車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月01日 イイね!
久しぶりにGT-Rを・・・「イギリス人は雨の日に洗車する」と聞いた事があります。
本当かどうかは知りませんが。
自分的には理にかなっている様な気がします。
汚れも浮きやすいし、車体も冷えやすいし。
温まった車体に泡乗せた時の、あの感覚と匂い・・・
あまり良い気持ちがしないのです。


昨日は夕方くらいから雨がふりましたので、これ幸いとBNR32を洗車に持ち出しました。
洗車場もガラガラだったので思う存分スチーム洗車を堪能!

洗いあがったら拭きあげです。
どうせ雨だから・・・とは思っても、やっぱりしっかり仕上げないと!


自分なりに満足いく仕上がりになりました。


雨の日の洗車。結構楽しめました。
次の雨がちょっとだけ楽しみです。

Posted at 2016/11/01 21:44:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | BNR32GT-R | 日記
2016年10月12日 イイね!
ここまでのダイジェスト <エンジンいっとく?編2>エンジンをやる前に仕様を決めなくてはいけませんでした。

以前BNR32のエンジンもこちらで作っていただいたので、
技術力や取り組み方については全く心配していませんでした。
むしろ素人の自分に「こうすればこうなる」的な説明を
丁寧にしてくださるので、仕様決定もあまり苦労せずに済みました。

今回のS54B32エンジンの仕様に関する大きなポイントは3つ。

1)パワーを上げない
2)スペシャルパーツを極力使わない
3)加工は目一杯入れる

今、「んっ?」て思われた方もいらっしゃると思います。
パワー上げない?なにそれ?って
実際ファクトリーの社長さんも「えっ?」て言われましたし。 

そりゃやっぱりエンジンやるならカムもピストンも交換して
バルブ周りいじってポート研磨して、フルバランスとって
Dジェトロ化してCSLインテークでガオガオ言わしたい!
そういう欲望もありました。

でも、S54B32エンジンに触れていくにつれ、
このエンジンの奥深さを知っていくというか、
この車両と長く付き合っていきたいと思ったんです。
NAのいい部分を引き出しながら、ネガを消していく。
パワーより、軽く回るレスポンスが欲しい。
少しでも長く、フィーリングを維持したい。

そんな事をいろいろ考えながら、社長さんとお話すること3回。
上記の方向で仕様が決まりました。
「スペシャルパーツより”組み”をお願いします」
なんて生意気な事言っちゃいましたけど、笑って了解して頂きました。

使用する部品は、ほぼ9割が純正部品です。
これにはちょっと理由がありました。

当然OEMやアフターマーケットも検討したのですが、
海外サイトなどを調べたときに、エンジン部品で純正以外
あまり良い評価がみられなかったのです。
特にガスケット類に関しては必死にOEMを調べたのですが
純正品を作っているメーカーが特定出来ませんでした。
(噂では Earling Kissenger?ではないかと言われてましたが)
不安を残したくなかったので今回は純正品を使いました。

あと、クランクキャップボルトとコンロッドボルトだけ
ARP製をTuner Motorsportから個人輸入して持ち込みました。



これは、仕様を相談しているときに社長から薦められたものです。
強度その他が純正品より優れているから、使えるなら使ったほうがいい
との事でしたので持込をお願いして快諾頂きました。

あとは軽量フライホイールなどもあるのですが、それはまた追々。

続きます。

Posted at 2016/10/13 22:18:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | E46M3 | 日記
2016年10月08日 イイね!
ここまでのダイジェスト <エンジンいっとく?編>*少々ヲタク風味注意

シュパー、シュパシュパシュパー、唸ーるエンージンー♪(from ガッチャマン初期OP)


E46M3のオーナーになってから約2年ほど経ちますが、
未だにこの車のオーナーになれた事に喜びを感じます。
剛性感があるボディ。ドライバーシートを中心に曲がっていくかのようなバランス。
そしてもちろんシルキー6と呼ばれるS54B32エンジン。
バイエルン発動機製作所の名前に恥じない名機だと思ってます。
いろいろ揶揄されることも多いこの車ですが、自分が運転してきた中でも
完成度は非常に高いと思ってます。

さらにいろいろメンテしていくと、新しい発見があります。
「こんなものなの?」がガラリと変わったり・・・

いやもうホントにサイコー!ww

とか楽しんでいたら、みるみる内に走行距離が伸びて9万キロオーバーに・・・

海外には10万マイル(16万キロ)オーバーを走るようなM3もあるらしく、
基本的なメンテをしていれば比較的過走行にも耐えると言われています。
まあもう少し走ったらエンジンオーバーホールを考えようかなとか思っていました。

そんなある日、お知り合いの方から後期のS54エンジンとSMGミッションを
セットで買わないかと話が来ました。
走行も5万キロでインテーク周りやインジェクションも全部。
SMGミッションはアクチュエーターもギアポジセンサーも全部付き、
価格に関しては内容を考えたら超オトクな価格でした。
予備で確保しようかなと購入決定。



