• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くまなびのブログ一覧

2017年12月11日 イイね!

ダムカレーパンは 温めて食べると より美味しいです。

ダムカレーパンは 温めて食べると より美味しいです。先日 「ふるさと納税」限度額で
自分は勘違いをしていたことが、同僚との会話で発覚

急きょ 追加の返礼品を探してみるも
「欲しい品が何ひとつない!」

「エンジンオイル」とか「タイヤ」とか「バッテリー」とか
ぜひ採用して欲しいなぁ・・・



まあ なんとか一品みつけましたが
これじゃ来年が思いやられます。。。

と、深夜遅くまで検索していたので、3時間睡眠での出発です!


写真は多めの59枚です。


↑まずは国道17号を北上します。早朝の赤城山は美しいね。


↑急いで来たのは「伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館」です。

なぜならココは9:00までの入館、かつ合言葉(HP参照)を伝えると、入場料が半額なのです。


↑綺麗に整然とお人形さんが並んでいますね。


↑お気に入りの「リラックマー!」 と思ったら、コレは商品ですか? 肉球デザインが気に入りました。


↑この2枚のTシャツは 私のハートにズキュンと来ましたよ。(*^^)v


↑昭和に思いを馳せられる人は、この博物館はド・ストライクです(^^♪




↑懐かしい電池だなー と思っていたら


↑ん? ひろみGO 様?


↑とおもったら、キター




↑いやもうね、一つひとつ ジャケットを なめまわすように 見てしまいました。(^^♪


↑この後 YouTube で実際の曲を検索してしまい、暫し悦に浸ってしまいまして




↑うおっ、ポケベルだ! その後 時代はPHSに移行してしまいましたが
  自分はポケベルには 多くの思い出がありまして。


↑あの当時は この金額でも負担が大きかった記憶が。








↑そんな高度経済成長期の車を見た後に現れたのが!


↑おとうふ屋さん!

コレは実在した店舗 「藤野屋 豆腐店」がモデルでして

実写版映画を撮影した際に、制作会社が店舗の外観を改装した後も
店主が好意で その状態を保ち営業を続けていたそうです。

10年位前に区間整理とともに店舗は解体され、その後 看板がこの博物館に譲渡されたそうです。




↑しっかりと「紙コップ」はありました。(^^♪


↑これはライバル(名前を忘却)のFD3Sだねー (作者:しげの氏の愛車だったらしい)。


↑次に登場したのは名車2000GT
  あらためて実物を目前にすると、今の自分には曲線美が強すぎるかなー




↑尻フェチの自分には(エッ!?)Rフェンダー下部の丸みが特にね…


↑一方ハコスカGTR!




↑車高を落として太いマフラーとデカ羽根を装着したら、尻フェチも大満足です。


↑シメの尻はケンメリGTR!

いやー、この博物館は良かった。 足早に見学したつもりが 全行程に60分を要してしまいました。


ここまでで写真 31枚/全59枚です。


さて次の目的地への移動には

Ninja1000では決して通らないであろう …


北榛名山林道を走ります。


↑この路面状況 ― 積雪・凍結は一切なし ― と九十九折(つづらおれ)具合に


↑進むほどに狭路が激しさを増します。


↑ほんの一瞬 景観が開ける所もあるのですが、あえて選択するルートではありませんな。


↑そしてたどり着いた 次の目的地は


八ッ場(やんば)ダムです!


↑それも高台から 建設現場を一望できるのですよ。


やんば見放台の特等席からは


↑おおー(^^♪ 現在建設中で最大級のダムですからね。


↑併設されている、コンクリート工場です。


↑ダム上流側です。 完成予定は平成30年10月01日らしいです。


↑お仕事ご苦労さまー


↑シグナスを探せ

ダムを後にし、向かった第三の目的地は


道の駅 八ッ場ふるさと館です。 ここの売店には、今話題の…


↑二個購入して翌日食べましたが、感想は「次回は10個まとめ買いをします!」


さあここで少し 秘密の絶景成分を投入です。


↑やって来たのは ぐんま天文台です。


ここは秘密の絶景スポットでして、今回限りの限定公開ですー



↑そんなことを考えていたら、見えてキター


↑この天文台前の広場には、星座をモチーフにしたオブジェがあるのですが


↑その背景には冠雪の絶景大パノラマが!






↑この景観はヤバイですよ。


天文台は高台にあり、かつ一部の家族が社会科見学に訪れる位で閑散としていますから
くまなび的「究極の絶景スポット」のひとつなのです。


そして本日 初めてとなる食事で訪れたのが



↑ちょっ、並んでいるよ・・・


↑もつ煮定食¥590です。

安心の激ウマもつ煮ですが、ご飯の量! 私の3日分位ですって。
あまりの満腹度に、夕飯はサラダのみでした。


この時点で14:00

日没前に帰宅するか(80km位)
ひと風呂浴びるか


↑と考えることはあまりなく(笑)、道の駅「ふじみ」に併設される温泉に来ました。


↑本当なら写真のごとく、目前に前橋 市街地が広がるのですが
  14:30 位だと、モロに西日直射日光でしたー

でもね露天の湯加減がジャスト自分好み(42-43℃)
¥510 と、スーパー銭湯よりもお得でした。


↑今日は久しぶりに充実した、至福の旅でした。

なんか影が「万歳」に見えて、今回の旅を祝福してくれている かのごとくでした。


この後 大きな試練で消し去られるのは分かっているのですが
そんな嵐の前の至福な一日でした!



↑おまたせー。今日一日ご苦労様。明日はメンテ&清掃をしてあげるからね。


日時: 2017/12/09
距離: 286.6km
燃費: 33.21km
費用: ¥2,000 + ¥1,165(ガソリン代)

2017年11月22日 イイね!

茨城 花貫渓谷 紅葉ツーリング

茨城 花貫渓谷 紅葉ツーリング3か月ぶり まともな休暇中です。

当初は伊豆・静岡方面を計画していましたが

直前
職場仲間様にツーリングに出動する旨の話をしていると…
「〇〇さん、茨城の海岸沿いは候補にならないですか?」




その言葉が強く耳に残り
前日夜にYouTubeの「いばキラロード」で ちはるちゃんのレポをしっかり予習した後(^^♪
行先を変更して出発です!

写真39枚です。



↑ちはるちゃんのレポに従って、まずは花貫ダムに到着です。


↑ダムの上を歩いていくと…(実はこの写真は帰り道です


↑おおー、海が見えた!(*^^)v




↑朝日でキレイだね


↑国道461 は沿道に紅葉が続き 適度なワインディングの50km/h制限道路です。


↑そして今日のメイン、花貫渓谷にやってきました。


↑吊り橋が大好きな私には、紅葉+吊り橋 は大興奮です。


↑事前に「朝7時台では日光が当たらない」 「昼位からは観光バスで大混雑」とチェックしていたので
  10:00位に到着したら、ちょうど良かったですよー




↑橋は軽く揺れますが、高度もないので 誰でも大丈夫でしょう。


↑眼下に汐見滝が見えます






↑今度は橋の下に降りてみますー


↑この角度もまた良いねー。 
 「下から見上げる」という習慣は 私にはとても新鮮です。


↑汐見滝と間近でご対面です。


↑私は「真っ赤なもみじ」や「鮮やかな黄色のイチョウ」より、グラデーションが好きなのですよ(^^♪
  「成長途中です」感に 生命の鼓動が伝わってくる気がします。


↑と11:00 を過ぎると、来るわくるわのツアー客さま。 駐車場(四輪は有料)入り口も大行列でした。

そうそう、バイク・自転車は 無料+専用スペースへ ノンストップです。


↑さて移動します。続いて向かうのは「袋田の滝」ではなく


↑そう、「月待の滝」です!

群馬にも「棚下不動の滝」という裏見の滝がありますが(その時のレポ
確かにその時と比べれは、今回は圧倒的に「やさしい」裏見の滝でした。


↑滝自体は小ぶりなのですが…


↑裏に回ると 一変して大迫力に!




↑これは一見の価値ありです。


さてさて、晩秋の日中は短いので


↑前回 痛恨のパンクをした「アップルライン」は、往復せずに通過のみです。
 (本当は広域農道という名の快走ワインディングです)


↑のどかな風景を走り抜け


↑やって来たのは、本日2本目の吊り橋 


「竜神大吊橋」です。(って まったく揺れないんだよねー


↑¥320 払って歩いてみると


↑実際はシースルーで、眼下が見えます。


↑風景もまずまずなのですが、それより印象深かったのが!


↑橋の下にぶら下がる、このロープの正体は…


↑生バンジー 初めて見ました!

自分も死ぬ前に一度飛んでみたいのですよー
いや 本当はもちろん、むちゃくちゃ怖いのですが。

だからこそ そんな自分を超えたいな、と。
ココの足場には、いろんな人生模様の凝縮が詰まっていそうです。


時計を見ると、すでに午後3時前! これはヤバイと


↑いそいでやって来たのがココ。ちはるちゃんお勧めの 日本一のスライダーです。


が!!!

