車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月04日 イイね!
ロックアップクラッチコントローラーを装着後ATFの温度が気になりだしました。
ロックアップすると油温は少しずつ下がるのはわかるのですかロックアップしていない時の油温の上がり方が半端ない・・・仕方ないので付けました。追加ATFクーラーです。

某オークションで新品送料込みで3000円もしなかったコスパ最高の品です(*^-^*)


分かりにくいですがいきなり完成です^_^;
追加ATFクーラー装着後の油温の上がり方は・・・この時期だとある程度油温上がらなかったら全く上がりません(; ・`д・´)というのも住んでるところからすぐの所に某名阪国道という(あるところでは名阪アウトバーンとも呼ばれているらしい)自動車専用道路があるのですが、これに暖気なし状態で走行(法定速度70km/h 実際の流れている速度80km/h~)すると走行スピードが高いのが関与しているみたいで全く油温上がらない⇒ロックアップする温度まで上がらないという事態にまでなりました・・・恐るべし追加ATFクーラーの威力。
当初、追加ATFクーラー(ここでちょと冷やされて)→純正のラジエータ下内部のATFクーラー(ここである程度温まって戻ってくる)の順でATFが回るのである程度の温度で安定する(そこまで冷えない)思っていましたが実際は違いました(;^ω^)
街乗りするといい感じなんですけどね(´・ω・`)
Posted at 2017/03/09 00:35:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月12日 イイね!
ほぼ全量ATF交換後に気になったのがロックアップコントローラー装着にて今後課題になってくるであろう強制ロックアップにて発生する鉄粉やスラッジ類です。これをどうやって取り除くか?色々調べるとそれ専用のフィルターがあるみたい。また某ハイエース専門店でもおススメしている商品です。

装着後の感想は・・・ATF交換直後より変速がなめらかになったように感じます。ほぼ全量交換といっても20%くらいは入れ替わっていないのでそれに含まれているスラッジ等がろ過されてきれいになったのかなと思います。
 ただ装着には注意が必要です。ATFクーラーの出口側(リターン側)に装着するのですがハイエース・ATFフィルターで画像検索すると助手席側の配管にフィルターが装着されている画像しかないといっても過言ではないといっていいくらい助手席側の配管にフィルターが装着されています。これを確認しようとATF交換時に先立って確認してみました。すると、助手席側の配管からATFが出てくるではありませんか?( ゚Д゚)?そしてネットで調べまくって見つけました!
http://minkara.carview.co.jp/userid/1471125/blog/33152879/
「2KDのATF冷却ラインは、ATからラジエーター下部の左に入り右からATに戻る時計回り循環・・・2KD車は左側の配管からATF出て来て右側に帰ります。」
画像も運転席側の配管に装着されてました。これで安心して装着できました。
ういんでさん情報ありがとうございます。

この画像(車両の真下から撮った)でいうと右側(助手席側)がラジエータのATFクーラーへの入り口につながってます。
2KDはこの画像でいうと左側(運転席側)の配管にフィルターを装着します。
Posted at 2017/03/08 23:52:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月05日 イイね!
もうすぐ15万㎞になろうかと言うタイミングでATF&PSF交換行いました。


銘柄はアインシのAFW+です。トヨタ純正油よりも安く手に入り、しかもATメーカー純正油、色んなショップでも使用されており安心です。
なぜこのタイミングで交換するかというとロックアップコントローラーなるモノを付けたからです。

SeMGⅡ(ロックアップクラッチコントローラー) [青文字]

これは2速以上の時にスピード基準でロックアップをコントロール出来る代物です。アクセル開度でもある程度のコントロールもできます。
ロックアップをコントロールし燃費とダイレクト感を向上させるために装着したのは良いが余りにもロックアップした時にドンっと繋がるのが気になって、トルコン内での回転差が大きいのはATFが劣化してるからじゃないの〜?って事です。
交換作業は車体の前側を上げてオイルパンのドレン開放⇛オイルクーラーに行く配管から

