車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月24日 イイね!


どうも(*^^)v

さて…ネタは無いですが、カタログだけはあるんですねぇ…コレが…(爆)

ってコトで今回は…



BDファミリアターボ後期です♪

まぁ…ターボ自体も後期しか無いんですが、今回はターボ専用のカタログになります(^_-)-☆

いや~懐かしいですね…昔はホントに沢山走りまわってたヤツです(笑)

子供の頃は親戚の家とか、ご近所さんとかにもフツーにいたカッコイイクルマです…えぇ(笑)

そんなBDファミリアは5代目ファミリアとして1981年にデビューしています♪

この世代では従来型のFRからFFになったのもあって、初代FFファミリアともいわれますよね(*^^)v

当時の財政難だったマツダに急遽舞い降りたドル箱でして、33か月連続販売台数更新まで記録!

更には第1回のカーオブザイヤーを受賞するなどまさにマツダの救世主♪

当時の若者の間で、ファミリアにサーフボードを載せて走るのが流行ったコトから、「陸サーファー」な~んて言葉も生み出しまして社会現象にもなったクルマなのはご存知の通り。

そんなファミリアは更なる商品力アップの為に1983年1月に後期型へマイナーチェンジ。

そこから5カ月後の1983年6月に更なる魅力向上の為、当時流行だったターボを引っさげて出てきたのが今回のモデルです♪

キャッチコピーは…



THE SPORTS TURBO



当時のCMでは後に犬になってしまう人が出ていました(爆)

ちなみに今回のカタログは1983年6月のもので、ターボが出た直後のものです。



後期型になって、パッと見で大きく変わったのがフロントバンパーとグリル。

ウレタンバンパーが丸みを帯びて大きくなってかなり印象が変わりました♪

また、前期の頃は輸出用のドアミラーを付けるのが流行り(この頃日本ではまだドアミラーは違法)だったんですが、ターボ登場とほぼ同時期にドアミラーが解禁された為、ファミリアにも待望のドアミラーが設定されました(*^^)v



んでやっぱりこの型のファミリアは赤ってイメージですね(^o^)

こうやって全体的に見ますと、次期型のBFファミリアにイメージが近づいて行ってますよね♪



んで、ターボはセダンにも設定されています。

個人的には、前期のセダンってハッチバックと違う逆スラントのフロントマスクに違和感がありましたが、後期になってハッチバック同様のスラントノーズになったので、コッチのがしっくり来ます(笑)



エクステリアは丸みを帯びたものの、インパネのデザインは前期からそんなに変わらず直線基調のものになりますが、コレも今見るといいですね(^o^)



シートは表皮が前期に比べてスポーティなイメージに♪

この時代のマツダ車はリアシートのラウンジソファーシートが印象的でしたね(^_-)-☆

そんなBDファミリアターボに搭載されるエンジンは1機種…



E5型…直列4気筒1500ccOHCターボ(EGI)、115馬力、16.5kg-m。

当時のターボ車としてはほぼほぼ標準的な性能でしょう♪

組み合わされるミッションが5速マニュアルしか無いのが硬派ですね…比較的ナンパだったクルマですが…(^_^;)



足回りは前後ストラットで、マツダが当時ウリにしてたSSサスペンションをターボ用に強化されたモノが採用されています(*^^)v

で…ファミリアと言えば…



サンルーフ♪

前期ではスチールサンルーフでしたが、後期からガラスサンルーフになっています(*^^)v

当時のこのクラスでは結構画期的ですね!



それとコレはターボならではのターボインジケーターランプ♪

今でもターボ車にはコレが欲しいなって思うアイテムです(笑)



それと、当時のこのクラスで採用が珍しかったのが、イグニッションキーとドアキーに照明が装備されていたコトですね(*^^)v

んで…オプションも色々あるんですが…



今こんな仕様がいたらたまげます(笑)

勿論ルーフにはファミリアには定番のサーフボード♪



リアのブラインドなんていかにも当時っぽくて素敵なアイテムです♪



けどこのマフラーカッターはなんとも言えない(爆)



そしてこれまた定番アイテムのパーソナル無線機♪

オーディオも当然のようにパイオニアのロンサムカーボーイセントレート!!



