• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Daitenのブログ一覧

2016年12月17日 イイね!

lotus×tipo dealer caravan

lotus×tipo dealer caravanあまりブログの方は更新する方ではないのですが、少し面白みのある出来事があったので報告させていただきます。

本日、ロータス名古屋西さん(ウイングオートさん)にてタイトルにもある通り

lotus×tipo dealer caravan といった全国ツアー(笑)的なイベントが行われており、せっかくなので参加してきました。

今回はスーパーgt gt300にてロータスエヴォーラをドライブさせてる加藤選手とtipo編集部のトークショー形式です。

ロータスマニア(笑)の方たちが知りたいような情報までは聞けませんでしたが、それなりに面白みのあるイベントでした。

そうなんだなぁと思った所は、ロータスは馬や牛のように自社にて内装を取り扱っており、職人一人一人の手作業によって作られており、なかなかどうして一流メーカーの条件は満たしているのだなぁという印象を受けました。

その中でも、やはり気になったのはロータスの今後の方針です。
みなさまご存知の通り、ロータスが新しいsuvを開発しているということは聞いていたのですが、そのsuvのクレイモデルはすでに出来上がっており加藤選手に言わせるとカッコいい!そうです(`・ω・´)。これには期待せざるを得ません!

そして、長年マイナーチェンジで終わっていたエリーゼのほうがフルモデルチェンジが確定しており、重量そのままですこし大きくなるともおっしゃられておりました。

スーパーgtの話ではFRのマザーシャーシをMR化した弊害など、普段は聞けないことを聞けて大変貴重な経験をさせていただきました。

イベントが終わるとLCIさんがエキシージ スポーツ350 のスパイダーとクーペのデモカーを持ってきてくれていたので、クーペの350の方に試乗させてもらいました。






大きな変更点といえば、何と言ってもスカスカのミッション!軽量化されたエンジンフードでしょうか。

試乗した印象としては
速い!
凄い!
やかましい!

つまり言い換えるとめちゃくちゃ楽しい車ということです。

かなりのところでクオリティーが上がっていましたので、エキシージs v6 とは別の車と考えてもらってもいいのかな?とおもいました。

こんなイベントに参加できるのはロータスオーナー冥利につきるなぁと身にしみた一日でした。
Posted at 2016/12/17 19:11:11 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年12月13日 イイね!

新西宮ヨットハーバー ミーティング

新西宮ヨットハーバー ミーティング久しぶりに書きたいイベントがあったので、備忘録も兼ねて投稿することにしました。

12月10日の夜に親父から一本の電話が

『自分の直筆のサインと印鑑、それと拇印が必要やから帰ってこい!』

えっ?理由は?
これだけを伝えると早々に切られてしまったので帰るしかありません。

そして、次の日の朝に帰ろうと思い、車をみたら(`・ω・´)
とうとう冬が本格に到来してしまったようで
エキシージが凍ってました…


あれま…
解凍に10分を費やしていそいそと実家へ帰りました。途中の草津ではスカイラインが沢山止まっていたのですが、あれはなんかのイベントがあったんですかね?

そして実家に着いて要件を聞くと、まぁ確かに直筆のサインと印鑑、拇印が必要でした。
それだけでした。
えっ?わざわざこの5分のために2時間かけて帰ってきたの?
エキシージの走行距離を200キロほど伸ばしたのはコレの為?

アルファロメオを買ってせっかく走行距離に歯止めが効くとおもっていた矢先にエキシージの総走行距離が73000を突破しました。
三年で35000キロ…
いいペースですね(笑)


そして親父から次の一言

『俺のフェラーリ貸してやるから今日、西宮であるスーパーカーのミーティングに行ってきてくれん?』

たまにはいい事言うやん

早速普段動いてるのをみたことがないフェラーリのカギを指してエンジンをかけてみたところ、アイドリングも安定しているので問題無し!

早速、西宮の会場までlet's go!

