• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

aioi241aiのブログ一覧

2017年09月20日 イイね!

漸く? 漸く! 1-4/「前夜」

漸く? 漸く! 1-4/「前夜」先週からというもの、いろいろ黄昏ていた...

家庭の何たる的なことも、その一因ではあったが、その後回復したりして、そして今、若干黄昏ているという...ね(- -;

先週、言ったことではあるが、スピーカーをバランスよく鳴らすための調整...

考えているより、かなり厳しいことを悟る??


クリアーしようとする条件が非常に難しいのか??


まあ、そんなこともあるであろう、調整用の音源...

そのための一つが、某方のおかげで見つけることができた。




このCDの楽曲は、高音の抜けは普通かもしれないが、加工しつくされているとは言え??、低音がかなり低いところまで録音されているということ。


他にはということで、昨夜もこんな音源も面白いかもしれない!?と提案した「椎名林檎」を今日試聴していた。



「椎名林檎/無罪モラトリアム」


ちょっと期待していた...


だがこれが迷走の切っ掛け...OTL


まあ、それというのも...


先週、予てより発注していた空輸されてきたものを漸く引き取りに行ってこれただからなのだが
( ̄▽ ̄;





重さ12kg...



帰宅してから、開封!




現在使っているサブウーファーと同じもの...

「SOUNDSTREAM T5.122」

1000W/2Ω DVC(デュアルボイスコイル)


私もこれの意味を知るのにか結構時間がかかったが...(^^;


要するに、500W/2Ωのスピーカーが二つという意味...

それが一つのスピーカーになっているということ...


結果として、いくつかの使い方ができる...(- -;


2Ωのスピーカーを直列につなぐと、4Ωになる。
つまり、500W/2Ωのスピーカーを直列につなぐと、500W/4Ωになるということだ。


その場合必要とするアンプはそれに見合ったアンプが必要ということ。

理由はどうであれ、8割の理論に基づけば??

400W/4Ω程度のアンプはあったほうが望ましいかもしれない。



が、現在入手したウーファー...

これが2発...( ̄▽ ̄;


結果、500W/4Ω×2...


1000W/2Ω...(500W/4Ωを並列につなぐ)


という単純計算が成り立つ...

まあ、500W/8Ωということもあるかもしれないがwww
(500W/4Ωを直列につなぐ)

尤も、500Wのアンプ4台使って、2Ωのスピーカー4発として使うというのが本筋かもしれないですが...(^^;


要は、用途に合わせて、どうするのか考える必要があるということ...


ただそれによって、ほかのところを組み替える必要があるということ...

やはり??


私としては...

最近、気になり始めていたことだが...




結果、現状...

1000W/2Ωになっているwww


これによって変えるべきところ...

それも結構シビアに考えないといけないところ...

現状の私の「T1.1300D」というアンプは、2Ω時の最大出力は900W
というところ...

普通なら「もうちょっと、出力が...」と思われるかもしれないが...

それより喫緊にしないといけなそうな点がある...


電源ケーブル...(T T)

現状私は4GAを使っている...

ここで考える...


最大出力時のケーブルの耐圧...


4GAの耐圧...

確か...

110A程度ぢゃなかったけ??


意外と少ない(T T)

つまりは...

900Wでもこのサブウーファーには結構ぎりぎりにも関わらず...


最大出力時には...


900W÷14V=64Aということになる...


「ぎりぎりセーフかな??」



これはサブウーファーだけではないから...


その他のスピーカーを考えないといけない!


フロントスピーカー...

リアスピーカー...

最大ではそれに外向け??


フロントスピーカー:120W÷14V×2=17.15A

リアスピーカー:150W÷14V×2=21.42A

外??:120W÷14V×2=17.15A


合計:119.72A...


結果...

フル出力はやめよう...という結果...



危険だから...( ̄▽ ̄;


まあ、それもそうだが...

サブウーファー調整で肝の一つに...
2Ωで動きやすくしたとは言え、とっても低能率...


ということが気になる...

それに!?


この手のサブウーファー(低能率・高出力)はあまり高域を出すのが不得手なスピーカーであるということ...


つまり調整する際...

ローパスはあまり高くできないし、「しっかりパワー掛けて、低いところまで鳴らすように、ゲインを調整しないといけない」

とは言っても、そうすることで、音の量感は増すが、質感と「音の芯」は曖昧になるように感じる。。。(- -;


で、ちょっと気になったので、リアスピーカーの音を消してみた。。。

結構悪さしているようだったwww




やはり基本の調整をしっかりやっていないと、スピーカーを増やしたり、途中に噛ます機器が増えて、調整の幅が広がると、分かりにくくなることを改めて感じた。


ただ、サブウーファー2発並列(2Ω駆動)にして良かったこと...

音の変化が1発より圧倒的に分かり易い!

最大出力には通常(特別に際しても)でも、サブウーファーの耐入力より圧倒的に低いので、安定動作が期待できる。

それに??

音の量感はやはり...


これなら??


と、悪いことを考えたりしそうだが( ̄▽ ̄;


とりあえず、基本に帰ることにした。。。




ともあれ、某氏と共通の試聴用の音源ができたこは、良かっと思った。








Posted at 2017/09/20 23:28:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | criativity | 日記
2017年09月10日 イイね!

漸く? 漸く! 1-3/「前夜の前夜」

漸く? 漸く! 1-3/「前夜の前夜」いい音源...

と、考えてみる。

オーディオの調整...
と一言でいうのは正直難しいと思うが...

音の入り口...

というと何を思い浮かべるだろうか??

音の出口は、言わば「スピーカー」ということになると思うが
確かに否定しているわけではないが、現状の私の考えではそれに加え「箱」だと思う。

箱の容積とスピーカーの組み合わせで、出す周波数を調整する。。。(決して吸音で音を調整するのではない)



フロントスピーカーにしてもサブウーファーにしても然り...

で、音を調整する目的...

録音されている音をいかに忠実に再生させるがための手段...

だと、つくづく思うのである。

「ドンシャリな音源は、ドンシャリにならないとおかしい」

「中間域が濃密な歌声は、そう聞こえないとおかしい」


ということになる。


「決して自分好みの音にするのが調整ではないと常々考えているわけなんだ」

「当初の録音がダメな音源は、ダメに聞こえる」←極端に言えば...


私が一生懸命やっていることは、車の中は一つのスピーカー??
と考えている。

いくつかのスピーカーを組み合わせて、一つのスピーカーをこしらえる作業だと思う。

そのうえで、「このスピーカーはいいね!」と思えるかが、至上命題だとおもうのだが...


でもこの調整...

特にそれぞれのスピーカーの得意な特性を引き出すには、アンプやヘッドユニットはあまり関係ないと思う。

というと誤解を生じるかもしれない。
( ̄▽ ̄;


要は、どんなアンプやヘッドユニットでも、これだけは外してはいけないポイントが複数あると思う。

各スピーカーの出力させる周波数帯域を自分の車に合わせて組み合わせていく作業。。。

これはどんなアンプを使おうが関係ない!



要するに、フロントミッドバスは私の場合、120hzのハイパス...

それに組み合わせるサブウーファーはどうするか...


そこでクリアーしなければいけないとされる条件...


「完全前方定位・低音の正確なキレ・音の量感・中音域の抜け・伸びる高音域」

「左右の広がり・音楽の臨場感...」

上げれば限がない...



これらの条件は、良いアンプやヘッドユニットだと誤魔化されやすい...
と、私は思う。


そもそも私の現状は組み合わせるスピーカー自体すべてそろっているわけではないので、目下修行中...

と言ったところか( ̄▽ ̄;



ただ、そのスピーカーを駆動させるアンプは、ほぼ組み込んでいる!?


いや違うな...

とっておきのメインアンプは山口の某所で眠っているw


ただそれは、今の調整がちゃんとできてから組み込むことになると思う。


ただ、調整の目的たる条件を満たすためには、各スピーカーの特性上、所詮30cmのサブウーファーは、いいところ50hz程度までの低域に絞らないといけない事実。。。

全てのサブウーファーがそうだとは言わないが、それより下の音を出すには、通常それより大きいサブウーファーを使うのが普通だと思う。


そうしないと、サブ―ファーの箱鳴りによる原音にない付帯音が出てきて、音の切れが悪くなり、音の濁りにもつながる。





でもそれを確実に調整しようと思うと...

50hz程度の低域までが明確に録音されていて、楽器の音がリアルに録音されている音源というのが必要になる。


で、たまたま先日私の過去のコレクション??を、たまたま車で聞いた...



それまでの調整が一発で間違いであることが判明してしまった。。。
(T T)

やっぱ、サブウーファーとミッドの組み合わせの調整は、突き詰めれば詰めるほど、難しいことが分かる。。。

音をタイトに鳴らすと、音楽の質感は良くなったように聞こえるが、量感は薄れる...


