posted at 2017/10/11 18:54:25 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年09月28日 イイね!

執念と怨念と生き霊

執念と怨念と生き霊


今回のパワステとハイキャスの同時故障で、

ついに残す故障はエンジンとフロントパイプ、タービン、足回り以外一周した感がある。

寿命4年の鉄くず認定されてから、三年半。

蘇ってからまもなくその四年を過ぎようとしている。





今日ついに中古ハイキャス本体が届いた。

当たりか外れかはもうどうでもいい。

新品の四十分の一。

一万円で手に入れることができた。

中古パーツはありがたいの一言である。

あとは直すだけだ。


このハイキャス本体で、何回目の中古パーツだろうか。

手に入れてから約10年…消耗品以外で
新品で直したり変えた物

ラジエター
TCSスロットルアクセル本体
ハイキャスのロッド
M-ATxミッション現物修理
フロントアッパーマウント錆丸ごと修理
トランク下通風口錆穴貫通丸ごと修理×2
イグニッションコイル
アーシング
今回修理するパワステ

中古で直したり変えた物

後期のガンメタ純正ホイール
純正のサイドとリアのエアロ
純正ノーマルサスペンション
純正オプのビルシュタイン
純正オプのMOMOステ(ステージア用)
シフトノブ
ノーマルマフラー×3本
前に乗ってたNAの34の高級フロアマット
アルティアのフロントバンパー
前期用のバンパーレインフォース
そして、ハイキャス本体


いまのスカイラインには、

中には解体されてるだろう12台分の34スカイラインと1台のステージアの怨念と生き霊が取り憑いている。

だからある意味よく壊れるのだろうか。

天に召された車体があるからこそ、今維持が出来ていることを決して忘れてはならない。



執念で修理だ。















霊感とかありません。
Posted at 2017/09/28 22:27:24 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年09月22日 イイね!

HICASはHI CASH


天変地異の前兆か。


こんなに綺麗な虹はあまり見たことがない。


怖い。






今日は壊れたスカイラインを診断に出すため、
五時スパとした。

家に帰り、軽トラから乗り替え、

今日は始動と同時にボーナス告知。

ジャクラーであれば最高だが



この時精悍…イヤ、すでに後輪がおかしい。

先生にお預け。

まずは告知ランプのHICAS


改めて、一応4WSであることを思う。





診断機の結果、モーターがイケないらしい。


電子的か機械的か、動作確認を


「ウイーン…ガキッ」


ん❓


後両輪が左に切れたまま固まってしまう。


右↗

左↙
解ります?


結構曲がる
機械的に壊れていたみたいだ。

まさにお疲れさまだ。

結局切れが戻らなかった。






続いてパワステは…

アウト。ギアボックスがオイル漏れ。

ロッドのブーツ両方が下に弛んでる。タプタプしてる。

先生曰く、

この中に溜まってますね。と。

まずは、ギアボックスも故障確定だ⤴


最近、壊れてもあんましドキドキしなくなった。





慣れは怖い。

ちなみにパワステ修理の修理費はリビルトなどにより予想より遙かに安くホッとした。

HICASのについては…






まさに時限爆弾。
先生もビックリ鼻血ブー。

なんと恐ろしい。


とんだ宝物をつけて走ってたんだ…






早速ヤク○フへGoだ。



取り敢えず乗れるのでパワステについては発注し帰宅。


うーむ。

ゆっくり帰り道

直進でのハンドルに左のカウンターが常に当たってる。
ようは車体が斜めに。
左カーブはまったり、右カーブはカミソリだ。

鈍感な自分はいままで乗っててHICASのありがたさを感じた事は無かった。

今日までは(笑)





Posted at 2017/09/22 21:09:59 | コメント(2) | トラックバック(0)

プロフィール

「@くろぼんぼん様
この車は、一回両側をエンジン降ろして直して40万かかってるので大体良いところの値段ですね。
取り敢えず車を預けてきました(T-T)」
何シテル?   10/02 19:51
零一式三十四型です。既にこれまで酷使してきた愛車がどこまで行けるか、どこまで維持できるか、ストイックに追求していきます。よろしくお願いいたします??
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

大山ドライブ@夜ミーティング参加 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/28 20:57:06
いってきました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/05 22:21:30
怪奇現象 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/21 16:13:54

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 故障のデパート (日産 スカイライン)
ER34。素晴らしい車。カッコイイ車。青春時代憧れた車。思い出もたくさん。 それ故に故障 ...
スバル サンバー 藍い農道のポルシェ (スバル サンバー)
完全に衝動買い物件のTT2。 あまりにも貴重すぎて、農業には使えないわ、雪道走らせれない ...
スバル サンバー 農業or足車専用くん (スバル サンバー)
親父どのより払い下げ(タダ)。 今後は、通勤Or農業に使用。 親父どのの仕事車の代替え( ...
スバル サンバートラック 苗運び専用機壱号 (スバル サンバートラック)
爺さんちの納屋に10年近く放置プレイされていたのをサルベージ。 自分が中学生くらいまでは ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる