• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

812@ハイゼットのブログ一覧

2017年09月18日 イイね!

お年頃の812号の肌荒れ(錆び)防止処理施工

お年頃の812号の肌荒れ(錆び)防止処理施工皆様またまた本当にご無沙汰しておりますm(__)m
前回のブログから。そろそろ4か月・・・・・・
まあ、その間何もなかったわけでは無いんですが(まあ老朽化のすすんだ812号ですから(-.-))
元来の筆不精ならぬキーボード不精ゆえ・・・・・・すみませんm(__)m

さて、今回は、製造からそろそろ8年目に突入のわが812号のお肌の肌荒れ防止・・・要は、錆び防止の為の施工(またまた大袈裟な言い回しですみませんm(__)m)です。
さて、錆び防止どういった仕組かと調べてみました・・・・錆びは空気に触れた地肌面からマイナス電子が空気中に奪われる事により酸化鉄(錆び)になりやすくなります。
それを防止するには、鉄に常に電子を供給し、電子減少状態を作らねば良いわけだそうです・・・・・"(-""-)"
まあ、はじめは、自分も眉唾でしたが、よくよく調べてみると、船舶等にも当たり前の様に装備された歴史の長い方法なんだそうです(-.-)

さて、問題は、このような製品は、いろんな企業から発売されてますが、どこを選択するか・・・・・結構悩みましたが、やはりレビュー等で、効果があった的なものが多く、また、自分も以前から聞いていたTo FITさんのをチョイス
取り付けですが、説明書には、バッテリーの+、-端子に直結する為バッテリーの直近を推奨してますが、ノンターボハイゼットのバッテリーはエキゾストの真横・・・・・かなり暑い
やはりここは、一工夫が必要か(かなりうれしい(^◇^))ということで、バッテリーの直近だが、熱風は、かからない位置に搭載・・・助手席シートの後ろ側に搭載いたしました(^^♪

方法は、助手席シート下のエンジンルーム隔壁板にちょいと穴開けして電源ケーブルを延長配線しました。
これなら、車検時も文句も言われず、エンジンルームの開け閉め時にも全く邪魔になりません。




本体は正確には助手席が取り付けてあるエンジンルーム隔壁の後ろ側です。
カーペットめくらないと見えませんね( ;∀;)




助手席下の蓋の部分の加工は、こんな感じで、助手席から外して、ホルソーでくりぬいて電気工事用のゴムキャップ付ける予定だったんですが、蓋が思ったより硬くてホルソーがめげまして・・・・結局ドリルでズブリと穴開け、ビニテで念入りに巻いた後にコルゲートチューブで保護して断線防止でおちつきました(-.-)。





バッテリーへの接続ケーブルの方もぬかりなくきっちりコルゲートチューブにて断熱保護致しました(^◇^)
アース側は、まあショートの心配もないので未処理です・・・・多分・・大丈夫でしょう(-.-)



悩んだのはスケルトン線と書いてある(世間的にはアノード線というらしい)配線の取り回し・・・・・これの接続いかんで、効果が半減するとも聞いてました
結局多分屋根の錆が一番心配だったので、ルーフ近くに接続しましたけど・・・足回り近辺にも不安要素があるだよなーあ・・・
アノード線2本タイプのヘビーデューティタイプにしときゃ良かったかとちょっと後悔( ;∀;)



途中配線は助手席横のピラーに這わせて、一応上カバーには逃げ加工してます。


今回取り付けた製品はこちらのタイプ

さてさて今まで取り付けた物たちは即結果が書けましたが今回は長期様子見的な物なので結果は後日上げます(^◇^)
(忘れなければ・・・・これが一番怖い(-.-))
これで、錆びで穴が開かなければ万々歳ですが、すでにあちこちチラホラと錆が見えているような(気のせい気のせい( ;∀;))錆びを電気的に元の状態に戻してくれる製品って出ませんかねー"(-""-)"(無いものねだり)
Posted at 2017/09/18 11:25:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2017年05月27日 イイね!

