• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ATR1394のブログ一覧

2017年11月20日 イイね!

やっと…やっと…やっと(×100回ぐらい)

はぁ〜〜〜。


長かった…。


かれこれ3年ぐらいか…。



突然の閉店。



再開までの道のり。



開店かと思いきや度重なる出来事に見舞われ、



延期されていた開店。



ファンは暖かく見守っていました。



そして…。



やっとこさ。




黒ごまソバ。




いやー。久し振りすぎて。



何も言えねぇ。(うまいとしか。)


再開したからまた食べに来たらいいんですけど、


しっかり味わって食べました。



コクは以前のまま。


なんだか「優しさ」がプラスされたような…。


復帰までの時点でまたパワーアップしているのでしょうか。


多くのファンがいるこのお店。


店主、ご家族の方が体調を崩され、


時間と曜日限定開店中のため場所は秘密です。


食べログの情報は絶賛閉店中。


しかし大阪で勘の良い人は是非。


あの店、


こっそり再開してます。



交通の便がすこぶる悪く、


住宅街にひっそりあるのは


大量に人が押し掛けないための、


良い方向に向かうことを祈っています。


あゆ。の気まぐれで頼んだ、




ちまき。


なんやねんこれ…





めちゃめちゃうまいやん…………。




豚肉…………ほどける。


脂身…………溶ける。


米…………味ようしゅんでる。


当たり前やけど、


食べたらなくなる…。



これ、何個でもイケるわ。


また来るわ。


次回は、



五目炒麺を…。



でも何食べてもうまい。


何度でも来るで〜〜。
Posted at 2017/11/23 19:18:03 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年11月17日 イイね!

新城ラリー(遅ればせながら)

まず。この記事めちゃめちゃ長いので、
飽きたら別の場所へどうぞ。


普通は1日目、2日目とか分けるんでしょうけど、
一気に書きたかったので…。(あとで自分で見て再編集の場合もあります)


初めて新城ラリーに行ってきた。
これまで、岐阜・久万高原・若狭
と行ってきたが、新城はもうレベルが違うというか、
さすが国内最大規模というものであった。
全日本ラリーとしてはこれは見ておかなければならないというものだ。
私は近畿圏なので、片道は4時間ぐらい。
今回数年ぶりにまともな連休を取り、3日間がっつり観戦することにした。
まずは愛知方面に向かい、
途中、コドラ・あゆ。が食べたことがないといっていたので、

ひつまぶしをいただく。

うなぎウマー。

しかし!

私は事前に説明していたが、
かけて食べる出汁が関西の出汁からすると、
・・・チガウ。これは地域の差か・・・。
うまいのは間違いないのだが・・・。
という共通認識をもとに道のりを続行。
名古屋市街から1時間ちょいで現地に到着。
初新城、自走で最長距離を更新です。
今まで最長は豊橋でした(すぐそこですけど)

到着時には初日のセレモニアルスタート。
でもちょっと遅れてしまったため、
序盤の選手はスタートを始めていた模様。

ただ、ほかのイベントと違いこちらはクラス上位は最後に出るスタート順なので、
遅れた私たちもJN6までちゃんと見ることができました。
コドラ・あゆ。は私と違って周囲に目を配ることができるので、
「あっ!」
と見つけたのは、

栗田さーん。
いつもテレビで見てます。再放送も見てます。録画しても見てます。
選手たちと談笑。
放送の時に出てくる小ネタはこういうところの情報収集が重要なんでしょうね~。
あゆ。はしきりに「かわいい!かわいい!」
と連呼しておりましたが、うーん。確かにかわいいな。。
つきなみだがテレビで見るよりかわいい。
ラリーは何度か行っているが栗田さんにはなかなか遭遇できないので、
ここぞとばかり写真をお願い。
横にいた勝田選手も栗田さんが「一緒にとりましょうよ~。」と巻き込んで。


栗田さんにお願いされて断る選手がいるだろうか…。いや、いない。
いやー、普段テレビで見る人が目の前にいるって奇妙な感じで面白いなぁ。
と思っていたが、
まだまだこれで始まったばかり。
栗田さんで「おぉ~一緒に写真撮っちゃったよ。」
と喜んでいた私とあゆ。次に見つけたのが、
「あれって市川さんちゃう?」
セレモニアルゲートの向かい。え・・・市川さんて誰やっけ・・・。
「JスポーツでWRC現地の、GAZOOのインタービューの!」
あぁ~~!(よくそんなん気づくなぁ・・・)
あの栗田さんから鋭すぎるツッコミでいつもタジタジのあの人か(笑)
WRC生放送中に、現地のTOYOTA GAZOO RACINGとして、
インタビューに答えてくれる市川さん。
栗田さんは本能で来年の体制とか市販車新モデルとか普通に聞いてしまうので、
番組中横にいる国沢さんは、
「そんなこと”中の人”がテレビで答えれるわけないじゃないの。」って顔するのですが、
その顔をみて栗田さんが、
「ひー、またやっちった。」っていう表情がいつものくだりです。
確かに…。画像検索するとGAZOOの市川さんです。

