車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月29日 イイね!
 車は好きだけど、車だけが趣味ではない、という人にはうってつけの車だと思います。趣味は一にも二にも車、という人は少し物足りないかもしれません。車で走るのが好きだけど、アウトドアの足としても使いたい人には最高ではないでしょうか。
 個人的に、弄ってかっこよくなる、というイメージが湧かない車でした。私はレガシイを何台か乗り継いでましたが、正直、スバルの車を「格好いい」と思って買ったことは一度もありません。格好悪いと思ったこともないのですが、とにかく、外見はどうでもいいと思っていました。
 このフォレスターも、外見については気にしていませんでした。ノーマルの外観で気軽に乗れるところも気に入っていました。趣味のお金はまず車にかける、という人には向かないような気がします。
 諸般の事情で三か月で手放してしまったため、偉そうに語るほど走りこんでいないのですが、高級感あふれるSUV車が主流の昨今、アウトドアの道具としてガンガン使え、走りも楽しい車は、このフォレスターくらいではないかと思います。
 私が20代のときは、冬といえばスキーでした。その頃にこの車があったとしても、当時の給料では買えませんが、もしその頃この車を所有していたら最高だったと思います。
 偏った私見ながら、この車は、多趣味な独身30代の男性にピッタリではないでしょうか。車にも他の趣味にもある程度お金がかけられる人には楽しい車でしょう。家族持ちで主に家族での移動に使うような車ではない気がします。
 追従走行以外作動させたことはありませんが、アイサイトは素晴らしい装備です。頼って運転するのは論外ですが、事故はありとあらゆる手段で回避するものだということを考えると、自動ブレーキを否定することはないと思います。
 
Posted at 2017/03/29 22:20:32 | コメント(0) | クルマレビュー
2017年01月09日 イイね!
 昨年、転勤に伴い千葉県北西部(松戸市です)から兵庫県ITM市に引っ越してきて九か月経ちました。越してきて初めての正月を迎えました。

 来て早々、自転車の多さに圧倒され、運転するのが怖くて仕方なかったのですが、ようやく慣れました。ITMは坂がほとんどないので、自転車が多いんですよ、とディーラーの方が教えてくれました。
 C葉マツダの方がこちらの販売店に連絡を取ってくださったので、新しいディーラーの担当者の方もすんなり引き継いでくれました。

 今日は妻が出かけて不在。お昼は適当に食べてきて、ということで、淡路島まで行ってきました。洲本の「魚増」。たこ天丼で有名だと職場の人に聞いていたので、一度行ってみたかったのです。
 妻と二人だと揚げ物禁止になるので、これ幸いとばかり、たこ天丼を食べようとしたのですが、お品書きを見た瞬間、「魚増定食」を頼んでしまいました。
 値段は1,600円と張りますが、刺身もタコも食べられるということで、つい頼んでしまったものの、さすが遠方からお客さんが来るだけあります。
 店の方も親切でしたが、関西の方は本当に親切です。

 去年の四月転居してきたとき、最初にガス会社の方が開栓作業に来てくれたのですが、妻と二人で「ガスコンロはどこで買おうか」と話していたところ、ガス会社の方が「それなら、近くにコーナンとかホームセンターがありますから、そこで買えばいいですよ」と割り込んで教えてくれました。
 関東の人は、人の話に割り込んでくることはしないのです。「割り込んで」という言い方は少し感じ悪い言い方ですが、訊かれていないことでも親切に教えてくれる、という経験は少なくとも千葉在住のときはありません。

 それはさておき、妻のいない間に淡路島へ行って帰ってこれるのには本当に感動します。松戸から一時間で行ける場所がせいぜいどこまでだった、と思うと、車好きにはたまらない環境です。

 13日から、尾道~今治~高松へ旅行に行きます。

 瀬戸内の牡蠣が食べたいと、引っ越してきてからずっと考えていましたが、広島市へは少々遠いのと、しまなみ街道を走ってみたかったこともあり、尾道からぐるっと淡路島を抜けて帰るコースで計画しました。
 妻は地元のスーパーに行くのを楽しみにしています。夫婦最大の楽しみは、最終日のうどんです。二日目は高松に泊まって骨付鳥を食べる予定ですが、翌朝のうどん、昼のうどん、とうどん二連発の予定です。
 骨付鳥はどこが美味しいのか、ネットで検索するとすぐに出てくる「一鶴」か、他にあるか職場の人に訊いてみます。
 

