車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月20日 イイね!
クルマ好きには時計好きが多いと聞きます。
僕にはあてはまりません。
時計に関してはこだわりほぼゼロ、です。

普段使いしていたダイバーズウォッチは、家の人が使わなくなったものを引き取ったものなので、女性用なのかユニセックスなのか僕にはちょっと小さめでした。
以前、金属ベルトが切れた時には安い汎用ベルトにちゃちゃっと交換するこだわりの無さ。
ボタン電池のクォーツ式ですが、最近、不定期に遅れるようになりました。
3日に一回くらいの頻度で、気づくと10分くらい遅れている症状が発生するようになりました。
これが地味に困ります。
完全に止まってたらスマホを見るんですけどね。
ま、10年以上使った気がするし、退役が妥当でしょう。
そういえば、前回の電池交換の時、もう防水機能は無いと思った方がいいよ、と時計店の人に言われたのを思い出します。
隙間から浸水でもしたのかな。
で、ネットでサクッと安価な代替機を物色し、購入しました。

裏返すとメカメカしいです。



これで諭吉さんおひとりチョイ。

レースの冠スポンサーになるようなメーカーの高額時計は、素材が高級だったりとんでもないメカとか仕組みなんでしょうね、ヤッパリ。

機能がシンプルなのはロータスにも通じるので(のか?)、安いのでOKです。
耐久性は分かりませんし、オーバーホールしてやるほどの元のお値段じゃないので、遠慮なく普段使いしてやります。
初めての自動巻き腕時計。
指針の動きとか、音とか、ノスタルジックな雰囲気。
クルマ好きに時計好きが多いのも、なるほど分かった気がします。
Posted at 2017/02/20 21:11:52 | コメント(5) | トラックバック(0)
2017年02月19日 イイね!
朝7時。
2月半ばにしては、案外温かいと感じる外気でした。
エリーゼで出かけるには、家の便利な車をどかせる必要があります。
夏だろうが冬だろうが、キーをひねると、100%に限りなく近い確率でエンジンが始動する国産車は、やはり素晴らしいと思います。
フロントガラスに水滴があったのでワイパーを作動させると、ガガガガーッと。
凍っている。



はて。
十分に寒い。
意外に温かいと感じたのは気のせいだったのか。
空は晴れ。
空気は冷たくても、日差しにはやはり春の温かさ。
迷わずオープンにして(この辺の感覚は普通とずれていると思う)エリーゼで発進。
途中、事故で国道が通行止めだったりしましたが、無事に現地着。
ここのところ2ヵ月に一回開催リズムのカルムディモンシュ。
会場は結婚式場の駐車場です。
式場のロビーが開放され、コーヒーの提供もあります。



素敵な式場です。

集いはクラシックカーがメイン。
生まれ出てから時間を経たクルマたち。



直線的なエッジシェイプも、有機的な曲線美も、それぞれに味わいがあります。
白いクルマが駐車場のメイン位置に集められていました。
白はスポーティにも、フォーマルにも、クラシックにも、サイバーにも見える色ですね。

到着されたエリーゼS1。
迎えるフェラーリF355ベルリネッタ。



エリーゼがラテンな黄色、
F355が英国的な緑色。
イメージカラーを交換したような2台でした。
この後、エリーゼS1は僕のS2の横に駐車されました。



姉妹関係です。
まるしさん、がっちゃけさんと葉月さん、トミーさんも集ったところで、運営側の方が興味をもってくれて色々話しました。
S1は蛇、S2は毒蛇の雰囲気ですって~。
は虫類か両生類の顔って気はしますね。

今日も多彩な趣味クルマたち。



カルマンギアの前ボンネットの下は何空間なんだろ。



oceanさんは純正化を進めている911。

まるしさんのエリーゼ、タイヤの空気圧が低め?と気づいたのはトミーさん。
トミーさんのエリーゼはZ2☆化されていましたが、Z3発表後、Z2☆の在庫は急速に減っている様子です。

解散後、自宅へ向かっていると向かい側から赤いエリーゼ。
方向転換し追いかけるとたずーさんでした。
寝坊?
しばしのランデブーでした。
帰宅し、息子DJを乗せて実家へと出発。
すぐに…



…就寝。
ぽかぽか陽気でしたからね。
今年初めて、日差しに暑さを感じました。
まだ2月なのに。

実家からの帰りは夜なので、流石に寒いだろうからクローズで、だろうな。
Posted at 2017/02/19 16:00:34 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年02月12日 イイね!
西日本の広い範囲で大雪に警戒が必要

という天気予報が継続していましたが、僕の住処付近は、日陰の路面にうっすらと雪が見える程度の朝でした。
薄化粧、って感じです。



雪が多かった地域の皆さん、大丈夫でしたか?

