車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月11日
創立記念日とか、PC改造とか(≧∇≦)
創立記念日とか、PC改造とか(≧∇≦) 皆さんこんにちは。

今日は会社の創立記念日で御座いました。
会社を立ち上げてから丸5年の月日が流れ、いよいよ6年目に突入です。
振り返れば起業から1年目位はとても苦しい時期もありましたが、沢山のお客様や仕入れ先様に支えられてここまでやってくることが出来ました。

起業のきっかけが、以前勤めていた会社の倒産直前解雇で、解雇の前の半年位は従業員の中で私一人だけが給料未払いと言うイジメ状態で、在職中に弁護士を立てて会社と闘いながら仕事をしていると言う、今考えると地獄のような日々でした。

解雇通告された翌日から、未消化の有給休暇を使って起業に向けての活動を開始しましたが、どん底からの起業でしたので、どんな苦しい状況も大したことがないと思えるようなそんなスタートで、いつも全速力で前向きに進んできましたので、5年間は本当にあっと言う間でした。

そんな5年間を少しだけ振り返りつつ、久々に音楽ネタ以外のブログなども書いてみようかと一人事務所でPCに向かう夕暮れ時で御座います。

さてさて、5年の月日のうちに酷使され続けたPC達ですが、メインに使っているhpの水冷ワークステーションは24時間x365日x5年間ほぼノンストップで動き続けてノントラブルで、さすがに良いパーツを使っていると思わせるPCでしたが、サブに使っているDellの17インチのノートPCが、Windows10に勝手にバージョンアップされたのもありますが、時々挙動不審になったり、やたらと待ち時間を要求したり、再起動が15分位掛かったりと使用に耐えない状態になりました。

デスクトップなら蓋を開けて古い部品を取り替えてリニューアル&リフレッシュするところですが、ノートPCの、それもDellの安物のノートPCはコストダウンの特注マザーを使っていて、汎用部品が使えない場合もあったりするので、このノートPCはヤフオク行きにすることにして、新しいノートPCを購入することにしました。

サブPCとして今まで使っていて不満だったのが、CADやイラストレーター、フォトショップなどヘビーなソフトを立ち上げた時の動作の緩慢さでしたので、この際メインPCとしても使えるようなスペックのものをと言うことで、3rdパーティーのマウスコンピューターのDAIV-NQ7500と言うかなりハイスペックなクリエイター向けモデルをベースにすることにしました。

このPCの美しいところはグラフィックカードがCAD用のQuadoro M3000Mで4Kモニタ、出力も4K可能と言うことと、CPUは一般用途では最高性能のi7-6700Kと、使い慣れたWindows7を選べると言うことで、メモリーを32GBにしてSSD仕様で購入しました。


待つこと1週間程でオーダー品が到着、体感的には今まで使っていたDellの17インチの二回りほどのでかさと倍ほどの重さ(^_^;)、そして液晶の美しさに驚きつつ、すぐに裏蓋を外して(笑)、購入前にSSDの相性などメーカーに確認して先に購入しておいたSSDを増設することにしました。


このあたりの増設ポートへのアクセスの良さは無理にコンパクト設計を狙っていないPCの美点でもありますが、まず持ち歩くことは困難な程の大きさと重量で、今まで使っていたインナーケースなどはとても入るサイズではなく、楽器用のエフェクターケースを取りあえずのPC用運搬具として流用することにしました。


さてさて、今回の増設は速度では定評のあるサムスンの1TBの2.5インチSSDを2台と、元から着いているM.2の240GBのSSD(左の小さな基板みたいなやつ)をこれも1TBに変更して合計3TBのSSD搭載PCとすることにしました。


この2.5インチのSSDはデータ領域なので差し込んでフォーマットすると即使えるのですが、システムの入っているM.2の方はお引っ越しソフトを使って新しいSSDに中身を移してからの交換作業になります。


交換するM.2のSSDはシステム用なので安心のインテルにしました。この小さい基板状のパーツが1TBのSSDだとはちょっと信じられないですね、あの外付けHDDとかのサイズは何なのって思ってしまう程のコンパクトさです。そしてこのM.2(エム、ドット、ツー)と呼ばれる接続方式は従来方式よりも高速転送が可能と言うことで、これからの主流になりうるものだと思います。