そういえば、過去某コラムで読んだことがあるが、6.5inchのスピーカー2発に対して、適正なウーファー面積は12inch、2発が必要であると...

とは言え、嘘か本当かは分からないが、現状その必要性を感じている...




いかんせん、この低能率のウーファーということもあるが...


その欠点を補うブツが今度の水曜に届く予定になっている。。。


ともあれ、それが届いたら...



調整が楽しみだ。。。




Posted at 2017/09/10 23:43:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | criativity | 日記
2017年09月02日 イイね!

漸く? 漸く! 1-2

漸く? 漸く! 1-2第1章 の2

やはり、人に聞いていただくにあたって、音源の良否は大切なのかと?思ったことがある。


先週末、友人に私のカーオーディオの音を聞いていただいた時は、音の厚みとボーカル域の聞きやすさを褒められたのだが、それでも物足りない極低域(50hz以下の帯域)の音を補完できないかと思って、今週水曜の週休の午後、予てより在庫していた「ベースコントローラー」という物を試してみた。



それと引き換えに、システムから外していたものの、ラックに装着していたクロスオーバー(MTX RTx-01A)を外した。



それでちょこっと調整...


「なるほど!」
「このベースコントローラーという物は、使い方次第で面白い使い方ができるな!」
なんて思っていた。



が!?

どういう訳か、どうにもならない「オルタネーターノイズ」が走り続け、止む無く、音声信号経路から外した。(ラックには付けたまま...)


ただ、某友人達からも、絶賛されていた「ドラムの音のリアル感や、ボリュームを絞っても、抜けてくる声」については以前コンテストに参加した時より、正直良くなっていた...

と思う。



まあそれでもサブウーファーを使っても、聴感上はせいぜい80hz位までしか体感できないながらも、多分フロントスピーカーだけに頼っている人よりは結構出ていると思う。


そんななんとも中途半端な状態だったのかもしれない状態で、昨夜...
某友人から「ちょっと聞かせてよ!」ということで、ちょっと自信ありげに「どうぞ!」と答えていた。


で、いざ試聴...

音源は、コンテストで審査された音源と、かの方が調整用にくれた「高音質な、ホテルカリフォルニア(ライブ版)」

最近、CDの読み込みがかなり怪しくなってきていたものの...

現在の「SOUNDSTREAM」のヘッドユニットで、聞いていただいた。



あまりに音飛びがひどく...OTL

ホテルカリフォルニアは、数分で試聴終了。。。
(T T)


「これはいよいよ国産ヘッドユニットへの交換を考えないといけないかもしれない。。。」


そして、コンテストで使用された、「宇多田ひかる/花束を君に」
「NIRVANA/Smells Like Teen Spirit」

続けて試聴していただいて...


感想...


「音の芯が感じられない。」と...


言われて気づく私...(T T)

「アンプの性能を言いたくはないが、多分これが最大要因のような気がする」


で、考えてみた!?

「音の芯...」

以前こんな記事を読んだことがある。。。


小口径のスピーカー程、音の芯が出やすい。


大口径程、音の輪郭がぼやけやすい...


ということ。


で、今日...


私の親方が言っていたことを初めて実践することにした。。。


簡単に言うと??(簡単ではないかもしれないw)

かぶせるスピーカーを増やしてみる!?



言うなれば、「フロント2way+サブウーファー1wayを...」

「フロント2way+リア2way+サブウーファー1wayに」してみることに!?


それには理由がある。

経験則から、フロントスピーカーの出せる低域とサブウーファーのローパス周波数のことだが、サブウーファーが私の場合リア最後方に設置しているのだが、ローパス周波数がかなり低域でカットすると結構な音量にしないと、フロントスピーカーと音が混ざらない...

というか...


「上手く表現しずらいな」

一番大事な100hz周辺の音の出が、弱い!(多分、大多数の方が一番考えているところかもしれない)


そこが弱いと、どんな音源でも「ドンシャリ」になってしまう。
加えて言えば「ドンシャリな音源は、シャリしか聞こえなくなる」

なら、そこが上手くつながるように、サブウーファーの音量を上げれば??
と考える方は多いと思う。。。

だが、そこまでサブウーファーの出力を上げると...

後ろで音の存在感が増す。。。(おそらく、150hz付近の帯域だと思います)


こんなことはどのカーオーディオ関係コラムや、ブログ、はたまた参考書籍にも書いていないと思う。。。(私は見たことがない)





で、これの対策...

