• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

suzuka404のブログ一覧

2015年03月19日 イイね!

タイ東北部と北部28日間一人旅(ホテル編)

タイ東北部と北部28日間一人旅(ホテル編)2/12~3/11までのタイ国内旅行で利用したホテルを紹介します。
ホテルの予約は、事前に日本から agoda でインターネット予約をしました。
従って、日本での日本円払いになっています。
円安もあり、昨年よりはかなり高くなりました。

因みに、1万円の両替でいくらのバーツになるのか調べてみました。
 2012年12月  3600バーツ   2.8円  100%
 2013年 1月  3300バーツ   3.0円   92%
 2013年12月  3090バーツ   3.2円   86%
 2015年 2月  2650バーツ   3.8円   74%

安部首相のおかげで、年金者は、国内も海外も暮らし難くなりました。

タイ国内もバンコク、チェンマイでは、物価が上昇していますが、この円安は極端過ぎます。
 大好きな90バーツのチャーンビアーが、250円から340円への値上がりとなりました。

東北部や北部の地方の都市は、食べ物に関しては、物価は安く感じました。
トクトクやソンチオもぼられることはなく、言い値で乗りました。
市内では、大体、50バーツ程度。

ただ、チェンマイは、観光地しており、外国人と見ると、高値で吹っ掛けてきます。
チェンマイ駅からホテルまで、150バーツを要求、断り、ほかを探し交渉しても100バーツ
でした。
雑誌地球の歩き方では、60~80バーツです。
日本のタクシーからみれば、150バーツでも安いですが。

写真は、バンコクのBTSプロムポン駅から歩いて1分のホテルです。
日本のビジネスホテル相当で、インスタントコーヒー、紅茶、パン、ジュース、バナナが置いて
あるビュフェ形式の簡単な朝食付きです。

シャワーは、電気温水器で、水量は少し少ないかも。
ナントラスクンビット39で、スクンビット通りのソイ39にあります。
周辺のには、日本料理店もあり、日本人も多かったです。

Wifiは部屋でも使えました。
また、テレビはチャンネル数が多く、タイ語での洋画を放映していました。
行き 3泊 2171円/泊  帰り 4泊 2443円/泊  為替と時期の違いで少し違う


写真は、ナコーンラーチャシーマのチョムスランホテルです。
昔は高級ホテルだったかも。バスタブ付き、集合エアコンでした。
やっぱり、お風呂はいいなー。

場所も一等地ですぐ前でナイトバザールを開いています。
また、10分くらい歩いたところでもナイトバザールを開いていました。

Wifiは部屋でも使えました。
2泊 2171円/泊




写真は、ノンカーイのノンカーイシテーホテル
2階建、20室のこじんまりとしたホテルです。
周辺に、バアーが数軒あり、欧米人が多くビールを飲んでいました。

Wifiは部屋でも使えました。
4泊 1991円/泊




写真は、ピッサヌロークのアマリンナコーンホテル
ここも、昔は高級ホテルだったかも。バスタブ付き、集合エアコンでした。
朝食付きで、フルーツまで付いていました。

今年は、部屋でも Wifi が使える様になっていました。
ピッサヌローク駅に近く、市場周辺は、夕方から屋台で賑わっていました。

3泊 2533円/泊




写真は、チェンマイのダイヤモンドリバーピンペッチナムホテル
大型ホテルで、バスタブ、朝食付きです。
朝食はいつも同じで、3日間で飽きました。

タイ人や東南アジア系の団体客が多いです。
年金者の日本人グループも数組居ました。
すぐ近くにナイトバザールがあり、夕食は、全てここで間に合わせました。

Wifi はホールとレストランしか使えず、少し不便でした
行き 3泊 2461円/泊   帰り 2泊  2533円/泊



写真は、チェンライのB2ナイトバザールチェンライホテル
ナイトバザールまで歩いて10分くらい距離にあるホテル。
4階に泊まりましたが、エレベータがなく、自分で荷物を運んだため、夜中に、右肩に激痛が走り
左腕だけで、ベッドから起き上がるのに10分以上かかりました。

Wifiは部屋でも使えましたので、ベッドで寝ながら日本の情報をみていました。
3泊 1713円/泊




写真は、スコータイのスコータイオーキッドホテル
新市街地にあり、ソンチオで30バーツで旧市街地のスコータイ遺跡公園にいけます。

シャワーは、電気温水器であるが、温度を上げると水量不足となりやや不満。
シャワーは、熱いお湯をたっぷり浴びたいですね。

電波は弱いが、なんとか 部屋でも Wifiは使えました
4泊  1764円/泊


27泊になりました



Posted at 2015/03/19 11:48:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年03月18日 イイね!