まず、この新しいM.2のSSDをUSBで接続出来るようにしなければなりませんので、そんな裏技パーツを仕入れてきました。この少し大きめのチューインガムみたいなケースの中から基板を取り出してここにM.2のSSDを差し込んでネジで固定します。
そしてその基板をケースに入れて小さなネジで蓋を固定してケーブルをつなぐと、あ~ら何て言うことでしょ~(^o^)こんなサイズですが1TBの外付けSSDが完成しました。


そして驚くことにこの外付けSSDは体感的には普通の外付けHDDやUSBメモリの数倍の転送速度があるのです。これは病みつきになりそうです(笑)
この外付けSSDをUSB3.0に刺して、過去にも使ったことのある「Easeus Todo Backup」と言うフリーのお引っ越しソフトを使って、PCに搭載されている方のSSDのクローンを作ります。

このクローン作りで一つだけ気を付けないといけないのが、クローンする先のドライブが元ドライブよりも大きくないと作れないと言うことですので、大容量HDDから小さいSSDへのクローン作りなどは出来ないので注意が必要です。

高速SSD同士のクローン転送なので作業はあっと言う間に終わって、外付けSSDをまたばらして、PCに載っているSSDと入れ替えをして起動確認すると何にも無かったかのように普通にPCが起動しました。これで快適なオールSSDの合計3TBのPCの完成です。


そして元々のSSDを再び外付けケースに入れてフォーマットして240GBの超高速外付けSSDもできました。これがとても快適で、このサイズで速度も容量も申し分ないという逸品なので皆さんにもお勧めしたいくらいです(^o^)

閑話休題

そしてもう一台、「ドライブの空き容量が少なくなりました」と言うメッセージが出るようになったVAIOを何とかする必要が出てきていました。

このVAIO Fit13Aと言う画面をひっくり返すとタブレットにもなると言う薄型軽量のPCですが、購入直後にソニーがPC事業から撤退と言うことで、現在は別会社VAIOでのサポートとなっている代物です。購入当時出たばかりのPCIe接続のM.2で500GBのSSDが搭載されたモデルでかなり強力なマシンでした。



PCに詳しい人はおわかりかと思いますが、このM.2の規格がいくつか変遷があって、コネクタ形状がいくつか変わっていて互換性がなかったりで、交換時には注意が必要なパーツの一つです。

ソニー(VAIO)に訊いても想像通りの「外品との互換性については答えられないし、裏蓋開けるなんてもってのほか」と言う回答だったので、「チッ使えないサポートやな(-_-)」と捨て台詞を噛み殺して、仕方なくネットの情報を元に裏蓋外しです(笑)


ゴム足外してネジ外して行くとネジの長さ、頭の形状が様々で、ちゃんと並べて置いておかないと組むとき苦労するタイプの、意地悪なメーカーPCでしたが、裏蓋開けると目の前にSSDがありましたので、取り外しは意外と簡単な部類に入ると思います。

上部の黒い面積のあるパーツがバッテリーです。よい子の皆さんはバッテリーのコネクタ外してから作業するみたいですが、コネクタ外す作業はショートのリスクもあるので私はそのまま作業しました。

ネット情報では上述のM.2と同じコネクタのものが付いていると言うのを写真でも確認していたのですが、並べてみるとコネクタの形状が違います。


私の目論見としてはこの容量不足のSSDを外付けケースに入れて、新しい1TBのSSDと交換しようと思っていたのですが、このままでは交換が出来ません。

そしてもっと重大な問題が・・・・
このPCIe接続のM.2のSSDを外付けに出来るパーツが世の中にないのです(>_<)
つまりクローンが作れないのでSSDを入れ替えることが叶わないと言うことです。

単品のOS買うのも方法としてあると思いますが、ドライバが全部どこかで落とせるのか?とか、買ったSSDが使える保証がないとか、色々とリスクが大きいので人柱となる勇気が出ません。1TBのPCIe接続のSSDと言うと8万円程度はしますし、他に流用できない状況なので、簡単にお試しができない代物なんですね。


アタッチメントがないとお立ち台にも立ちませんが、そもそもこの手のお立ち台はHDDでの使用が前提なので基板タイプのアタッチメントはこんな風にまっすぐ刺さらなかったりします(^_^;)