サブウーファーのローパス周波数を上げて行き、その存在感が消えるまで上げると...

結果私の場合は125hzだった。

嘘と思うかもしれないが、これが結構楽しい音響になる。

だが、これだと確かに質感が落ちたような音になる。。。


で、親方が以前教えてくれた一つの方法が、リアスピーカーを100hz付近の音の補完に使う。(とは言っても、100hzハイパスにはしないが)

そのうえで、サブウーファーの低域をかぶせる手法。

この方法は確かに「レバノンの某カーオーディオショップさん」のことろでもやっている手法だった。(後ろで鳴っていていても関係ない仕様はこの限りではないがwww)

そういえば、同じ方法を「某支店さん」もやっていたと記憶している。。。



という訳で今日...

結局、クロスオーバー再設置...
( ̄▽ ̄;




台風はどの辺を通っているのだろう...
というような、昼下がり...









こういう時の作業は、このラックのおかげで、かなり楽にできるようになった。(配線はシステム構成が決まったら、おいおいやって行く予定w)


で、スピーカーバランスの調整...

まずリアスピーカーの音量調整(適当に、前方定位になるように音量調整してみただけ)

なるほど、低域の量感(中音域の厚み)はほどほどに出ている感じがする。


が!低音は当然弱い
(T T)


そのうえで、サブウーファーを被せていく...

32hzローパスからサブウーファーの音量を上げて行く(ゲインは暫定的に4vでそろえている)

音の繋がりが出るように上げたら、すごい爆風のような音が後ろから前に飛んできた!?(〇 〇;



「そうよこれ、これ!」

久しぶりに感じた、音圧!?


もうね、音の締まりとか気にならなくなるような、低域...


「やっぱ、私は中毒患者...、のようだwww」



とは言え、やはり後方から聞こえる音は、「あってはいけない!」という方々がいるのも事実なので、やむなく調整...

結局、50hzローパスで我慢...(T T)


「あ~残念...」と思ったが、所詮ここまでやっても聴感上は80hzまでしかフラットにならない...

が、普通ならこれで満足できる音響だと思う。。。


だが、ここでもう一度、昨夜のことを考える...

「音の芯...」


ほとんどのラインケーブルを抜いて、フロントスピーカーだけで試聴してみた。。。

中間域の音像がほとんど変わらない!?


「これって、音源がそういうことなのか!?」と思った。。。
(〇 〇;


結局...


昨夜某氏が言っていたことに愕然とした。。。
OTL


音源の良否ってこういうことなのかと...


だが、オールラウンダーという訳ではないが、どんな音源でもそれなりに聞ける音響を作るためには、この音の繋がり理論は多分最重要なのかもしれない。



第1章 の2 終わり














Posted at 2017/09/02 23:52:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月26日 イイね!

漸く? 漸く!

漸く? 漸く!第1章

それは最早先週の土曜日の話...

横浜の某ショップに集まりし者たち3人

趣味の話に興じたりしていたのだが!?

そのうちの1人の車に仕込まれたニュースピーカーの話と今後のシステム構築の話をしていた。。。



そのうちの1人の話だと、アウター風インナーで取り付けられたそうな

見る人が見ればわかるそのスピカ―はいかにも純正然とした見た目...

その時...


スピ―カーを収めるドアの話をしていたような気がする。


ドアの作りや容積でスピーカーの鳴りは変わる...

そんな話だったと思う。



とは言えこのスピーカーを納し車は...





最近ではちょっと珍しい?こんな車だった...


ちょっと「コツコツ」と軽く小突くといい反響がしたような気がした。

それが結果としてどんな影響をするのか私は興味があった。


ただここに訪れたオーナーは違う目的があった...


まあその内容は割愛するが、3人のうちの1人がいろいろ作業していたため残りの2人は、若干暇を持て余していた


ということもあり、そのうちの1人の車のオーディオをこの車のオーナーに聞いてもらうことにした。

そのオーディオを乗せた車は「トヨタ カルディナ」...(それが私の車である)

聞いてもらったそのオーナーは、私をカーオーディオに引きずり込んだ以前ブログで書いたその人である。


彼は根っからの「PHASS信者」である。

そのスピーカーの真の音色がかなり好きらしい。

そのため彼はPHASSの10cmのスピーカー単体をちょっと良さそうな?スピーカーボックスに入れ住まいにセットしている。


もともと彼はそのスピーカーの描き出す音楽を車の中でも...
と考えていたが、私の影響で?最近は少し柔軟な考えに変わったと思う。

ただ彼は「濃密な中高域の音にはこだわりが」あるようなので、その点についてはいつも私のシステムの感想を聞くことにしている。

そして今回の私の調整は...