ちなみにボディカラーはこんな感じだったようですね(*^^)v

やっぱりココはお決まりのサンライズレッドで行きたいトコです(笑)


さて…そしてモデル末期にはこんな特別仕様車も登場しました…



ファミリアターボ
スポルトヨーロッパ

コレが結構凝った特別仕様車でして…



パッと見は派手なんですが、実はフロントスポイラーとアルミはオプションなんですよ…(^_^;)

ただ…



内装をレカロシート地で統一!!

コレはマジでシブイですね(*^^)v

勿論レカロは標準装備でして、ステアリングもイタルボランテで、ファミリアターボ初の回転数感応式のパワステも装着されて、タイヤもピレリP6を採用♪



その他、ボディ同色ドアミラーや、20周年記念のカーバッジ♪

もし、コレに乗るならオプションのフロントスポイラーは付けたくなりますね!

当時の純正でココまで大きいフロントスポイラーは結構珍しかったんで(笑)

で…



スポーツ合衆国、ファミリアの曲を詩を募集してたらしいです(笑)

商品はファミリア3ドア1500XTの5速(笑)

秋本奈緒美さんが歌うようです…(実はよく知らないけど…女優さんらしい)

で…どんな歌詞なのか気になったんですよね(爆)

「下取りが安くても~マツダが~好き~♪」

とか…

「白い犬を愛せ~♪」

「4Gだなんだかんだゆってるけど相変わらず田舎じゃ電波悪いぞこの野郎。パケット制限で重くなると最悪じゃないか~♪」

とか色々想像してたんですけど…

意外と動画で探して聞くとフツーの歌でした(爆)

ココじゃ敢えて歌詞をアップするのは辞めときますね…

JAS○ACが取り立てに来たら嫌だし(爆)
Posted at 2017/02/24 05:18:49 | コメント(15) | トラックバック(0) | カタログ~マツダ~ | クルマ
2017年02月23日 イイね!


どうも(*^^)v

もうタイトルでバレバレかぁ…(笑)

ってコトで今回はカタログのアップになります…

懐かしいですねぇ…コレ…



サイバーCR-X前期です♪

ホントにコレは沢山走ってましたし、後期だったものの、周りも乗ってる友達とかいましたね(^o^)

ただ…運転したコトないんです…(汗)

コレ…絶対乗ったら楽しいと思うんですけどねぇ…(^_^;)

さて…そんなサイバーCR-Xは2代目のCR-Xとして、1987年にデビューしてるんですが…

もう30年前のクルマなんですか!?

どうりで見なくなる訳だ…(汗)

この2代目からは、従来モデルにあった「バラード」自体が消滅しちゃったんで、ホンダCR-Xになっています。

キャッチフレーズはもうお馴染みですね…



サイバー・スポーツ

このCMがまた強烈にカッコイイと来ました(笑)

megadethのこの曲とマッチしてもう何とも言えない♪

ちなみにカタログは1987年9月のものでして、まさにデビュー当初のものになります。



前期の特徴として、フロントのナンバープレートの位置がバンパーの上の方に来るんですよね(*^^)v

個人的には見た目は前期の方が好きですね(^o^)

後は前期Siのみのフードのパワーバルジがまたカッコいいですね♪



全高も低く抑えられ、1270mm♪

重量も軽く、Siの5速で僅か820kgしかありません!!

その分、当時のホンダはボディ剛性が低かった訳ですが…(苦笑)



サイバーCR-Xのリアで最大の特徴と言えば、このエクストラウインドウですよね♪

コレはその後のCR-Zにも採用されてますよね~(^_-)-☆



インパネはEFシビックと同様…かと思ってたら、実はそうでは無く、インパネ中央がドライバー寄りに傾いてます♪

また、インパネ上部からドアライニングまで続く、撥水性植毛のライニングもバブリーな感じです♪



フロントシートは車名入りのバケットシート♪

ヘッドレストはシースルー形状になっています。



また、リアシートはホントに補助席程度…っつ~か荷物置きレベル(笑)

通称:ワンマイルシート。

この手はコレで十分ですよ(*^^)v

さて…そんなサイバーCR-Xに搭載されるエンジンは2機種。



ZC…直列4気筒1600ccDOHC、130馬力、14.7kg-m。

一見、テンロクとしては当時でもソコソコのスペックですが、車重の軽さも相まって、十分な性能かと思います(^_-)-☆

AW11のスーチャーのTバーより280kgも軽いから、かなり速いかと(笑)