一応、付近の道路の凍結状態を足裏で確認し、ノーマルタイヤの後輪駆動車でも大丈夫と判断、出発しました。
助手席には息子DJ。
父子とも、髪の毛が伸びてしまったので、散髪へ行くことにしたのです。
馴染みの理髪師さんが新しいお店へ移られたので、そちらへと向かいます。
自宅で暖機するのは、団地という立地のため少し遠慮が必要なので、最初は暖機運転でそろそろと走ります。
国道パイパスに乗り走行車線をのんびり走っていると、後ろからとっかえひっかえミニバンが接近、軽く煽る、追い越し車線からブチ抜くガルルルル!、という具合に…。
暖機運転中なんで、勘弁してよ。
オープンスポーツカーはナイーヴなんだよ~
やれやれ。
やがて到着の駐車場。




知り合いのバモスと。
バモちゃん、かわいいです。
2台合わせてロータス・ホンダ。

チョキチョキっと散髪してもらって、帰宅。
やはり頭が寒いです(今日は流石にクローズで走りました)。
DJはツーブロック。



ツーブロックって、僕が高校生の頃にちょこっとだけ憧れたヘアースタイルです。
なんて小学生だ…。

彼の父さんはベッカム風です(風体はニコラス・ケイジですが)。
明日からもボチボチとパワー調整して頑張ろっと。
Posted at 2017/02/12 20:08:23 | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年02月05日 イイね!
朝から雨。
出展されている方から、来るんだよね?と軽い圧力を受けていた愛媛輸入車ショウですが、今回は行かないことにさせてもらいました。
あまり天候に恵まれなかったものの、イベントは盛況だったようです。
良かった良かった。

ウチのエリーゼ、週に一度は動かしたいので、曇り空の下、息子DJをお供に近所へ買い物に出かけました。
やはりエリーゼの運転は楽しい。
僕には精神安定剤です。

行き先のショッピングモールで用事を済ませ、駐車場に戻ってみると、僕と同じくらいの年齢の男性がエリーゼの斜め後ろに立っていらっしゃいました。
荷物を助手席前のスペースに乗せ、DJも乗り込み、僕も運転席に向かおうとしたら
「あのー、このクルマ、おいくらくらいでしたか?」
と声がかかりました。
さっきの男性は隣に駐車されていた軽自動車の方だったのですが、その方からの声でした。
「このクルマは10年落ちくらいの中古車で買いましたが○○○万円くらいでした。新車だと○○○万円くらいするみたいですよ」
と、お伝えしました。
「あー、意外とリーズナブルなんですね」
と返されたので、もっと高価な印象を持たれていたようです。
10年たったエリーゼの残価率は、客観的に見てすごい部類と思いますが。
維持費は普通の車並だけど、トラブルは…ね。

ここ最近の不安材料はセキュリティーキーです。



↑この、ボタンがイモビライザーの解除スイッチなわけですが、押すと時々、信号発信を示す赤いランプがつきっぱなしになります。
赤いランプが点灯している間は、操作を受け付けてくれない感じになるので、ボタンを長押ししてみたり、あれこれやってみる間に突然、正常にセキュリティー解除されたりします。
そんな症状が起きるので、スペアのキーに変えてみたのですが、今日やはり起きました。
事象発生時の解除操作がわかれば、まだいいのですが…。
もしかしたら、単純に電池残量が少ないから起きる挙動なのかな。
今度、電池交換をしてみることにします。