彼によると...


「かなり聞きやすい...」という感想のみだった。

それに彼の素直な言葉だと思うが「完全に前方定位している」というものだった。

私のブログを読んで頂いている諸兄からすると「そんなの当たり前」と思われるかもしれないが、これがそうでもない。。。


先月のイベントで上位入賞していたある方の車は、完全前方定位ではなかった。
それでも敢闘賞をとっていた。(車は某日音響的、大音良仕様だった)

私はその時の車の音を聞かせていただいたのだが、一言で言えば「突き抜ける中高域と推定35hz程度まで聴感上感じられる低域」だったと感じた記憶がある。

ただ、完全前方定位はどうも難しかったようである。

でも、音楽の楽しさは群を抜いていたと思う。



そのため目下の私の目標は、聴感上できるだけ歯切れのいい低域を出しつつ、突き抜ける中高域を可能にするサブウーファーの調整を完全前方定位にすることに変わりつつある。

ただし、音楽の質感と量感バランスをとりつつということになる。


そういった意味で、私の友人のこの時の感想は、私の調整が的外れではないという自信をくれた。


その後、ショップでは、彼の車のシステムアップの話をしていた。

純正位置のスピーカーレイアウトがかなり考えられていたと思う。
現状彼の車のスピーカーはフロントスピーカーのみ変わっていたのみで、それを純正ヘッド内臓アンプで駆動しているのみのシステムだそうな。

それ以外のスピーカーと言えば、後部座席の両サイドに所謂リアスピ―カーがあり、後部ヘッドレストの裏に左右ステレオサブウーファー(16cm)が仕込まれているらしい。

それで結局答えは出なかったが、4chアンプを入れるのが濃厚なような話になった。

そして、帰りに彼の車の音を聞こうという話になっていたが...


「突然のゲリラ豪雨」

残念だったが、それはまたの機会になった...




今週の水曜、私は気になることがあった。

以前、私にラインケーブルはかなり音に影響するとお教え頂いた「乙ちゃんさん」からいただいたラインケーブルをサブウーファー用のアンプへつながるところを数種類つなぎ変えて試していた。


と言っても、使っていない3種類のケーブルのみだったが...

それまでつながっていたケーブルは、音楽スタジオ用に設計されていたピンケーブルだった。



被覆が極めて硬く、縒り合された単線のケーブル...
だと思う。

音的には結果から言えば質感と量感のバランスが3種の中では一番いいような気がした。


だが、正直びっくりしたのがこのケーブル...



音の質感がびっくりするほど変わった。

たかがサブウーファーの出す低音と思われるかもしれないが、位相のずれが試した3種の中では一番よく私でもわかった。

それだけ音の芯と輪郭が明確に分かった。
(後で聞いたが、7芯の縒り合せケーブルだそうだ)


そして今日これを使ってサブウーファーの音とフロントミッドの音のすり合わせをしていた。


「やはり...」


と思ったことがあるが、それもここでは割愛...


結果ではあるが、どういう訳か...

70hz位までは低音が聴感上伸びている。(スマホアプリで計測した結果)

再生する楽曲にもよるが、これが完全前方定位で出せる限界かもしれない。。。(密閉型サブウーファーボックスに限り)

「親方ダメな弟子でごめんなさい」と心の中で呟いていたと思う。




とは言え、音の出口に近いところの一部のラインケーブルを変えただけでここまで変わるのは一歩間違えれば、「どの音が原音なのか分からなくなる要因をはらんでいる」。

ですが、音の解像度や雑味を消すという意味ではこれはかなり重要だと感じたこの一週間だった。


そういえば、来週あたり本国から漸く注文していたサブウーファーが1発日本に届くそうな...


発注から確か5か月が過ぎようとしており既に夏が終わろうとしているが、ここまでの調整の勉強成果が生かせるだろうか。。。

( ̄▽ ̄;




Posted at 2017/08/26 23:34:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | criativity | 日記
2017年08月16日 イイね!

RAINY DEVIL

RAINY DEVIL皆様は、お盆どうお過ごしだっただろうか??

ともあれ私は現実逃避できた6連休だったと思います。。。(- -;

ま、いろいろあり過ぎて...(T T)

とは言え、画像のホーンの使い道は未だ決まらず...

