車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月12日 イイね!
 其の昔、日本人は着物を着ていました。着付け教室に通わずとも、皆、一人で着物を着る事が出来ました。
 同様に、車も昔は、キャブレター車でした。チョークで混合比を調整したり、エンジン音に耳を傾け、カブりに注意していました。
 旧車の知識が皆無な私は「チョークの操作は面倒だな」や「オートチョークとは何だ?」に始まり、「ガス欠とカブりの違い」すら分かりません。「ソレックス?ウェーバー?タコ足?」と言われても、何が何やらさっぱり分かりません……orz
 旧車を愛する人間は「キャブ車は楽しい」と言います。
 私は、ロータリーエンジン同様、カブりに怯えてしまうので距離を置きたいですが、一発でエンジンを掛ける事が出来たら良いな、とも思います。
 着物同様、旧車を乗り回すつもりは有りませんが、旧車を扱う事が出来る技術が有ると車馬鹿生活の幅が広がるな、と雪を見ながら思いました。
Posted at 2017/02/12 08:18:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月22日 イイね!
 ディスカバリーチャンネルでレイスに就いて語られていました。
 ベントレーのコンチネンタルの特集同様、シルバーセラフとアルナージは、黒歴史として語られる事は有りませんでした。

 レイスに就いては「スポーツタイプのロールス・ロイス」と語り、自らでベントレーの役割も果たさんが為に作り上げたようです。
 又、工場の説明でも「職人が手作業で車を作っている会社は2社のみ」とベントレーを意識した台詞も出て来ました。

 パワートレイン等が現代化するのは好ましい事ですが、両者共に21世紀を意識した為か、外観も現代化してしまいました。
 故に、古風な外観を好む私は、昨今のロールス・ロイス、ベントレーには魅力を感じません。
 現代の車と比べると動力性能等は劣りますが「古城の如き荘厳さ」を有している往年のロールス・ロイス、ベントレーにこそ魅力を感じます。
Posted at 2017/01/22 11:21:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月16日 イイね!
 皆様が気になる車検費用の明細が届きました。
 明細は、以下の通りです。


 車検整備基本点検料   59,000円
 ブレーキオイル        1,900円
 ブレーキオイル交換料金 6,000円
 テスター使用料        4,000円
 パーツクリーナー     1,800円
 ショートパーツ         1,500円
 消費税              5,936円
―――――――――――――――――               
 小計①             80,136円


 重量税      57,000円
 自賠責保険          27,840円
 印紙代             1,100円
 車検代行料(税込)      10,800円
―――――――――――――――――
 小計②            96,740円

 総計             176,876円


 ディーラーに任せたら、あらゆる部分を交換させられ100万円近くになっていたかも知れませんが、リーズナブルに済ませる事が出来ました。
 車検も行い、トラブル無しでの維持費を御伝えする事が出来ました。
 ベントレーは、パーツ代も高価ですが、一番の費用は「保険料」と言う事が分かりました。フェラーリ等のスーパーカーに次ぐ等級が問題です。
 だからと言って、保険に入らないと後で痛い目に遭いますので、入らない訳には参りません。

 アキュムレーターと言う足回りの爆弾が破裂すると、ディーラーでは150万円。シトロエンのハイドロを流用しても50万円以上掛かると思います。
 オートライドコントロール警告灯の表示は、今でも時折表示されますが、ディーラーで言われた通り、オイルが漏れる迄放置です。

 購入後、自分で車検を受け、初めて自分の車になった気が致します。
Posted at 2016/12/16 20:08:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月13日 イイね!
 本日、あいち健康の森公園にて開催された「あいちトリコローレ2016」に赴きました。
 昨年、偶然にも此のイベントが行われている事を知り、今回は、開催日をしっかりと調べて参りました。


 駐車場にて、91年式のデイムラーダブルシックスを見付け、ふらふらと……。
 後に、オーナー様と御話しを致しました。
 洗車中で我が愛機のアルナージを写真でしか見せられなかったのが心残りでした。


 まいこサンデーでも御見掛けした事がある「ふなっしーフィアット」。



 余りの低床ぶりに驚嘆させられたマセラティ。
 運転席内の車高調整コントローラーを見て「『シャコタン上等!』の若者の傾奇仕様」では無く「TPOを意識した大人仕様」だな、と思いました。


 走行中は、此の様な感じです。
 ちゃんと車高が上がっております。



 攻撃的で荒々しいGT-R。
 アルナージには不似合いですが、フライングスパーには似合いそうなエアロです。




 イベント終了間際に現れた猛牛達。
 爆音もそうですが、チョイ悪なオーナー様の姿にも圧倒されたのは、秘密ですが……。

 最後のパレードでは、新型フィアット500の御陰で敷居が低くなったのか、女性オーナー様の姿を多く見掛けました。
 此のイベントには、 無国籍な混沌が支配する「まいこサンデー」とは違う、車に詳しくない女性でも参加出来る「おしゃれさ」を感じました。
Posted at 2016/11/13 19:11:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月21日 イイね!
エンジンオイル交換 本日、エンジンオイルを交換致しました。
 「100%科学合成油は、劣化しにくいので量のみ気にすれば良い」と言う事で、レベルゲージを見たら、下限を下回っておりました。
 故に、12月の車検迄先延ばしにする事は不可能という事で、本日、エンジンオイルを交換致しました。
 工賃を抑える為に、上抜きで行いました。社長曰く「アンダーカバーを外す手間が高額な工賃に繋がっている。特に、フェラーリは……」だそうです。
 抜けたオイルは、約5.5Lでした。
 次に、新しいオイルの注入です。
 社長と協議した結果、メーカーが指定している幾つかのオイルの中で「Mobil 1 5W-30」を選択致しました。「『Mobil 1 0W-40』は、しゃびんしゃびん(サラサラ)なのでお勧め出来ない」と言う事で……。
 オーナーズマニュアルにエンジンオイル量が記載されていない為、ネット情報で得た「9.4L」を用意致しましたが、実際に入った量は、7Lでした。

 @2,400×7L=16,800
 工賃1,500
 消費税1,764
 合計19,764円

 今回は、エレメントは交換は行っておりませんが、エレメントの単価は、1万円位だそうです。

 国産車との金額の差は、①「アンダーカバーを外す手間による工賃」、②「100%科学合成油が指定されている点」、③「エレメントの単価」です。
 ②に関しては「半年毎(ターボ付きは、3か月毎)と言う期限縛り」が無くなる為、休日ちょい乗りの場合は、鉱物油よりもランニングコストが安くなると思われます。

 35,070kmで交換したので、次の交換は、40,000kmです。
Posted at 2016/10/22 00:56:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | メンテナンス等 | 日記
プロフィール
 yonaosisyogunと申します。  再評価されつつあるBMW製4.4Lのアルナージを入手致しました。  トラブルに悩まされるかも知れませんが、愛し続...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
2015.10.18 新舞子サンデー  セレブなクルマ編② 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/20 00:09:28
お友達
ファン
5 人のファンがいます
愛車一覧
ベントレー アルナージ ベントレー アルナージ
BMW製4.4Lのアルナージをサブカーとして愛でております。 通勤等は、170系クラウン ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.