夏場(既に暑いですが( ;∀;))に向けて不満点解消シリーズ

夏場(既に暑いですが( ;∀;))に向けて不満点解消シリーズ
皆様またまた本当にご無沙汰しておりましたm(__)m
過し易かった春も終わり、既に少々暑さが気になりだしてきましたので、本格的に暑くなる前に運転していて以前より不満に思っていた部分の解消に着手してみました(またまた大袈裟な・・・・"(-""-)")
まずは、以前にブログで、自画自賛していたパソコン用の温度計を流用した水温、油温計ですが、付けた当初はあまり気にならなかったんですが、自分も寄る年波には勝てず、老眼が進み、温度表示が小さく良く見えない事が多く、これでは、不慮の温度トラブル(その時点で対処不可のような気がするが( ;∀;))も見逃してしまう可能性があり以前より、数字のみの直読可能なメータを探していたんですが、密林にありましたので、この際交換をと購入・・・・・こちらの方は、1.5夏目オーバーで、ちょっと値が張りますが、表示カラーが赤、青、緑から選べるため、水温を青、油温を赤と、使い分けられるので、ネームタグ等の用意も不要です(^◇^)

さて、とりあえず、仕様を確認する意味で、一つだけ購入、当初は、温度センサー自体は交換せず、メーター部分で入れ替えを目論んでいましたが、並べてビックリ温度センサーの方式が全く違う・・・・・おいおいっ( ;∀;)
今まで使っていましたメーターはいわゆる温度によって抵抗値が変わる素子を使ってましたので、2本線の配線でしたが、今度交換するつもりの温度センサーは3本線・・・・いわゆる温度を検出する半導体(要は光トランジスターの温度版)残念ながら、配線の流用も出来ない・・・引き直しです( ;∀;)
追加で1っ本って事も考えましたが、逆にメンドイので、さてということでカインズに材料の物色に行きましたら丁度良い素材を発見!
旧インターホーン用の4本線ケーブルで、芯線は、撚り線ではなく銅線一本タイプが、4本パッケージされていますので、腰があり、ジャバラの中をサグリよろしく進んでいってくれそうな予感が、値段も1m50円と手頃なのでちょっと多めに購入、早速配線経路の長い油温計のジャバラにトライ・・・・若干抵抗がある部分もありましたが、ちょっとジャバラをくねくねしながら何とか貫通・・・これで、一番難関だと思われていた部分が解消しましたので、ゴーサイン点灯です(^◇^)
早速密林に残りの一つを注文、本日届きましたので、交換作業となりました。





これが、今回チョイスしました温度計、上が水温、下が油温で、メーター及びメーター取り付けブラケットも全てマグネットにてとりついてます、ちょっとした向きの変更やメンテナンス時の脱着も面倒の無い様にしてあります(^◇^)





メーター取り付け板金は、いつものように千鳥板金を万力と、バイスグリップで、ワンオフ作成、マグネットは広めのビニテで、取り付け(夏の暑さに負けそうでちょっとだけ心配"(-""-)")







配管は、こんな感じでエンジンルーム及び足元に巡らせてあります(^◇^)
油温計の配線はファンベルトへの巻き込みの可能性があるためかなり気を使ってます。(-.-)



ちなみに今回チョイスした配線はこんなやつで、4色仕様なので、配線ミスの防止にもなります(^◇^)



プラスアルファー
以前にシートバックにアンコを追加してサポートを上げた純正シートでしたが、座布団部分のサポートが悪くまた、シートバックを起こしている関係で、長時間乗っていると内蔵に負担がかかりますので、こちら側にもアンコを詰め込みました(^◇^)
コーナーでのホールド感も上がり、また腹まわりの窮屈感も解消されました(^◇^)
ばらしはメンドイですが、やった感はあり、お勧めです(^◇^)

Posted at 2017/05/27 11:42:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年04月08日 イイね!