 




Posted at 2017/01/09 17:21:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | 暮らし/家族
2016年10月16日 イイね!
 けっこう前の話ですが、

 雑誌で、現行フォレスターのことを、「質感は輸入車に及ばない」と評されてました。
 丸囲みの写真の編集者?も「質感がね」だと。

  現行フォレスターは、ひとつ前の愛車です。諸事情で三か月で手放してしまいましたが、車自体は気に入っていて、今までで最高の車でした。
 パワー、乗り心地、燃費、価格のバランスが取れた素晴らしい車です。

 今時の欧州車は、2リッターのターボ車でも相当燃費がいいのがあるらしいですが、まあ2リッターでカタログ13キロなら十分でした。280馬力もあるんだから、それだけ走れば十分だと思っていました。
 質感がね、って、そもそも私は質感なんてあまり気にしたことなかったのですが、もし内装にお金かけてたら、もう私には買えませんでしたよ。300万で買えるんだから、そんな贅沢言う気にもなれなかった。

 24年前、初めて買った新車はRVRでした。初めて窓がスイッチで動く車でした。ぐるぐる回さなくても、窓が開閉するのに感動しました。
 エアコンも、温度を設定すれば自動的に冷えたり暖かくなったりしました。自分でレバーを調整することもなくなりました。
 質感は、はっきり言って、今思えば質感以前のものでしたが、当時そんなこと考えもしませんでした。
 当時バブルがはじけた後でしたが、当時の車の内装はどうだったか、あまり覚えていません。それなりに凝った内装の車が多かった気もしますが、「そういう車に興味がなかったこともあり、覚えていないのです。

 当時欲しかった車は、ランサーGSRでした。まだエボが出る前の1.8リッターのターボ。ドアが四枚もある車は夢の車でした。(EPは3ドアだったので)
 とはいえ、当時安月給の身で、買えるかどうかぎりぎりでした。当時残業だけは多く、お金は少しずつ貯まっていましたが、もう少し貯めて買うか、と考えながら、「ミラージュにするかな」とも思うようになりました。
 まだ1.6クラスがパワー競争している時代、MIVECエンジンは160か170馬力出ていたような記憶がありますが、同時に、世の中はRVブーム。レガシイ、カルディナ、アベニールとワゴンが中心で、今時のSUVというのはまだ出てなかったような。パジェロとかサーフとかは乗る気になれませんでした。
 ランサーかミラージュかRVかというのも節操がない気がしますが、同時期、RVRスポーツギアが発売されました。
 RVRをちょっといかつくしただけの車でしたが、「この車で釣りに行ったら楽しいかな」と想像するようになりました。

 結局予算の兼ね合いで、もう少し待つか、というとき、ミラージュを見に行こう、と環八沿いの三菱ディーラーへ。
 当時都心の独身寮に住んでいて、近くのディーラーはあまりにも狭いので、環八沿いに。

 ディーラーに入ると、案内してくださったのは、女性の店員。この方が、すごく綺麗な女性でした。「こんな綺麗な女性が世の中にいるの?」と仰天した私は、その後何を話しかけられたか覚えていないのですが、RVRがマイナーチェンジして160馬力になったことを知りました。
 私がスポーツギアを欲しくなったのは、RVRが140馬力なのに対し、スポーツギアになると160馬力になるとうのも竜でしたが、背面タイヤの付いていない普通のRVRも160馬力と知り、とりあえず見積もりを作ってもらいました。
 「今年末でほしいときでもありますので、もう少し値引きします」と言われながら、今にして思えばいくら引いてくださったかはあまり覚えておらず、気が付いたら契約していました。
 その営業担当の方の美貌に落とされたのか、RVRの魅力に惹かれたのか、とにかく、平成4年の12月、初めて新車を購入しました。
 