手動式オイルチェンジャー

これを使って配管からAT内の残ったATFを吸引。すると…なんと容量8㍑中6.5㍑も抜けました!‼なんと1回の作業での交換率80%以上です(≧∇≦)
この状態でしばらく走り様子見ですね( ・ิω・ิ)

試走ではメッチャ軽く走る〜ドン繋がりマシになってる〜回転差あんまり気にならん!!いい感じです(≧∇≦)b

PSFは余り物 アリシン ATF-2 です。



今回は全量交換せずにタンク分の入れ替えの作業にしました。雨降って寒かったもんで…(^_^;)
Posted at 2017/02/06 02:26:07 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年01月04日 イイね!
物珍しい物が某オークションにあったので気になってました。また某ハイエース専門店でも新ボディー剛性UPパーツが出てきたりとこの頃ボディー剛性アップパーツが気になりだしていたのでポチりました。


取付は簡単でしたけどこれまで他の車でもいろいろ装着したボディー強化パーツの中でも1番効き目があったパーツです。それもスタッドレスでこの効き方!素晴らし!!
これでこの効果なら某ハイエース専門店の新ボディー剛性UPパーツはどんなに効くのかが気になるな~(・´з`・)
Posted at 2017/03/10 00:09:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月16日 イイね!
前回から1年以上経ってやっと重い腰を上げて作業再開です。
サイドベアリングは、リングギア側がトルセンに元々付いていたJZX100用。反リングギア側はハイエースノーマルです。これでバックラッシュが取れる状態になりました。
買ってきたデフケースは1KDのモノで2KDはファイナル4.3、1KDはファイナル4.1で5%のハイギアなんですよね〜。そのハイギアを使用してトルセンデフを組み込みました。
そして、ホーシングに組み込もうとしたら問題発生です…ホーシングにデフ玉入りません(¯―¯٥)
なぜか入りません…全く入りません(;´Д`)
よく見てみると当たっています。それもここが…




って、なんでやねん(@_@;)
確かによく見るとケースの加工痕からかなりの出っぱりになっているが…
トルセンデフがケースに当たるとは聞いていたが、ここが当たるというオチがあるとは思っても見ませんでした(TдT)
作業前に色々なサイトで情報収集しましたがここが当たってホーシングに入らないというのは見た事ありません(;一_一)
しかし、ここからは決断は早いです!
速攻でサンダー登場!!
出っぱっているアジャストナット?を潔く削りました。無問題です(^^)v
そこから戻し作業を行って試乗です。
はっきり言ってLSD有無の違いがわかりません…(´-﹏-`;)
ハイギアの効果はよくわかりました。たった5%の違いですがエンジンの音がすごく静かになった気がします。また、しっかりとブーストがかかってる感がありディーゼルATにありがちな踏んでからのモッサリ感が少なくなりました(^^)v

LSDの効果がわからないでは組んだ意味がないという事で、砂利とアスファルトの境目を探してテストです。アクセル全開の0発進をすると全く空転起きません(^_^)いい感じです。
しかし、かなり踏まないとロックしないみたいなので少し残念ですね~( ;∀;)
まあ普段乗りでは全く以前と変わらないのでそれはそれでOKとしておきましょう!

しかしアジャストナットの薄いのってないの?
誰か教えてプリーズ٩(๑´3`๑)۶
Posted at 2016/10/18 19:36:11 | コメント(0) | トラックバック(0)
プロフィール
「SURUGASPEED スルガバー 装着 http://cvw.jp/b/2340140/39431634/
何シテル?   03/10 00:09
m-techです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
モニタープレゼント!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/12 00:09:51
お友達
1 人のお友達がいます
REIZ TRADINGREIZ TRADINGみんカラ公認
ファン
1 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ レジアスエースバン トヨタ レジアスエースバン
トヨタ レジアスエースバンに乗っています。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.