本当に久方ぶりの弄りは乗り心地の改善です( ;∀;)

本当に久方ぶりの弄りは乗り心地の改善です( ;∀;)皆様本当にご無沙汰しておりましたm(__)m
本年より新天地への転勤となりまして、環境の変化と通勤時間増大とかなり厳しい状況だった為、休日はほとんど体の休息へと充ててまいりましたが、人間やはり慣れるもので、とりあえず、なんとか車弄りでもやろかという余裕が出てまいりましたので
以前より、気になってました、812号の乗り心地改善へと手を付けだしました(^◇^)

812号は、ギャップは、おろか、ちょっとした段差でもかなりの突き上げがきます。
所詮軽バンなんだから、それ位当然という意見もありそうですが、現在営業車となっている2015年型s321ハイゼットでは、このような症状は皆無で、それゆえに812号に乗った時に残念感が、募るのですよね(-.-)
2010年型ですから、今年で7年目、まあショックも抜けまくっているのは、必死でしょうから、手始めはショックアブソーバーの交換ですね(-.-)
フロントは、値段も張るし、手間もかかるので、今回はお手軽なリアから交換(^◇^)
まあ、乗り心地の悪さの原因の大半は多分フロントだと思うんですが、リアだけ替えて、改善してくれれば儲けものですから(´・ω・`)
ショック自体は、純正ショック互換でカヤバより発売されていますので、それをネットで購入!
密林でいつものように購入しようかと思いましたが、今回は楽天の方が安かったので、楽天購入です(^◇^)
ちなみに価格は、4200円×2+送料1080円に代引き手数料432円=9912円でした(^◇^)まあ、自分的に久々の弄りにしてはちょっと高めなのかな、でも手間はあまりかからなかったので、ちょっと物足りなかった感はありますね(-.-)
さて、交換作業ですが、ハチロクの頃に散々やっていたので、手順は、わかってますが、ハイゼットは、更に簡単でした(^◇^)
ハチロクの場合リジット側はナットを外すだけなんですが、問題は上側で、ショックから生えているねじ部が、ナットと伴回りしてしまって中々緩まないし、伴回り防止の2面幅も、小さくて特にねじ山がなめ気味になっている時にはあまり役に立たなくて苦労した苦い思い出があります(-.-)
しかし、ハイゼットは上下両方ともナット式の眼鏡タイプなので、17mmナットを外せば、サクッと外せます(苦労知らずだなー(^◇^))
注意点としては、ジャッキアップ状態で交換している場合は、ナットを仮締めにしておいて、平坦な場所でタイヤを着地させた状態で本締めをする事位です(ゴムインシュレーターがねじれた状態にならない為です)







今回交換するショックです、信頼のカヤバ製です(^◇^)
本当は、調整式にしようかと思ったんですが、ハチロク時代調整に苦労した思い出があり、そういうのって年のせいかなんかメンドイ(-.-)






新旧比較・・・・ちょっと長さが違いますね・・・・・・まあ大丈夫でしょ"(-""-)"





マフラー側上部取り付け部・・・・比較的に手が入り、ラチェットも回し易いかと思います(^◇^)


反対側は、ブレーキ配管の関係で、狭い感じがありますが、手を入れてしまえばそれ程でもありませんが、スパナは、配管に当たる関係で、回しずらいので、緩める時にスパナが外れて配管にダメージを与えないように注意しました(-.-)




下側は左右で共通ですね、ショックを縮めながら、ナット側からドライバーを突っ込んでおいて、反対側からゆっくりボルトを入れるようにすると楽ですよ(^◇^)


さて乗り心地の方ですが、まあ体感できる変化は十分ありましたが、比較対象の営業車と比べるとまだまだの感はありますね(-.-)
やはり、フロントのストラットブロックの交換が、必要なのかな・・・・・確かどなたかの整備手帳に新品で5諭吉って書いてあった記憶が・・・・・
オクで格安プチって失敗するのもやなので、ボーナス当て込んで、おニューを組み込むかどうか思案中(-.-)
乗り心地重視なら、アトレー用をチョイスするのもありかもしれないなー(前後のバランスの問題もあるから安易には選択できませんがね(-.-))
Posted at 2017/04/08 15:41:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2016年12月07日 イイね!