なんと、11/16 からは16:00で営業終了(入場は15:00まで)だとは…

到着時刻は15:15です。
入り口でおじさんに懇願するも「スライダーはダメですね~」と一蹴されてしまいました。


お情けで「入場無料で入れてあげるよ」

そんなわけで 駐車場がイイ感じの西日だったので


↑光るNinja の大撮影大会。(^^♪


というか

ここでの一番印象深かった様子は

15:30 なのに「帰り支度をし、マイカーへと向かう職員様方」

いやー なんという優雅な生活 (本当はこの後に何かあるのかもしれませんが


私の先月の出勤日数と勤務時間と言ったら・・・


↑そんなわけで(エッ 怒りのデスロード ならぬ「怒りのグリーンふるさとライン」です。


↑久しぶりにトラコンOFF の本気モードです。




気づいたら この極寒(早朝3℃~日中9℃)の中、程よい疲れで 500km 走れた自分に驚きです。

そうそう、本日清掃メンテをしていたら
昨日の本気走りで Rスプロケットの摩耗が一気に進んでしまった…


日時: 2017/11/21
距離: 496.1km
燃費: 18.04km/L

2017年09月10日 イイね!

2017 信州縦断の旅(後)

2017 信州縦断の旅(後)さてやっと2日目のアップです。

写真61枚 動画1本です。








長野市内のホテルを出発後・・・


↑まずは戸隠バードラインを走ります。 ここを大型二輪で走るには 強靭な自制心が必要だ・・・


↑絶景峠らしいのですが、2回訪問して2度とも厚い雲の中・・・


↑今日は曇天か…とあきらめていたら


↑日が差してきた?


↑ココは景観よりワインディングが楽しい




↑天気が好転してきたゾ。なんか やる気が出てきたー




↑と今回の旅 メインの目的「八方尾根」に向かいます。


↑黒菱林道に入ります


↑相変わらずの好景観だねー


↑と、急こう配林道を スローペースで登っていたら!!!








↑おおお!? 不意打ちキター (*^^)v


↑こりゃもう 「頑張っちゃいますよー」状態です


↑「Ninjaを探せ」


↑リフトを乗り継ぎ






↑終点到着です(^^♪


↑気温は18℃位です。っていうか、「本日の天気予報」が間違っているし


↑現在地から、左端の「八方池」まで歩きますよー


↑私の外見は「シンプソンのメッシュジャケットに革パン+ブーツ」 いやー場違いにもほどがある…


で、眼下には









↑雲海だー


↑前方の山々は完全クリア


↑さらに下は雲海


↑そして無風+気温18℃


↑「ここを登らないのは、人生で何か一つ損をしている」と
 二日目夜の宿もで、ご主人さまがおっしゃっておりました。




↑やっぱりアルプスは「北」ですね。(^^♪




↑8月下旬なのに、氷河が残っているのには驚きでした。




↑宿のご主人さまと話す中で
 「南アルプスは森林ですけど、北は岩山なので 冠雪等が美しいですよね。」
 とのお言葉に 「そうかー」と気づかされましたもの。


↑「後ろを振り返って」の図


↑「八方ケルン」まで来ました。八方池までは あと350mです。


↑相変わらず 横には雲海です。(^^♪


↑再度 後ろの図


↑ついに八方池が見える場所まで来ましたよー



そして

 ↓

 ↓

 ↓






↑キター!(*^^)v



↑本当に 体がブルブルっと震える位に感動しました。






↑池へと足を延ばしてみます。




↑池には「逆さ八方尾根」ですよー









↑今回は動画も大画面です。




↑下山開始です










↑ゆっくり散策・撮影しながらの登山だったので、合計4~5時間だったでしょうか
 (ソフトクリームを食したのは4~5年ぶり位だよ)

この時点で14:00位です。
今日はもう大満足すぎるので、軽く寄り道しながら2日目の宿へ向かいます。


↑ここも前回訪問時は 雨だったので・・・


↑と思ったら、思いっきり逆光だったー


↑さらに八方尾根の後では、感動も薄れてしまいます。


↑ 長峰山→八方尾根が良かったのでしょうが、「登山は午前中に」だし


↑ビーナスラインを通ります。もう「思い入れが無くなる」位に走り込んだ道ですが


↑「ビーナスラインで夕日」 これは初体験でした。


↑そして本日のお宿「ロッジ モーティブ」に到着です。

ここのご主人、Motorcyclist誌にも時々 ツーリング写真が掲載される位
バイク界では有名なお方です。 (ご主人のHP 「ロングツーリングクラブ」

で、時々「この人にはかなわない」と、完敗を認めざるを得ない人っていますよね。


私、ご主人に「完敗です。」と素直に負けを宣言しました。。。

ええ、だって私のブログに掲載されている程度のスポットは

全てご存じ、かつ訪問済み!


