車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月12日 イイね!

とびしま海道を戻り、また720円の安芸灘大橋を渡って本土に戻りました。
今日中に山口県にたどり着きたいので先を急がねばなりません。

呉からは時間短縮の為に広島呉道路に乗りました。
広島市内は広電の電停がたくさんあるので
いったん有料道路を降りて市内へ

広島マツダ宇品本店で充電
マツダは自分の所にEV/PEV/PHEVないのに
充電機用意して無料で提供しているとは太っ腹

この広島マツダの本店はとても大きく、展示車両もたくさん
2階の休憩スペースには
遊び道具、リラックスマシーン、無料の飲み物のほか
展示物も多くびっくり
正直言って三菱自動車の田町本社ショールームの
何倍も規模が大きいぞ。




このあともなるべく電車線路沿いに走ってCPを集めました。



広島の道路はよく知らないので
原爆ドームのCPを取りに県庁前で左折してしまいましたが
もう少し先まで行って広島城もGetすべきでしたね。

でも暗くなって夕方のラッシュで混雑している市内を
走り回るのもよくないので
途中でまた有料道路に乗ってしまいました。
大竹で山陽道を降り2号線を走り山口県入り
予定していなかったのですが岩国錦帯橋CPも取れました。

地元の人は慣れているいるでしょうが
真っ暗な闇の中で山上にぼわっと照明に照らされて浮かぶ岩国城
あれはちょっと不気味ですね
初めはなにが空に浮かんでいるのかと思いましたよ。


岩国市内のSCで充電と夕食の買い物
無料で4.7KWH充電出来ました。




その後は下松を抜け徳山の工場地帯の夜景を見ながら
本日の宿泊地「それーね周南」道の駅に夜九時到着

近くの湯野温泉に寄るつもりでしたがこの晩は温泉はパスです。
それーね周南は24時間営業のコンビニとNCSのEV充電機があり
多くの道の駅が夕方には閉店してしまうのに
ここは特産品やお土産類もコンビニで決済してくれるので買えるうれしさ
2号線沿いなので大型トラックも多いのですが
駐車場も広いので大変に使いやすい道の駅です。

ここで岩国で買ったお弁当で夕食を済ませ
割合早めに到着したので明日に備え早めに寝ました。

本日の走行距離:260km

===========================

ところで今回の車中泊はまだ2月なので
車内でお湯を沸かしてコーヒーやお茶飲んだり
ラーメン食べたりすることが多かったのですが
よく考えると非常に危険ですね


後ろの席はベッドで座れないので
運転席と助手席に座って食べているのですが
万一ポットのお湯やラーメンをひっくり返したりしたら
すぐに逃げられず大腿部に大やけどを負ってしまいます。


またシフトレバーなどのあるコンソール部に
液体をこぼしたら機器にどんな影響が出るか??


旅先での怪我や車の故障は楽しい旅行を暗転させてしまいます。
絶対に避けねばなりません。


そういう意味でお尻にケーブルがついていて
うっかりすればひっくり返えしてしまう瞬間湯沸かしポット
車内で使うにはかなり危険な器具と理解する必要があります。


今使っているものは安物の転倒すれば
すぐにお湯が流れ出てしまう物ですが
車内では多少価格が高くても
ひっくり返してもお湯がこぼれないタイプのポットを使うべきですね。
早めに買い直します。

また食事時にはコンソール部は
万一なにかこぼした時にも液体がかからないように
ビニールなどで覆う必要があると感じました。


===========================












Posted at 2017/03/13 01:04:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行・ドライブ | 日記
2017年03月09日 イイね!
中井町よ!  お前もか?








小田原に用事があり車で出かけました。
下道を使って行きますがうちから約60kmくらい


ルートはいろいろありますが
今回は丹沢山塊の山すそを抜ける清川村コースを選びました。

多少登りですがてっぺんの清川村役場に充電設備があるので
そこを利用します。


静かな宮ヶ瀬湖脇を抜けて清川村役場に停めて充電しようと思ったら
張り紙がしてあり
な、なんと昨年の12月から使用停止になっていたんだって
知らなかったぁ




まあ、稼働率低そうだったし
2階の事務所まで行って充電を申し込むと
係員が降りてきてメイン電源スイッチを入れ
充電機のカギをあけていたりしていたから
やっかいな仕事とは思っていたんだろうな


