• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

yuzuhasの愛車 [スバル レヴォーグ]

CANバス解析

カテゴリ : 電装系 > その他 > その他
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度★★★
作業時間30分以内
作業日 : 2016年10月10日
1
CANバスの解析を行ってみました。
※2016/10/16 表を更新しました。

解析途中ですが、ざっと見て判明しているものを表にしてみました。この表は随時更新していきます。

また、ご覧の皆様が情報をお持ちであれば、お知らせ頂けるとありがたいですm(._.)m


お約束ですが、このCANコードが正しいという保証はありません(というか間違いが多々含まれています)、この情報を流用した結果何らかの損害が発生したとしても自己責任でお願いします。
2
CANバスアナライザーは、マイクロチップテクノロジー社の製品を使用しています。

PICで自作してもよかったのですが、めんどくさかったので・・・・('Д')
3
取りあえず、直近の目標はSRVDの車両検知時に警報音を鳴らすユニットを作ることです。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

フロントカメラ KENWOOD CMOS-320

難易度:

ごろ~んテール①(失敗)

難易度:

ドライブレコーダー装着

難易度:

ジュナックLEDトランスブレードネオの制御

難易度:

イーグルなアイ

難易度:

ラゲッジランプ 増設

難易度: ★★★

関連リンク

この記事へのコメント

2016/10/12 00:23:43
CAN の解析情報の公開、ありがとうございます!
私が自分で調べたところはほとんど網羅されています。すごい解析量です。
知らないことの方が多いです。

ざっと見て、SRVD 0x25C の1バイト目が「?」になっているので、私が調べた情報を公開します。
8ビット目:全体の奇数パリティです。
7ビット目:0 固定
6ビット目:SRVD のスイッチです。1...ON, 0...OFF
5ビット目:0 固定
4ビット目:不明です。
3〜1ビット:シーケンスNOです。パケット毎に0から7でカウントアップしています。

他のデータも、パリティとシーケンスNOがあるものが多いようです。
あとは全体のチェックサムが1バイトあることがあります。
ご参考にして下さい。
私もCANのデータをまとめたくなりました。
時間があったらまとめて公開します。
コメントへの返答
2016/10/14 01:27:15
にゃんカラさん、ありがとうございます!

なるほど、パリティですね。
CRCに重ねて、さらにエラー検出をしているとは・・・、考えから抜けていました。

シーケンス番号は、考えていたのですが、私の環境だと順番にインクリメントしないので ? となっていました。


0x25Cの1バイト目です。
(他のバイトはすべで0の場合です)
受信時刻 HEX BIN
1053.205 0x20 0010 0000
1053.265 0xA1 1010 0001
1054.101 0xA7 1010 0111
1054.400 0xA4 1010 0100
1054.643 0x20 0010 0000
1054.995 0x26 0010 0110
1055.234 0xA2 1010 0010
1056.428 0x26 0010 0110
1056.846 0x25 0010 0101
1057.144 0xA2 1010 0010
なぜなんでしょう?

10/14 追記
3〜1ビットの意味が分かりました。
60msec毎に1づつカウントアップしています。
3ビットしかないのですぐにオーバーフローしていましますが、その場合8の倍数+αになるので、パケット飛びの検知には使えそうです。
2017/01/08 14:49:35
CANの解析情報、とてもためになります。公開ありがとうございます。
私の解析は、とてもここまではできていませんが、表に無い部分をご報告します。

・ID 0x160,161,162,163,164 の発信元ユニットは EyeSight(ステレオカメラ)です。EyeSight のモジュールのみを CAN レシーバに繋ぐと、上記の5つの ID のデータのみがバス上に流れるので間違いありません。
・0x162 のバイト5は、チェックサムだと思います。
・ID 0x280(エアコンコントロールSW)のバイト1 の 5bit は、電熱線の ON/OFF だと思います。また、 bit 3-1 は私もファンの風量だと思います。
・ID 0x282 のバイト2 上位4ビット(7-4 bit)はタイムスタンプ(シーケンスNO)だと思います。
・ID 0x378 の発信元ユニットは MFD です。これも、MFD だけを CAN レシーバに(以下略)。また、バイト1 上位4ビット(7-4 bit)はタイムスタンプ(シーケンスNO)だと思います。
・0x7D6、0x7DE という ID が存在します。発信元は MFD です。MFD の設定をいじると CAN バスにパケットが流れます。ID 0x7D6 が設定読み込み時に、多分 ボディ統合ユニット(BIU)か何かと通信していると思います。BIU が保管している何かの設定を読み込んでいる(BIU に設定を送るようリクエストしている)のだと思います。同様に、ID 0x7DE は設定を書き込んでいる(BIU に設定の保存をリクエストしている)と思います。

今のところ、他には yuzuhasさまご存知の情報しか持っていません。
コメントへの返答
2017/01/11 15:59:01
にゃんカラさん、
情報ありがとうございます!!
さっそく、一覧表に反映させて頂きたいと思います!


ちなみに、私のCAN関係の目標は以下のような感じです。
・未解析のCANコードを解析する
 →エンジン関連が解析不足
 →異常系、問い合わせ系を解析する。
 →OBD2コマンドも併せて解析する。
・1.6と2.0のCANコードの違いを解析する。
 →2.0のみでMFDに表示されるブーストメータを1.6でも表示できるのでは無いか?
 →MFDの型番は1.6と2.0で同じなので違いはCANバス上のデータ?
 →データコンバータをバス上に乗せればブーストメータを表示できるのでは?
・CANデータでエアコンの動作を制御できるか検証する。
 →レガシィだとできるらしい。
 →最近製作した携帯電話からSMSでエンジンをかけられるエンジンスタータ(そのうち記事をアップします)でエアコンのON/OFFをしたい。
・ステアリング舵角を使用してステアリング連動フォグランプを製作する。
・ステアリング連動バックモニターのガイド線スーパーインポーズユニットを製作する。
・SRVDのアラーム音発生装置を作る
・車線中央維持中の「ハンドルを操作してください」をキャンセルできないか実験する。

暇を見つけてこつこつ進めていきます
(*^-^*)

プロフィール

コツコツDIYしていきます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

CAN通信を使って4.2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/21 18:49:29
HIPERMAX IV GT 取付け【その3】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/22 10:09:18
フォグランプのHID化 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/21 21:25:23

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
2014年8月レヴォーグデビュー(^O^)/ ・1.6GT-EyeSight ・スティー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.