• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

タイプRチューニング日記のブログ一覧

2017年09月10日 イイね!

ガルパンss その2

インスピレーションが湧いて前回の続き、ルミの結婚式話です。オリキャラ、独自設定あり。
都内某所結婚式場 披露宴会場内
チャペルでの式が無事に終わり、場所を披露宴会場に移し出席者たちが料理や酒などを飲みながら新郎新婦の事を言っていると、司会者が「それでは新郎新婦の馴れ初めを、同じ学校の後輩であり、同時に新郎新婦の友人でいらっしゃいますミカ様より述べさせて貰います。それではミカ様、前にどうぞ」司会者のその台詞を聞くとミカは立ち上がり目にも鮮やかな青いロングドレ姿で前に向かう、そんなミカの姿を見た新郎の友人からは「クールビューティー」、「ミステリアスな美人」、「口説くか?」、「久しぶりに見たが高校時代より美貌とスタイルが良くなってないか?」、「120%良くなっとるぞ美貌とスタイル!」、「でも相変わらずトレードマークのカンテレは健在だな」等を小声で言い合い、そして新婦の友人側でもアキがミカを見て自分の体型を見ると「あ~あ~何でミカってあんなにスタイルが良いの?あのスタイルの良さは反則だよ」それを聞いたミッコが「でもアキは可愛いから、いいじゃん」と答えるが「可愛くても、やっぱりもう少し大きい方が…」そう言うとアキは自分の胸に手を充てた。
「やっぱりミカさんスタイルが良いな~、やっぱりあれくらいでないとモテないのかな~?」沙織がそんな事を言うのを聞いた麻子が少し考えた後に答える。
「でもな沙織、ミカさんは変わり者の残念美人だぞ、それでも良いのか?」
「それでも良いよ麻子!残念美人でもミカさんモテるから」
「確かに武部殿が言うように、ミカ殿はモテますからね。モテ具合で言うのでしたら家の戦車道チームでベストスリーに入りますから」
「ゆかりんの言う通り2位が華で同率1位でみぽりんとミカさんだから。あ~もう何か言っていって哀しくなってきちゃった」沙織の発言にみほが慌てる。
「へっ同率1位!?どういうこと?」
「みぽりん知らなかったの?家の男子が戦車道チームで恋人にしたいのは誰だというランキングをやったら、みぽりんがミカさんと同率1位だったの」
「そういえば、そんなランキングをしていたと噂で訊きましたわ、確かみほさんは『戦車に乗っている時と乗っていない時のギャップの差が堪らない』、『あのどじっ子特性なのに戦車道の試合をしている時の凛々しい姿が好きだ』、『兎に角、守ってあげたい』、『可愛らしく愛らしい小動物』とかで、ミカさんは『出るとこは出て、引っ込む所は引っ込んでいるから堪らん』、『残念美人特性、それがどうした。問題なし!』、『何時もカンテレを持っていて、弾きながら意味深な事を言うのが良い』、『残念美人でも、それを受け止められる彼氏になりたい!』、『フリーダムな美人』等の意見があったそうですよ」華がそう言い。
「後、五十鈴さんは『和服美人本当に最高』、『集中して花を生けてる凛とした姿が最高』、『やせているのに、あの健啖家ぶりが好きだ』、『ミカさんの影に隠れているが五十鈴さんもスタイルが良い』、『付き合ったら最後、諭吉さんが凄い勢いで溶けそう』とかの意見があったぞ」麻子がそこまで言うと、ミカがマイクの前に立つと挨拶を始める。
「皆さん、こんな形で話すのは正直慣れていませんが、それでも尊敬する。ルミ先輩と真先輩の馴れ初めを話したいと思います。二人が最初に出会ったのは今から10年前、季節は初夏を迎えようとしていた5月の下旬、ルミ先輩が16才、真先輩が13才の時にまで遡ります」ミカがそう言うとカンテレを弾き始めた。どうやら弾き語りで話すようだ。
10年前5月下旬 継続高校中等部戦車道練習場
「ルミ先輩、今日はありがとうございました!」
「「「ありがとうございました!」」」中等部戦車道の隊長レミが礼を言うと、その後を部員たちが礼の言葉を述べるとルミが答える。
「いいって、いいって可愛い後輩から頼まれたから只アドバイスをしただけだから気にすんな」そう口では軽く言いながらもルミの目は鋭く、それを見たレミは直ぐに返答をした。「今回の紅白戦で問題になった部分、特に新しく入部したメンバーの技量、連携などが判りましたので次にご覧に成る際には、それらの課題を解決したいと思います」
「思いますじゃなくて解決する様に努力しろよな。レミ隊長」そうルミが言うと、レミは「はい、各人今日の紅白戦での問題点等をレポートに纏めて明日の昼までに副隊長のルカの所に持ってくる事、それから整備倉庫に戦車を入れて整備が終了したチームから今日は解散」そう言うと、部員たちは各々の戦車に乗り組み整備倉庫に搬入するのを見届けたレミがルミに向き合う。
「ルミ先輩、今日の私の指揮はどうでしたか?」
「悪くはないと思うけど、ただ新しく入部したメンバーの動きがまだ固くて、それを2年、3年生がカバーしようとして連携が弱冠乱れたのが頂けないね~、まあ、それが無ければ全体的には問題ないし、訓練の方向性は間違ってないから後は細かい所を上手く捌ければ良いから、そういうのは得意だよなレミは」
「そうですか、ありがとうございますルミ先輩」
「まあ、もう一つ言わせて貰えばレミ、もう少し肩の力を抜きなよ。隊長が必要以上に肩肘張っていると逆効果だから」
「そうは言っても、去年の全国中等部戦車道大会でルミ先輩は我が校を優勝に導いたんですよ。その後釜が私で良いのか、ルカの方が隊長に向いているんじゃないかと…」
「レミ、私はいい加減な面もあるけど人を見る目はそれなりにあるから、もっと自信を持ちなよ」そこまで言うと、戦車道観戦用のベンチが目に入りそこに居た一人の、服装を見ると中等部の野球部のユニフォームを着た。少年が踞っているのをルミが確認すると、レミに声をかける。
「悪いレミ、アタシちょっと行くから所があるから」そう言うと、ルミはその少年の所に向かい、残されたレミは「自信を持てか…難しいけど、やってみるか」と呟くと整備倉庫に足を向けた。
ルミside
ルミは観戦用シートに着くと踞っていた少年を捜すとすぐに見付かり、少年の所に近付くが、近付くにつれて聞こえてきたのは泣き声だった。泣き声を聞いたルミは一瞬足を止めて回れ右してその場から離れようとしたが、泣いている子を放っておくのは自分の性に合わないなと思いつつ声をかける事にした。「お~い、少年なんで泣いているんだ?」
真side
上村真は泣いていた。同じ時期に入部した他のメンバーはポジションを決める為の練習をしているのに、なんで自分だけがこんな事をしているのか、例えそれが中等部に入学する3ヶ月前に負った怪我の影響かもしれなかったが、だからこそ先輩達のプレーを間近に見て勉強したかった。なのに野球とは全く関係のない戦車道の紅白戦を見て感想をレポートに纏めろと言った監督とキャプテンの考えが判らなかった。最初にそれを聞いた際には思わず文句を言ってしまったが、普段温厚なキャプテンが「今のお前に、必要な事だ!!」と声を荒げて言い、監督も「キャプテンの言う通りだ、真、戦車道の紅白戦をしっかり観てこい理解できれば、お前の成長の糧になる」と言われ、仕方なくレポート用紙を持って紅白戦を観ていたがキャプテンと監督の言った意味がどうしても判らず、そのうちに今の自分が物凄く情けなくなってしまい自然と涙が出て声を出して泣いていた時に「お~い、少年なんで泣いているんだ?」と声をかけられ、顔を上げると高校の制服を着た上級生の女子が居た。
ルミ&真 共通side
声をかけると今まで泣いていた少年が顔を上げ顔を見るとルミは『着ているユニフォームも真新しいし、顔立ちもまだ幼さが残っているから…』そこまで推理するとルミは言う。
「少年、今年入学した子か?」
「はい、今年中等部に入学しました。上村真です」そう涙を拭いながら答えた。
「そうか、アタシはルミ宜しくね」
披露宴ミカside
「こうして二人は出会いましたが、最初の出会いをした時にルミ先輩は真先輩を抱きしめ、1年後、今度は真先輩がルミ先輩を抱きしめました」そこまで言うと、カンテレを弾く手を一旦止めてやがて会場内では、どよめきが起こる。
「13才の子を抱きしめた!?ルミ先輩、もしかして…」
「言うな、言ったら洒落にならないから言わないでルカ!」
「そうは言うけどレミ、ショタ…」
「だから言うなルカ!?」
「隅に置けないな…真の奴」
「というか、どんな状況で抱きしめたんだ!?そちらの方が気になる!!」と会場内のそこかしこで驚きの声が上がるのを確認したミカは「それでは、その時の状況を解説致します」そう言うと弾き語りを再開したのだった。

オリキャラ
レミ、ルミの後輩で継続高校中等部戦車道隊長、3年生
ルカ、レミと同学年で副隊長を勤める
独自設定
高校戦車道では黒森峰が強いが、中学戦車道レベルなら黒森峰以外でもひょっとしたら全国優勝が出来る可能性が有った学校が有ったのでは?と考えルミが指揮した継続高校中等部戦車道チームが全国優勝した設定です。

次はラブコメ話の予定…、どう書こうかな?
Posted at 2017/09/11 22:38:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月04日 イイね!

ガルパンss

メカについてのssと行ってきたのssも精神的にボロボロ&スランプで筆が乗らないなか、ガルパン劇場版にて登場した大学選抜の中隊長ルミが継続高校出身だという噂を聞き、更にガルパンキャラに告白したイラストを見たのでガルパン二次創作のssを書きます。独自設定ならびオリキャラ登場

3月上旬 1130時 都内某所結婚式場ラウンジ
その日は3月ながら気温は4月中旬の暖かさで、結婚式にはもってこいの陽気のなか新郎新婦の友人たちは結婚式が始まるまでの間、思い思いに過ごしている最中、新郎の友人たちが集まり何やら相談していた。
「おい、新婦の友人さんたち目移りするほど美人さん揃っているな」
「あと、美少女も」
「ああ、否定はしねえ」
「右に同じく」
「以下同文」
「じゃ、口説くか?」
「いいね、で誰を口説く?」
「そうだな、バッティングしねえように…」と、野郎たちが新婦の友人たちの品定めをしている頃、新婦の友人たちも似たような事を、新郎の友人たちの品定めをしていた。
「ふ~ん、選り取り見取りね」
「アズミ、目が怖いわよ獲物を狙う目よ。そんな目じゃ相手が逃げるわよ」
「あら、そう言うメグミも似たような目をしているわよ。肉食獣の目を」
「何ですって!?」そう言い合っているのは、大学選抜で中隊長を務め今では戦車道プロリーグに所属しているアズミとメグミであり、そんなことを言い合っている二人に声がかかる。「二人とも結婚式前に下らない事でいがみ合っちゃダメ」そう言ったのは、今年で18才に成り文句なしの美少女に成長した島田愛里寿だった。そんな愛里寿にアズミとメグミが反論する。
「そうは言ってもこの機会を逃すと正直厳しいんです。プロリーグでプレイするように成ってから出会いが減ってしまった中で今年で26ですよ26」
「隊長、メグミの言う通りです。おまけにプロリーグが発足したてで選手にも一般の模範となるように求められて、合コンとかも激減のなか巡ってきた友人の結婚式、この数少ない機会をモノにしないと本当に洒落にならないんです」
「アズミさんとメグミさんの言う通りです。愛里寿ちゃん、チャンスをモノにしないと素敵な彼との出会いなんて、本当に巡ってこないんだから」そう同調したのは、何故か結婚式に招かれた正確に表現するならあんこうチームのメンバーの一人、婚活戦士ゼクシィこと武部沙織だった。
「誰が婚活戦士ゼクシィよ!」
「誰に向かって言っているんだ沙織?」普段なら眠そうな表情をしている冷泉麻子は、流石に今日は結婚式に出席するので眠そうな表情をせずビシッとした表情で言い返す。
「何かそう言われたから、言い返したの」
「そうか」そう投げ槍気味に麻子は言い返すと、その後を秋山優花里が疑問を述べる。
「でも一つ疑問なんですかが?我々が今日の式に招待されたのは何故でしょうか、招待状が届いたときには正直驚きましたが」
「確かに言われてみれば何で招待されたのでしょうか?」そう言うのは五十鈴華だった。その発言にあんこうチーム一同が考えたあとに優花里が訊ねる。
「西住殿、分かりますか?」優花里からの問い掛けに西住みほは慌てて返答する。
「へっ!?ごめん、流石にちょっとわからないや何でかな?そうだ愛里寿ちゃん…」そう愛里寿に訊ねようとしたら聞き覚えのある声が答えを述べる。
「5年前の出来事を忘れたのかい?」その声の主は、みほ達あんこうチームと同じ大学に通っており、今回招待された新婦の友人たちのなかではトップクラスの美貌とスタイルの持ち主ミカだった。そんなミカを見ると愛里寿は駆け寄り抱きつき「久しぶりお姉ちゃん」と言うと、ミカは愛里寿を抱き返すと「久しぶりだね愛里寿」と言い返す。
「でもお姉ちゃん今日は頭を撫でてくれないの?何時もだったら撫でてくれるのに」
「そんなことをしたら折角セットした愛里寿の髪が乱れるだろ?」
「そうだね。でも遅刻寸前だよ」
「間に合ったから問題ないよ愛里寿」そうミカが言うが突っ込みの声が上がる。
「問題大有りだ!!式に間に合わせるのにトルネオユーロRをtaxiのダニエル(フランス映画taxiシリーズの主役)並みの運転をして着いたんだからな。私じゃ無かったら絶対間に合ったなかったぞ!」
「ミッコの言うとおりだよ。もう~ミカが中々起きずにのんびりしているから、式が始まる寸前になっちゃたじゃないの!本来ならもう少し余裕をもって着くはずだったのに」
「アキの言うとおりだ」そう突っ込んだのはドレス姿のミッコとアキの二人だった。
「でも間に合っただろ」そう言うとトレードマークのカンテレを軽く弾き始める。その対応に何時も通りの平常運転かとあんこうチーム一同が納得し始めた。因みにあんこうチームとミカ、そして1年遅れでアキとミッコは同じ大学に推薦入学で進学し、あんこうチームとミカが組んだ最初の1年目は大学戦車道全国大会で3位に入賞し、翌年アキとミッコが入学した2年目で準優勝、そして3年目で優勝、4年目の今年、最後の年は周囲の予想では優勝候補筆頭に上がると同時に、あんこうチーム、そしてミカ、アキ、ミッコの計8人は大学選抜チーム入りと国際強化選手に指名されており、卒業後は戦車道プロリーグ加入入り間違いなしというのがもっぱらの前評判だ。
閑話休題、ミカの言った発言、5年前の出来事とはハテ一体何かあんこうチーム一同が顔を見合せていたらミッコが答えを述べる。
「お~い、5年前ルミ先輩が新郎のあたしより二つ上の真(しん)先輩を、強引なベロチューから押し倒して襲おうとしたのを忘れたのかよ?」
「ミッコ表現を、こういう場合はもっとソフトな表現で、そうだなルミ先輩が森の中で真先輩に強引なキスからの寝技に持ち込もうとしたからね」
「ねえ、ミカ五十歩百歩っていう諺知っている?全然ソフトじゃないよ」アキが呆れた口調で言う。
「アキ、そうは言っても事実なんだから言い繕うよりはありのままに事実を述べた方が良いと思うし、それにその時の行為をこの場に居るメンバーで見ていたじゃないか、最も寝技に入るのを実力行使で止めたからね」
「だからミカ生々しいって」アキがそうミカに言い返すと、その場に居たメンバーは5年前の出来事を思い出すと、途端に顔色を変えるメンバーが出た。
「あら、沙織さんとアズミさんとメグミさん、何か顔色が変わりましたよ?」
「華、え~と」何かを言って誤魔化そうとしたが残念ながら出来なかった。
「思い出しました。5年前のアレを確か武部殿とアズミ殿それからメグミ殿が、興奮して見ていましたからね」
「確か鼻の下を伸ばしただけに飽きたらず鼻の穴を膨らましながら見ていたからなアレにはちょっと見ている方も少し引いたからな」優花里と麻子がそう言いうと反論が始まった。
「仕方ないじゃない麻子!目の前で大胆なキスシーンが始まれば誰だって見入ちゃうよ!」そう沙織は麻子に言い返し。
「というか、まさかルミがあそこまで大胆な行動に出るなんて正直言って完全に予想外だったわ」
「で、襲おうとしたのを慌てて止めたのよねメグミ」
「そうね。取り敢えず手持ちのバッグを投げつけたのよね」
「で、止めてからルミさんに、理由を聞いたら物凄く納得しちゃっいました」
「まさか、私とメグミの会話を聞いてあんな行動に出るルミは」
「恋する女の強さ?アズミ」
「そうですよ。アズミさん、メグミさん恋を原動力とした女の行動力は本当に強いんですから、あの行動力は見習いたいです!」
「「確かに」」アズミとメグミが同意の声を上げると沙織がアズミとメグミの手を取って宣言する。
「アズミさん、メグミさん、今日は素敵な彼氏との出会い頑張りましょう!」
「ええ」
「そうね」アズミとメグミが言うと、沙織がみほの十八番で掛け声を出す「素敵な彼氏との出会いにパンツァーフォー!」
「「おおーパンツァーフォー!!」」アズミとメグミがそう返答するが、華が何気に辛辣な事を言う。
「でも今からああしていると空振りに終わる未来しか見えないのは何故でしょうか?」
「五十鈴さん、そんな事を言うなと言いたい処だが、不思議と納得してしまうのは何故だ?」華の発言を聞いた麻子がそう答えると、みほと優花里が何ともいえない表情をしながら乾いた笑いを浮かべる中、愛里寿がみほの着ているドレスの裾を引っ張りながら不機嫌な口調でみほに訊ねる。
「みほと優花里、どうして5年前何で見せようとしなかったの?」
「えっ、え~と愛里寿ちゃんにはまだ早いかなと」
「そうです。島田殿は5年前はまだ13才でしたから」
「でも男女の営みは知っていたから別に隠さなくとも問題なかった」その愛里寿の返答にみほと優花里が、どう答えようかと悩んでいると式場のスタッフがラウンジに入ると、式が始まるのでチャペルに移動してくれと伝えるとみほは助かったと内心で思いながら愛里寿に言う。
「愛里寿ちゃん、その話は式が終わってからにしようか」
「何か、はぐらかされた気もするけど分かった」愛里寿はみほに言い返すと、チャペル内に入っていくのだった。
チャペル内
式の開始時間になると聖歌隊が合唱し始め、それをBGMにチャペルのドアが開き最初に神父が入場し、次に新郎の真が入場するとドアが閉まり、真が神父と新郎新婦の親族に一礼するのを見届けた神父が結婚式の開催を宣言し終えると、チャペルのドアが開き新婦のウェディングドレス姿のルミが父親と共にバージンロードを歩き入場してきた。そんなルミの姿を見て愛里寿は思わず「ルミ凄くきれい…」とそう洩らすのを聞いたみほが「うん愛里寿ちゃん本当にきれいだね」と返答するとルミのウェディングドレス姿を見ると各人が思い思いの事を口にした。
「良いな~、でも次は私の番よ」と沙織は言い。
「まさかルミに先に越されるなんて、でも今日の貴女は一番素敵よ」
「結婚前には散々弄ったけど、ルミ本当に結婚おめでとう」アズミ、メグミの二人は親友のウェディングドレス姿に心の底から賛辞を述べ。
「うわ~ルミ先輩きれいだね」
「うん、本当にきれいだな」
「ルミ先輩、結婚おめでとうございます」アキ、ミッコ、ミカの継続一家が祝いの言葉を述べるのだった。