 パワーウィンドウ、オートエアコンという、夢の装備に加え、CDが聴けるという超高級車を買ったのです。
 いよいよ納車の日、ディーラーに行くと、あの美しい担当の方が迎えてくださりました。
 一通り説明を受けた後、ディーラーを出るとき、緊張のあまりエンスト(MT車でした)。
 その晩、夜通し走り回りました。CDの音に感激しつつ、手持ちのカセットテープもこれでもかと積み込みました。

 年が明け、年賀状が担当の方から。「このたびショールームに異動となりました。」
 えー?がっかりだけど、綺麗な人だからなあ、あんな女性がショールームにいたら映えるだろうな、と少々残念でしたが、平日は夜中まで残業し、休日は夜な夜なドライブという日が始まりました。
 
 四月になり、人事異動で、連夜の残業から解放され、さて自分の車でいろんなところに遊びに行こう、と思ってたのですが、その後、仕事、私生活とも、うまくいかない日が続きました。
 失恋、職場の人間関係、仕事の失敗、まあまだ24歳の若造があれもこれも順調にいくわけないのですが、当時、「なぜ自分だけ周囲と違うんだろう」と悩む日々の連続。
 そんな生活を救ったのは、愛車RVRでした。ひとりでぷらぷら、別に峠を攻める車でもなく、だからといって、一緒にキャンプや釣りに行く人はおらず、単に一人で運転するだけでしたが、RVRは文句も嫌味も言わず、私の操るままに走ってくれました。

 その年の夏は記録的冷夏で、ご飯もタイ米を食べる羽目に。当時住んでいた独身寮は安月給の身にはありがたかったのですが、四畳半一間、トイレ、風呂は共同。風呂は週に三日、それ以外は銭湯に。自炊設備はなく、賄さんがいるはずなのに、認知症で辞めてしまった後、後任の方は見つからず、都心という物価の高い土地で休日の夕食は外食する羽目に。たいした食事じゃないのに900円も千円も払うのはきつかった。
 平成5年を思い出すと、今でも嫌な思い出しかありません。今でもそうですが、人間関係をうまく築くことのできない自分の欠点を突き付けられた年でした。
 結局梅雨明けすることのなかった冷たい夏の思い出です。

 車の質感のことを考えているうちに、なぜか初めての新車のこと、その頃の出来事を思い出してしまいました。

 昔のほうが良かったこともたくさんあります。今のほうがいいこともたくさんあります。
 周囲がみんあ張り合うようにローンを組んで、分不相応な車を買ってた頃。自分のRVRも不相応ですが、パルサーGTI-R、スープラ、スカイラインGTS、レガシイツーリングワゴンGT、ビガー、周囲の若い人は結構いい車乗ってました。
 今は頑張って買いたい車がないのか、車自体高いのか、別のことにお金使いたいのか。
 今住んでいる土地はまだ車社会なので、若い人も車好きな人は多いような気がしますが、それはともかく、今の人のお金の使い方が賢いのか、つまらないのか、私にはわからないことです。

 昔の車が魅力的だったか?私の若いころは、今思うとやわなボディにハイパワーエンジン、ABSなし、エアバッグなし、RV車には、万一の歩行者との接触を無視したバンパーガード(私のRVRも)。
 
 14年前、当時乗っていたレガシイで高速を走っていた時、同じBHが事故で大破してました。前方が激しく潰れているのにキャビンは保護されていて、運転手らしき人は車外でおろおろ。
 平成初期の車だったら、運転手は助かっていたかどうか、車の安全性の進歩に変なところで驚かされました。

 昔逆走って聞いたことないような気がします。アクセルとブレーキの踏み間違いも。
 就職したとき50いくつだった上司も、今は後期高齢者です。あの頃パワフルで怖かった上司も、今道路に出ると、年齢だけで危険人物と判断されるような立場になっています。

 誰もがクルマ好きだった時代が過ぎても、今はネットで仲間が見つかります。このみんカラもそうですが、他にも一緒にサッカーやりたい仲間、フットサルしたい仲間、ネットは便利です。
 どんなものでも便利になればなるほど悪用する輩もいますが、昔あの頃ネットがあれば、と思うことがあります。

