• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

お風呂道のブログ一覧

2017年06月17日 イイね!

20170615天空の絶景へ

20170615天空の絶景へ長野県の天空の絶景に梅雨の晴れ間にアタックして来ました。




入り口ちょこっと舗装されてました。



グイグイ登って行くと景色が広がります。



お池に到着です。










絶景です。

が、水が少なく空があまり映りませんね。





風もあり、綺麗な水鏡にはならなかったのが残念!でもやっぱり来てよかった!

近くの農園で危なくないケシの花を見て


季節限定の大鹿そば(山菜たっぷり)を頂いて。



林道標識を見つけて入って見た









中々の雰囲気

でも、



通行止め…。

途中分岐があったのは見落としてなかった。方角的には国道に抜かられるはず。



で、こんな感じでギリギリ






ちゃんと国道に抜けられました!

後は定番の黒河内林道。気持ち良い〜♫











帰りに昨年来ハマっているココ



八ヶ岳天然氷




営業していませんでした。
(ToT)




Posted at 2017/06/17 21:49:28 | コメント(4) | トラックバック(0) | 林道
2017年06月06日 イイね!

20170603福島県七ヶ岳林道と塩原温泉

20170603福島県七ヶ岳林道と塩原温泉広河原温泉からの帰りは今シーズンの雪の量から何処も通れないと思っておりました。

しかしながら、ネットで調べると七ヶ岳林道が通れるとの情報がありこれば行かねばと懐かしの資料で付近の林道を含めてプランニング。



東北自動車道で西那須野塩原インターから国道400号を経由して七ヶ岳林道へ入ります。




色々バラエティーに富んだロケーションが多くたらの芽取りながら進みました!










































2年前の豪雨被害からの復旧箇所が3箇所ほどありました。比較的走りやすくいい道でした。

お昼は林道出口近くの民宿清水荘で、大根蕎麦。



大将に聞くと周りの林道は全て通行できないことが判明しました。

しばし考えましたが七ヶ岳林道を通って帰る事にしました。

帰路の途中、塩原新湯温泉で入浴。こちらには『寺の湯』『中の湯』『むじなの湯』の三つの共同浴場がありますが久々に空いていたので寺の湯で一浴させていただきました。









折角の栃木なので氏家にある正嗣氏家店でおやつに餃子!






大満足の1日になりました。
Posted at 2017/06/06 12:41:31 | コメント(3) | トラックバック(0) | 林道
2017年05月29日 イイね!

20170528-29山形広河原温泉

20170528-29山形広河原温泉小学館文庫は当初面白い読み物が多かった気がする。

今ではよく聞く【秘境駅】を最初に書籍化したのも小学館文庫だったと思う。

そんな小学館文庫が2002年に大原利雄氏に書き下ろしさせたのが『誰も行けない温泉 命からがら』(この後シリーズ化され計三冊の他、前人未湯DVDシリーズとして)で知った山形広河原温泉湯の華間欠泉へ…。


実は前々日から睡眠時間ほとんど無しの夜勤で36時間ぶっ通しで仕事をしておりました。

28・29と数少ない連休だったので、勤務後急遽電話で泊まれるか確認したところ、大丈夫ということで即予約。

朝の2時40分に目覚ましを、セットして寝ました。

目覚まして起きたものの睡眠不足でぼぉっとしていたのと前日の疲れで旅支度をしていなかったので出発が遅れてしまい、東北道に夜間割引が効く4時前に料金所の通過が難しくなりました。

そんなに急ぐ必要も無いので首都高速から国道4号線のバイパスに移り進みます。

途中軽く仮眠休憩を30分ほどとり、白河から会津若松を抜け目的地の山形広河原温泉を目指します。

途中ローカル線の踏切待ち、水鏡に映る列車をパチリ





生憎の天気の中、東沢林道へ突入。所々で山菜採りの車の駐車がありました。



約7㎞のダートを走り漸く到着です。



到着したのは12時で所要は途中休憩を入れて8時間半ほど。

チェックインは15時からですが、スタッフの人に『いつもありがとうございます』と声をかけられ、部屋も用意できているとご好意で早めのチェックインをさせていただきました。

ついにスタッフさんに顔を覚えて頂いたようで少し嬉しかったです。

部屋は新館のトイレ付き六畳の部屋、内風呂の源泉が見る事が出来ました。






早速温泉に〜♪



うーん、良い眺め。

しばらくすると


ぷしゅ〜っと



で、温泉満喫していると『お邪魔しま〜す』の声が、声の主はうら若き女性でありました。

混浴のマナーとしてお風呂に入るとき、出るときには視線を向けないのが鉄則ですので、
挨拶してからはソッポを向いて知らんぷりです。

その後お婆さんが入って来て温泉談義が始まり、その時点でほんのちょっと仲間入り。

若い女性も、お婆さんも日帰りとのことで、残念なことにお二人が入っている間は間欠泉は沈黙したままでした。(お二人ともここは初めてだったらしいのでお湯が出るところを見ないままお帰りになりました。)

夕飯は米沢牛のミニステーキコースですがボリウムあり過ぎで、山菜鍋とご飯はパスしてしまいました。








意外だったのが、日曜日だったので泊まり客は少ないと思いましたが7組の、宿泊があり盛況でした。

明けて29日は晴天で一風呂浴びて朝食の後直ぐに出発です。


石についた析出物は芸術的


駐車場脇にはまだまだ雪がのこってます。










名無しの林道では藤の花と山桜?が綺麗でした。




















その後福島へ戻るのに鷹ノ巣山林道に向かいますが通行止め…。今年は雪が多かったせいですかね。

仕方がないので西吾妻スカイバレー経由で福島入りです。

でも、この道も景色が素晴らしく走っていて楽しかったです。



檜原湖に抜け、湖近くの食堂でお気に入りの山塩を使ったラーメンで昼食です。



アッサリさていますがとてもおいしいスープでした。

他のところでもこの幟が出ているのでこの辺りでは山塩ラーメンが流行りになるかもしれないですね。



猪苗代湖と磐梯山の組み合わせ。



特に寄り道したわけでもありませんが、通行止めやら渋滞やらで、帰りは所要約10時間と言ったところです。

今日の戦利品



たらの芽と山塩です。




Posted at 2017/05/29 23:45:14 | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年05月20日 イイね!

20170520旅は道連れ世は情け SL只見新緑号と八町温泉

20170520旅は道連れ世は情け SL只見新緑号と八町温泉1ヶ月ほど前、何と無くネットをウロついていると昨年乗車した【SL只見新緑号】が今年も運行されるとの記事を発見。

指定席券の発売日には駅に行けそうも無いのでえきねっとの先行予約でチャレンジ。

結果、満席で入手出来ず…。

それから2週間ほどチラチラ確認するも中々空きが無い。でも、諦めずにポチポチしていると早朝に奇跡的に空きを発見!即予約。



で持って、会津若松での宿泊と足をコレまた即予約しました。

5月19日、夜勤明けでほぼ寝ていない状態で会津若松入り。会津若松ではゆるキャラ達がお出迎えしてくれました。





ホテルに到着後は夕飯を取りそのまま就寝。


翌朝、ホテル内の中華料理店で座敷にある円卓で洋食の朝ごはんと言う不思議。

朝食後にはそのまま駅に向かいます。

会津若松駅で入線してくる列車をパチリ






で、いよいよSL只見新緑号が入線。














出発式やらで結構賑わいました。





乗車したのは3号車、みんトモさんの話だと戦前の車両らしいです。









確かに床は板張り、網棚も本当の網、ブラインドも木製、他の車両にある扇風機すら有りませんでした。

出発すると沿線では撮り鉄さんの他に地元の方々がたくさん。部活中の学生さんもしばし練習をやめてSLに手を振るなど微笑ましい感じです。

途中、撮り鉄さんと思われる山奥の路上に停められているダイハツロッキーを発見して、テンション上がりました!(写真に収められなかったのが残念)