いやもう、アマチュア野球小僧が プロ野球選手と対話している、そんな感じでしたー


とご主人とのツーリング談義で 夜は更けていくのでした。


そうそうご主人が
「〇〇さん、おいくつなのですか?」

どうも私は年齢不詳らしい・・・(笑


追伸: 最終日の様子はフォトギャラリーにアップします。
2017年09月02日 イイね!

2017 信州縦断の旅(前)

2017 信州縦断の旅(前)約4か月強に渡る ペナントレース前半戦が終了し
束の間の夏休みです。

当初は遠方の地を計画していましたが
体力と天候等を考慮し

2017/08/27(日)~29(火)の2泊3日で
信州縦断の旅をしてきました。



コメント少な目で 写真を貼り逃げします(写真62枚 動画1本)。



↑朝5:00に出発です。


↑当初は曇天・霧雨区間があるも、関越トンネルを抜けで新潟県に入ると、一気に好天化しました。


↑六日町ICを降りると「さあ、素敵な旅のはじまりです。」と コシヒカリが歓迎してくれました。


↑右折して「魚沼スカイライン」に入ります。


↑今回はNew大容量バッグ+お守り付きで 旅をします。


↑早朝で逆光、かつ霞がかってはいるものの 良い景色です。




↑この場所で「何シテル?」をアップ




↑計4箇所ある展望台で撮影をしていきます。




↑ズームしてみると、街並みもオシャレだね。






↑さて移動します。


↑ツーリングマップル2017版で好景観に追加された「中魚沼広域農道」周辺を散策します。




↑実際の解放感は写真以上ですよ。


↑都心の繁華街とのギャップに癒されます。(^^♪










「県道251号加用今新田津南停車場線」に入ります(ここも好景観指定)。


↑今回の「Ninjaを探せ」はこの場所から!




↑自分は「旅をすると晴れる」わけではなく、「休日に晴れているから旅をする」なのですが

それを繰り返すと「雲が多いだけで旅に落胆」してしまうようになり
結果として「自分の 要求レベル基準が高くなりすぎてしまった」ことに
今回 強く気づかされました…


↑さらに山深い奥地へと潜入します。




↑県道539号を山伏山へと向かう途中にて


↑麓では何かの学生大会が開催されていました。


↑こういう場所を自分のような大型二輪で走る人に 今まで遭遇したことがほぼ無いのですね…




↑高原牧場らしい風景です。




↑ですが! その先の絶景スポット「深坂峠」は通行止め(涙


↑仕方ないので逆戻しをします。
  県道95号線 関田峠・光が原高原へと向かいます(場所は奥志賀林道の さらに奥地)。




↑関田峠 大神楽展望台より




↑午後2時を過ぎて雲が多くなり、この先 災害通行止めゆえ交通量激少、かつ高地で肌寒い!


↑でも見晴らしは素晴らしい




↑関田峠を新潟側へと降りてきました。


↑直江津方面へと下り、途中で方向転換
  R292を飯山市方面へ南下して 本日のメインスポットへ向かいます。


↑いやしかし、日曜だというのに大型二輪はもちろん、家族連れの四輪すら見かけず。


↑やはりこんな山奥を大型二輪で走るのは自分だけ?
  って、よーく見ると


↑うわさの「濃溝の滝」? ではなかった…


さて「NHK飯山中継局」が唯一の手掛かりである、今回の極秘 伝説級絶景スポット


↑この場所にバイクを止め(四輪車一台分のスペースのみ)、未舗装路を徒歩5分程登ると…


↑キター!(^^♪


↑初対面時の衝撃度は「陣馬形山」などをはるかに凌駕でした。


↑ここから大空へ旅立てるとは、なんと羨ましい。





↑動画撮影もしましたよ。


↑その先 廃道化した急坂草むらを登ること5分、中継所に到着です


この後 バイクへと戻った時点で16:00過ぎです。

これから先の過ごし方としては
・温泉に入る ←道具 未持参
・夕日を拝む ←現在は雲が多い

そうか!雲の上に出れば夕日が見られるかも!



