車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月21日 イイね!
今日の北多摩は快晴!最高気温は30度に届こうかといういう中、本庄早稲田100キロハイク二日目が行われています。湿度はわりに低めですが、この気温と疲労(特に足)で大変だろうと思います。
10年ほど前、小金井公園発の3デイウォーク(@40キロ)に1日だけ参加しましたが、最後の10キロは足を引きずって歩くほど大変だったこともあって、頑張ってる青年たちを見ると胸が熱くなります。
ここから高田馬場まであと30キロ程度、頑張れ!

金曜日だったでしょうか、どなたかのブログで、アルミホイールにアルミテープチューンを施すという記事を目にしました。
どうなの?と思いながら読み進んでいくと、アルミには導電性がないとのこと。ふ~ん、それなら樹脂パーツと変わらないんだなと。下手な考え休むに似たり、信ずる者は救われる。
何と言っても最大の魅力はほとんど金のかからないこと。そこへ持ってきてうちのホイール、スポークタイプで隙間だらけなので、実験をするには最適なんです。ということで貼ってみました。

これ、凄いですよ。アルミテープチューンによる効果でベストポイントではないかと思うほど、ロードノイズ低減効果が高いです。
ロードノイズ遮断性の低さはある意味マツダ車共通の弱点ですが、ほとんど金をかけずに多少なりとも改善できる対処法なので、気になる方は是非お試しされることをお勧めします。

普段、ブログその他の記事を読んで思うのですが、「何かをやった」だけで終わっている記事が多いんですね。見た目パーツならともかく、チューンというならそれによって効用があるのかないのか、どういう風に変わるのか、そういうインプレをセットで(後日談でも可)アップされることを希望します。
Posted at 2017/05/21 14:43:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月20日 イイね!
今日の北多摩は晴れ。夏日になるというので、6時に走り出しました。
まずは今日の多摩湖。空の色もよく、風がなくて湖面が滑らかだったので思わず1枚。

普段は堤防南詰近くから西側方面を移すのですが、今日は北詰から南側を映しています。
進んでいくと、対向車にパッシングをするのを見かけたので、いつもの場所を通ると、

更にその先で、1台捕まっていました。パッシングされなかったんですかねぇ。

これ、7時40分ですよ。8時前から始めてるってことは、7時前に出勤してるはずなんです。前回が4月末だから、わずか2ヶ月で見かけたのは今までなかったことです。この関係で仕事熱心なのは、あまりありがたくないなぁ。
で、そこから50mほど先で見かけたのがこれ。

道路とサイクリングロードを隔てる欄干の下側に、蛾か蝶かわかりませんが、さなぎが約50mにわたってぶら下がっていて、ポツンポツンと羽化したての成虫が羽を乾かしているところです。
このコース、15年近く毎週通っているのですが、こんな光景は初めて見ました。ちょっと感動。

さて本題です。
今週も施工はありませんが、発送依頼が1件あって、明日発送予定です。
それはそうと、かさぶらんかさんのブログで、インジェクタの交換で数十キロ台だった煤焼きサイクルが300キロ近くに改善されたとのレポートを読みました。
なるほど、インジェクタねぇ。交換となると費用もかさむだろうけど、分解清掃ならほどほど負担で可能かなと。
でもその前に、燃料添加剤でインジェクタクリーニングをやってみようかと思い立って、早速買ってきたのがこれです。

GG(ガソリン車)に乗ってた時はケミカル製品を頻繁に使っていましたが、GJになってからはディーゼル用をあまり見かけないような気がして、全くやっていませんでした。
本来なら撹拌効果を期待して給油前に入れるべきなのでしょうが、アラ6でありながらガキのように矢も盾もたまらす入れてしまいました。因みに先週末に入れて100キロ未満です。
次の給油時にも入れてやろうと思っています。
投入して20キロほどしか走っていませんが、プラシーボでしかないとわかっていても静かになった様な気がしてなりません。
実際の効果は、次の次の煤焼きサイクルのデータで判断したいと思っています。
Posted at 2017/05/20 20:17:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月14日 イイね!
昨日の北多摩は雨。梅雨のような一日でした。
そんな関係で今朝走りました。午前中はどん曇り。日差しがなくて楽でした。
一か月前はゴマ粒みたいな小さい花だった紅葉は、今はプロペラを着けています。

ついでに今週末ニュースになった西武園遊園地の様子です。手前に見える白い屋根は、コークスクリューコースターの入場エリアでその奥が現場なのですが、中央の木より左側の白い屋根が焼けて骨だけになっているのがわかると思います。

しばし休園とのことですが、これを奇禍として閉園なんてことにならないことを祈っています。

さて本題です。
昨日、先週来の煤焼きサイクルが確定しました。241キロでした。この数値なら、見落としによる2回分っていうことはないと思います。
ずっと150キロ台を続けてきたのですが、たまにでも200キロ超が出てくれるのであれば、それほど深刻になることもないなと。とはいえ、出てくれるかどうかはわからないんですけどね。
しかし、以前は煤焼きが始まると、まずアクセルオフ時に「ボ~」って感じの籠り音がして、アクセルレスポンスも重くなるのですぐに分かったのですが、現在ではほとんど感覚的に違いを感じないため、i-Stopインジケータかインフォメーションでしかわからないです。「煤焼き作動中」なんて表示があるといいんですけどねw。
それと、今日給油して先週来の燃費を確定させました。結果は15.7Km/L(705km/45L)。旅行中は17km台を表示していたので、そのギャップにちょっとがっかりしました。
しかし、立夏を過ぎたので当然なのですが、熱くなってきましたよねぇ。始動後すぐにi-Stop表示が点灯します。

まだ窓明けで室温調整ができる季節ですが、日中日向で締め切った状態だと熱籠りは相当で、そろそろ例の送風シートを出そうかなと。あれを出すといよいよ夏って感じがします。だけど、その前に梅雨か~。
Posted at 2017/05/14 17:33:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月07日 イイね!
昨日は煤焼きサイクルについてレポートしましたが、今日はその続編をば。
おととい9時半に帰宅した時点で前回煤焼き後170キロを超えていて、昨日一日は全く走らせることなく過ごし、今日は買い物その他で40キロほどを走って210キロを超えたところですが、まだその兆候は見られません。
ただ、これも途中の見落としの可能性もあって、250キロを超えるようであればその可能性が濃厚だと思われます(これについては後述におまけあり)。

燃費についてですが、先月末に給油して、4日(旅程2日目)に伊勢市内で給油した時のデータが14.8km/L(665km/45L)。4人乗車で鳥羽に昼頃到着予定が、昼食を挟んだとはいえ4時半近くになるほどの渋滞を経ているので、まぁやむを得ないところでしょう。
因みに現在はメーター読み1/3残り、走行可能距離400キロ、平均燃費17.4km/Lという状況です。給油後は、伊勢から岐阜に向かうに当たり、渋滞情報を見て亀山PAスマートICから下道に出て桑名東までR1で走ったこと、また最終日は中央道で戻ったのですが、大月から先の渋滞を避けるために勝沼から柳沢峠を抜けたこともあって、渋滞らしい渋滞にはまってないことが要因のようです。
いずれできるとは思っていますが、早く1タンク1,000キロ超及び20km/L超を経験したいものです。

さて本題ですが、旅行前にはずしたDPF結線を今朝再装着しました。

走り始めてすぐに気付いたのですが、走行時の車内騒音レベル及びアイドリング時の微振動レベルが数段落ちていました。何だ、やっぱり着けてた意味はあるじゃんって感じでしたよ。
これが上記データに影響を与えてるのかどうか、今後も経過観察していこうと思っています。
Posted at 2017/05/07 17:46:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月06日 イイね!
今朝の北多摩は晴れ。とは言っても、空半分は薄曇りでした。
立夏を過ぎて、ランナーさんも大半が半袖半ズボンになりました。
つい先月まで枝間から空が見えていた多摩湖周遊道路の柵越しに湖側の林は今こんな感じ。

そのおかげで、コースは真夏でも緑のアーケードによる日陰になってるんです。

排ガスも少ないうえにフィトンチッドたっぷりで、本当にいいコースです。

以前お伝えした通り、このところの銀六号の煤焼きサイクルは150キロ台でしたので、その対策としてできることはないかと思って、DPFに接続していたアースケーブルを外してみることにしました。

廃材で作ったので被覆線と平編線のハイブリッドになっていますが、これをインジェクタNo.1→DPF→インジェクタNo.3と繋いでいたのを撤去してみました。
この状況で、3日未明出発/5日夜帰宅の鳥羽(三重県)往復1,400キロ(大人4人乗車)を走ってきました。その結果、
1回目: 145キロ(往路、高速2割)、2回目: 160キロ(往路、高速100%)、3回目: 155キロ(往路、高速5割)、4回目: 150キロ(復路、高速6割)、その後が310キロで気づいたのですが、170キロ前後で恵那ICから中央高速道に入って、結構な車の間を縫うようにして走っていたために気が付かなかったような気がしてなりません。ほとんどアクセルオンで走る高速環境では、煤焼きが始まっても全く気付かないですよね。
以上からわかったことは、①アーシング接続が阻害(サイクル短縮)要因ではなかったと思われること、②煤の堆積量より距離を起動要因として重視しているのではないかという2点です。
まず①については、着脱の前後で全く距離が変わってないこと、②については、高速100%と下道100%でもデータがほとんど違わないということです。
もし単純に煤の量で起動するのであれば、5速とか6速を連続的に使う高速環境なら下道の1.5~2倍の距離を走ってくれてもいいようなものだと思いませんか?
エンジンの調子自体は至極快調ですし、警告灯がついているわけでもないので特に障害はないようですが、今後アベレージが100キロを割るようであればDに持ち込もうと思っています。
さて上述のアーシングケーブルですが、再装着するかどうか、迷うなぁ。
Posted at 2017/05/06 18:58:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「今日の一善(アルミテープホイール貼付編) http://cvw.jp/b/2358929/39804925/
何シテル?   05/21 14:43
銀六です。多摩東部在住の初老親父です。 愛車のレスポンス等に不満をお持ちの方、電線でその何割かを解消することができます。 気になったら、メッセージを入れてく...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
ディーゼルバッテリー交換 初期設定 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/12 00:13:25
等電位ボンディングの施工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/30 19:44:08
な、なんだ!?コレは!w 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/09 19:28:31
お友達
アテンザオーナーのみならず、全車種オーナーの方を歓迎します。
特に、アーシングに興味をお持ちの方、お待ちしております。
50 人のお友達がいます
ヨリマサヨリマサ * lajlaj *
魔神@福岡魔神@福岡 * YasuMinnYasuMinn *
ぶたなりぶたなり * JつのJつの
ファン
66 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
1月9日に納車になって以来、HKSサクションキットとDIYアーシングをちまちまやってきま ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.