• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ブラリーノのブログ一覧

2017年08月11日 イイね!

ジメジメ脱出ツーリング

ジメジメ脱出ツーリング仙台は先月下旬から、ずっと梅雨のような空模様。梅雨明け宣言は、どうなったのやら。

このジメジメ天気の為、ドライグリップ最優先でボイド比が極めて小さいタイヤを履くDUCATI PANIGALE1299Sには乗れていない。ドライ路面では転ぶ気がしないほど食いつく 『DIABLO SUPERCORSA SP V2』だが、殆どスリックタイヤのような外観では、ウエット路面を走る気がしない。


朝4時前に自宅を出発。3時間もかからない内に快晴の仁賀保高原に到着。本当はDUCATI PANIGALE1299Sで来たかったが、道中は雨だったので、HV37で来て正解だった。



AF-S NIKKOR 80-400mm 1:4.5-5.6G ED @ 135mm f/5.6 ISO200



AF-S NIKKOR 24-70mm 1:2.8G ED @ 70mm f/8.0 ISO200


ただし、帰路はぐっと交通量が増え、ノロノロ運転の連続。
2歳の長女からうつされたらしい夏風邪で関節痛と悪寒が急激に生じて、行きのR108のワインディングに合わせて硬めにしたオーリンズのセッティングが、拷問のように思えてきた。この交通量で、路肩に停めてサスのリセッティングも面倒くさいので、我慢して走り続け、正午少し前に帰宅完了。

本日の走行距離420km。平均燃費16.2km/L。
Posted at 2017/08/11 20:18:03 | コメント(3) | トラックバック(0) | V37 | 日記
2017年07月07日 イイね!

バイクを乗り換えました

2004年にホモロゲモデルとして世界限定800台で販売されたDUCATIのSBK、999Rを手放すことにしたのが、今年の2月。
理由は一昨年の頸部にできた脊髄腫瘍の手術の後、めっきり体力が低下。おまけに動体視力も自覚できるほど低下したため、素(電子制御のない)のSBKのスポーツライディングは危険と判断したからです。





それでもブレーキを中心とした足回りのカスタマイズだけでもHNT32を超える金額をつぎ込んで、本物のWSB仕様とほぼ同一としたマシンですから、そのパーツの入手経路確立の苦労を思い出すと、なかなか手放し難かったのも事実。











自分の体力や身体能力の温存が成功したとして、最後のアガリバイクには、やはりスーパースポーツカテゴリーのマシンに乗っておきたかったのです。
本当はDUCATIでは2気筒最後のSBKホモロゲモデルとなるPANIGALE-Rが欲しかったのですが、今年の日本割り当て台数はたったの4台。当然、自分は購入対象者から漏れました。

ところが何と1299スーパーレッジェーラの交渉権が舞い込んだのです。
本当に舞い上がりながら購入交渉に臨んだのですけど・・・。

















当然の事ながら、900万円を超える金額のバイクを購入することに許可は下りませんでした。
でも交渉中は、夢のような1週間でした。

そして結局は、カタログモデルのPANIGALE1299Sを購入したのです。
スーパーレッジェーラの件で悔しかったので、イタリア本国仕様のチタン合金製レーシングエキゾーストや2013年の1199スーパーレッジェーラ(1299スーパーレッジェーラではなく)のマグネシウム合金鍛造ホイール等々、相当カスタマイズした上での納車になりました。

まだ5回しか乗っておりませんし、慣らし運転中なので6000rpm縛りですが、結構タイヤもエッジまで使える程、電子制御は緻密に機能しています。
明日は初回点検でオイル交換の予定。11000rpmまで回せるようになったら、きっとオシッコちびる
加速なんだと思います。















納車後はうれしくて、よくガレージで寝ております。

Posted at 2017/07/07 23:31:59 | コメント(5) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2016年11月23日 イイね!

アルミテープチューン ボディー編

アルミテープチューン ボディー編先日はステアリングコラムカバーへのアルミテープ貼り付けだったが、今回は本格的にボディー樹脂パーツへの貼り付け実験を試みた。

前回も今回も使用したアルミテープはセキスイ化成製と思われる20年以上もの間、自宅の本棚の隅に放置されていたもの。何とご丁寧にアルミニウムが腐食しないように透明樹脂フィルムでコーティングされてしまっている。もちろん透明樹脂フィルムは絶縁体だが、ここでこのようなアルミテープは、T自動車の開示情報で推奨されたマテリアルではないと判断するのは早計だ。
何故なら、帯電した絶縁体が導体によって空中に放電する場合には、導体の面ではなく角や端面の尖った部位からのコロナ放電が主になるからだ。自分の手持ちアルミテープの場合は、切り口や両端のフィルムの被覆が無い部分からのコロナ放電が期待出来ると推測した。後述するが、実際に非常に効果があったことから、保護フィルム付きのアルミテープでも問題ないと思われる。
使用するアルミテープは、後々の変更で定量性を持たせた方が、再現性にも優れると考えて40㎜×200㎜片に一律大きさを決定し、コロナ放電しやすい櫛形形状にはしなかった。