↑との安易な発想からやってきました Sora Terrace (ソラテラス)


↑詳しくはリンク先をご覧いただき、その謳い文句 「雲海発生率67%」を信じて \2,200を払います!




↑標高はもちろん 風が吹き抜けなので、予想以上に寒いです。




↑ここで夕日を待ちます


↑が!恐れていた通り、未発生率33% を引いてしまった。。。

その昔 北斗の拳で継続率89%なのに、単発終了したこともあるしなー
ってパチスロはとうの昔にヤメてしまいましたが。


と、この後は某有名航空会社系列のホテルに宿泊です。
ビジネスホテル慣れしている者にとって、あのホスピタリティは感激モノでした。



↑さて 旅2日目は一生忘れられない位の絶景でした。(*^^)v


ですが!記事作成の時間を作れるのか?

つづく・・・(はず)

2017年04月29日 イイね!

開通直後 極寒の志賀草津ツーリング

開通直後 極寒の志賀草津ツーリング先週末 4/23(日)は
冬期通行止め解除直後の

志賀草津道路へツーリングをしてきました。







ご一緒させて頂いた方々は

ばんきんや さん当日のブログです。

ライトバン59 さん当日のブログです。

zrx164 さん当日のブログです。


そうです!

私が記事アップの最下位です。

やっと今日になって少し時間が取れました。。。

写真31枚です。よろしくお願いいたします。


↑朝7:30 集合でしたが、皆さん7:00には到着していたそうです。
  最も近隣の私が最後に到着するとは(ここでも最下位)、みなさんご迷惑をおかけしました。


↑Ninja1000がコンパクトなのか、それとも私がデカイのか?(^-^;




↑志賀草津道路に入りました


↑開通直後の訪問は5~6 回目ですが


↑今年は最大級の積雪量でした。




↑さらにバイク走行時の最低気温記録も更新です(この後-5℃まで低下)。


↑バイクを降りても、ヘルメットとグラブを外せない!(外すと冷気と強風で寒いではなく「痛い」)


↑そのおかげか樹氷が見れました!(^^♪


↑これには感激しましたー




↑そして雪壁です!


↑高いたかい(*^^)v




↑zrxさんと、きんやさんを記念撮影!


↑と思ったら、そんな自分が きんやさんに激写されていましたー


↑怒号が聞こえてもおかしくない位に、軽くカオス状態でした




↑ここは志賀草津で一番お気に入りの撮影ポイントです!(*^^)v


↑そんなポイントで撮影に夢中になり、背後がスキだらけな人


↑さすがプロカメラマンzrx164さんの撮影です。 角度がカッコ良いです。




↑上で私が撮影していたのが この写真ですー


↑そして「つまごいパノラマライン」へとやって来ました。


↑ここまで下るとポカポカ陽気で気持ち良い(^^♪




↑きんやさん、愛妻家5カ条の掲示板を食い入るように見ております。




↑そして記念撮影


↑最後は浅間牧場茶屋にて、遅めの昼食です。


↑ライトバンさんのおかげで、あきらめずに食することができましたー


記憶に残る 思い出の多い 今年の春旅の中でも
最後を締めるにふさわしい 素晴らしい旅になりました。


これで心置きなく 現実という名の戦場に向かえます。

当日ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。(^^)/


日時: 2017/04/23
距離: 371.1km
燃費: 17.56km/L


プロフィール

「お豆腐屋さんに来ました!」
何シテル?   12/09 09:25
こんにちは!(^^)/ 大型二輪で全国の峠&ワインディング・及び絶景スポットを走り回っています。 そんな走り&旅日記を楽しんでください! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

Kawasaki Ninja1000 Forum 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/12/15 21:52:39
 
Ninja1000 Fun Club 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/03/15 13:18:06
 
はとや 
カテゴリ:お世話になっているお店
2013/03/25 00:34:58
 

お友達

ファン

58 人のファンがいます

愛車一覧

カワサキ Ninja1000 カワサキ Ninja1000
1043cc 137ps/9800rpm 11.1kgf-m/7300rpm 装備重量2 ...
ヤマハ シグナスX SR ヤマハ シグナスX SR
2013年2月に購入→3月納車です。 購入時の検討車両 ①Address V125 : ...
ホンダ アコード ホンダ アコード
2006年1月に購入しました。 理由は①VTEC ②Rの冠 ③後席に人が乗せられる も ...
ヤマハ SRV250 ヤマハ SRV250
手前のバイクです。 1992年モノです。主に日頃の足として使用。 日頃のノーメンテ、放置 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる