車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月09日
リベンジ 美濃侵攻(^^♪
リベンジ 美濃侵攻(^^♪ いつもご覧くださってありがとうございます。

 今日のトップ画像は、今回のお昼御飯です。実は今回、ラーメンツーリングではありません。街中ではラーメン作りは難しいこともあり、場合によっては外食もします。今回は久しぶりにある牛丼チェーン店です。手早くエネルギーを得たかったのです・・・・寒くって。 まぁ、前置きはこれぐらいにして、今日のお外遊びです。



 さて、本編の始まりです!



 実は、ある病のおかげで、ヌシは充分な睡眠がとれていません。しかも今朝は雨。天気をにらめっこしながら、午後の降水確率を考慮しているうちに、刻々と過ぎる時間。まぁ、何とかかなるかと思いつつ、見上げる伊吹山。




 今回は久しぶりに昔のスマホで撮影してみました。現在のスマホはハンドルに固定されているので、取り外しが面倒なので、懐かしいものを引っ張り出してきました。しかし、見劣りする画質と操作感でした。




 撮影時の画面を見ても、なんだかね(´・ω・`)
なかなか気持ちよくは関ケ原へ向かえません。




 なんとか関ケ原=>養老へ着いて、無事に”あたっくん”でのオフ会乱入は成功しました。第一目的はクリアしたので、わざわざ”あたっくん”で出てきた、真の理由である第二目的を攻略します。その目的とは・・・・・。


”リベンジ 美濃侵攻”




 県内限定運用のつもりであった”あたっくん”。それが県外まで進出し、ガス欠の恐怖と戦ったのが ”美濃侵攻” でした。

あれから装備品を充実させ・・・・・。

幾多の修行を乗り越えて・・・・・。

 やっと今ここに”リベンジ 美濃侵攻”がスタートしたのでした。さっそく、取り漏れている養老鉄道の駅からスタートです。




 旧近鉄養老線の駅舎は、如何にもローカル私鉄の駅という風情があって好ましいい~これが私の路線に対する印象です。駅舎入り口の造りや統一された感のある屋根瓦の色等、国鉄ではないことをはっきりと訴えてます。

 前回、美濃侵攻で失敗したのは、航続可能距離を測っていなかったこと、予備の燃料を持っていなかったことでした。共通する事項としては、準備不足であり、それはあの地ではかなり危険な行為でした。今回、それに対しては準備は怠りなく、安心してCP回収を行って行けます。




 大垣駅の西側、こんなところにオーバーパスがあったのか! 一日見てても飽きそうにないなぁ。ただし、このオーバーパス、車でも通行可能です。歩行者と原付ぐらいにして欲しいです。




 垂井あたりのダムCPは、砂利道+ゲート付きなので、自主ルールに従って撤収します。パンクのリスクはご勘弁。だって、ここに来るまでに・・・・・。




 下りの新垂井経由の線路をくぐってきてます。もうちょっと人のいるところを走りたいです。



 携帯をミラー基部から延びるアームでマウントしてからは、ハイドラCP巡りも以前ほど苦労しなくなりました。以前はポケットから出して確認でしたからね。ガス欠とその運用のため、撮り忘れたCPがここ!







 織部の里、織部焼の展示物が目を引きます。しかし、なんでここに山門があるのかなぁ? (調べ忘れました・・・・・。)




 焼き物にはさして興味がないので、ささっと見てまわります。








 意識はというと、別のほうへ(^^:

 同行者があれば、いつかは行ってみたい冠山峠や温見峠! 単独行の”あたっくん”では、リスクが多すぎて禁じられた領域です。携帯が繋がらないのが痛すぎます。しかも近隣に人家なし。事故やトラブルは遭難へ一直線。徳山会館ぐらいで抑えておくほうが賢明だと自分に言い聞かせてます。





 それにしても、混雑してます! 流石は連休!