今回のテーマは走行安定性の向上だったので、ボディー下部の剥離流を抑制して揚力を減少させる事に重きを置いた。
従って貼り付け場所は、フロントバンパー底面のコーナー付近を左右各1枚。フロントライセンスプレートの下部の底面に左右各1枚、サイドスカートの底面のBピラー延長線上に左右各1枚、リアバンパー裏側のコーナー付近に左右各1枚と中央裏側に1枚の合計9枚を貼り付けた。

結果は驚くほどの走行安定性向上をもたらした。
効果は時速40キロ辺りから体感出来、時速60キロからはビシッとした安定性がDASからも伝わってくる。
路面の連続するアンジュレーションを走行しても、視線の上下動が著しく減少し、快適性もかなり向上している。マセラティのスカイフックサスペンション理論ではないが、正に空力的に一定方向への等速直線運動を続けようとするボディーに対して、忙しくサスペンションが上下動で仕事する感じ。この感じ、バネ下が恐ろしく軽いホイールやタイヤに換装したのに似ている。助手席に乗せた妻も、乗り心地が凄く良くなったとコメントしてくれた。

このアルミテープチューン、ローダウンしてバンプストロークが減少した車両には、相当効きますよ。今回の貼り付け場所は、顔を地面に擦る程下げないと見えない位置ですし、コスパも素晴らしいと思います。

あくまで樹脂パーツに帯電した電位を放電する事で、設計値通りの空力的特性に近付けるチューニングなので、貼り付け位置によってはデメリットも生じます。金属パーツへの貼り付けも効果的ではない可能性が高いです。
実際、自分のHV37では、走行安定性は著しく向上しましたが、コーナーにターンインする際に、若干粘った感じになり、S字コーナーでのタイミング取りが難しくなりました。ちょうどスーパースポーツバイクで、ステアリングダンパーを強めに効かせた感じに似ています。ただ定常旋回に入ってしまえば、抜群の安定感で曲がっていきます。

かけるコストも小さいので、イロイロと試してみる価値大アリのカスタマイズだと思います。
Posted at 2016/11/23 17:41:29 | コメント(4) | トラックバック(0) | V37 | 日記
2016年11月21日 イイね!

にわかには信じがたいアルミテープチューン

にわかには信じがたいアルミテープチューンw.a.t.t.さんや、まこまこ団さんが試していた『アルミテープ』チューン。とても気になっていたのは事実。
天下のT自動車の発表している事だし、ボディーに帯電している静電気によるボディーからの剥離流への影響とあるので、バリバリ理工系出身としては、その説明自体には納得は行く。

だがしかし、アルミテープを剥離流が発生しやすい部位に貼り付け放電を促す事には納得できても、「ステアリングコラムカバーにアルミテープを張り付けて、ハンドリングが向上するなどは、明らかにオカルトでしょ?」と思う理系オジサンでもあるわけです。

モヤモヤしていても仕方ない。
たまたま本棚に、使い残した流し台の隙間埋め用アルミテープがあったではないか。早速、ステアリングコラムカバーに張り付けて実験(これ理系男子には大事な単語)しよう、と相成ったのである。
張り付け方は画像の通り、剥がれ防止で四隅を丸くすると放電しにくくなるので、あえて角のエッヂは残したままカット。


①通常ステアリングシステム(電動パワステ)のHNT32の場合
 「嘘だろ?」、w.a.t.t.さんのブログ通り。直進時のステアリングの座りが良い。適度な重みと安定感
。舵角を入れていってもリニアさは従来通りだが、舵角が入っているときの路面からのアンジュレーションの影響、すなわちキックバックが心地よい程度に収斂されているように感じる。
一言でいえば、ステアリングコラムシャフトの剛性が上がったような感覚。
これはいけます。見栄えも貼り付け位置がコラムカバーの下部なら、問題なし。


②DAS(ダイレクトアダプティブステアリング)のHV37スカイラインの場合。
2分山となってしまったフロントのADVAN SPORTのせいで、最近はDASにもかかわらず若干ワンダリングが生じてしまっている我がV37。
フロントタイヤのトレッド面肉厚が不足しているせいで、固いケーシングの高性能タイヤの弱点が強調されている状態だ。いざ、ペタペタ。
むむむむむ、直進時はあんまり変わらない。少し、良くなっているかもぉ? くらいだったが。
ワインディングに踏み込み、オーリンズを締め上げ、ドライブセレクターをパーソナルモードへ。
これでVDC以外の電子制御系のコーナリングアシスト類を全て解除し、ステアリングHeavy&Quick、エンジン&トランスミッションのレスポンスをFastへ変化させる。
一般道の路面は、どうしても重量車の影響で轍が出来てところどころ荒れているが、そんなところでも修正舵の頻度が減少している。ライントレースしやすいのだ。