そーらに、そびえるーくろがねのぉ城ー♪ (from マジンガーZ Op)
エンジンって高めの目線で見ると威圧感あるんですよね。



ミッションは思ったよりコンパクトですね
新品アッセンブリーだと70~80万でしたっけ。
恐ろしい価格ですよね。


ここでまた、自分の中の悪魔がささやき始めます。
「このエンジン、日本人の職人さんがきっちり組み上げたらどうなるんだろうね・・・?」
「このすばらしいエンジンがもっと素晴らしくなるんじゃね?」

もうだめです。廃人です。頭がどうかしています本当にありがとうございました。

とりあえず出入りさせていただいてるファクトリーの社長さんにご相談。

「どうすかね?イケますかね?」

イケるけどまだやるの?と呆れられつつもエンジン組みの順番待ちへ・・・



そしていよいよ自分の順番へ!



走りだーしたら、あーとには退けーぬ!♪ (from マッハGogogo Op)

続きます。


Posted at 2016/10/08 15:42:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | E46M3 | クルマ
2016年10月05日 イイね!
ここまでのダイジェスト <部品調達>今回、自分が経験した部品調達は、それぞれメリットとデメリットがあります。
まあ当たり前っちゃ当たり前なんですけど。
それぞれを使い分けることで、お財布への負担が優しくなるかもしれません。

1)ディーラー(以下D)

純正部品を購入するならまずここですよね。
サービスの方と打ち合わせしながら、間違いない商品を購入できます。
但し、価格は日本での定価となり一番高くなりますが
確か純正部品の保障もついたような気が・・・

余談ですが、Dにて修理を依頼する場合、
部品も基本的にはDから購入することになります。
修理に関してはアッセンブリー交換で修理することが多く、
原因特定をあまり深く行わないので、
費用がかさんでしまう傾向があります。
出来るならBMWを得意としているショップなどに
セカンドオピニオンを聞いたほうが出費を抑えられるかもしれません。
Dではアッセンブリーで代えてしまうSMGポンプ、DSCモジュールなども
ノウハウをお持ちの店ならリビルトできたりもします。

ただ ワンパッケージで「何か調子悪いんだけど」から「完了!」まで
全てお任せに出来ますし、状況によっては代車も出ます。
きれいなお姉さんがコーヒー出してくれたりもしますし、
新車情報もありますから乗り換えの検討にも良し。
例のBMWのソフトなんかも当然ありますのでTPOに応じて利用されると良いかと。

2)国内部品商(ネットショップを含む)

国内にはネットショップまで含めると沢山の部品商があります。
取扱商品も純正、OEM、アフターマーケット品とより取り見取り。
価格もDに比べれば安いことが多いと思います。

ショップではそれぞれお取引されてる部品商があるかと思います。
Dとほぼ同じ様に状況に応じて部品を発注してもらい修理する。
部品番号や必要個数に頭を悩ませることもありません。
ノウハウがあるお店ならOEMの品質やモジュールのリビルト、中古部品にまで
通じていらっしゃいますので安心して依頼できると思います。

そして国内ネットショップです。
あくまで部品の取引のみです。
今回、自分が利用したネットショップでは、
メールや電話での問い合わせにも丁寧に応じてくださり
注文もしやすかったです。ポイントも頂いちゃいましたし。
ルールはあるものの返品も応じてくださるみたいです。

ただし、注文に関しては基本的に自分で部品番号と必要点数を調べなくてはいけません。
必要な部品が特定できてないと注文は難しいかも知れません。
OEMの品質その他のノウハウも自分で調べなくてはいけません

そして時間もかかりました。
在庫が無い場合、発注後2~3週間ほどで部品到着。
一つだけ1ヶ月後に出荷不能と連絡がぎました。
という訳で急いで修理する時には難しいと思います。


3)個人輸入

海外では自分のガレージで整備してる方々が非常に多く、
個人向けに出荷されているネットショップが数多くあります。
部品の価格も国内に比べると純正部品でも3、4割安かったりもざらにあったり
選択肢も国内ネットショップよりさらに多かったりします。
最近では送料のディスカウントもあったり、届く期間も1週間くらいで着くことも。
グローバルな良い時代になりました。

ただし、当然英語のスキルが必要になります。
質問や注文は英語ですることになります。
部品番号や必要数、OEM品質などは国内ネットショップと同じ
自分で調査しなくてはいけません。
大きい部品や重量物を注文すると、ディスカウントされていても
送料がとんでもないことになり、国内で買ったほうが安くなることも・・・
あと、輸入時に関税が別途かかることがあります。
交換、返品を受け付けてくれるショップもありますが、
国内ネットショップより煩雑だと思います。

とは言え自分で整備される方ならコストパフォーマンスは一番だと思います。

<持ち込み>

誰でも費用が安くなることに越したことは無いと思います。
同じ部品なら出来るだけ安いほうが良いでしょう。

ただ、持込みには本当にご注意ください。

例をあげます。

初めて行くお寿司屋さんに自分で買った魚を持って行って、
「これでお寿司を握ってください。お金は握り代だけ払います。」
て言ったらどうでしょう。

どう考えてもまずいでしょ?