今はまだマイナーなPCIe接続のM.2のSSDですが、SATA接続の数倍の転送速度の規格ですので、これから一般的になってくるかもしれません。その時までSSDの交換はお預けと言うことになりました。再びSSDを元に戻します。


仕方ないのでSSDの容量を圧迫しているiPhoneの同期先をVAIOから新しいPCに変更してiPhoneのバックアップ情報を削除して空き容量を増やすと言う消極的方法で今回は乗り切ることにして、持ち出し用PCとしてこのVAIOは上で作った外付けSSDとセットでもう少し使うことにしました。


このVAIOはタブレットとしても使えるのですが、Windowsタブレットって使えないですね、元々タブレット用のOSではないので、使いにくさがあちこちにあります。そんなVAIOですが、写真編集の時にスタイラスペンを使ってフォトショップの範囲していをしたり出来ると言う利点もありますが、その他の使い勝手の悪さと相殺されてしまって写真編集に使うこともなくなってしまいました。

最近はバンドのリハの時に誰か遅れたり休んでも他のメンバーのリハが進められるように打ち込みを使うことが多く、DAW(DTM)ソフトをインストールしたPCをスタジオに持ち込むのですが、機材を少しでも軽くしたいのでそんな時こそ軽量のVAIOが活躍するのですが、負荷が掛かると音飛びしたりすることもあるので、次のライブで打ち込み音源を使う時は新しいPCを持っていく予定です。

今日はこんなPC三昧の内容で御座いました。
ではでは(≧∇≦)/
ブログ一覧 | 小ネタ | パソコン/インターネット
Posted at 2016/10/11 23:46:25

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
2016/10/12 00:39:39
こんばんは♪

創立5周年おめでとうございます!
それにしても、カメラ、ギター、PCと凄い博学ですね(゚д゚)!
その才能の欠片でもいいですからわけていただきたいものです。
あ、才能があっても努力しなければムリか・・・(自爆)
コメントへの返答
2016/10/12 10:09:25
おはようございます。
ご無沙汰しています。

私の場合大した知識もないので、ただの好事家です(^^;)
人柱的PCパーツはよく失敗するので、家のジャンクボックスは無駄は基板で溢れてます。
もちろんカミさんには内緒ですが(^-^)
2016/10/12 17:22:29
こんにちわっ(^^♪

スゴ過ぎて言葉も出なぃんですけど(・・;)

写真に音楽にパソコンの改造まで...
何でもやられるんですね(^^ゞ
コメントへの返答
2016/10/12 17:58:56
ぼくのんちゃん

こんにちは(≧∇≦)/

全部好きでやっていると言うことだけが救いですが、才能が無いのでどれもこれも経験が長いと言うだけで中身は大したことがありません(^_^;)

この歳になると、この先何かの才能が開花するとかあり得ないですし(笑)

ぼくのんちゃんのように若くて、色々な才能があるのが羨ましいです(≧∇≦)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「東近江へ紅葉散策に行ってきたよ(≧∇≦) http://cvw.jp/b/2324276/38894093/
何シテル?   11/22 21:53
ご訪問ありがとうございます。 猫とカメラと音楽が大好きなオヤジです。 車はE300のステーションワゴンに乗っています。 ノーマル車ですよ~(≧∇≦) ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
原不動滝・赤西渓谷(兵庫県宍粟市) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/23 14:26:53
遂に!!珍猫誕生(≧▽≦) 白いロシアンブルーの秘密♪ (猫ブログ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/18 07:23:44
LED 光るプレートを作ってみる その② 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/18 21:59:28
お友達
出来ましたら、ブログに対するコメントのやり取りや、オフ会での接点を頂いてからの申請をお願いします。

誠に勝手ながら、一方通行ではなく、ご自身もブログやフォトアルバムで何らかの情報発信をされている方との交流を希望します。

また、違法改造されている方はご遠慮くださいませ。
107 人のお友達がいます
伊号403伊号403 * まさぴろん @2ndまさぴろん @2nd *
nanamainanamai * tetra6tetra6 *
やんしーやんしー * FLAT4FLAT4 *
ファン
308 人のファンがいます
愛車一覧
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン ネコカメ号 (メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン)
メルセデス・ベンツ E300 ステーションワゴン アヴァンギャルドです。 初めての輸入車 ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.