正直に言って、これはオカルトだ。理屈では、ステアリングコラムにアルミテープを張って・・・は理解できない。だがしかし、効果はあるのであった。納得いかない。
それとも大いなるプラシーボなのか?
Posted at 2016/11/21 23:04:22 | コメント(4) | トラックバック(0) | オカルト | 日記
2016年11月14日 イイね!

奥会津の紅葉

奥会津の紅葉久しぶりに4歳の長男、2歳の長女を連れての1泊家族ツーリング。
今回は昨年V37スカイラインで紅葉を愛でた奥会津のお気に入りルートを逆方向で走る。





昨年の写真はこちら↓
http://minkara.carview.co.jp/userid/2319994/car/1811700/4382495/photo.aspx

仙台からは東北自動車道⇒磐越自動車道(会津坂下IC-out)R252⇒金山町R400⇒昭和村R401⇒南会津町R289⇒桧枝岐村R352という往路ルート。

中でも昭和村からのR401は酷道と呼びたくなるような難所。普通車はおろか軽自動車同士でもすれ違いが不可能な道幅の場所が数知れず存在し、しかもステアリングをロックtoロックする様な超タイトヘアピンも多い。電動パワステのモーターが過熱するんじゃないかというようなステアリング操作の応酬だ。

下の写真は、その酷道(R401)でも道幅が広く景観の良い場所にて撮影。
険しい山道だが、紅葉は素晴らしい。ここはカナダ? は言い過ぎかな?



AF-S NIKKOR 24-70mm 1:2.8G ED @ 52mm f/9 ISO1600



AF-S NIKKOR 24-70mm 1:2.8G ED @ 60mm f/11 ISO1600


やっとの思いでヘアピンを抜けて、ゆるやかなコーナーが続くR352で、なんと2歳の長女が人生初の車酔いで嘔吐。ワインディングで横Gのかかるコーナーでは元気だったのに。
近くにスキー場の駐車場があったので小休止。

AF-S NIKKOR 24-70mm 1:2.8G ED @ 48mm f/8 ISO400


そこからわずか10分で標高980mの檜枝岐村の温泉民宿樹林荘へ到着。

AF-S NIKKOR 24-70mm 1:2.8G ED @ 32mm f/8 ISO1600



ここの樹林荘はおすすめです。
露天風呂はありませんが、こ綺麗な24時間入浴可能な温泉付きで、1泊大人が1人7700円。部屋も綺麗だし、何といっても夕食も朝食も物凄く美味しかったです。この季節なので天然モノのキノコをふんだんに使った鍋や天婦羅。天然舞茸の茶碗蒸しなんて、街場の料亭に負けてない旨さでした。
イワナの刺身や塩焼きも出され、食べきれないと思った矢先、〆に新蕎麦の十割そばが大盛で出てきて、びっくり仰天。
食後は自然に瞼が重くなるが、もう1回温泉へ。



長旅で疲れた子供たちの寝顔を見て、ほっこり。

AF-S NIKKOR 24-70mm 1:2.8G ED @ 70mm f/2.8 ISO6400



翌日は下郷の大内宿に立ち寄りネギそばを食して撤収。

AF-S NIKKOR 24-70mm 1:2.8G ED @ 44mm f/5.6  ISO400


AF-S NIKKOR 24-70mm 1:2.8G ED @ 38mm f/10  ISO400
Posted at 2016/11/14 22:40:02 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[整備] #スカイラインハイブリッド リジカラ装着後のアライメント変化⇒調整 http://minkara.carview.co.jp/userid/2319994/car/1811700/4133795/note.aspx
何シテル?   03/04 17:45
ブラリーノです。みんカラは不慣れですが、よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

ブラリーノさんの日産 エクストレイルハイブリッド 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/17 00:29:50
エアコンを我慢すると・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/25 18:50:27

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン ハイブリッド 日産 スカイライン ハイブリッド
自動車評論家のコメントほど、悪いクルマとは思えません。ステアリングを握り、長距離走ればD ...
日産 エクストレイルハイブリッド 日産 エクストレイルハイブリッド
DNT31からの乗り換えです。 2015.6/13契約⇒2015.8/29納車。 ◆M ...
日産 エクストレイル 日産 エクストレイル
通勤用のクリーンディーゼル。
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
チューニングに嵌まっていた時期に乗っていたクルマ。幼い頃(小2)に近所にあるPGC10に ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.