 話が次々に飛びますが、平成7年、福岡に転勤しました。やっと周囲と馴染んだ頃でしたが、この汚い独身寮から出たい、そんなときに、転勤の話があり、引っ越すなら一度遠いところに、と安易に打診を受けました。
 今でいうコミュ障の私にとって、地方事務所の独特のしきたりは馴染みがたいものがありました。
 今は地方事務所と中央との異動は活発にありますが、当時、地方事務所は、いわゆるお局様など地元から出ないことを前提に勤務している人がほとんどでした。
 それでも知り合いは職場にしかいない自分にとっては職場の人と飲みに行くしかありませんでした。
 そのとき今のようなネット社会だったとしても、私のような人間が、その利点を活かして楽しく生活できたかどうかは怪しいのですが、ネットがなければ妻と知り合うことは絶対にありませんでした。
 その頃も結局、休日は独りでドライブでした。CD-ROMのカーナビを頼りにあちこち走り、玄海の波を見に行き、労働組合の当番で日田温泉に行ったりと、せっかくの九州なのに、存分に楽しめませんでした。急に残業がなくなって手取りが減り、高速はあまり使えず、遠出ができませんでした。

 二年前結婚し、この四月に妻と転勤で関西に来ましたが、職場は職場、家に帰れば妻と楽しく生活ができるようになりました。

 みんカラに入って、オフ会は一度だけです。それも10分で退場という失礼なことをしました。
 関西に来て、妻の祖母が亡くなったり、出張が入ったりと、まだオフ会に参加していません。全国オフは万難を排して参加すべきでした。まだ顔を見たことのない私にコメントをくださる方に挨拶申し上げなければならないのに。

 車の質感の話が、わけのわからない話になってしまいました。

 私の人生は車なしでは語れません。いいことも、悪いこともありますが、車はそばにいてくれました。

 絞めの一文が思いつかないので、ここで終わりますが、これからも、皆様よろしくお願いします。  
 
 







Posted at 2016/10/16 19:12:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年08月05日 イイね!
 愛車の初回車検が終わりました。
 車検は盆明けの予定でしたが、少し早めて先月末にディーラー様に預け、昨日の木曜日に戻ってきました。

 愛車アテンザワゴンを買ったのが3年前、納車直後に妻と運命?の出会いがあり、さて愛車でデート、と意気込んだものの、「ひたちなか方面ドライブしない?」と誘ったら、「私、ひたちなか嫌な思い出があるの」と言われて頓挫。
 交際前一人でプラプラ走っていた筑波山周辺は、妻の地元に近過ぎ、わざわざ渋滞に突っ込むことないと、他のドライブコースも却下され、もっぱらデートは私のゴミ屋敷アパート。(何してたんだか)

 妻の両親に会ってからは、堂々と妻の自宅に車で送れるようになりましたが、車で一時間もかからないところでしたので、付き合っている間は、つくばエキスプレスの某駅から自分のアパートまでの送迎、自宅へ送るくらい。初めて行った箱根も北千住からロマンスカーで。

 結婚後、一番遠くへ行ったのは、宇都宮へ餃子へ行っただけ。渋滞の嫌いな(私だって嫌いですが、勤め人は混む時期しか休めない。)妻は、車で遠出したがらず、せいぜい阿見のアウトレットにたまに行くくらい、越谷レイクタウンも、川を挟んだ隣町のコストコもららぽーとも電車で行きました。
 
 あとはたまに私が一人で釣りに行くか、サッカーの試合に二子玉川へ行くくらい。車が可哀そうです。

 この四月に、松戸市からITM市に引っ越してきました。まずは500キロの道のりを自走。
 ここで初めて愛車の素晴らしさを実感。燃料は半分も減らないし、大トルクの余裕の走りで運転は楽。いままで愛車に申し訳なかった。

 五月、垂水のアウトレットへ。伊丹空港で妻の友人夫婦と食事した後、急きょ、仕事用の靴と上着を買いに行きました。阪神高速デビュー、少し緊張しましたが、首都高に比べると走りやすい。
 連休中だったので帰りは渋滞でしたが、関東の渋滞を想像していた我々夫婦は、「意外と混んでいないね。」転勤してよかったと改めて思いました。