あれよあれよという間にJN6クラスまでセレモニアルスタートは終了。
あゆ。は恒例のゲートで撮影。

みんなくす子さんのほう撮ってますけどね。邪魔してすんませんね。
晩御飯はどこかなーっと。
事前に調べていた数件からセレクト。

地元の食堂っぽいところ。ていうか食堂って書いてますけど。


私は鶏のタルタル。

あゆ。は鶏マスタードカツを頼んだのだが、
お互いかなりうまかった。

しかし、我々を一番悩ませたのは、



ドレッシングであった。


かつおクリーミー
つぶつぶコーン。
お・・・なんだこれやたらドレッシングうまいな。
うーむ。かつおがよいのでは・・・。
いやしかしコーンもうまし・・・。
やっぱかつおかな・・・。
コーンも捨てがたい…

山盛りあるサラダが最初にどんどん減る異例の事態。
メインも衣がサクサクで味がしっかりしていてうまい。
タルタルはご家庭の味。
会計の際に私に対し
「女性かと思ってました。」
とお店のおばちゃんに言われつつ、
お腹満タンであとにしました。

翌2日目3日目はSSとメーカーブースが主なイベントでまとめてみます。
今回はコドラ・あゆ。の提案により、
スバルオーナーのオフ会に参加することになっていて、
2日目は8時にsubaruのオフ会が現地集合だったため、
朝6時に起きダッシュで現地へ向かうも、時間通りにはつかず。
しかし、ゆる~いオフ会に救われ、
とくに遅れてもだいじょうぶということでひと安心。
まず、

他のイベントと規模が比べ物にならない。

ほかのイベントでは特設駐車場からの移動がマイクロバスだが、
新城は完全な大型バスで移動。
エアサス、プラグドアのいわゆる「大型観光バス」だ。DENSOとか三菱って書いてました。
関係各所ご協力ありがとうございます。
台数も半端無い。常時駐車場に3〜4台待機していて、
いつ大量に押し寄せても乗り込めるようになっている。
駐車場に警備員の数も多く確実に誘導ができるようコントロールされている。
早速バスに乗り込み10分ほどゆったり揺られながら会場に到着。

会場入り口にはオフ会の青くデカール満載の車が勢揃い。
WRXはもちろん、

ステラはニュル仕様。


ヴィヴィオはソルベルグ。

まじまじと眺めている暇はありません。
(私のはガンメタなんですんません…)
オフ会の方に挨拶を済ませたあと、階段を登り会場へ。
そういえば、あゆ。が以前から欲しがっていた、
スバルベアドッグのグッズを、今回ようやく手に入れることができました。

旗とステッカー。スバコミのキャラクターなので、
スバコミが関連してる(か配布してくれる)イベントでしか手に入らないみたいです。

公園の入り口は階段がだいたい50段以上あるっぽいが、
すでに会場の階段を登っている時点で元気の良いエンジン音が聞こえてくる。
到着したときはデモランが行われていて、
・全日本カート
・VitzGRMNプロトタイプ
・モンスター田嶋新型スイフト
・ミラージュダートトライアル仕様(ミラージュに見えない)
・ランエボダートトライアル仕様
などが順番に走っていて到着時にはカートが走り始めたところだった。
デモランは2日間にわたり同乗走行の抽選があって、
会場で売ってるタオル(千円)を購入することで1日分の抽選券がもらえる。
私とコドラはもちろん1日ぶん購入したが外れたんですけどね(笑)
でも同乗走行も一度に4人ずつの単位で数回行われるので、
これだけの人数乗れるのも稀だと思います。
とにかくミラージュがすさまじい爆音で、

加減速時常にバンバン鳴って楽しかった。
ほぼ車体の全長と同じコース幅でスピンターンしていたようで(見えなかったけど)
惜しみ無くパフォーマンスを披露していた。
もうこの時点でほかのイベントと違うんだが、まだまだ序の口。
会場に足を踏み入れると、ブースの多さに驚く。
公園全体がまさにお祭り。

