• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

さばみそのブログ一覧

2017年10月27日 イイね!

念願のダブルシート



アウスタのダブルシートを少しだけ苦労して取り付けました。

私はダブルシートが大好きです。
この個体は50なのでスイングアームにはタンデムステップはありません。でもダブルシートの見た目と座り心地が好きで、日頃から欲しいと思っていたアウスタのシートを注文しました。

さて、見た目にはなかなかで、実際にきちんとついてはいるのですが、ここに至るまでちょっとした加工をしています。

製品はアジア製なのでシートの固定ステーの精度が悪く、フロントのフックがどんなに調整してもボディに固定できません。
やすりで穴を大きく削ってなんとか収まったと言うのが正直なところです。

こういう道なき道を行く作業もバイクの楽しみですね。でも専用部品で要加工とはさすがというか、あんまりと言うか。

ちなみに同時に着けたサスペンションも、上下カラーが二本とも逆についていました。過去にバルブ抜きに使ったクランプとソケットを使って交換できましたが。
まさに今まで習ったことの集大成。まるでこのために勉強してきたみたいですね。

シートが変わると印象変わりますね。このあと前後の防水キャップまで変えたのでさらに白っぽくなりました。
印象変わって走るのもさらに楽しくなりますね。
Posted at 2017/10/28 11:54:16 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年10月24日 イイね!

初走行。

いよいよc100のナンバーをとって初走行です。


走って思ったのですが、さすがに古い年代は取り扱いが難しいですね。

右ステップに足かけたら爪先がブレーキペダル踏む位置になるし、スロットル煽ったら戻らないときがあるし、(よくある不具合らしいので要対策)なにより高回転型なんでぶん回して走る形になり忙しないです。
元気がいいと言えば聞こえはいいのですが、正直ここまで回すと周りが気になります。
125クラスなら80キロ超出るくらい回して最高速はおそらく50キロ程度。
ブレーキは効かないし、とんだじゃじゃ馬です。
6vのため始動性はあまり良くありませんが、キック連打しようにも、キックペダルが破損するケースがあるらしく、あまり無理はできません。
キックの位置が悪いため、170の私でもキックの際シートに足がつかえてつりそうになります。
とネガティブな事を書き連ねましたが、それは年式によるもの。当時のバイクと比べると恐ろしく高性能で新しいバイクだったと言いますし、確かに要所にそれを感じることが出来ます。
低速は弱いものの、ohcカブより明らかに軽く上が回ります。ohvの元気なエンジン音と合わせ、高回転でぐいぐい走る様は、カブ乗りの中では高回転マシンとして知られる6vカブ70を思わせます。
クラッチの機構はohcと同じようですが、ミッションのフィーリングは確かにそのままです。この時期からすでに自動遠心という他に類を見ない独自ミッションを完成させていたのかと感嘆の思いです。
また、ohvという出力の出にくい方式でありながら、感覚的にはohcよりも加速が良く、レーシーです。
12vカブのように低速が強いと、反面実質使えるのは2、3速のみになりがちですが、低速が弱い分逆に1速からフルに使えます。高回転で走るのですごく刺激的ですし、シフトチェンジが楽しくて癖になります。

ここまで来ると、このエンジンを楽しむために、後年式のカブにエンジンを移植したいくらいです。
前述の通り、エンジンは素晴らしいものの、ブレーキ周りの配置やプアさが目立ちます。
独特の可愛らしく古いながらもカブを感じさせるスタイルですが、走行感覚は悪い意味でモンキーを思い出させます。17インチの恩恵か、妙に切れ込んだり倒れたりする挙動はないものの、手放しで安全なバイクとは言えません。
どこへでも行くバイクというより、走る場所を見つけて乗るべき乗り物かなあと思いました。

ここまで違うなら、後年式のカブと二台持ちでもいいかな。と思います。
古いカブが最良のカブではないと自信を持って言えます。それぞれの良さがある。

清々しさと煩わしさの両方を感じました。これが時代のなせる技でしょう。c100は思っていたより刺激的で楽しいバイクです。

年式的に悪い箇所はどんどん出てくるので、小まめに様子を見て部品を変えようと思います。アジアのお陰で安い再生産パーツは豊富みたいなので。
早速某サイトで部品をポチリ。1万円ちょっともあれば幸せになります。

こんなバイクが手に入るなんて、なんか夢みたいだ。
もうすっかりはまっちゃって、カブ乗りに鞍替えしそうです。
Posted at 2017/10/24 15:02:46 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年10月09日 イイね!

いよいよC100がきましたよ。

とうとう納車されましたC100(初代スーパーカブ)。

エンジン・フレームナンバーやティクラ―の存在の有無、内外交互ばりのスポークなど、外観上などの特徴からおそらく1962(昭和37)年式だと思います。
発売が58年だから、この型は割と仕様変更を繰り返した後の物だと思います。


とはいえ、カブとは言えど、このバイクの独特の仕様のすごさよ・・・


レギュレート機能なしの6Vレクチはジャブみたいなもの。


まさかブレーキランプスイッチがフロントに付いていないとは・・・。

サイズもコンパクトで小回りは効くものの、普通の原2やカブに慣れてると狭い乗車姿勢である、とか、ウインカーのバルブとかも球状ですらない(車のルームランプみたいな形状。もちろん6Vなのでその辺に売ってない)し。