 ほどなくして妻の祖母が他界。ごたごたして車で外出する機会が減りました。

 落ち着いてから明石に行き、6月に念願の淡路島上陸。自宅を出て一時間で「もう淡路島?」と夫婦ともどもまた驚きました。松戸から妻の実家のM谷市への所要時間と一緒でした。
 淡路島で買った梅で作った梅ジュースは、今飲みごろになりましが、さすが南高梅だけあって、味が違います。
 他には三田のアウトレットへも。あと淡路島の帰りにまた垂水のアウトレットへ。たつの市の道の駅と姫路の漁協直売所にも行きました。

 妻が四十九日でいない間一人で篠山に行ったり琵琶湖近くに行ったりもしました。妻には申し訳ないですが、久々の一人ドライブは楽しかった。
 エキスポシティのららぽーとへは30分で行けました。松戸にいたとき柏の葉のららぽーとへ30分かかりましたが、同じ所要時間。

 六甲山と有馬温泉は一般道で一時間。松戸にいたとき一時間でどこまで行けたか思うと、もう感激です。

 尼崎のコストコへも30分弱です。松戸から三郷のコストコへは車だと一時間以上かかることもありました。

 引っ越してきた当初は、道路を縦横無尽に走る自転車が怖かったのと、やはり走り慣れない道のせいか、i-Dmのスコアは信じられない数値を連発しましたが、今では4点台が普通に出せるようになりました。(慣れてる道ほど怖いので気をつけますが)

 引っ越してきてあちこち走ってますが、意外と長距離は走ってないような気もします。琵琶湖とたつの市が長距離といえるくらいでしょうか。

 関東にいたときは、オフ会にほとんど参加できず、唯一のオフ会は妻に呼び出され5分で失礼しました。(主催者の方には本当に失礼でした。)
 
 こちらに来てからも、出張が重なったり実家の用事などでオフ会に参加する機会をことごとく失しましたが、全国オフは参加したいと思っています。
 今から妻に申し出て当日は自由にさせてもらいます。

 ITM市に住めて本当によかったと思います。コストコもららぽーとも近く、電車で梅田へもすぐ。勤務地の三宮へもすぐ。

 当分関東に戻る気はありません。車好きにとって、こんな天国のような場所はそうそうないと思います。
 

 

 

Posted at 2016/08/05 08:35:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年07月31日 イイね!
妻の誕生日 30日土曜日、妻の誕生日でした。

 普段からあまり大したことはしてあげてないのですが、せっかく兵庫県に引っ越してきたので、六甲山に一緒に行きました。
 
 その前に、朝一で尼崎のコストコへ。うちは毎朝、結婚前スタ△で働いていた元バリスタの妻がコーヒーを豆から挽いて淹れてくれますが、コーヒー豆はコストコでスタバの豆を買っています。
 9時半に着いたので、まだ開店前かと思ったら、既に駐車場の車の中には人がいない、ということは、車で開店待ちをしている人はいないようで、開店していました。
 コストコではいつもコーヒー豆以外買わないのですが、珍しくティラミスを買って帰りました。
 
 コストコから帰宅してもまだ11時前。松戸に住んでいたときは、川渡ってすぐの三郷のコストコに行くのに車で一時間以上かかったときがありました。江戸川にかかる橋が異様に渋滞するのです。それ以来コストコには日曜の夜夕食後に行くか、妻が平日の日中電車で行っていました。
 尼崎のコストコは車じゃなければ行けないような場所にありますが、行って帰って一時間です。

 昼食後、伊丹市のスマイル阪神という農産物の直売所へ。野菜を買ってその足で六甲山に行く予定でしたが、妻が「アイフォン(家に)忘れた!」ということで、野菜を買いこんでから再度帰宅。
 野菜は週末ここで買うのですが、さすが直売だけあって、安くて新鮮です。朝行くといつも左車線は駐車場待ちで潰れてしまうほど賑わうので、最近はお昼時に行きます。