出店やら企業ブースやらそこらじゅうにある。
お米も丼も魚もピザも焼きそばも肉もかき氷からたい焼きにタコス、
食べるものには困らない。
お子様もカートで楽しめるようなものもある。


TOYOTA本気やな・・・。

さすがはお膝元。
新しく立ち上げたGRブランドをアピっています。
やはり注目はVitsGRMNと86。

1日ではまわれず日をまたいでブースを見て回ります。
TOYOTAブースには歴代のラリーカーが展示。
個人的に好きなのはST205。

ST185はボロボロです。歴戦の傷も迫力がありますね。

去年はWECのマシンを持ってきてたらしいので、
TS050・030なんかも見たかったなと(笑)
意外だったのが、WRCのゼロカーを務めたMIRAI。国沢さん仕様。

これ、ナンバーが「9238 クニサワ」になってるんですよねぇ。
(あゆ。に言われて気づいた)

WRCで活躍を見せているTOYOTA。
ここ最近大きなラリーイベントにはヤリスWRCレプリカを持ってきています。
今回はパネルで各選手も飾ってました。

ユホ・ハンニネンはいなくなっちゃうんですけどねぇ…。
来年はオット・タナックになっているはず。

そのうちリアルに持ってきてくれんかな・・・、車も選手も。


でもよくよく考えると、
これを前に久万高原まで持ってきたというとかなり大変である。
時間に余裕があると余裕ぶっこいてると、
「あれ?SSはじまるやん。」
とダッシュしなければならないのがラリー観戦の常。
早速観戦一回目のSSがスタート。

目の前を各選手が通過していきます。
すでにいい場所はみなさん取っているので、やや後方から観戦。
やっぱり生で聞く音は良いっすな。
コース幅が狭いのがもうちょっとなんとかなればなぁと少し思います。
(さすがにそのために道幅を改修は無理だわな…。)
ただ、あとで気づいたのですが、驚いたのがSS途中のコーナー。
これ、SSのために公園を舗装しています。

もとは石畳なんでしょうが…。



サービスの新井チームのお兄さんとは顔見知りになってしまいました(笑)
本日のお買い得グッズを教えてもらい、確かにお買い得なんですけど、
ちょっと値が張ったので今回は買えません・・・。
今回2日3日目でいろんな人にあったのですが、
サービスにドライバーがいるのは普通です。
でもトイレにいくと普通にドライバーやコドラも来るわけで、
別に何がどうってわけではないですが、
プロドライバーがトイレで横にいるって距離近すぎて笑えます。
ラリー観戦に行くと選手がいるのは当たり前です。
新城は画面のなかだけで見ていた人たちがそこかしこにいて油断できません。
初日の栗田さんをはじめ、
外を歩いてても気を抜くといろんな人がそのへんを普通に歩いているので、
全く気づかずに通りすぎてしまいます。
そしてそういうところに気づいてくれるのがあゆ。です。
「あっマリオさん!」

youtubeでいつも見てますよ~。
動画で公言している通り、
「会う人が多すぎて覚えられないので誰でも”お久しぶりです。”って言うようにしてるんですよ。」
とその通り、あゆ。が、
「あ!マリオさ~ん!」と呼び掛けると、
本当に「お久しぶりです。」と言われました(笑)
もちろん初対面ですがww
あとでTwitter見てみたら私たちが諦めた上着を購入したのはマリオさんでした(笑)

それにデモ走行でVItzGRMNを爆走させた勝田貴元選手。


そして3日目には新井大輝(ひろき)選手。(2日目に見当たらなかったので来ないかと思っていた)

あゆ。は以前サービスで例のお兄さんから買ったTシャツに、
「スバルだよを偲ぶ会」で新井敏弘選手にサインをもらいましたが、
なんと今回並んで息子さんの大輝(ひろき)選手にサインをもらってました。
あゆ。「痩せましたよね!」
大輝選手「そうなんですよ~。だいぶ絞りました。」
あゆ。「顔のあたりとかシュッとしましたよね~。」
大輝選手「そうですか?ははは~。」
・・・普通に喋ってるんだが。
普段勝田貴元選手と海外にいるお二方のため、
新井親子にサインをもらえることは今後難しいはず。