タイ東北部と北部28日間一人旅(食事編)

タイ東北部と北部28日間一人旅(食事編)タイの食べ物は、辛いイメージがありますが、観光客を相手にしている食堂は、no spicy で頼むと辛くない様にしてくれます。
一度、spicy 表示のあるシーフードサラダを頼んだところ、ピリ辛好きの私でも、とても食べれませんでした。
それ以降、no spicy で注文しています。
それでも、少しピリ辛状態です。日本人にはこの方が美味しいでしょう。

写真は、バンコク BTSプロムポン駅近くの イムチャンでの食事

東北地方を代表する料理(イーサーン料理)のソムタム(パパイヤサラダ)
未熟のパパイヤをさきがきにしたサラダ料理。
ソムタムは普通 spicy ですが、私はいつも no spicy を注文。 それでも少しピリ辛です。


トムヤムラーメンで、スープはかなり辛いですが、大汗をかきながらスープを飲みました。
甘辛いスープで、それが結構いけるラーメンでした。
因みに、イムチャンのビールは、チャーンビア(80B)、レオ(90B)、シンハー(90B)
但し、チャーンとレオは、600ml シンハーは、500ml、 330円は安い。

バンコクMBKのクーポン食堂の鶏肉ライス
タイでは定番の料理です。ビール85B、鶏肉ライス80Bでした。


アシアテークリバーフロントでの夕食
BTSサパーンタークシンから無料シャトルボートで15分


チーズ鶏肉とんかつで、美味しかったですが、ここのみ10%のサービス料金が加算されて
いました。料金はチャーンの小瓶込で230Bでした。


チェンマイのナイトマーケトでの夕食


タイ風焼きそば、パッタイ、ビール95B、パッタイ45B


チェンライのナイトマーケトでの夕食


ノンカーイで良く見かけ、一度食べたいと思っていた鍋料理。
写真は、一人前100Bです。
特に、出汁が美味しく、野菜も多く取れます。お皿はビーフです。
気に入り3日間連続で食べました。


バンコク 土日開催のウイークエンドマーケット(チャトウチャック市場)での昼食
タイ風焼きそばパッタイ、ビールで 250Bとやや高め。
外国人観光客が多いところは、物価が高めです。


その他、写真はないが、普通のタイ料理の食堂では、メニューが決まっていますので、食べる物も
大体、同じものになります。
お昼には、かに、エビチャーハン類、フライドヌードル、スープ系の麺類もいけますよ。
Posted at 2015/03/18 12:06:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年03月17日 イイね!

タイ東北部と北部28日間一人旅(レンタルバイク編)

タイ東北部と北部28日間一人旅(レンタルバイク編)今回の目的の一つは、レンタルバイクで、その周辺の遺跡を観光することでした。
この為、国際免許証の更新、スマホのバッテリーを購入しました。
これで、Googleナビが10時間は使える様になりました。

ナコンラーチャシーマでは、ピマーイ遺跡、
ノンカーイでは、ワットケーク、メコン川沿いのドライブ
スコータイでは、シーサッチャナーライ遺跡、カムペーンペット遺跡の観光です。

最初のナコンラーチャシーマは、滞在が、2/15から2/17であったが、祭りの為バイク屋が
2軒とも休みとなっていたので断念した。

文字が読めないが、ホテルで聞いたら祭りで、お休みとのこと。


明らかにレンタルバイク屋の表示板


道路の反対側にあるレンタルバイク屋、この町では、この2軒のみ。


ノンカーイでは、2/18,19の2日間、ホテルでレンタルしました。
2日間で300バーツ、1100円也
走行距離は、118km ガソリンは、2.46リットル、70B 260円、燃費48km/ℓ
車種は、HONNDAのCLECK 115cc?