D15B…直列4気筒1500ccSOHCデュアルキャブ、105馬力、13.2kg-m。

実はコレでも十分速いです(笑)

友達が後期のスペシャルエディションに乗ってましたね(^o^)



これらに搭載されるミッションが、5速マニュアルと4速オートマ。



足回りには4輪にダブルウィッシュボーンが奢られてましたが、意外やコレがアシが伸びないとか聞いたコトあります。

確かにEFシビックとか乗ったらあんまりストロークしないアシだった気がします…(^_^;)

更にCR-Xの場合、ホイールベースが僅か2300mm…(汗)

交差点でフツーに曲がっててもスピンしちゃったとか聞きました…(笑)



で…とにかくコンパクトなCR-X…空気抵抗係数も0.30と、当時としてはかなり低い数値です♪

最新の技術でアンダーカバーとかで空力対策すると凄いコトになりそうな気もします(笑)

CR-Zも確か空力良かったですもんね(^o^)



装備としての最大のトピックはグラストップなんてものがありました♪

当時としてはかなり斬新で、ガラスにはチタン被膜が奢られ、熱線を97%カットするものの、サンシェードも無く、かなり室内は熱くなるんじゃないかと思います…(^_^;)



それ以外にも、アウタースライド式のサンルーフも用意されていました(*^^)v

ココは好みでしょうね♪



そんなサイバーCR-Xはホンダベルノ店よりお届けされていました(*^^)v

このベルノっていう響きが既に懐かしいですが(笑)


その後、CR-Xは後期でVTECのB16Aになり、モデルチェンジでデルソルになった途端…余りのコンセプトの違いに、セールス的にはかなり苦戦しましたね…(苦笑)

そして、かなりの時を経て、CR-Zが出たものの…。

やっぱりアレはハイブリッドもイイですが、テンロクのVTECを素直に載せてくれればよかったんですわ…(泣)

惜しいコトにとうとうアレも生産中止になって後継車も無く、ハイブリッドがエコで終わってますよ…現時点で…(汗)

NSXはチョットコンセプト違うしなぁ…(^_^;)

最近はCR-Xも中古車がホント高いですね…(汗)

最早手軽な値段で遊べるコンパクトでなくなっちゃったのが残念でなりません…(泣)
Posted at 2017/02/23 04:31:29 | コメント(14) | トラックバック(0) | カタログ~ホンダ~ | クルマ
2017年02月22日 イイね!


どうも(*^^)v

そういえば、最近こんな動画を見つけました(*^^)v

丸走自動車教習所は全巻持ってて、映画も2の方は見たんですが、コッチは見たコトなかったんで、食い入るように見ちゃいました(笑)

さて…タイトル通りなんですが…

最近ホントにクルマに関するコトを殆どしなくなった…(笑)

まぁ…自分としてはコレでも別に全然構わないんですが。

ブログのネタは無くなる一方です(爆)

オフ会とか集まりとかも殆ど行って無いなぁ…(汗)



そう言えば、チョット遅くなりましたが、今年のバレンタインはゴディバのチョコと日本酒とラスクを貰いました(*^^)v

後は彼女の友達からもチョコもらいました…珍しく2個です(爆)

この澪って日本酒…初めて飲みましたが、フルーティで結構美味しくていいですね(^o^)

去年ローレル繋がりってコトで月桂冠を飲んでみたものの…

苦手だった(爆)




先週はグリーンパークへイルミ見に行ってきました(*^^)v









26日までなんですが、まぁ…散歩でチョロっと歩くにはイイ感じですね(笑)


場内で帰ろうとしてたら館内放送が鳴りましてね…

北九州…532…71…白のマークⅡの方…



一体なんだろうと思ってたら…


ルームランプ点きっぱなしだった(爆)


っつか…半ドアで鍵もしてなかったという…(爆)

クルマ降りる時に財布とデジカメを落としてアタフタしたまま行った為に完璧に忘れておりました(爆)



それと今回のブログで一番の話題…





相生にある、うお屋905さんのランチで海鮮丼を食べに行きました(*^^)v




なんとコレが800円♪

凄く新鮮で身が厚くてメッチャ美味い(*^^)v♪

しかもランチなのに土日もやってます…コレはマジでオススメです♪


71もローレルも手入れしたいんですが、最近何かと予定が入ってて全然時間が取れないのが悩みです…(汗)

今週末はプロレスに行ってきます…(笑)




ではまた♪
Posted at 2017/02/22 04:12:02 | コメント(8) | トラックバック(0) | しがない休日 | グルメ/料理
2017年02月21日 イイね!