私が見てもこれはかなり貴重なシャツだと思います。
これからあゆ。のラリー熱はまた上がりそうです。

ほかにも気づかなかった人にGTドライバーがいたらしいです・・・。

ちょうどVitzGRMNのシートに座ってシフトの感触を確かめていたときに、



遠くのアナウンスで「モリゾーさん」というのが耳に入り、
思わずドアも閉めずにダッシュしてしまいました。
あゆ。は聞こえていなかったらしく、
「ドア開けっぱなしやで~。どうしたん~。」と追いかけてきました。
いや、これは急がねば。
その結果こちら。


今回の目的のひとつ、モリゾー(豊田章男社長)さんの写真を撮ること。
世界的企業の社長がハリウッド俳優並みに揉みくちゃ。
歩く道のりが人だかりです。
しかし、むしろフレンドリーに写真撮影に応じたり、
社長でありブランドイメージの先頭に立っている感があります。

そして。

モリゾーさんを追いかけていたときに、
「あ!!」
市川さん発見。
あゆ。「すいませ~ん!」
市川さん「あぁ、(豊田社長なら)あっちですよ。」(手であっちですよと示す)
あゆ。「市川さんですよね!」
市川さん「えっ?そ、そうですけど。」
あゆ。「写真撮ってください。」
市川さん「え?(どういうこと?)」


そしてこの表情。
たぶん市川さん一緒に写真撮影のリクエスト受けたことないのでは(笑)
「WRC見てます!」言ったところで、
「あぁ~。(そういうことか。)」と和らいだ表情をされました。
「がんばってください!」と応援のひとことを伝えました。
そりゃ普通に考えれば会社員ですから「なんで?」てなりますよね。
今回の出会った人たちのうちでお気に入りショットです。(笑)

テレビで見る人と言えば、
竹岡圭さん。
「愛車遍歴」でおなじみ。
圭RallyProject として参戦されています。
サービスに戻ってきてさすがは有名人。人だかりになります。

老若男女問わず人気。でもどっちかというと
おっちゃんが多い。
本来サービスに戻れば一休みして何か飲んだり食べたりするんですが、

なんとサインをお願いする人だかりに答え写真撮影にサイン会のように…。
スタッフの方が台まで用意して。

休まなくていいんすか…。(っていいながらしっかりサインもらいましたけど)
その姿勢に、
「自動車ジャーナリストとして身をもって車の魅力を伝える」
という使命のようなものを感じました。
新城に行って思ったのは、

すべての人々が一丸となってラリー(車)の魅力を伝えるイベントである。


ということ。
ラリーのイベントは数々あれど、
やはり連携がうまくいっていないものや、
告知がキワキワだったり、現地でもわからない情報などが、
イベントによっては存在する。
しかし、新城は違う。
すべての組織が完璧に連携し、

来る人たちを楽しませようと待っている。

そんなイベントだった。
これは理想形かもしれないけど、
すべてのイベントがこれを目指していけば、
来場する人たちに伝わると思う。
そしてきっと、

「おもしろかったなー。また来よう。」

と思うはずだ。
そんな輪が広まればいいな。
と思ったりしたのだった。


Posted at 2017/11/17 15:59:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | ラリー | クルマ
2017年11月09日 イイね!

もも

PV見てみると、

みなさん


momo M3 が気になるようですねぇ。

私もだいぶ気になってたので、
同じようにみなさん気になるんでしょう。
リアルなレビューはまだ数少ないですよね。
私も買う前に探しまくったんですけど、
記事としてはそんなに見つかりませんでした。
NS2からするとレビュー記事は圧倒的に少ないと思います。

個人的には良いタイヤだと思います。
といっても私のタイヤ遍歴??は以下の通りで、
さほど良いタイヤを履いたことはありません。NEOVAぐらいです。

AZ-1では、
ZIEX
NEOVA AD07
あと忘れた。

XANTIAでは、
ENERGY SAVER(買ったときついてた)
TEO Plus(2回リピート)
TEOは軽くてそこそこ減りが早かった気がする
(あと乗った距離が4~5年ちょいで12万キロぐらい乗ったからか。)

WRX STIでは
BRIDGESTONE POTENZA RE11A(買ったときついてた)
POTENZA RE050A(タダでもらって一瞬だけ)
PIRELLI CINTURATO P1

そして現在の momo M3です。
WRXでは今までほとんどP1でした。
本格的なスポーツタイヤとしてはAD07、RE11Aぐらいしか体感したことはありません。
でもNEOVAの感覚はけっこうな衝撃で、