その代り、役場前に出来た清川村道の駅駐車場に
NCSの充電機が設置されているからそちらを使うようにと書いてある。


う~ん、
清川村に無料充電機があったからこそ
このルートを使ったのだが
有料になったのならもう来ないぞ。


ちなみに清川村は人口3200人の神奈川県唯一の村で
村内には今の所一軒のスーパーもコンビニもありません。
充電機無料にして少しでも観光客呼べば良いのに。

充電設備は高いのだからもう使わないのなら
こんな所で無駄に錆びさせないで
どこか必要な所に売却して
少しでも村の財政の足しにした方が良いと思うよ。



清川村道の駅の新しい充電機



道の駅のNCS充電機で約15分ほど充電し先を急ぎました。
この辺りは一番高い所なので
厚木方面、伊勢原方面、相模原方面の
いずれに行くにしても回生ブレーキが効くので
山を下りる時にけっこう充電出来ます。




次の充電ポイントは
最近行っていない中井町役場にしました。
ここにも無料充電機があったのですが ・ ・ ・

けっこう不便な所にある中井町役場に着き
奥まったところにある充電機までたどり着くと
張り紙が貼ってあり



『充電一回300円、500円玉でも良いがお釣りは出ない』

だって。

おいおい、中井町もかよ。
300円もかけてこんな所でいったい誰が充電するんだ。<`~´>


実際、備え付けの利用者ノートを見ると
初めの頃は毎日1台くらい充電に来ているが
今年の1月は4台、2月1台、3月はとうとう今までの所0台


当然だよな
地元の人は当然使わないでしょ。

観光ルートでもないし
充電機ネットワークにも載っていない。
とても判りにくい場所にある300円充電機を誰が使いに来るというんだ?


これじゃあ課金機取り付け費用すらまったく回収できないわ

人口1万人未満のなんの特徴もない中井町役場に
わざわざ割高な有料充電で来る車なんてないよ。

町の幹部の中に一人でもEV/PHV/PHEVを
使っていたらすぐに判りそうな税金の無駄使いだ。

ここもこの充電機
売れるうちに早く処分した方が良いよ。

町長へのアドバイスだ。



ここには代替充電機もないので
次は5,6km離れている大井町の無料充電機をあてにして行ってみた。
東名高速の脇にある眺めの良い高台ある町立そうわ会館に設置してありました。
そうわ会館とはいわゆる公民館です。



幸い、ここは無料施策を継続していました。
しかも駐車場に車を停めたらすぐに係員が飛び出してきて
コーンをどけ鍵を開けてくれた。
充電中は図書室で休憩して良いといってくれました。

隣町とは大違いだ。

大井町に幸あれ!!




帰りは渋滞時間になってしまったので
小田原厚木有料道路圏央道を使い
家まで1時間弱



途中大磯PAで充電、
初めてここを使いましたよ。



ガソリン車の時には
こんな所で停まることはなかったんだけれどね

充電機があるとお客が来るんです!

清川村村長さん
中井町町長さん




















Posted at 2017/03/10 22:22:06 | コメント(2) | トラックバック(0) | つぶやき | 日記
2017年03月05日 イイね!
山口往復2400km 6泊7日車中泊 三日目、四日目






三日目は瀬戸内海沿岸を走ります。
曇りで時々雨と言うドライブには不向きの天気
せっかくの絶景ドライブなのに・・・・


道の駅を出てすぐに
『筆景山国立公園』への道路標識がありました。

へ!国立公園?

そうか、瀬戸内国立公園は点々とエリア指定されていたのであった。
昔、子供の頃、瀬戸内海全部が公園になっていると思っていましたよ(笑)