どうも(*^^)v

今回はカタログのアップをします~間が空きましたが、引き続き80年代車の特集をやってます(^_-)-☆

ってコトで…



F30レパードTR-X後期最終型です♪

数年前に4ドアターボの5速に乗りましたが、L20ターボのドッカンぶりは健在でして、気持ちのイイ加速をしてくれました(*^^)v

さて…そんなレパードTR-Xは1980年にデビューしています♪

当初は810ブルーバードのロングノーズモデルである、G6及びG4の後継車的位置付けでして、中でもこのレパードTR-Xはチェリー店専用モデルでして、レパードの兄弟車なのです。

ちなみに呼び名はTR-Xと書いて、トライエックスと読みます。

デビュー当初こそ、高級プライベートサルーンとして話題になったものの、翌81年にクラウン2ドアハードトップの後継車的位置付けでトヨタからソアラが登場するや、完璧にお株を奪われる形になってしまいました…(苦笑)

元々の生い立ちとなった車格が違うものの、結果として同じクラスの土俵にエントリーとなったレパードですが、1982年に後期型へとマイナーチェンジ…

したのですが、最上級グレードが2800ccから2000ccになっちゃったもんで、ソアラの後塵を浴びるばかりでして…(苦笑)

ソコで、1984年に後期の最終モデルとして、当時の日産が国産最強エンジンとして開発されたV6、3リッターターボを搭載して、打倒ソアラを図ったのが今回のモデルです♪

当時のキャッチコピーは…



華麗なる豹

ってコトで、後期最終の中でも今回は1985年10月のカタログになります。



レパードTR-Xは兄弟車のレパードと比べ、ヘッドライトが異形ヘッドライトから角型4灯になり、また、グリルが横桟グリルから格子状になるのが大きな違いです♪

コチラは2ドアクーペ…では無く、実はハードトップ(笑)

Bピラーレスのハードトップ構造になってまして、C,Dピラーと続くのが特徴です(*^^)v

で、コレが最上級グレードの300ターボグランドエディション。

この「300」なんですが、実は…

「サンマルマル ターボグランドエディション」が正式名称。

今回カタログ見るまで知りませんでした…(苦笑)



リア周りで特徴的なのは、族車等でも結構流用されたリアフェンダーの2連ダクトが特徴です♪

リアバンパーの横に付いたエンブレムがさりげなくてカッコイイですよね(^o^)

ところで…



誰よりも精悍、誰よりも優美、誰よりもラグジュアリー

完全にソアラ意識です(爆)

コレを見て、個人的に思っちゃうんですが、ソアラの場合は、世界を凌駕するGTを目指していると思うんですが、レパードはあくまでソアラしか意識してなかったのでは無いのか??と…(汗)

なんかもう元々のメーカーが意識しているレベルの違いを見せつけられてる気もしちゃったんですよ…(^_^;)

かと言ってレパードがつまらないクルマって訳では全然無く、乗ればコレはコレでいいんですが(笑)



で…レパードはソアラに対して4ドアがラインナップされていたのが特徴でした(*^^)v♪

この4ドアが凄く伸びやかで長いクルマって印象でした(*^^)v

ただ…全長を見ますと、4630mmで5ナンバーサイズじゃないコトに驚きます!!