久方ぶりの弄りはズンドコシート改造"(-""-)"

久方ぶりの弄りはズンドコシート改造"(-""-)"ある程度弄ってしまった感のある812号、改造も最近は、ご無沙汰で、弄り虫の自分としては、ちょっと寂しかったんですが、旧車カタログを見ていてCITYターボⅡの仕様に懐かしい装備を発見!
これは是非とも812号に装備したいとパーツを準備しまして、とりあえず、ちょろちょろ微調整を加えつつようやく本日ようやく納得いく状態になったのでアップです(^◇^)

さて、その懐かしい装備とは---じゃじゃん(大袈裟ですみませんm(__)m)
ボディソニックシートです(^^♪
と、いってもシートまるまるではなく、当然以前から手を加えているハイゼット標準のあんこ薄めのプアシートへの改造ですがね(-.-)

まずは、ボディソニックそのものの調達ですが、ネットで調べるとプライスピンキリですが、よくよく見ると製品自体は、同じらしく要は、値段ですが、振動するものだけに、中古は、外しまして、最終的には税、送料別左右で5000円の物をネットでポチりました(^◇^)

さて、物が届いて早速単体でズンドコしてみましたが、大体30w位でかなりの振動、低音域が多めの曲はやばいくらいです(-.-)
これは、このままシート裏に仕込むだけで行けそうと思ったのですが、やはりそうは甘くなく、あんこ少なめといってもスポンジですから、そこそこの反発力がありボディソニックそのものが前後するだけで見事なくらい振動が伝わらない( ;∀;)
そこで、シートの内部を細かく観察、骨組み間の寸法を測り、ボディソニックの寸法を加味しつつワンオフで取り付け板金を仮作成して再度確認---(´・ω・`)
”おおっ今度は腰から背中にかけてズンドコ伝わってきます(^◇^)
ただ、自分は背中への振動はあまり好きではないので、もう少し腰側へ落としたいのですが、理想部分にシートの骨組みが、ある為そのままでは振動伝達が止められてしまうので、骨組みを避けつつ振動のみを伝えるように、振動板部分を加工しようと思ったのですが、中々良い案がでず、悩んでいるときに目に入ったのが、使いかけのビニテ---
試しに両面で振動板部分貼り付けてスポンジ部分に接続して確認してみると心地よい腰への振動が・・・・というわけでメンドイので、そのままビニテ仕様でGOです(おいおいっ(-.-))


ちなみにボディソニックへのアンプ出力供給は、今までリアスピーカーへ供給していた分ですので当然リアスピーカは、撤去(-.-)
リアのスピーカーなんて、フロントの音像への影響はないかと思っていたんですが、無くなるとかなりステレオ感が無くなることが判明しまして、これに対する対策がプラスアルファすることになりましたので、更にメンドイことに・・・・・( ;∀;)

ボディソニック取り付け板金を再加工してスピーカーを取り付け、さて配線ですが、アンプ側の定格インピーダンスは4Ωで、ボディソニックのインピーダンスも4Ω、取り付けるスピーカーのインピーダンスは、8Ωなので並列接続だと計算上2.6ΩでアンプのドライバーICに負担がかかりますので却下、直列接続なら12Ωで特に問題ないはずということで仮設置確認・・・・・・音像的にはかなり良いようですが・・・あの迫力のズンドコ感が全くなくなりました( ;∀;)
さて、ここからが、試行錯誤の時間です通常可聴音量でのボディソニックのズンドコ感をスポイルせず、それでいてちゃんとシート内のスピーカーも仕事をさせる最適のネットワークの作成です(-.-)
とりあえず、ボディソニックのズンドコ感が無くなる抵抗値を探ってみましたが選択肢はそれ程ありませんでした"(-""-)"なんと1Ωが限度のようです(-.-)
1Ωかませて、スピーカーと並列した場合のインピーダンスは、3.07Ωまだまだちょっとデンジャーな感じなので、まあ譲って3.6Ωになるようスピーカーにかます抵抗値を逆算計算で出してみましたら、スピーカーと抵抗器の和が13.3Ωとなりますので、抵抗のみで5Ωとなります、直列時でも、ボディソニックが4Ωだったのですから、まあたいした損失にははならないと判断、簡易的にネットワークを作成して取り付け、確認・・・・・若干ズンドコ感が弱くなりましたが、音像的には良好で、十分行けそうですので、これで、本設置しました(^◇^)

