車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月20日 イイね!
白いスバル・フォレスターの男本当は3月に書こうと思ったんだけど、
なんか3,4月はBlogを書く気になれず、
みんカラも全く見ず・・・





なので今更『騎士団長殺し』に付いてくどくど書くのもあれなんで、
一言だけ感想書くと、僕的にはイマイチ。

で、本作で主人公の私に、言いようのない不気味さと邪悪な思念をもたらす、
黒のYONEXのゴルフキャップを被り、黒い革のジャンパーを着た
「白いスバル・フォレスターの男」。

岩手との県境にある宮城県の海岸沿いの小さな町のファミレス駐車場に
停められた、リアバンパーにカジキマグロのステッカーが貼られた
白のスバル・フォレスターに乗る男。

中年で長身で痩せているが日焼けしていて、髪は白髪交じりの短髪の男。

そのファミレスで2回しか会ったことのない男のポートレートを、その後
描くことになる主人公の私(その後も私は何回か彼を見かけることになる)。

最初に会った時の記述を、そのまま原文転記

駐車場には白いSUVが新たに加わっていた。ずんぐりとした背の高い車だ。
頑丈そうなタイヤがついている。さっき入ってきた男が運転してきた車らしかった。
頭から前向きに駐車している。荷室ドアにつけられた予備のタイヤ・ケースには
「SUBARU FORESTER」というロゴが入っていた。


フォレスターに背面タイヤケース?!
ううん、フォレスターにそんなモデルあったけ・・・
(※物語の時代設定は、2006~2007年頃と推察される)

初期の頃ならいざ知らず、イタリアで免許を取ってからは、
「意味のないシフトチェンジ」をする程のクルマ好きの先生が、
まさかそんなケアレスミスをするとは・・・
(新潮社の校閲ちゃんとせえよ)

はっ、もしやこれは「ラジエーターがついたワーゲン」の再来を狙った、
春樹先生一流の洒落なのかな?

って、また揚げ足を取るのはお止めなせ~い(おめえじゃ)!

先生も『村上朝日堂の逆襲』で書かれてるように、
これはフィクションの世界ですから。

小説の世界、ましてや二重メタファーの世界に於いては、
フォレスターには背面タイヤ・ケースが付いとんのじゃあ!!!

それよりも、ラストで登場する「白いスバル・フォレスターの男」や
室(ムロ)の存在は、やっぱり第三部を期待しちゃいますよね。
(東日本大震災については触りだけで、結局何にも書いてないし)

※こう見えて、ハルキストです。

ローストビーフサンドより、
100円マックのバーガーが大好きですが。
Posted at 2017/05/20 20:25:45 | トラックバック(0) | book | 日記
2017年05月19日 イイね!
CIVIC Proto Type本日からガーデンズでCIVICの
プロトタイプが展示中とのことで、
会社帰りに行ってきました。





ハッチバック


センター2本出しやね


セダン


元EF(25X)オーナーとしての素直な感想は、
でかい

価格も250万Overとの噂なので、車格的にはアコードの感覚やな。
Golfと値段的にあまり変わらなければ、セールス的にはちょと厳しいよね。


僕らの年代でCIVICと言えば、やっぱりワンダー、グランド、スポーツ。

前回のBlogでアラン・ドロンのこと書いたけど、CIVICもドロン繋がりあるんよ。
何と僕の乗っていたEFシビックのCMソングは、『冒険者たち』の「Laetitia」
Big Heart

ワンダーのルイ・アームストロング「What a Wonderful World」も、
スポーツの南佳孝「スローなブギにしてくれ」も凄い好き。

あの頃のホンダのCMは本当にバタ臭くて、カッコ良かったな。

大学卒業前に買ったEFシビックだが、早々に飽きて1年半でEF-8の
CR-X SiRに乗り換えたので、実はあまり記憶に残っていないのだけど、
唯一覚えてるのが、納車されたのが丁度新入社員研修の時期で、
暫く実家を離れてる間に親父が乗り回し、俺がまだハンドルすら握っとらんのに、
早々にバンパーを擦ってしまったこと。自宅帰ってビックリしたわ!

そんな親父も数年前に亡くなり。。。ああ、なんかしんみりしてもうた。

さて、ガーデンズと言えば、かつての阪急ブレーブスの本拠地であった
西宮球場の跡地。

ガーデンズ館内にも、80年代当時を模したこんなヂオラマが展示してあります。


村上春樹原作の映画『風の歌を聴け』にも、まさにサブマリン山田が
エースだった当時の西宮球場が出てきますよ。

てな訳で、次回は久々の春樹ネタ。
Posted at 2017/05/19 21:06:55 | トラックバック(0) | クルマ関連 | クルマ
2017年05月11日 イイね!
Capella, c'est mon plaisir.アラン・ドロン引退ですか~

昭和40年男にとって、
ハンサムの代名詞といえばドロン。

ニーノ・ロータの曲が印象的な
『太陽がいっぱい』も大好きですが、
ジャン・ギャバンと共演した
『地下室のメロディー』も捨てがたい。




しかし、車好きならやはりこのCMでしょう。


個人的にはポール・ニューマンを起用した
スカイラインの方が好きだったのは内緒。

長い間お疲れさまでした。
Posted at 2017/05/11 21:00:49 | トラックバック(0) | cinema | 音楽/映画/テレビ
2017年02月07日 イイね!
ディスカバーひょうご第三弾は、ベタに淡路島。