実はまったく知らなかったのですが筆景山は三原市内では
No1の観光スポットで多島海の絶景が見られる場所で
一か所だけぽつんと国立公園になっているようです。

気が付かずに重要ポイントをパスしてしまったよ。



代わりに隣の竹原市のパーキングエリア『エデンの海』から見た
多島海風景がこれ
どっちを見ても島、島、島




一目で13の島が見渡せる
かっての毒ガス島、今はウサギの島の大久野島も目の前だ。



遠くに西瀬戸自動車道の大橋が見えました。
因島と生口島を結ぶ多々羅大橋らしい。


眺めは良い休憩ポイントだが
でも名前が『エデンの海』とはいかにもセンスなし



続いて竹原市内に入り道の駅たけはら
市街地にあり、駐車場と本館が離れていてトイレも遠く
ここは車中泊にはちょっと向かない道の駅ですね

ここで案内地図をもらい
充電中に雨の『安芸の小京都、竹原』の散策へ
町並み保存地区です。




雨に濡れた石畳と白壁がきれい





ちょうどひな祭り展示期間中でいろいろなお雛様が見られました。










ここはニッカウヰスキーの竹鶴政孝さんの生まれた竹鶴酒造
残念ながら非公開でした。



とにかく平日の午前中で雨
観光客はもとより地元の方もほとんど歩いていません。


道の真ん中にどうどうと車を停めて
写真撮影出来るくらいですから(笑)




充電時間が気になって時間的には短くて全部は見切れませんでしたが
安芸の小京都、竹原を満喫しました。
静かでよかったです。





ここから呉線沿いに海岸線を走り
安芸川尻からいよいよ安芸灘大橋を渡り
今回の旅の第一番目の目的地とびしま海道に入ります。





安芸灘大橋は広島県道路公社が管理する有料道路で
全長1175m、主塔119mのつり橋で
本四連絡架橋群の国道を除くと道府県道では最大の橋です。


ただ通行料がバカっ高い、なんと片道720円
行った以上は戻らないといけないので往復で1440円
たった2.3kmですよ。

実はこの先の七つの橋の料金も一緒に含まれているようですが
kmあたり612円
行きの高速は家から広島まで750kmは9880円だったから
kmあたり13円

なんと50倍近い暴利だ!!


安芸灘大橋




橋が出来たおかげで島の人達はものすごく
便利になったとは思うのですけれど。


最初の島は下蒲刈島、
次に上蒲刈島、豊島、大崎下島と渡りました。


蒲刈大橋




大崎下島までが広島県でその先に岡村島がありますが
そこはもう岡山県です。




今回、わざわざこの袋小路のとびしま海道を渡ったのは
大崎下島にいる90歳近いおばあちゃんに会いに行った為でした。
おばあちゃんと言ってもうちの親戚筋ではなく
家内の友人の友人のおばあちゃん

まったくの赤の他人ですが
みかんを介して家内と友達になりました。
このあたりの島はミカン産地なのです。





おばあちゃんは一人暮らしなので負担をかけてはいけないと思い
事前連絡なしの突然の訪問です。

近くで電話したのですがなんと番号記録違いで通じず。
ナビがあるから何とかなると思ったのですが
ナビでは集落の細かい番地までは示すことが出来ず
道は軽自動車がやっとのごく狭い路地ばかり

雨が降ってきて通行人は0、開いているお店はなし。
やっと郵便局を見つけそこで聞き込み
あとは家内が傘をさして歩いて探しました。



30分ほど探し回って家は見つけたとのことでしたが
残念ながらおばあちゃんは留守でした。

突然の訪問なのでこれは想定内の出来事です。
書置きとお土産を置いてきました。


私的に残念なのは
この大崎下島にはハイドラのCPがあったのです。
安芸灘大橋にもとびしま海道にも設置されていないのに
地図を見ると島の真ん中にCPがある。





ミカン農家の軽四駆しか行けない山になぜ?
雨が降っていなければ歩いてでも
取りたい場所ですが結局とれず。
訳わからん。


あとで調べていて分かったのですが
今でこそ、この島は陸から橋をいくつも渡って
やっとたどり着ける島の先の先の僻地

でも昔、海路が中心の時はこの島は海路交易の中心的存在で
とても賑わっていたのだとか

そしてその港を中心に歴史的保存エリアがあったのです。
そこに行けばもしかしてCPもとれたのかも?
絶対に見に行くべきだったな。
ここは家内の目的地だったので何も調べなかったのが私的には敗因

また天気が悪く、おばあちゃんにも会えなかったので
帰り道を急いでしまったのが不覚だった。


山にある保存地域はたくさんあるけれど
海辺の、しかも島の先端
道が出来てまだ10年もたっていない地区の保存家屋
これを見逃したのは歴史好きな私にとって大失敗。

みかんおばあちゃんが元気なうちに
こりゃあもう一回行くしかないな。











Posted at 2017/03/07 02:00:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行・ドライブ | 日記
2017年03月04日 イイね!
山口往復2400km 6泊7日車中泊 一日、二日目