会場に着くと親切な誘導によって同じ512trの隣へ駐車!

その後もフェラーリやらランボルギーニやらポルシェやらが来るわ来るわ













初めて会う方たちにも親切にしていただきましたし、なんといっても大学のOBの方たちの多いこと多いこと。
マイナーな地元トークもさせていただいて本当に楽しかったです。

次回は親父もさそって二台で行きたいなぁと思いました。


Posted at 2016/12/13 16:38:17 | コメント(1) | トラックバック(1)
2016年10月11日 イイね!

これが運命

これが運命前回の投稿からまだ数日しか経っていませんが、アルファロメオに関しての報告があります。

英国面に堕ち、心をユニオンジャックに染めた俺ちゃんでしたが…
アルファロメオ 156のオーナーとなりました!(正確にはなる事に確定しただけで車はまだです)

ちょっと何を言ってるなわからないと思いますので今回の経緯を少し(・ω・)

まだ俺ちゃんが高校生の頃だったでしょうか、その当時はまだ自動車免許を持てる年齢ではなく、バイクを乗り回してた頃です。
その頃に毎週末に走りに行くツーリングコースがあったのですが、そこで一人の男性と知り合うことになります。その男性はドゥカティのMHRでしたっけ?にのる少し白髪交じりのお洒落なジジイでした。
当時の俺ちゃんはNSR250のロスマンズに乗っており、若さ故に「俺が一番峠で速い!」なんて調子に乗っておりましたので、ドゥカティであろうがなんだろうが、生意気にも煽るような運転をしてしまいました…
そんなクソガキに対して怒ることもなく、かといって道を譲って無視するわけでもなくあたかも一緒にツーリングしているかの如く走ってくれたのが、今回の156の前のオーナーさんでした。

毎週のように煽っては一緒にツーリングをしていたので、そのうちに話しかけるようになり、俺ちゃんが車の免許を取るまでの2年間ほぼ毎週のように色んな所を走りに行きました。それは当時、大人の仲間入りをしたくて背伸びをしていたガキンチョにとっては、子供ではなく、一人のライダーとして扱ってくれた事がどれだけ嬉しかったか。

そんなある日一人でツーリングコースを流していた時、脇道から猫?狸?が飛び出してきたのを避けようとしてバランスを崩し転倒、バイクをカウルが割れ、ハンドルも曲がってしまい動ける状態ではなくなりました。しかも朝早い大阪と和歌山との間の山の中、電話も繋がらなければ、人も居ない状態でどうすることも出来ませんでした。
ある程度時間も過ぎた頃だったでしょうか、向こうから赤い車がやってくるのが見えました。助けを呼んで貰おうと車を止めてみると、見覚えのある白髪のおじさま。「いつもの時間に来ないから心配したよぉ〜。どうしたのこんなところでwww」見慣れた歳上を見てまだガキな俺ちゃんは大泣きしました(笑)

どうやら、いつもの時間に来ないのでおかしいと思って万が一の為にバイクではなく、車でツーリングコースを探してくれていたそうです(・ω・)。その時乗って来たのがアルファレッドの156でした。

そんな親とは違う尊敬するべき師匠も年齢には勝てなく、1年ほど前から体調が悪くなり入退院を繰り返して、ほんの1ヶ月前にお亡くなりになりました。

そんな人生の師匠がいなくなってから1週間後、ふと手紙が届きました。届け人はオジサマの奥様。
中身をみてみると、「この度、遺品整理もある程度終わってきたが、どうもバイクと車をどうするか困っている。しかし大事に乗ってきたものだからそう簡単に売りたくはない。そこで車とバイクを引き取ってはもらえないだろうか?」こんな内容でした。

しかし、すでにエキシゲ様に乗っておりバイクもcb400があります。しかも大型免許を持っていない…
仮に引き継いだとしても乗ってあげられないし壊すかもしれない、そんな大事なものを乗ることは難しい…
自分で維持するにはお金が足りないかもしれない、けれど頑張れば出来ないこともない!
あの日助けてくれたアルファレッドを野放しには出来ない!

結局、2台とも引き取ることにしました。
車の方はセカンドカーとして、バイクは大型免許を取るまではのれないので、実家の車庫で保管することになりました。

前回のブログでアルファ156のモデルで悩んでると書きましたが、引き取る156がv6なのか、セレスピなのかスイスパなのか知らないんです実は…
なので、オススメを聞き、v6がオススメらしいので、どの種類の個体がやって来てもゆくゆくはv6に載せ替えて維持していこうとおもいます。(もちろん外したパーツは置いといていつでも戻せるようにはしておきますが)

そんな理由から英国面一筋の皆様には悪いですが、アルファオーナーとなりました。
イギリスとイタリアの2台体制で来年度を迎えたいと思います。
維持できるかどうか不安はありますが、車に対しての不満はありません。この車が俺ちゃんの手元に来た運命を信じたいと思います。

それでは皆様
Arrivederci!


追記
気になって見に行った個体はヤフオクで出てたパーツ取り用の156でしたが値段が10万円を超えているので、わざわざ買いませんねこれは(笑)、さて壊れたらパーツどうしよ…
Posted at 2016/10/11 04:27:05 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年10月07日 イイね!

アルファロメオという選択肢

蓮乗りとして3年目に突入したこの頃、エキシゲ様の走行距離も7万キロを超えコチョコチョと故障も増えて来ました。

俺ちゃんの個体は他の人達の個体と比べると多分当たり個体の様な気がします。

純正ラジエーターのまま漏れていない、雨漏りもしない、エンジンが9千回転近くまで回る…etcなど、色々です。

けれど、それは前のオーナーさんが乗っている距離が少なかったからであり、ウチに来てからはおよそ2年で4万キロ走っています…
あの車で年間2万キロです、バカですね(笑)

それは、俺ちゃんがエキシゲ様一台で割り切った乗り方(ツーリングから旅行、普段使い)をしているからであり、しょうがない部分があります。それでも乗り続けていけたのは根性と愛故にだとおもいますし、これからもその気持ちは変わらないと思います。

しかし、愛故に壊れる姿を見るのは悲しくなります…
そこで、エキシゲ様の走行距離を少しでも抑えようと思い、セカンドカー改普段使い用の車を目下検討中で、だいたいの車種が決まって来ましたが、その中での選択肢で迷っています。

ここで、タイトルの通り検討中の車というのはアルファロメオの156となります。

正直日本車に乗るのが壊れないし、整備もしやすいし、なんであえてアルファロメオなんかを検討しているのかといいますと、まず他にはないデザインですかね。

人の好みによるとは思いますが、基本的には角ばっているデザインが好きなのですが、たまーに丸みのあるデザインでもビビッとくる車があるうちの一台でした!

あとはアルファロメオ伝統のV6サウンド

アルフェスタに言わせてみれば、156は純血ではないそうですが、そんなことは関係ありません!初めて乗るのですから、そこそこ新しい方が助かります!

そんなわけで、156に首ったけな訳ですが、
・V6の6速mt
・4気筒ツインスパークの5速mt
どちらがいいのか迷っています。

音はv6、整備性と旋回性はツイスパ…
悩みどころですよね(・ω・)

今週末に気になっている個体を見に行きますが、どうなるのでしょうか…もしかしたらイギリス車になるかも?(笑)

みなさまの意見を聞いて見たくてこんなブログを投稿してみました。良ければ意見を下さるとありがたいですm(_ _)m

別のおすすめのセダンがあればそれの意見でもいいですよ(笑)
Posted at 2016/10/07 16:04:54 | コメント(1) | トラックバック(0)
2016年10月04日 イイね!

4ヶ月間に起きたこと

前回の投稿の時にヤバいかなぁと思っていたら案の定、間に合いませんでした…

ってなわけで、前回の3ヶ月前に起きたこと改め、4ヶ月間前に起きたこと、イギリス車編です。

ところで、みなさんの中でのイギリス車のイメージってどんなんなのでしょうか?