と言っても、何もなかったわけではない!?

とりま、カーオーディオのボーカルの抜けと低音の増強に関しては、一応の決着はついたと思います。

というのももも...

音の切れという点では私は今のままでも十分かと思いますが、どうだろう
( ̄▽ ̄;



とは言え、定期ブログうPが滞ったのにはいくつか訳がある...

「某電子書籍的な何かに嵌って、毎夜数時間夜なべしてしてしまったwww」(興味のある方はurlお教えします)

といのと、予てより気にしていて頂いていた海外の?方から初めてコメントと、私の記事をシェアしていただき、一気に距離感が縮まったと...

勝手に勘違いしてます(爆




元ネタはこれなんですが、予想以上に反応がすごかった(〇 〇;

後ろの「SOUNDSTREAM」のロゴをレインボーカラーに変えただけなんですが...

「よー分らんw」


でも意識してしまうのは、むしろその方々の仕込み...

なぜか不思議ですが、何をやってもまとまって見えてしまう。。。





爆音圧仕様の方...(なんかヘアトリックできるみたいなwww)



これはその彼女さんの車...





ハイセンスなテキサスの方...



レバノンの仲良しおじさん?の製作したお手軽内向き+外向き仕様...

なぜかどれも気になる...

そんなこともあって、調子に乗ってみた...




どうもレインボーカラーの評判がよかったようです(^^;


ともあれ、まともに一日自由な日は昨日だけだったですが、ちょっと遠出しました!



混んでいるのを承知で、6時間走ってサブウーファーの調整にはちょうど良かった!?w

でもって...

こんなのどうだろう...

125hzがクロスポイントになりましたとさ...

ともあれ、また一歩上がった感じの音になりました。。。(あくまで個人的な感想)

ただ、左右の位相のずれがまだ残っています...

音がまとまらない...

これって多分ツイーターかと思います。

完全に左右に均等に広がらない...

ただ現状のツイーターの位置で中音域と高音域の音の谷は作れているので、中音域のリアル感と聞きやすさは確保できている。。。

だから難しいのだけど...


やっぱりなんだけど、ツイーターの向きと高さ調整で音の繋がりと意図的な音圧調整でやらないと、伝達されてきた音の再現は難しいと思います。

要は、ホームのオーディオではアンプからケーブルつないでスピーカーで音を出すというところが、カーオーディオでは個々の車に合わせてスピーカーの位置調整をして個々のスピーカーの得意な帯域を合わせていく音響を作らないといけないと思います。

要は何を再生しても「ドンシャリ」になるのは、間違いで「ドンシャリな音源はドンシャリになる」が正解なんだと思います。。。



という盆休み最終日の昼下がり...


洗濯の続きしよ...

( ̄▽ ̄;




Posted at 2017/08/16 15:15:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | criativity | 日記

プロフィール

「漸く? 漸く! 1-4/「前夜」 http://cvw.jp/b/2319499/40443536/
何シテル?   09/20 23:28
aioi241aiです。よろしくお願いします。 オフラインで、色々なところに出没しますが、不快に思わないで下さい。m(_ _)m リア友の紹介で、み...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

シールドテープチューン オーディオ編1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/28 01:00:36
人の外見と心(アンプの役割とPHASS定電流アンプのメリット・デメリット) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/28 23:54:21
カラオケ(マイカーのオーディオの考え方と内張のお話) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/28 23:47:22

お友達

時間的制約があるため行動範囲はかなり限定されてますが、私の価値観を理解していただけるようなブログを挙げております。( ̄▽ ̄;

基本車ネタメインの健全なみんカラスタイルに修正してきました??
そんな者でも相手にしていただける方でしたら、ぜひお願いします m(_ _)m
74 人のお友達がいます
YS1986YS1986 * ksjetksjet *
赤π(あかぱい)赤π(あかぱい) * AxeloidAxeloid *
龍聖龍聖 * 苺野しずく苺野しずく *

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カルディナ 響音奔流さん (トヨタ カルディナ)
13年目ですw 装備らしい装備?? *電気系 ・RIZZ スーパーフューズ (お ...
トヨタ その他 トヨタ その他
画像倉庫
トヨタ カルディナ エリオ さん (トヨタ カルディナ)
イベントの時は化けます!(マグネットステッカーでペタペタ) イベントで、後ろから音出し ...
トヨタ カルディナ トヨタ カルディナ
トヨタ カルディナに乗っています。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.