行きつけであってもいきなり
「良い魚あったからこれで握ってよ!常連だから握り代だ・・・(略)」

塩まかれちゃいますよね。

持ち込みする時には、事前にきちんと相談した方が良いと思います。
修理やチューンをする時は、まずきちんと見積もりをし、
不明な点を相談した上で「○○の部品を持ち込んでも良いだろうか?」
と相談をして了承をもらうべきかと思います。

もちろんそのショップとのお付き合いがきちんと出来ている場合の話しです。

沢山の部品が必要な場合でも、自己調達は一部に留めた方が良いと思います。

「大将!今日は全部持ち込みの魚で握・・・(略)」
相当の常連でも中々厳しい状況ですよね。
あまり欲張りすぎずに一部にしておけば、次回の修理のときに
「部品持ち込みますか?」と聞いてくれるかも知れません。

もちろん各ショップさんで対応も様々です。
持ち込んで全然OKってお店もありますし、工賃を少し高めに払えば
持ち込めるショップもあると聞いた事があります。

「部品持ち込んで良いよ」という言葉は、
ショップやチューナーさんからの思いやりだと思います。
お金の負担を減らしてあげたいとか、納得出来るようにしてあげたいとか。
そして思いやりってお互いの信頼関係の上に成り立つと思いませんか?

偉そうな事を書いてしまいました
気分を害されたなら申し訳ありません。



これは今回自分が持ち込ませてもらった部品です。
勉強とブログを書くためにお願いして快諾頂きました。
で、これが次の回へのヒントになります。

続きます。



Posted at 2016/10/05 21:46:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | E46M3 | クルマ
2016年10月04日 イイね!
ここまでのダイジェスト <小修理と部品調達>ここまで大きな補修やメンテを書きましたが、
最後のデカイ奴の前に細かい補修と、部品調達について
書いていきたいと思います。

比較的メンテが行われていた形跡がある我がE46M3ですが、
やはり細かいところでいろいろありました。


まずはウォーターポンプ





納車直後に状況確認をしたところ、ガタが見受けられました。
Vanosフィリスターボルトを交換する際、前周りをばらしたので、一緒に交換しました。
同時に予防措置でラジエター、ベルト類も代えてます。
部品調達はファクトリーとお取引がある部品商にお願いしました。
調達前にネットで調査し、部品商の方にも実績、トラブルレコードなどお伺いしました。
その結果OEM部品の調達になりました。


そしてイグニッションコイル





何故か社外品が混ざって装着されていました。


失火や不具合などは無かったのですが、あまり気持ちいいものではないので
BOSCHのOEM品に交換しました。
この時はインターネットで輸入車専門部品ショップから取り寄せました
ちょっとしたトラブルがあり、コイル6本中1本が不良品だったらしく失火してました。
ショップに電話したところ、すぐ交換部品を送ってもらいました。


左ドアが開かなくなった






ある日助手席側ドアを開けようとしたところ、
何か変な感触があり、その後外側から開けられなくなりました。
内側からは開けられることなどを確認し、いろいろ調べたところ
ノブ内側のケーブルホルダーにトラブルが起きていると推察。
この時は純正部品を個人で輸入しました。
結果、ケーブルは切れておらずケーブルの受け側にズレが発生していたようです。
タイラップで固定補強を行うことで予防できるようです。

ここまで読んでいただいて気づかれた方もいらっしゃると思います。
今回の小補修に関して、部品を自己調達させていただいたものがあります。
国内と個人輸入で色々わかったこともありますので、
次回でメリットとデメリットについて書いていきたいと思います。



あらかじめ断っておきますが、安易な調達、持ち込みは
大変なトラブルが発生するリスクがある事をご承知おきください。

続きます。




Posted at 2016/10/04 23:46:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | E46M3 | 日記
プロフィール
「ここまでのダイジェスト <小修理と部品調達> http://cvw.jp/b/2367401/38648488/
何シテル?   10/04 23:46
E46M3とBNR32と共にドM道を突き進んでおります。 基本的に手がかかる車が大好きです。 壊れると何故かドM魂に火が付きます。 車と仕事に関してはドМ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
DAYTONA マルチホルダー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/13 10:33:07
お友達
変な奴に見えるかもしれませんが、
怖くないように努力しますので
お気軽に絡んでくださいね。
4 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 isorock worksisorock works
みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム 秀ちゃん@秀ちゃん@
ファン
6 人のファンがいます
愛車一覧
BMW M3 クーペ BMW M3 クーペ
先日お迎えした新しい仲間(ご主人様?) 東京からお迎えしました。 現在の仕様 タイヤ ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
ドMの大好物なBNR32GTーRです。 一時期Gr.A仕様になっていましたが、 温存を考 ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.