ちなみに、副産物として、シートが低音共鳴(ハイゼットシートだからかもしれませんが"(-""-)")するらしく、重低音スピーカーのような効果も出ています(^◇^)
まあ、手間は、かかりますが、ドライブが、楽しくなり、更にパッセーンジャーシートに乗った人の反応を見る楽しみもあるので、結構お勧めできる弄りかと思いますよ(^◇^)





今回取り付けたボディソニック&スピーカー、ボディソニック
本来の用途は腰痛解消用医療機器らしいですね(-.-)
最近年のせいか、腰痛気味だったので、丁度良かったのかも(おいおいっ"(-""-)")



さて計算して割り出した抵抗を組み合わせた分電回路(帯域分離していないのでネットワークとはおこがましかったですね(--))
まあ出来はごらんのとおりいつもどうりの簡易作成で、見るも無残です"(-""-)"



一時撤去された変則リアスピーカー、そのうちアンプでも内蔵させてまたまた稼働させるかも(未定)
Posted at 2016/12/07 14:00:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年10月23日 イイね!

オッドアイ仕様終了です(-.-)+プラスアルファ作業実施しました (^◇^)

オッドアイ仕様終了です(-.-)+プラスアルファ作業実施しました (^◇^)先日の交換したLEDヘッドランプですが、特に問題ないようなので、本日は、助手席側の交換です(^◇^)
前回の作業は、手探りでの加工を交えたトライ&エラーを繰り返しての作業だったので、気が重かったですが、今回は既に作業手順がおおむね出来上がっているので、作業が楽(^◇^)
そんな関係(どんな関係(-.-))で、プラスアルファーの作業も一緒に実施、こちらも特に問題なくコンバート予定だったんですが・・・・・・・世の中そんなに甘く無かったのでした( ;∀;)

今回のプラスアルファー作業はハイビームに使われているHB3のLED化です(^◇^)
道路運行法上は、町中の走行ではすれ違い走行灯であるロービームで良いのですが、通常走行では、ハイビーム使用を推奨しています(早期の危険回避の為"(-""-)")
したがって本来はハイビームの使用量の方が多いはずなのですが、812号のハイビームはハロゲン・・・・発生熱量、が半端無い(ポージションのLEDランプが多分溶けます( ;∀;))のですまた消費電力も多い関係でどうしても使用頻度が低くある意味飾りと化してました(-.-)
今回は、そのジレンマを払拭出来るかもという希望たっぷり(^◇^)その上バルブの裏はロービームの様に狭くないのでバルブ交換だけのお手軽作業(^◇^)
心中穏やか(^◇^)心浮き浮きで作業開始です(^◇^)

さて、まずは前回LED化した運転席側のランプの防水作業その後の経過状況の確認から・・・・・・パッキン周りのテープ関係には、特に剥がれや水の侵入も無く、大丈夫そうです(^◇^)
では、お手軽なはずの、ハイビームランプに交換に参りましょう(^◇^)
まずは、ハロゲンを抜いてLEDを装着、まあ大丈夫でしょうが、念の為、車体に仮装着・・・・・うんっ?なんかあたる・・・ケーブル?・・・・・またまた放熱板っ・・・とりあえずイモビス外して角度を変えればなんとか付きそな気が・・・・・・うんーっやっぱりまたまた加工作業が勃発しました( ;∀;)
冷却ファンが9枚のうち上1枚がギリギリバルクヘッドに干渉しますので、お決まりの金ノコ登場・・・切りました( ;∀;)
プラス冷却ファンの角度は、イモビス外してとりあえずは動かせますが、そういう仕様ではないようで残念ながら固定が出来ないのです( ;∀;)・・・・こちらもオリジナルであらたに取り付け穴を作成しました。 (また保証対象外になっちゃいました( ;∀;))
さて、再度仮取り付け・・・OKです(^◇^)
点灯テスト・・・・点灯しません・・・・やばい壊したか・・・無加工のLEDに付け替えてみました・・・点灯しません・・・・テスター確認OK・・・着荷不良?
試しに逆接続してみると見事点灯・・・・極性表示が逆のようですね(なぜ?"(-""-)")
とりあえず、装着、点灯テストともOKになりましたので、ハイビーム側の車体ハーネスを極性反転加工して本装着作業完了!(^◇^)