紳士の国だからジェントルな車?、レースの本場だからキビキビ走る車?いろいろ考えは持ち合わせているでしょうが、俺ちゃんの中では凝ったデザインや作りをして整備性の悪い、けどめちゃくちゃ癖になる車を作るイメージがあります(笑)

そんな車にハマってしまったことを「英国面」に堕ちるというらしいですよ(笑)
俺ちゃんもガッツリ堕ちてしまいました(*^^*)

ってなわけで英国面の乗り物を思い出しつつ投稿していくことにします。




この車を見て、パッと名前が出てきた貴方はちゃんと英国面に堕ちたいるので安心してください(笑)普通は知りません( ^ω^ )

BAC(Briggs Automotive Company)のMONOという車で見ての通り一人乗りの変態車ですね。

めちゃくちゃ欲しくて、取り扱っているACマインズさんに定期的に情報を聞きにいくレベルでお気に入りの車です。誰か買ってくれませんかね?(*^^*)












続いてはイギリスが世界に誇る高級車メーカー、ロールスロイスです。

一般ぴーぷるである俺ちゃんの限界はレイスとゴーストまででした…本当なファントムに乗りたかった…

同じv12でもフェラーリやランボルギーニとは全く違う味付けのエンジンでパワーというよりは静粛性に極振りしているようにも思いました( ^ω^ )でもパワーは有り余るほどあるっていう…

本当に末恐ろしいメーカーでした。











先ほどイギリスはレースの本場と書きましたが、F1コンストラクターが車を作ってしまうのもイギリスならではだと思います。

その中でもマクラーレンは別格ですね。
そのマクラーレンの最新車、540cと570gtです。




普段のメーターはこんな感じでカッコいいのですが、普通の車と一緒だなぁという感じですが、一つモードを変えると…



シフトゲージのみしか表示しない、レーシングカーのような表示に変わり、無理にでもスイッチを入れてきます(笑)
正直たまりません(*^^*)


これにてイギリス車編は終わりですが、正直どれもこれも英国面をくすぐる変態車ばっかりで見ていて楽しかったです。

Posted at 2016/10/04 19:17:51 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

Daitenです。よろしくお願いします。 蓮乗りになった2年が経ちましたが、未だにロータスを見るとワクワクしてしまいます! 車が趣味なことに関してマイナスの...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

あおえく、初めての車検 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/12 11:59:27
12/18 生誕祭☆ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/21 13:01:49
ステアリング交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/11 21:05:44

お友達

蓮乗りでもそれ以外でも
軽でもトラックでも
ディーゼルでもハイオクでも
わけ隔たりなく車好きだと思っていますのでどうかよろしくお願いします
23 人のお友達がいます
春夏秋冬とスーパーカー春夏秋冬とスーパーカー * プリ★プリ★ *
iori.newtypeiori.newtype かみなりちゃんかみなりちゃん
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 白銀号白銀号

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

ロータス エキシージ エキシゲ様 (ロータス エキシージ)
ロータス エキシージに乗っています。 一年経って色んな所へ行き、色んな人と出会い、そし ...
ホンダ NSR250R SP N (ホンダ NSR250R SP)
16でバイクの免許を取った時からいる、最古参の相棒! 免許取り立ての時にハイサイドを食ら ...
フェラーリ 512TR てーあーる (フェラーリ 512TR)
親父の512trを引き継ぎましたが、今の住まいにはエキシージがあるので実家の方に置いてい ...
ホンダ CB400 SUPER BOL D'OR HYPER VTEC Revo しーびー (ホンダ CB400 SUPER BOL D'OR HYPER VTEC Revo)
NSRの後釜を担うメインの子 メイン昇格を祝ってSP忠男のツインテールマフラーを入れまし ...

過去のブログ

2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.