旅行準備

車の準備:
後席の座面を外しフラットにします。
座面やヘッドレストは邪魔なので家に置いておきます。
前席との間はクーラーボックスや荷物を置いて隙間を無くします。


窓ガラスを全面覆う防寒カバーは1cm厚の自作銀マット
寝床はマット、毛布、掛布団を積みました。
電気毛布も用意しましたが結局使いませんでした。

カップ麺などの食料はけっこうかさばるので
発泡スチロールの箱に入れてルーフキャリアに乗せました。

電気ポット、水は後席後部の隙間に突っ込んでおきました。
車中泊ではサンダルが必需品、忘れずに積みました。

衣類は1,2回着替える分だけです。
あとはキタキリスズメ


土曜日に仕事がある家内が家に戻ってくるのが夜8時過ぎ
それから食事したり出かける用意をしたりして
家を出たのは10時過ぎていました。

初日は0時過ぎまで下道を走り
大井松田ICから東名に乗り新東名駿河湾沼津SAで一泊
ここで充電もしました。

二日目は
新東名→伊勢湾岸→東名阪→新名神→中国道→山陽道→福山西IC
と乗り継ぎ一気に750kmを走りました。
この日は日曜日なので高速休日割引(3割引き)をフル活用

神名阪、新名神は初めて通ったのですが
なんという事でしょう。

スマホが過熱してまったく充電出来ておらず、
気が付けば電池残量0でアウト
大事な名古屋界隈のハイタッチCPをまったく取れませんでした、無念。

距離を稼ぐために日中どこも降りずただひたすらに西向きに走りました。
ただ時速100kmを超えると極端に燃費/電費が悪くなるために
だいたい90km/hでACC(前車追従クルーズコントロール)を効かせ
両足は休ませて走りました。
疲れが全然違います。

下り坂ではChargeスイッチを入れて充電しました。


広島県福山まで一気に走って9880円でした。
3割引きだとお得感がありますね。


写真は新名神の土山SA



二泊目の予定地は広島県三原市

初めにみはらし温泉で入浴
名前の通り目の前が瀬戸内海でとても見晴らしの良い温泉の様ですが
到着時は8時半過ぎで真っ暗、何も見えません。
料金半分にしてほしいよ。

温泉で疲れた体を休め、そこから20分ほど道の駅神明の里へ到着

三原市の市街地すぐ近くの高台にある眺めの良い道の駅
トラックなどがおらず静かで着いたらすぐに眠りにつけました。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

1)最初のドジ(家内)
  走り出してからしばらくした時です。
  家内が突然
  『あ!お財布忘れた!!、家に戻って戻って!!』
  と叫びました。
  『おいおい、もう10kmは来ているぞ、こんな所で戻るのはもったいない、
   金は貸すからあきらめろ』
  と運転続行、家内かなり落ち込み

  でも二日後に財布がバッグの中にあったんです。
  まったくもう、早とちりなんだから。


2)二番目のドジ(私)
  初日の夜、高速に乗る前にスタンドに寄って満タンにしました。
  翌朝、SAで見たらなんとガソリン給油口のキャップが全開状態
  『ありゃあ~、キャップ締め忘れて8時間、その間に高速を60kmも走ってしまった!
いったいどのくらいガソリンが揮発したんだ??』

  ガソリンスタンドには三か月に一回しか行かないので
  給油のやりかた忘れていた (^_^;)
  充電口を締め忘れたらアラームが出るがガソリンの方は無警告だ。
  燃料系のゲージは合っている?
  まさか空っぽじゃあないよね
  ぎりぎりまで走るので最後の方では電欠+燃欠をかなり心配しましたよ。
  で家内に促されて吉備SAで高い高速のガソリンを10リットルだけ補給しました。  


やれやれ、旅の先行きが危ぶまれる。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

初日の走行ログ




二日目
駿河湾SAから土山SAまで
愛知県、三重県は初コースなのに
スマホ停止でCPなし



さらにこの日は
ハイドラのメンテ日でたくさんCPのある
滋賀県、京都府、大阪府の軌跡もとれずCPも無し


兵庫県から宿泊地の広島県三原市までの走行ログ





東名、名神、山陽道は前に走っているので
この日に獲得できた新規CPは多くはないです。
Posted at 2017/03/05 02:12:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月03日 イイね!
山口往復2400km 6泊7日車中泊 総括編
山口県に所要があり
家内とアウトランダーPHEV車中泊しながら行くことに決めました。
2月18日夜出発で24日中に戻ってくる予定を組みました。