さて、助手席側は、ロービームのLEDランプへの換装から作業開始です(^◇^)、既に放熱板は、カットしていましたので、すこぶる順調!点灯テストも一発完了です(^◇^)
パッキン蓋の加工も今回はコツがわかりましたので、特に苦労することなくほぼ一発で決まりました(^◇^)
さて、問題は、ハイビームのLEDやはりこちらも要加工かと思っていたんですが、何と拍子抜け、運転席側にあったランプと干渉するバルクヘッドの膨らみがありません(^◇^)
試しに、恐る恐る車体に仮装着してみると特に問題なく合体(なんかいやらしい"(-""-)")しました(^◇^)ただしやはり極性は当然逆なのでそのままでは点灯せず運転席同様車体ハーネスの極性反転加工して本装着、最終確認での点灯試験も特に問題なくOK(^◇^)

その後30分ほど連続点灯状態で放置プレイしていましたが、チラつきまばたき等もなく至って良好です( ;∀;)

後は、暗くなってからの点灯試験とカットラインの確認だけですね(多分問題はないと思われますが、対向車からのパッシングに注意ですね"(-""-)")






これが今回チョイスしたHB3タイプLED  e社製 4000ルーメン 6500ケロビン  25W  4夏目台前半(密林価格)





交換、撤去されたパーツの方々(-.-)さて、どうしましょう(取りあえず緊急用に保管ですね"(-""-)")



点灯確認中!・・・ありゃ光量、ケロビン数合わせたのになんか色味が全然違うような( ;∀;)(メーカー違うとこんなにも違うかねー(-.-))
残念っ!(ギター侍(古)風に( ;∀;))
Posted at 2016/10/23 15:38:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「お年頃の812号の肌荒れ(錆び)防止処理施工 http://cvw.jp/b/2357357/40427712/
何シテル?   09/18 11:25
812@ハイゼットです。よろしくお願いします。 会社の営業車で3年乗り、惚れ込み 自家用車も、同年式の、同グレードを 購入! 営業車でテストして良い結果...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

さらについでにオイル交換♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/02 06:42:47
ハブベアリング交換 プラスα No2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/23 21:29:56
今ドキの営業マンって・・・(^o^;) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/13 07:59:26

お友達

ハイゼット乗車歴三年(マイカーハイゼット三ヶ月)です。
仕事がら機械弄りが好きなので、車弄りが大好きって方からの友達のお誘いを心待ちにしております        m(__)m
36 人のお友達がいます
碇ゲンドウ碇ゲンドウ * 便利屋便利屋 *
フミポンフミポン * RS-hiroboxRS-hirobox *
PAx2PAx2 * すぺっくし~すぺっくし~ *

ファン

38 人のファンがいます

愛車一覧

ダイハツ ハイゼットカーゴ ダイハツ ハイゼットカーゴ
2010年型ハイゼットです(^o^) カー○ンサーで調べて値段と年式につられて見に行った ...
その他 自転車 その他 自転車
ハチロクが不動車状態の時に、改造媒体が自転車になった時に製作した自転車です(^o^) 暇 ...
トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
車歴的には、二台目の車になります(^o^) 一台目が、1500のOHC で、ちょっとおっ ...

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.