淡路島に行くのなんて、最初に大阪に赴任して以来だから15,6年振りだろうか。

当時は徳島や洲本の顧客も担当していたので、2,3か月に一回は営業車に乗って出張に行き、とにかく明石海峡大橋を渡るのに通行料金の高いイメージしかなかったのが、今では垂水~淡路間はETC割引で片道900円ですから、阪神高速より何気に安い。

本当はもう少し暖かくなってから行こうと思ってたけど、ネットをググってみると、ちょうど水仙が見頃のシーズンみたいなので、天気も良かったし土曜日に思い切って行ってみることに。

垂水までは節約してR43号、2号を利用して、往路は淡路鳴門自動車道の西淡三原ICで降りました。

最初の目的地は日本水仙が咲き誇る「灘黒岩水仙郷」へ。


ピークを若干過ぎてたようで所々花もしおれてましたが、丘の上から臨む海の景観も綺麗で、来て良かったと思います。

その後はR76を北上して、洲本城を観光。


こちらも天守跡からの景色が最高ですね。


洲本城を後にした頃、ちょうどお昼時だったので、「淡路ごちそう館 御食国」で
名物の牛丼を食べることに。いつも行くS屋やM屋とは異なる次元のお味。


それから次の目的地である、 「伊弉諾神宮」へ。
道中に「たこせんべいの里」があったが、そちらはパス。


伊弉諾神宮に祀られている夫婦大楠に参拝したかったのです。


個人的な問題で、ここ数ケ月は妻にも大分嫌な想いをさせてしまったので、
懺悔の意味と夫婦円満を祈願するべく伺ってきました。

その後、今年の1月17日の読TV「す・またん!」で紹介されてて、こちらも赴きたかった「北淡震災記念公園」にある野島断層保存館へ。


震災の時は愛知県に住んでいましたが、ちょうど震災の模様を伝えるニュースを、当時付き合っていた妻と一緒に見入っていた記憶があります。

2000年初頭に家族と西宮に移り住んだ時も、震災の爪痕をほのかに感じる面もあったのですが、時間の経過とともにある意味風化して行くのは避けられないかもしれないし、震災の被災者でない者が偉そうなことは書けませんが、此処にはどうしても来て、見てみたいと思いました。


それからR31を「江崎灯台」、「道の駅あわじ」と立ち寄り(道の駅は水道管破裂で臨時休業中でしたけど・・)、一旦東浦まで足を延ばして、東浦ICから淡路SA経由で垂水までの帰路につきました。


天気にも恵まれて、ほんと来て良かったと思います。


(追伸)なんか忘れてるなぁ~と思ったら、淡路島バーガー食ってねえ!
でも大丈夫。西宮にとっても旨い淡路島バーガー屋があるんよね。

Posted at 2017/02/07 22:01:18 | voyage | 日記
2016年11月23日 イイね!
武庫川渓谷ハイキングディスカバーひょうご第二弾

生憎のCloudyな天気で肌寒かった本日だが、
以前より所望していた旧福知山線廃線跡を初訪。

本当は新緑の季節に行きたかったけど、
年々増加するハイカーに遂に西宮市が英断し、
安全対策工事のため5/16~11/14まで、
西宮ルートは完全閉鎖だったんよ。



今でもJR西の立場は、「自己責任でお願いします」です。

阪急今津線に乗って宝塚経由で、先ずはJR生瀬駅から176をてくてく歩いて、
行程4.7kmのハイキングコースを出発します。




実はその前の日曜日に、某市のマラソン大会で10kmを全力疾走した後だったので、
足のコンディションを心配してたけど、週末練習の賜物か、すこぶる快調だったw。

枕木が廃線跡を物語ってるがね。トンネルも多くて、懐中電灯は必須よね。




三つ目だったかな、トンネルを抜けると鉄橋が現れますが、超いい感じ。




紅葉の方は残念ながら落葉時期なのかあまり堪能できなかったけど、
武田尾寄りには部分的にまだなんとか残ってたがや。




武田尾に着いて、そのまま帰るのも何だったので、武田尾温泉の日帰り入浴で
軽く汗を流してきたけど、時間も早かったので、ほぼほぼ湯船独占状態。


今度は新緑シーズンに、逆ルートで行ってみようかな。

その後は武田尾駅から梅田に行って、新梅田の「醸」で味噌ラーメン食って、
シネリーブルでヴェンダース監督の最新作を観て帰ってきたw。

いやあ、久々にリフレッシュ出来た一日。


紅葉で思い出したけど、今度の土日に武庫川女子大学甲子園会館の
ライトアップがあるでね。

今年は浜省LIVE TOUR参戦のため名古屋に帰ってるので、残念ながら観に行けず。

結構お勧めなので、お近くの方はZEHI!

※画像は2015年の

Posted at 2016/11/23 21:20:03 | voyage | 日記
プロフィール
3ペダルMT偏愛のアラフィフです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ デミオ マツダ デミオ
単身赴任を機に、車重1t未満のMT車という選択でDEデミオに辿りつきました。 今や稀有な ...
フォルクスワーゲン ポロ ヨメ参号機 (フォルクスワーゲン ポロ)
Bセグメントのベンチマーク。 ゴルフⅢ以来19年振りのVWです
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.