実は昨年も一度私一人で往復したのですが
こんどは家内も同乗
狭い車内で長い道中、二人が一週間
喧嘩もせず生活出来るかちょっと心配でしたよ。


往路、復路はなるべく別ルートになるように走りましたが
下道も多く走ったので結局寄り道している暇はあまりなかったです。


ルール1、道の駅高速SAで宿泊
ルール2、高速をなるべく使わない。
ルール3、高速を使うときは休日割引、深夜割引をフル活用。
ルール4、出来るだけ電気で走りガソリンを節約


基本、神奈川県から山口県まで道は東西一直線なので、
ルートを外れたのは家内の友人の90歳のおばあちゃんに会いに
広島県のとびしま海道に行き、
また中国山地の出雲街道旧勝山宿温泉に寄った時くらいかな。

あとはルート途中でちょこちょこストップしましたけれど、
直線距離で片道1000kmなので
400km分だけ寄り道したことになります。

総走行距離: 2389km(一日平均341km走行)
交代せず全部自分で運転してしまいました。


費用をまとめてみると
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
メインの高速道路費(往復):19000円
都市高速道路 :3600円 (夕方の渋滞回避の為)
安芸灘大橋(往復) :1440円   ←バカ高!

ガソリンは3回給油し
95.71リットル 11802円 (平均123.3円)
ガソリンだけの燃費は24.96km/リットル

有料急速充電は20回、437分 3262円(=ガソリン26.5リットル分)
(他に数回無料充電あり)
電気分をガソリン換算した複合燃費は19.55km/リットル

2400km全行程を急速充電で走ろうとすると
50回以上充電が必要で
20時間くらい充電にかかり費用も1万円近い。
まったく実用的ではありません。

午前一回、午後一回、夜一回休憩を兼ねて
日に三回くらいがちょうどよいペースです。
あとはeNOTEみたいに発電機を回して
下り道など発電効率が良い時に自分で充電しながら
モーターで走ったのでほぼ予定の燃費です。

宿泊費 0円
道の駅3泊、高速SAで3泊、車中泊しました。
よく眠れましたよ。

-------------------------
総計   39104円(食費、土産代除く)

実は食事も車内でお湯を沸かして持参のカップラーメンや
夜のスーパーの安売り弁当を多用したので極安です。


二人で一週間旅行した費用としてはまあまあかな?
私的には当初目標の「年金生活者ご用達の貧乏旅」は達成できたと言えます。


いちばん費用がかかったのは家内があちこちで買ったお土産の類でしょう(笑)



懸念した家内の反応も

『面白かった!また行きたい♪~』

でした。





Posted at 2017/03/04 22:06:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅行・ドライブ | 日記
プロフィール
「六泊七日間の
ケチケチ車中泊旅行から
家に無事に帰り着きました。

狭い車中で家内との長期連泊でしたが
ちゃんと熟睡出来ました。

山口県折り返しで途中の寄り道もあり
総走行距離2400Km
半分は下道走行です。
アウトランダーPHEVも良く
走ってくれました。



何シテル?   02/24 20:58
はっぴ2014です。よろしくお願いします。 2014年11月にホンダ車から乗り換えしました。 PHEV車の情報収集の為に“みんから”に登録しました。
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
ブレインストームーミドルゲートスポイラー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/25 15:32:32
雪国で最も適しているライトはHID・LED・ハロゲンのうちどれ? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/08 20:00:14
流れるウィンカー(動画あり)❗️シーケンシャルLEDテープ❗️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/17 07:41:46
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
三菱 アウトランダーPHEV ハッピーランダー号 (三菱 アウトランダーPHEV)
三菱 アウトランダーPHEVに乗っています。 2014年9月に近所の急速充電ポイントで ...
三菱 アウトランダーPHEV 三菱 アウトランダーPHEV
ごめんなさい 間違えて愛車情報を2枚作ってしまいました。 2台持っているわけではありま ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.