コレだけ大きく見えるのは、やはりリアクォーターガラスが大きく、また、ボディ後端に行くに連れて絞られて行くデザインの巧さが出ているんでしょうね…コレがカッコいいんですよね(*^^)v



インパネは当時の日産の特徴としていた絶壁インパネ(笑)

インパネにステッチ風の模様を入れるのもこの頃は流行りでしたね(^o^)



シートはグレードによって本革シートが装備出来ます(^_-)-☆

高級感もありますね(^o^)

にしても…

この時代の日産ってシートに花束を置きたがる(爆)

そんなF30レパードTR-X後期最終型に搭載されるエンジンは4機種。



VG30ET…V型6気筒3000ccOHCターボ、230馬力、34.0kg-m。

通称:プラズマV6 3リッターターボ♪

当時の国産最強エンジンでして、フェアレディZに積まれたものと同じエンジンです♪

国産最強…とは言うものの、今乗ると…「あぁ…こんなもんかぁ」って感じの結構マイルドな加速です(笑)

国産初のV6で国産最強スペック…当時としては話題性に溢れるユニットだったのは間違いないです♪



L20ET…直列6気筒2000ccOHCターボ、145馬力、21.0kg-m。

当時でも少々時代遅れ感のあったユニットでして、コレにターボをドッキング。

430セドグロに世界初で搭載されたユニットでもあります♪

ターボが効き出すと結構楽しいエンジンではあります(笑)

L20E…直列6気筒2000ccOHC、125馬力、17.0kg-m。

上記のターボ無し。っつか一番メジャーなL型(笑)

当時としては時代遅れなターンフロー…これから時間の経たないウチに日産は順次L型からRB型へと世代交代していきます…。

Z18…直列4気筒1800ccOHC、キャブ、105馬力、15.0kg-m。

このロングノーズにまさかの4気筒…まぁ…ブルーバードG4の後継と考えりゃいいんですが…(汗)

燃費志向のツインプラグ…正直凄いアンダーパワーなんですわ…コレ…(^_^;)

ただ、アメ車のようなドロドロとした独特の音でして、音が意外とイイのが特徴(笑)




これらに組み合わされるミッションが、全グレードに5速マニュアル♪

3リッターターボにパワー・エコノミー切り替え式の4速OD付きオートマ。

2リッターに4速OD付きフルロックアップオートマ。

1.8リッターがこの手にしてはまさかの3速オートマ(爆)




そういえば、このレパードTR-Xのカタログにも透視図はありました(*^^)v

やっぱりメカメカしててカッコいいです♪



ちなみに足回りはオートレベライザーがスーパーエディションに装備されます♪

さらに装備面で言えば、電気モノで勝負してくるのが日産(笑)

そしてその電気モノがよく壊れるのも日産(爆)



発光ダイオードを利用して、各種装備のコントロールを行う、光通信ステアリングはこの頃の日産にはありましたね(^o^)

やがてY31系になってくると、非回転式センターパッドなんていうぶっ飛んだのもありました(笑)



そして高精度??らしいデジタル式の燃料残量計♪

コレも今では当たり前の装備になりましたね(笑)



雨滴感知式間けつオートワイパーなんてのもあるんですが…

間欠が全く任意で調整出来ません…マジでオートのみ…(汗)

意外とコレが便利なようで不便らしいですね…(苦笑)

コレ…センサー部分に集音マイクが付いてて、音で検知するらしいので…(笑)

拍手で動いちゃうなんて話も聞いたコトあります…(汗)



それと80年代車と言えばやっぱりデジパネですよね(*^^)v

エンブレム付きのターボマークがカッコイイですね♪



それと、コレも当時の日産が大好きだったお節介機能(笑)

エレクトロニック・ボイスインフォメーション。

半ドアだったり、なんだかんだあるととにかく喋る…無駄に(爆)



この時代にしては意外だったのは、照明付きのバニティミラーなんですね(^o^)

理由は分かりませんが、ナゼか2リッターのターボZGXスーパーエディションだけなのです…(苦笑)

3リッターにはナゼか装備されない謎…(苦笑)

そんな感じで、ソアラに対し、国産最強エンジン搭載で、スペック的にはソアラに勝ったものの、販売台数的には残念ながら上回りませんでしたね…(苦笑)

その後、20ソアラで国産最強を奪われちゃうんですから、皮肉なもんでした…(^_^;)

しかしながら、今見ても見所は沢山ありまして、独特の伸びやかなボディライン等はレパードの特徴と言えますね(^o^)

Posted at 2017/02/21 04:21:44 | コメント(14) | トラックバック(0) | カタログ~日産~ | クルマ
2017年02月20日 イイね!