SLの旅って景色の他にも音や匂いも楽しめるんですね〜♪

で、終点の会津川口駅に到着です。








去年はこの後SLの方向転換の作業を見学してから、廃止された川口温泉を見に行きましたが、今年は折角なので八町温泉の共同浴場に行こうと考えていました。

但し、八町温泉までは約5㎞あるので歩きはキツイ、バスはSLに接続していないのでタクシーしか手段なし。

が、止まっていたタクシーはすでに予約されてしまっていたのでした…。



然し、予約していた方は私の行きたい八町温泉のほんの少し先の玉梨温泉に行かれるとのことで好意で同乗させて頂きました。

八町温泉の共同浴場は交通の便はよくないにもかかわらず、ライダー達で賑わっておりました。





気になるのは八町温泉と言いながら八町温泉の投入口からお湯が出ておらず、実質玉梨温泉であったこと。

入浴後は途中、会津宮下駅で売っていた駅弁で昼食をとりました。






会津地鶏は美味しかったです。

駅に戻るのも、先ほど同乗させていただいた方に拾ってもらう形でちゃっかり乗せて頂きました。(タクシー代についてはシェアしたのでお互い得した形になりました。)

旅は道連れ世は情けってね!







帰路も只見川や山々の新緑、広がる田園風景を堪能しました。

現在災害で不通になっている会津川口から只見までの区間については廃止も検討されていましたが鉄路での復旧が決まったと聞いております。

復旧した暁には、運転区間も只見までに戻るでしょうから、その時にはまた来たいと思います。


Posted at 2017/05/20 23:00:23 | コメント(6) | トラックバック(0) | 温泉
2017年05月20日 イイね!

20170517伊香保温泉バス旅行

20170517伊香保温泉バス旅行久々に高速バスで温泉に行こうかと思い立ったが、実はこの日もと同僚の昇進祝いの飲み会が夕方から有るのであまり遠くに行ってしまうと帰ってこれない恐れが…。

なので草津温泉行きの【上州湯めぐり号】で途中の伊香保温泉に決めました。

スタートはバスタ新宿。






バス乗り場を集約しただけあり色んな行き先のバスが。行き先表示見てるだけで何だか楽しい。






乗り込むバスはJR関東のバス。以前はアッパークラスのシートがありましたがそれがなくなってしまいましたが、新しいバスにはすべての席にUSBの電源コードが備え付けられていてビックリ!

ネットで伊香保温泉までを、予約したので伊香保温泉のバス停で降りましたが、実は温泉街の外れにあり、次の伊香保温泉石段街の方が便利だったと降りてから判明。
Σ(゚д゚lll)

で、ずいぶん歩いてから石段を365段登ります。



途中で振り返ると曇ってはいるものの絶景かな。



一番上まで登り伊香保神社の脇をすり抜けさらに進み。

伊香保温泉露天風呂に到着。






ぬる湯にマッタリ浸かります。

お昼は【ふきのとう】という食堂で、山菜天ぷら定食。追加で山菜シュウマイ(しそ・ふきのとうの2種類が入ってます)も追加で〜♪



で、昼ビーをしてからハワイ王国公使別邸などをふらふらしてからバスで新宿まで戻りました。

然しきになる点が、川原湯温泉は昔JRの特急が停車していましたが、この春から通過扱い。

久々に乗った【上州湯めぐり】号も川原湯温泉には立ち寄らなくなっていました。

湯めぐり号なのに温泉地を飛ばすのは如何なものかと…。

川原湯温泉好きなんですけどね…。
Posted at 2017/05/20 18:05:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 温泉

プロフィール

「いい天気〜♫」
何シテル?   06/24 09:09
お風呂道【OFF ROAD】と申します。 温泉【お風呂】と林道【道】が大好物! 愛車は20141208よりランクル76バン、グレーメタリックになりました。(ど...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ファン

50 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザー70 お風呂道【OFFROAD】 (トヨタ ランドクルーザー70)
20140826 朝刊の小さい記事でランクル70期間限定復活を発見! 201408 ...
ダイハツ ロッキー ダイハツ ロッキー
24年間愛用した相棒です。 最初の出会いは、1988年のバーミンガムモーターショーに『 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.