各種設定
あんこうチームとミカ、同じ大学で年は22才
アキとミッコ、21才
愛里寿18才、戦車道プロリーグ選手
アズミ、メグミ26才、戦車道プロリーグ選手で愛里寿と同じチームに所属
ルミ26才、戦車道プロリーグ選手で、3つ下の恋人とゴールイン
上村 真(かみむら しん)、当ssオリキャラ23才、プロ野球選手
愛里寿とミカの関係、当ssではミカは愛里寿の母親、島田千代の妹の娘、いとこ扱いで取り扱います。
作者から一言、続きどうしようかな?




Posted at 2017/09/05 00:59:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月19日 イイね!

大洗へ

大洗へ何時も通りに継続高校仕様のプチ痛者にして大洗の八朔祭に向かっていたら途中で単独事故による(?)大渋滞、抜けるのに疲れた。渋滞時にはMT車よりもAT車やCVT車の方がいいな。
Posted at 2017/08/19 04:04:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月05日 イイね!

ただいま

ただいまフィンランドから帰ってきました。
フィンランド森と湖の国の名に相応しく、本当に森と湖が多くヘルシンキヴァンター空港も森と湖に囲まれた空港で、湿度も低く空気も美味しいと感じました。
実際、日本に戻って来たとき空気を吸ったら思わず、暑いと呟いてしまいました。
フィンランドの写真はフォトギャラリーに随時UPしますが、今は時差というか旅の疲れを癒したいです。
Posted at 2017/08/05 13:22:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月01日 イイね!

行ってきます

行ってきます森と湖の国もしくはスミオの国と呼ばれるフィンランドに行ってきます。
初海外がフィンランドというのも珍しいか?
Posted at 2017/08/01 08:35:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「訂正ミュシャ展入場待ち140分待ち」
何シテル?   06/04 10:33
タイプRに乗っているので、サーキットを走りたくなりシビックを、チューニングしてサーキットデビューをすると同時に、愛車のチューニングも紹介していきたいと思います。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

相棒シーズン14 感想 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/19 22:30:57
あしたは、洗車 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/10 21:11:06

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
新車で買って、七年目になるシルバーのFD2シビックタイプRです。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.