タイヤか地面に両面テープついてるんちゃうか。


と思うグリップ感は猛烈に印象に残ってます。
さすがにそれぐらいの感覚は今の車でタイヤ高すぎるのでもう買わないと思いますが、
M3もちょっぴりそんな感覚を思い出すタイヤではあります。
もちろん値段相応かもしれませんが、けっこう好きなフィーリングです。
NEOVAの路面にへばりつくねっとり感が32%ぐらい味わえます(笑)
RE11Aは購入時についてて、ゴムが硬くなってたかもしれない。
熱が入れば変わるかもしれないけど、
けっこうガチっとした、とりあえず硬い感覚でした。
純正ホイールと相まってとにかく硬い、重いとしか印象が残ってません。
酷道を走ることもある私としては適度にショックも吸収してほしいところ。あとドライ路面だけ強いのも困ります。

たぶんM3のターゲット自体がそうだと思いますが、

スポーツセダン、スポーツクーペなど、
スポーツなんとかという車に履かせるのが良い感じです。スポーツハッチとか。
本格スポーツカー自体には向かないかも。

サーキットなどには行かないが、
たまーにペース上げて走ったりする、
しかし乗り心地はある程度キープしたい。

そんな感じです。
空気圧高めでも跳ねないので、
足回りのセッティングが素直に出て良いと思います。
P1は空気圧上げても下げてもブレーキングで停止時などに「ぐにょんぐにょん」となっていたので、
それがないのは良いです。

Posted at 2017/11/09 22:10:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月28日 イイね!

規定と規則

スバルの無資格者検査問題の対象車は約25.5万台でトヨタ86も含まれる(WEB CARTOP) - 【自動車業界ニュース】 - carview! - 自動車 https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20171028-10275789-carview/

「スバルで30年脈々と受け継がれてきた」
と聞くとすげぇ伝統格式あるように思えるのはなぜでしょう(笑)
普段受けてるお役所仕事よりよほどお任せできるwww
陸運局の検査官もさじ加減もあるしねぇ。
まぁそれはメカニズムの完成度の高さからくるユーザーの熱のほうが、
ネガティブイメージを上回ってしまうからだと思いますが。
そりゃ決まりは守らないといけませんが、
車がちゃんと造られていて楽しけりゃ、あとでしっかりやってくれればそれで良いです。

そんなことより世の中追求することたくさんあると思うんですけどね。
ナントカ学園の話とか、
議員の暴言とか。
市場の移転の責任とか。
Posted at 2017/10/28 09:57:04 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年10月09日 イイね!

ニスモeパワーノートパワーeニスモノートパワー

ニスモeパワーノートパワーeニスモノートパワー正直こんなにいいと思わなかった。正直今までの国産ハイブリッドに毛が生えた程度ぐらいと見積もっていたがとんでもなかった。重量も1250kgと、ハイブリッドなら1500付近またはそれ以上のところがこれは「フツーの車」の重量。EVが世に出たときから、「パワーあるんだから出し惜しみせずそのまま出せばいいのに。」と思っていたそれがこれです。テスラの容赦ないパワーを指をくわえて見ていたものが(乗ったことないですが動画等で十分伝わるので)、何歩か身近になりました。一応エアロとカラーリングでちょい派手さはありますが、使い勝手は良いし、これは新世代のホットハッチと言って良いのではないでしょうか。
Posted at 2017/10/10 02:08:37 | コメント(0) | 試乗 | クルマレビュー

プロフィール

「新城ラリー(遅ればせながら) http://cvw.jp/b/2303226/40723973/
何シテル?   11/17 15:59
ATR1394です。アトリと読みます。ノーマル重視です。パワーのあるツアラー目指してます。走り屋ではなく、どこを走ってもストレスのないドライビングができる車が目...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

緊急参戦 世界の新井選手! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/29 12:57:51
導電性アルミテープでリアバンパーの静電気除去を行いました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/28 07:08:05
フェラーリ F355 チャレンジ  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/09 22:02:55

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
GRB Aです。でもパーツはごちゃ混ぜです。 前のXantiaの修理が破滅的になってき ...
シトロエン エグザンティア シトロエン エグザンティア
憧れのハイドロシトロエン、でした。 最初に乗って自宅に帰ったことは今でも覚えています。 ...
マツダ AZ-1 ミニカー (マツダ AZ-1)
人生最初の自分の車。 中学あたりで見かけた記憶から、 「あれなんやっけ?」 となり、絶版 ...
スバル プレオ スバル プレオ
xanに乗ってたときにMTに乗りたくなり、 オヤジがファミリーカー買い換えるというので ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる