• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

@ゆうちゃん@のブログ一覧

2017年07月24日 イイね!

心を100グラム軽量化する話

はい、「ゆうちゃんの信じなくてもいいよ」シリーズです。
じゃあ、さっそく始めますね。



みなさん、「うんと悟れば、悩みがなくなる」って思ってませんか?

それって、誤解です。
どれだけ悟っても、悩みってなくなりません。
どんな人でも絶対に悩みってあります。

だから、安心して下さい。
悩んでるのはあなただけじゃないから。

はい、少しだけ心が軽くなったでしょ?

以上で今日の話は終わりです!




・・・だと、ちょっと解りにくいかもしれないので。
いくつか補足しますね(笑)

どんだけ悟っても、悩みはなくならないって。
私が言ってるんじゃありません。

お釈迦様が言ってるんですね。
お釈迦様って大天才だったらしいですよ。
同時に大変人だったみたいですね(笑)

だって、何千年も前に、人生の真理をあらかた解明してるんですから。
現代だって、彼を超える哲学者っていないんじゃないか?って。

ところで、悟るって言っても、段階があるんです。
あ、これは私が勝手に言ってるだけですから。
ウソかホントか?しりませんよ(笑)



どれだけ悟ろうが、絶対に悩みがなくなることはない。
今世、このことを理解する。

これが初級編です。

理由はですね。
どれだけ悟っても、死は絶対に訪れます。
病気や事故や自然災害に遭うことだってあります。

片思いの相手から、フラれることだってあります。
誰でも学校で、成績が一番になるってムリです。
誰でも会社で、社長になるってムリです。

だから生きてる以上、絶対に悩みが出るんです。

悩んでるのはあなただけじゃありません。
どんなに幸せそうな人だって、絶対に悩みってあります。

だから。
「悩みなんてあって当然だ」って覚悟で生きてると。
少しは心が楽になるでしょ?



いかがでしたか?
機会があれば将来。
中級編とか上級編も、ご紹介できればって思います。



余談ですが。
お釈迦様の生まれ故郷ってルンビニだって説です。
私はルンビニ幼稚園卒なので。
ちょっとご縁を感じます。



本日の一曲
オリジナルはヴォーカル入りですが
インストバージョンも、クールですね
ただ、オリジナルはダンスが滅茶苦茶クールですから
視覚的にダンスを満喫できないのは、ちょっと残念かな

ところでオリジナルは国産車のTVCMで使われてましたが
正直、全然マッチしてないと思いました
楽曲とクルマのイメージが離れすぎててイタイって感じました





Posted at 2017/07/24 17:47:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月18日 イイね!

私を育てた三人の父

金持ち父さん貧乏父さん
非常識父さん常識父さん

私には三人の父親がいます。

一人目の金持ち父さんは。
「金持ち父さん貧乏父さん」著者のロバート・キヨサキ氏。
お金に対する基本スタンスを学びました。

貧乏人はお金のために働く。
金持ちはお金に働かす。
資産と負債を明確に区別する。
お金の流れ(キャッシュ・フロー)を作る。

どれも衝撃的な内容でした。
同時に私が一番知りたかった経済的な答えでした。

私の人生を180度変えた。
この世で最も私に影響を与えた人物の一人目です。



二人目の非常識父さんは。
銀座まるかん創設者の斎藤一人さんです。
日本一の実業家であり、日本一のお金持ちです。

一人さんいわく。
「常識で生きてる人って普通だよ」
「だけど、普通の人生って辛いからね」
「楽に生きたいなら”常識の上”で行動しなきゃダメだよ」

非常識と言うのは、常識がないって意味じゃありません。
常識以上の知恵、”常識の上”って意味です。

「自分はどこから来て、どこへ行くのか?」
私には永遠の謎でした。

この謎を解くヒント。
その、ほぼ全てを教わりました。

前世の秘密。
今世で約束したこと。
来世へつなげる生き方。

どれも衝撃的な内容でした。
同時に私が一番知りたかった精神的な答えでした。

私の人生を180度変えた。
この世で最も私に影響を与えた人物の二人目です。

今では私も、「自分は普通じゃない」って自覚を持ってます。
普通じゃないってことは、普通の人から見ると。
少しヘンな人ってことです。

しかし、少しヘンだからこそ、「常識の上」で物事を見ることができる。
そう思ってます。




最後にご紹介するのは。

貧乏父さんであり、常識父さんでもある。
実の父親です。
いわば、普通の人です。

常識ある真面目な社会人でした。
しかし、一生貧乏で、地味な生活でした。

だけど、金持ち父さんも非常識父さんもきっと。
口を揃えて言うと思います。

「ゆうちゃんさ、別にゆうちゃんのお父さんだけじゃないんだよ」
「世の中の99%の人は、同じだよ」

普通の生き方。
これを否定するつもりはありません。

ただ、私にはせっかく三人の父親がいるのですから。
今世、ワクワクするような冒険の旅は。

まだまだ続くと思ってます。




最後に、特に若い人へ。
血縁関係がない、二人の父さんとの出会いは読書によるものです。

今思えば、二人の父さんに出会う以前。
世界は白黒でした。
今では、全てが輝いて見えます。

人生、自分の考えだけじゃ限界があります。
読書って、人生そのもを変えるパワーがあります。
これ、覚えといて下さい。


本日の一曲





Posted at 2017/07/18 22:23:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月01日 イイね!

意地で乗るクルマ

日本でオープンカー乗ってる人って。
恐らく、例外はないと思いますが。

「意地でもオープンなんですね」(笑)

冬は寒いし、夏は暑い。
やせ我慢しながら、修行僧になった心境で乗る。
まあ、快適とは程遠い、野蛮な乗り物です。

なので、お天気のいい日に。
クローズドで乗ってるロードスターとか見かけると。
「大人だなー」って。
感心しますもんね(笑)

前回のブログでも書きましたが。
実用車を買い換えて、それがあまりに快適なんで。

趣味車のハンドルは、二ヶ月以上も握ってない日々でした。
しかし、危機感を覚えたんですね。

「このままオレは、オープンを卒業するんじゃないか?」って。
まあ、卒業したって誰も困んないですけどね。
言ってる本人さえも、大した問題じゃないの(笑)

ただ、危機感を覚えたのは事実ですから。
それを払拭するために。
梅雨の晴れ間を突いて、二ヶ月ぶりのオープンドライブです。







真後ろから眺めていつも思うんですが
車幅の割りにはキャビンがコンパクト
乗員配置が、かなりセンター寄りですね



みんカラブログなんかでも、オープンカーオーナーが。
その魅力を、熱く語ったりしてますけどね。

私なんかは「ホントかなー?」って。
思っちゃいますけどね、素朴にね。

なんか、風と一体化する魅力とか。
四季の変化を肌で感じれるとか。
まあ、確かにそれも魅力なのは間違いありません。

ただし、私なんかはね。
正直者ですから。
なんだって、正直に白状しますけどね。

オープンカーに乗ってて一番楽しいのは!
街中で、キレイ系のオネーサンが注目してくれた時ですよ(笑)
まあ、半分はジョークですけどね。

ただ、これはオーナーにしかわかんないと思いますが。
着座位置の低いクルマだと。
屋根がないから乗り降りが凄く楽なんです。

今日は、お天気も最高だったし。
夕方、出発したんで気温も快適。
オープンカーを満喫しました。

まだまだ、、卒業は先になりそうです。


●本日の一曲
昔からオープンドライブの理想を描いてます
夕暮れの海岸線を片手運転で流す
この曲も似合うなって思います

元はミュージカル「南太平洋」の挿入曲ですが
テンプテーションズにかかると
クールなAORに大変身デスネ



Posted at 2017/07/01 20:24:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月29日 イイね!

キャラはクルマで際立つ

一ヶ月と少し前に、実用車を買い換えました。

それ以降、実用車にしか乗ってません。
快適すぎて、趣味車に乗る気がおきなかったからです。

趣味車はオープン・ライド限定と言う自己縛りがあります。
なので、今の季節暑いって言うのが要因です。

あと、目線が低くて死角が大きく、疲れるって言うのも本音です。


先日、実用車で訪れた音戸の瀬戸(正確には警固屋町)
平の清盛塚公園です


日招き像~日招き伝説
一日で音戸の瀬戸を切り開くって
キヨちゃん、大見栄きっちゃたんですね
だけど、工事半ばで太陽が沈みだしたんで
キヨちゃん焦って、扇子で太陽を扇ぎ返したそうです
一見、バカバカしい話ですが・・・
何か実際に、似たような奇跡が起きたんじゃないか?って思います