そして何気に心折れるのがリアキャリアの持ち手が指に食い込むのがつらい!
ベンリイよろしくサイドスタンドは無い、シートもカブだから後ろ持つと前にぱたんと倒れる(下がタンクで給油するからね)、となるとリアキャリアを持たないとスタンドかけられないんですけど、リアキャリアはつかむと指に食い込むようにできている!
のちにこれは改善されたと聞きますが、これは思っていた以上にひどいトラップです。
旧カブに乗ったらリアキャリアに古いかごを載せるのが夢でしたが、軽く心が折れました。
もういっそダブルシートにしてしまおうか・・・。
元々、ダブルシートは好きなんですよね。タンデムステップもタンデムも式ではないんですけど。

一番はエンジンですね。
OHV独特の元気な音はいいにしても、・・・カブにしては恐ろしく高回転仕様です。
多分依然ベンリィ50Sをぶん回してた時のような感じになります。
変な振動がないのは良かった。

OHVなのに最高出力発生が9500回転って何だそりゃ。

OHC6V自動遠心のエンジンの感覚でまわすと加速しきれずに3速でフニャフニャ走るはめになります。この辺は慣れないといけませんね。


ただ、現時点でメカ的なトラブルはなさそうなのは救いですね。
なにせ、走行距離が4桁表示なもので実際何万キロ走ってるかが全く謎ですので・・・。

エンジン音も、妙なかん高さはないから極端な過走行車とかではなさそうです。



このC100で車歴が通算8代目となるのですが、実は私、バイク屋さんでバイクを買うのが今回初めて。

ちゃんと動くし、欠品がないって不思議な感覚です。

とはいえ錆もあるし、古い設計をどういう風に捉え対処するかが問題ですね。


12V化は発電能力が怪しそうなので、JXであまったレギュレターを使って6Vレギュレート仕様にするかもしれない。

当時必要はなかったかもしれないにしても、ブレーキランプの問題も解決しなきゃいけないだろうし。


ただ、一方リプロパーツは海外製とはいえ、たくさん出ているので、ガンガン変えられそうです。
まさかレッグシールドまで売っているとは!
ありがたい話です。



個人的にC100は、お金を出して買える日本の文化財と思っています。
(と言うなら、海外パーツで補修するっていうのはあんまりかも)

バイク趣味が、健康で文化的になってきたぞ・・・!
さあ、どんな風にいじっていくかな。

憧れのバイクであるだけにとても楽しみです
Posted at 2017/10/09 22:44:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | C100 | 日記
2016年11月27日 イイね!

またしても不動車増車。その名はCB125JX!

またしても不動車増車。その名はCB125JX!またしても増車。ご近所さんからいただきました。

ベンリイCB125JX!
ネットで見たことはあるにはあったけれど、まさかこんな身近に存在していたとは。
しかも自分の手に渡るなんて思ってもみませんでした。

単気筒で10,000回転まで回り、14馬力を発生するエンジンを搭載。
大変珍しい機械式ディスクブレーキ。ディスクは穴無し。
CB90系らしいので、キックスタートにもかかわらず、点火はバッテリー式です。
ひさびさの5速。
なんとまあ太いエキパイ!
しかもタコメーター付きだときたもんだ。

夢が広がりますね。

とはいえあまざらしだったようであちこちガタが来てるんで、今日はさび落としに専念してました。
CB90系車両は初めてとはいえ、基本設計の似た、R&PとCB50エンジンをいじっていたころを思い出してて懐かしくなりました。

ベンリィをいじり終えてほっとしていたのもつかの間。
またお小遣いを切り詰める生活が続きますね。

さて、どんな風にいじっていこうかな。





Posted at 2016/11/27 22:32:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | ベンリイCB125JX | 日記
2016年11月13日 イイね!

ベンリィ冬仕様。

ベンリィ冬仕様。ベンリィが冬仕様になりました。

シールドとナックルガードがついてます。
安かったけど、今月の小遣い無くなりました(笑)


はじめての動画撮影・・・。


音が純正調なのがいいですね。
実際の音と若干異なりますが、音の雰囲気だけでも伝われば。

音飛びもなく調子は良さそうですね。


この程度の風防ならばちゃんと10,000超回りますよ。
最高速もほぼ変わらず。


でも見た目はちょっと・・・。
そもそもがCDだもんな!

ダサかっこいいバイクに仕上げよう。
カスタムはまた来月。
Posted at 2016/11/13 19:56:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | ベンリィ | 日記

プロフィール

「エイプ50シートとクラッチケーブルつけました。」
何シテル?   05/10 14:29
25にしてクルマに目覚め、30を前に遅まきながらバイクデビュー。 小遣いを切り詰めてガタピシ原付をいじる九州の原付おじさん改め、原付父さんです。 小排気量を...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

【なぜ古い車は排除されなければならないのか??】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/09 15:11:47

お友達

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB125JX ホンダ CB125JX
人生6台目の不動原付。 単気筒125クラス最高峰の憧れのバイク。探しても見つからなかった ...
ホンダ C100 ホンダ C100
大都会よりやってきた通算8台目のバイク。おそらく62年式。初めてバイク屋でバイクを買いま ...
ホンダ R&P ホンダ R&P
大阪府出身。年式不明。日常使いからメンテの勉強、免許取得への練習、初めてボアアップした思 ...
ホンダ モトコンポ ホンダ モトコンポ
千葉県出身。1984年式(推定)。初バイク。バラバラにオークションされていたパーツを買い ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.