 ”あたっくん”は、ここで一休みです。小さいことは良いことです。


 
 ここからは、ひたすら大垣方面へ戻ります。
樽見鉄道の駅は小さくて、ハイドラマップを見ながら、狭い道を進みます。
前も見たけど、派手なディーゼルカーです。




 なんとか大垣付近に戻り、美濃赤坂へ。
ここは中山道の宿場町です。

 


 ここが赤坂港跡と言われても、海から遠いので高瀬舟等でなんでしょうけど、違和感が多すぎます。
 




 このクランク上に折れるのが、やはり街道筋ですね。もうちょっと街並みが統一されれば、滋賀県彦根市の京町みたいな観光地になるでしょう。今でこそ、ひこにゃんのお陰で派手な京町なんですが昔は貧相でした。(ひとりごとです・・・・・。) 彦根の銀座のほうが、もっと立派だったのにね。




 今は昔・・・を思わせるのは、石灰輸送用の鉄路を見た時です。もうここには列車は来ません。簡単に見学できる配線跡ですね。(よい子は立ち入り厳禁です。)




 反対側は採石現場に近いためか、厳しいガードです。




 危うく見落とすところだった南宮大社、この大鳥居は遠くからも見えていたのですが、訪問は初めてです。










  車窓ならぬ、あたっくん上からお参りして省略っ! そのうち、また行くこともあるでしょう! 今日はやや寒くって、太陽が陰る前に山間部を通り過ぎたかったからです。ほんと、太陽がないと肌寒い山間部。(この時は、翌日もっと寒い目に合うとは想像もしていなかったです。Mっ気の気質? それとも、単なるアタック馬&鹿?)




 関ケ原では、いつもスルーしてばかりの古戦場をちらっと見学しました。ここは、緩い斜面のところで、画像では高低差がはっきりしませんが、画像正面奥に向けて下ってます(下画像)。



 見上げると、あそこにもありますが、今日の気分は登る気なし(体力の温存)。
だって、明日は稲刈りだし・・・・・。




 帰りに見かけた旧車は、コロナマーク2でしょうか、売り物っぽいです。




 帰ってきた・・・・。とおもいつつ、見上げる伊吹山。
降らなくてよかったねぇ。大和武尊殿。




 おかしいなぁ、先日、7000キロのぞろ目とか、アップしていたはずなのに、翌日は+200キロ加算されているなんて(苦笑)




 そりゃ、こんだけ走れば、そうでしょ。
(鹿の”あたっくん” 心のささやき)





帰ったら、翌日の稲刈り、無くなってました!

刈り取ったらしい(汗)

ということは、連休最終日も?




ブログ一覧 | あたっくん でお出かけ | 日記
Posted at 2016/10/10 20:49:31

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
2016/10/10 22:05:25
こんばんは!
これはまた遠くまで行かれましたね( ゚Д゚)

例のクルマ、道端のお店ですね(^_^)
僕も気になっていました。
ローバーのバンデンプラプリンセスが似てるかな?と…
コメントへの返答
2016/10/11 07:18:57
おはようございます。

そうです♪ 道端のお店です。
今度、後ろから見てきます!
2016/10/10 23:52:32
こんばんは。

この車はボルボ164かもしれませんね。
コメントへの返答
2016/10/11 07:19:56
おはようございます。

ボルボ!

ますます盗撮に行きたくなりました。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「河野海岸、立ち寄り温泉は ゆうばえ でーす。

何シテル?   12/03 15:00
 どらのすけ です。  平成10年8月、お盆過ぎに我が厩に来たE-EA1A、ハミルトンシルバーのVR-Gです。2400が出るのを知っていながら、1800に...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
召集令状キタ━(゚∀゚)━! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/02 19:51:06
愛車と出会って4年! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/01 08:34:12
ヘムシャダイ ~裏オプミ編~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/30 20:54:35
お友達

 なんせ、銀ちゃんともども気まぐれなので、それでもよろしけば・・・・・。
あんまり車には詳しくないので、そこは、よろしくです。
電装イジリとか、私には無縁かも・・・・・。

たまにブログタイトルが気分で変わります(爆)

本業IT技術は、友達のために使います。
121 人のお友達がいます
かしらっちかしらっち * shun!shun! *
MINI原人MINI原人 * taru.taru. *
f2000f2000 * NERV‐B4NERV‐B4 *
ファン
52 人のファンがいます
愛車一覧
三菱 ギャラン 銀ちゃん (三菱 ギャラン)
平成10年8月納車の EA1A、ハミルトンシルバーのVR-Gです。 カーオブザイヤーを取 ...
ホンダ マグナ50 ホンダ マグナ50
 特訓する間もなく、旧オーナーの手によって、ドナドナされていきました。実質の所有期間は ...
三菱 ランサーセディアワゴン セディアワゴン白蘭 (三菱 ランサーセディアワゴン)
代車です。銀ちゃん修理時に借りてました。
ダイハツ タント 隠密行動車ミニブタントン (ダイハツ タント)
街中に潜むにはこの手です!
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.