私はこの伝説
ロマンがあって大好きです



廃墟は、旧日本軍高射砲陣地の弾薬庫です
夜はかなり怖そうですね







本日、二ヶ月ぶりに。
趣味車に乗ったんですが、結構ドキドキしました。
単に、久しぶりに乗ったと言うだけであれば。
ここまで、ドキドキしなかったでしょう。

その間、実用車にドップリだったため、体がそっちに馴染んだんですね。
だから、余計に新鮮です。

なんせ、操作系のスイッチにいたるまで、ほとんど忘れてますから。
まるで、新車感覚。

ただ、それだけでは済まない違和感があるんですね。
それで、走り始めて10分くらいで、やっと気づいたんです。

これって、左ハンだからだって(笑)
実用車は普通に右ハン仕様ですから。

ただ、すぐには気がつかないほど、左ハンを無意識で運転できるって。
やはり、慣れによる対応力って凄いですね。

実用車は、それはそれで凄く魅力的なんですが。
やはり、純粋なスポーツカーってイイですね。

「なんか、オレ、今生きてるぜー」って。
「人生、サイコーじゃねーか!」って、実感できるんです。

気性が激しく荒っぽいスポーツカーを、従順にてなづける優越感。
パワースーツを身にまとった感覚。

打てば響く、レスポンス。
ブレーキペダルに足を置いた瞬間、伝わってくる剛性感。

要するにスポーツカーって、公道を走るアトラクションなんです(笑)
オトコの野生と生存本能を刺激するんですね。


今にも泣きそうな梅雨空
さすがにこの天候、オープンでは乗れません
99%はオープンなので
クローズドの画像は希少です(笑)





それで、実感するんです。
やはりクルマっで魅力じゃねーかって。
なんでか?って言うと。

クルマって、ドライバーのキャラを際立たせる力があるんです。
クルマを通して、自分を客観的に演出できるんです。

そう言うつもりで選べば、ちゃんと応えてくれる存在。
ファッションの延長線です。
そこをハズして選んじゃうと効果はありませんが。

実用車に乗ってるときは、スマートな紳士になろうとする自分がいる。
スポーツカーに乗ってるときは、大ワルオヤジを気取る自分がいる。

あ、私は「チョイワルオヤジ」って言葉、キライなんです。
だって、ちょっとワルイだけなら、単なるチンピラじゃないですか(笑)

チンピラには憧れないの。
チンピラって色気もないし、危険な匂いもしないから。

どうせなら、大いにワルそうなほうがカッコイイって思いません?
色気もあるし、危険な匂いもするから(笑)

とりとめもない話題でしたが。
久々にスポーツカーに乗って、楽しんだ自分がいる。

これを誰かに伝えたくて書きました。




Posted at 2017/06/29 21:13:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月26日 イイね!

どんなに絶望的でも、絶対に乗り越えれるよって話

はい、ゆうちゃんの「信じなくてもイイよ」シリーズです。

今日はですね。
絶対に信じられないような、不思議な話です。

信じれない人は普通のひとです。
安心して下さい。

私は少しヘンな人なんで。
いつものようにヘンな話します。

「1%でもホントかな?」って思われた。
ヘンな人だけ、お付き合い下さい(笑)



人生って、生きてりゃいろんな問題っておきます。

何の問題もおきないって人、絶対にいません。
それなら、生まれてくる必要もないから。

どんなに資産家の家に生まれても。
それはそれで、お金では解決できないような問題がおきます。

それで。
なんでわざわざ問題がおきるか?って言うと。
魂の修行のためです。

問題に向き合いながら、少しでも魂を成長させて、あの世に帰るためです。

それで、また生まれて来て。
少しでも魂を成長させて、あの世に帰ります。

それを延々と繰り返してるんです。


小林麻央さんが闘病生活の末、亡くなりました。

ご本人も辛かったでしょうが。
残されたご家族も、同じくらい辛いと思います。

だけど、どんなに辛く絶望的な状況でも。

絶対に乗り越えられます。
この世におきる問題って、絶対に乗り越えられるんです。

逆に言えば絶対に、乗り越えられる問題しかおきないんです。
なんでか?って言うと。

生まれる前にあの世で、自分で決めたストーリーだからです。
「私は来世、こんな問題に向き会って魂を成長させます」って。

神さまに約束して生まれてきたんです。
自分で決めたストーリーだから、絶対に乗り越えられます。
だから、みんな大丈夫です。

ウソかホントか?
私だって半信半疑です。
誰にも解んないと思います。

ただ、ホントに辛くて絶望的な問題がおきたとき。
ただ途方に暮れるよりは。

生きる希望が湧くと思いませんか?






Posted at 2017/06/26 18:01:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「心を100グラム軽量化する話 http://cvw.jp/b/2313329/40140157/
何シテル?   07/24 17:47
以前は、峠に夢中でした。 峠が私のパワースポットでした。 今は、スピードへの情熱は失せて、ひたすら安全運転。 同時にクルマへの興味も失いました。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

シボレー コルベット クーペ シボレー コルベット クーペ
シボレー コルベット クーペに乗っています。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.