どうも(*^^)v

懐かしいゲームだなぁ…って思ってこの動画見ようとしたんですが、無茶ぶりに終始大爆笑しました(爆)

さて…1週間前の話題を色々と…



所用で時津さんトコへ行きました~

ブログのネタになる物を最近持ってなかったんで、そんな話をしてたら、丁度塗装剥離をするというコトで…



見学するコトにしました(爆)


モデルとなるのは、ドアエッジ野郎のイーグルマスク…約35年落ちです。




まずは剥離剤をハケ塗りしていくんですが…

なんか剥離剤茶色くねぇ…(汗)??

どうやら剥離剤の缶の中が錆びてたようで、剥離剤に混じったらしいです…(^_^;)

まぁ…剥離には問題ないので、試しに塗ってみるコトに…



あっという間に塗装が浮いてきます♪




塗装が浮いてきたトコで、ヘラで掻いてみます…




あれ…剥がれてねぇぞ(爆)

どうやら、過去に1回サビでルーフを塗り直したようでして、再塗装部分だけ剥がれました…(苦笑)

劣化した剥離剤だからかな…ってコトで…




後日新品を取り寄せて再挑戦

(以下は時津さんからLINEで送られてきた画像)



新品の剥離剤は水色です(商品によって違うけど)



塗ってはみたものの、どうやら35年張り付いてた塗装はかなり強力で中々剥がれない…(汗)




ってコトで、ラップを貼ってしばし待ってから取り除いたところ…




綺麗に地が出てきました♪




その後、ダブルアクションサンダーで鉄板を磨き、塗装の境や細かい箇所を慣らしていきます♪



パテを薄く塗り、平滑にして…



サフェーサー処理♪

とのコトです(笑)

イイネタになりました(笑)





さて…その翌日は平尾台であった冬花火のイベントへ行ってきました(^o^)

コレ…去年で最後って言ってたのに、今年もフツーに開催されました(爆)

あの予告はなんだったんだ…(爆)!?




にしても…この日はマジで寒かった(^_^;)


会場では100円で豚汁が売ってたんですが、コレがメッチャ美味かったです…寒かっただけに(笑)


で…いよいよ花火♪














レーザー光線とBGMと花火のコラボが毎度ながら良かったです♪

今年はBGMが特によかった(笑)


だってT-SQUAREのtruthだもの(笑)

BGMに合わせて花火が飛ぶのがマジでいいんですわコレが(笑)

こら来年も行かないと行けません(笑)


ではまた♪
Posted at 2017/02/20 04:22:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | しがない休日 | クルマ
プロフィール
「輝きは、時を越えて。 http://cvw.jp/b/232669/39066493/
何シテル?   12/26 18:33
愛車はC33ローレル、GX71マークⅡ 登場から既に20年を超えてしまったC33ローレルをメインとして活動しています♪ GX71は通勤用。 ロ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
日産純正カセットデッキを復活させる! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 01:20:12
愛車グランプリにエントリー! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/29 01:15:59
クルマの履歴書 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/29 03:41:19
 
お友達
現在余程のコトが無い限りお友達の募集はしません。

誘いがあっても全く知らない方は容赦なく却下します。

理由としましては、現在登録されて頂いてるお友達のブログを徘徊するので精一杯だからです。

申し訳ありません。
383 人のお友達がいます
び~とる~ずび~とる~ず * ポタポタキャブポタポタキャブ *
サムライ&#215;&#215;サムライ×× * しるびあしんちゃんしるびあしんちゃん *
セリカTA45セリカTA45 * わっくん.わっくん. *
ファン
2,336 人のファンがいます
愛車一覧
日産 ローレル 日産 ローレル
2オーナー走行6.7万キロ17年間車庫保管で新車同様のC33の2.5メダリストVを山口で ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
2014年9月、ヤフオクで現車確認せず山形から購入。 グランデツインカム、赤内装、デジ ...
日産 ティーダ 日産 ティーダ
H17年式、走行5万km、修復歴無し H24年2月に車体52万円、車検込み66万円で購 ...
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
2003年4月10日勢いで免許取得前に有り金15万で買ったビックリドッキリメカ。エンジン ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.