 帰宅後野菜を置いて、六甲山へ。
 高速は使わないで行ってみようということで、宝塚を抜けて六甲山へ。
 川沿いを上って行きましたが、宝塚市の住宅街の家々のすごいこと。「みんな家がでかい!」と妻が驚いていました。
 山を登って行くと、自転車の方々が必死に登っていました。日ごろ鍛えている屈強な方々にはびっくりです。所々自転車が走っているので、コーナーの出口は慎重に、途中からゆっくり走るセダンの後ろに付いたので、ゆっくり走りながら、ガーデンテラス(?)に到着。

 さすが山の上、風が涼しく気持ちいい。展望台から大阪と神戸の街を見下ろすと、絶景が広がっていました。写真を撮り、六甲サイダーを飲みながらプラプラ。
 ジンギスカンの店やおしゃれなカフェもありました。当初の私の計画では、夕方来てグラニットカフェで夕食を食べる予定でしたが、妻から「(値段が)高いからよそう」ということで断念しました。

 「次はどこ行く?」ということで、有馬温泉へ。芦有ドライブウエイを通って有馬へ。ここは自転車がいないので幾分安心して走れるのですが、スピードを出してコーナーを曲がると妻が怖がるので、慎重に走り抜けました。
 有馬温泉着。それなりに混雑していましたが、関東の温泉地に比べると、あまり混雑しているようには感じませんでした。やはり関東はどこに出かけるにも疲れます。関西に来て、一気に走行距離は増えました。先日エキスポシティのららぽーとに行きましたが、30分で着き夫婦でびっくりしました。前住んでいたところから柏の葉ららぽーとへ行く所要時間と変わらないのです。しかも柏の葉より圧倒的に広いですし、いろんな施設が充実していますし。

 有馬温泉を散策。さすがに暑くて温泉に入ろうとは思わなかったのですが、こんな温泉地が自宅からすぐのところにあり、またまた夫婦そろって感動。松戸に住んでいたときに時折行ったスーパー銭湯と同じ所要時間で行けます。涼しくなってからが楽しみです。

 17時になったので帰路へ。山を下る途中、オデッセイに煽られました。こっちも向きになってペースを上げたら、妻が「怖いよ」ということで、やむなくゆっくり走りました。右コーナーのとき、外に飛び出しそうで怖いそうです。
 直線になり、左に寄ってオデッセイと後から来た2台を先に行かせましたが、間もなく信号に。結局オデッセイは3台先で信号を待っていました。
 176号線を伊丹方面へ。宝塚劇場の近くで渋滞に遭いましたが、18時には自宅に着きました。

 4月にこちらに引っ越して来て、生活は格段に豊かになりました。野菜は安くて新鮮なものがすぐ近くで手に入ります。コストコへは車ですぐです。三郷のように、レジ待ちでうんざりすることはありません。
 高速を使わなくても観光地へあっという間です。以前住んでいたところから妻の実家までの所要時間で六甲山や有馬温泉です。

 しばらく東京には帰りたくないのですが、転勤は二年が前提です。ただ、居つく気はまんまんです。
 
Posted at 2016/07/31 06:21:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@koji6 さん おめでとうございます。」
何シテル?   04/05 18:23
千葉県北西部に住んでおりましたが、転勤で大阪府に近い兵庫県に引っ越してきました。 今まで何台も車を買い替えており、散財してしまいましたが、これから老後のため買...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
GTフォーはセリカだけ ・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/05 12:17:17
春ですか? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/06 10:43:35
第4回GJアテンザオーナーズクラブ全国オフin大阪南港 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/28 21:26:49
 
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ アテンザワゴン マツダ アテンザワゴン
マツダ アテンザワゴンに乗っています。 制約上いじったり出来ませんが、自分なりの楽しみを ...
スバル フォレスター スバル フォレスター
最高の車でしたが、諸般の事情で3ヶ月で手放しました。今でも見かけると切なくなります
三菱 レグナム 三菱 レグナム
RVRのローンが終わった頃発売された車でした。当時三菱党の私にとって、人気絶頂だったレガ ...
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
本当にラリーやっていたわけではないのですが、ラリーショック入れてました。当時走り屋の真似 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.