さて、ショッピングモールからの帰り道、DJは即座に就寝。



そんなに乗り心地は良くなかろうに(しかも足下には荷物たくさん)、エリーゼの助手席ではよく寝ます。

帰宅しDJと荷物を下ろし、相変わらずの曇天の下、軽く洗車。



いつも、ありがとうね、と念じながら洗ってやりました。



また一緒に駆けよう。

乗っているときも、そうでない時も、僕のエリーゼは自分の一部って気がします。
Posted at 2017/02/05 19:54:20 | コメント(5) | トラックバック(0)
2017年01月29日 イイね!
広島輸入車ショウに行ってきました。
DJ(代打ジュニア)も一緒です。
場所は例年と同じ広島グリーンアリーナ。



例年と違うのは、参加メーカーにロータスが居ないこと、でしょうか。
やはり寂しいです。
去年はランボルギーニも居た気がしますが、今年は不在。
代わりに英国の伝統ロールスロイス、米国の新鋭テスラが初見参。

まずはお世話になっている○オートさんのアストンマーティン&フェラーリブースへ。
ちゃっかり中へ入れてもらいました。



このフェラーリ488のメタリックブルー、照明の下でキラキラと輝いていました。
エリーゼが原寸大プラモデルなら、こちらは巨大化した宝石、なーんてのは言い過ぎでしょうか。
○オートさんではお久しぶりの営業さんとちょこっと雑談。
中国四国各地の輸入車ショウ時期なので大変だろうとお察しします。
アストンマーティンはDB11が目玉。
煌びやかなF様に比べると、しっとりとした大人の佇まいです。
写真を撮り忘れましたが、こちらの方が好みに合います。
もちろんお高いので…、ですが。

天上界であるA様・F様ブースから下界(笑)を眺めていると、某トミーさん発見。
僕らも下界へと降ります。
参るぞよ、DJ。
(この辺の表現は演出なんでスミマセン)
下界にもなかなか良いクルマがあるものよのぉ、おほほほほほほっ!

ん?
何じゃあの遠近感がおかしくなるクルマは??



ベントレーのベンテイガです。

「弁当が」
に聞こえますが、巨大なSUVでした。
どこにでも行くためのSUVなのに、こんなにデカいとどうなんでしょうねぇ。

この後もふらふらと会場内をうろうろ。

色分けされたビートル。



こういう遊び心は、日本にはあんまりない気がします。
もちろんこのまま市販はされないのでしょうけどね。

ポルシェのル・マンレーサー。



失速するトヨタを最終ラップでパスし、総合優勝したモデルですね。
今年はどんなドラマがあるんでしょう。

ギラギラしたコブラ。



液体金属になるターミネーターみたいです。

BMWのM4に乗せてもらいました。



各メーカー、レーシング仕立てモデルをラインナップするのは普通みたいですね。

レンジローバーイヴォークのオープンモデル。



運転席に乗せてもらいました。
これはカッコ良かった。
ネタの広さはさすがに自動車文化発祥地の英国。

ドーンと!



ロースルロイスのドーン。
ノーズ上におわすのは



スピリットオブエクスタシー。
Google翻訳で日本語訳してみたら、

「エクスタシーの精神」

だそうです。
なんじゃらホイですが、言葉にして理解しようとするのは不粋な行為なのかもしれません。

会場の外周にはバイクも展示。



2時間くらいかけて巡りました。
色んなメーカーがあんまり区切られずに雑多に展示されているのは広島輸入車ショウならでは。
個性的な「外車」が広場に集まって、クルマ好きがわいわいしてる雰囲気でした。
Posted at 2017/01/29 16:48:29 | コメント(6) | トラックバック(0)
プロフィール
「@ヤジキン さん いかにも、です。仕事で荷物を宅急便に出しにいったらありました、ロータス。」
何シテル?   02/22 21:25
ロータス エリーゼ スダンダード2005年式を相棒に、久しぶりの、愛車と暮らす生活を過ごしています。 エリーゼを知ったのは10年以上前。 クルマ雑誌の誌...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ファン
9 人のファンがいます
愛車一覧
ロータス エリーゼ ロータス エリーゼ
ウチに来てから、大きなトラブルなく早1年3ヶ月! またコメント微修正。 ロータス エリー ...
トヨタ セラ トヨタ セラ
初めてのマイカーでした。 平成5年式というのは、登場年である平成2年式が大多数のセラの中 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.