写真は、今は、使われていない旧ノンカイ駅とホンダのCLECK。




ワットケーク、ちょっと異様な仏像が並んでいるお寺です。


翌日は、メコン川に沿いながらドライブを楽しみました。
ガソリンが半分程度になったのでホテルに戻りバイクを返却。走行距離は、118km。
ノンカーイは田舎で、車も少なく走り易いです。

2/26は、チェンマイからチェンライへの移動日で、元々痛めていた50肩を更に痛めて
当日の夜中に目が覚めると、右腕が上がらず、動かすと激痛が走り大変でした。
左手だけで、ベットから起きるのに、15分以上かかりました。

薬局でタイガーバームの湿布薬を買い毎日一人で貼っていましたが、左手だけでは貼るのも
大変でした。
ハンカチ2枚で三角巾を作りましたが、格好悪いので、左手で右腕を持ちながら歩いていました。
1週間湿布薬を貼って何とか激痛はなくなりましたが、右腕は上がらないままでした。

3/6のスコータイ最終日に、1日だけ試しにバイクを借りてみました。
いつものバイク屋は、廃業しており、新たに探すことになりました。
遺跡公園の旧市街は、レンタバイク店は多いのですが、ホテルのある新市街は中々見つから
なく、1軒だけ見つけました。

借りたバイクは、SUZUKI製で、エンブレム等がなく、車種は不明。1日250バーツ925円


ガソリン100バーツ、370円 3.43リットルを入れ満タンにして、101号線を北上し55Km先の
シーサッチャナーライ遺跡を目指しました。

この国道は、良く整備されており、2m幅のバイク専用帯があり走り易い国道です。
但し、振動があると、右肩に激痛が走りので、50~60km/hの速度で走行。

シーサッチャナーライ遺跡公園、公園内は広く、バイクか自転車でないと大変です。


この日の走行距離 172km 燃費50km/リットル
この鈴木製のバイクは、トルクがあり乗り易かった。 125ccかな?
メーターは車並みに、160kmまで刻んであり。
90km/hまでしか試さなっかたが、どこまで出るのかな?


今回は、バイク屋が休みだったり、50肩が痛み出したりとトラブル続きでしたが、目的の半分は
達成出来たかな?

最後にタイのカラフルなバイクを紹介します。




また、チェンマイでは、市川市と福井市のナンバープレートを付けたバイクがありました。
残念ながら写真を取りませんでした。



Posted at 2015/03/17 12:38:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年03月16日 イイね!

タイ東北部と北部28日間一人旅(お祭り編)

タイ東北部と北部28日間一人旅(お祭り編)今年のタイの中国旧正月(春節祭)は、2月19日(木)です。
タイでは、この日は祝祭日ではありません。どうも中国人街のみの祭りみたいです。
2月17日(火)から20日(金)までは、ノンカイに居ましたが、祭りの様子は見られなっかた。
2月21日(土)にピッツサヌロークに着いた時は、祭りが終わった後の屋台等が残っていた。
2月22日(日)は、まだ、屋外での古式タイマッサージを行っていた。
 1時間 120B+40B(チップ)也。
 旧正月は、中国人観光客が増えるが、タイでは余り盛大に行われていないみたいです。

一方、万仏祭(マーカブーチャー)は、3月4日(水)で、この日は祝祭日となり、お寺(ワット)では
夜遅くまで屋台も出て盛大にお祝いをしていました。
信心深いタイ人は、お寺の中でぐるぐる回りながらお参りしています。
我々観光客は、屋台等を見て歩き、食べていました。

万仏祭とは、陰暦3月の満月の夜に釈迦のもとに1250人の弟子が偶然集まった奇跡を
祝う祭りとのことです。

この日は、祝祭日でお酒の販売が原則禁止されています。
レストランや7-11のコンビニでは、お酒の販売はありません。
確かに、昨年の1月は、ビールが飲めなかった記憶があります、

ところが、今年は、スコータイ遺跡公園の中や夜のレストランでも飲めました。何でだろう。
お昼のアルコールの販売は、11時から14時までだが、スコータイでは、15時過ぎでも飲めました。
バンコクでは、駄目だったのに。良く分かりません。

また、スコータイでは、翌日の3月5日(木)には、朝から中国人街の祭りが行われ、爆竹を
鳴らしながら花車が市内を廻わっていました。




チェンマイで見かけたマーカブーチャーの案内板? 日付けから想像して多分。
3日から8日まで。 2558はタイの暦歴で2015年です。
但し、3日は、チェンマイからスコータイへの移動日のため確認出来ず。


今年は、春節祭と万仏祭が、例年より約1ケ月遅れていましたが、スコータイの暑さには閉口
しました。夜の8時でも30度で真夏日の気温でした。
チェンマイやノンカーイでは、初夏の気温で、過ごしやすい気温でした。
暑さを避けるには、11月中から2月中が観光シーズンと思います。


Posted at 2015/03/16 16:19:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2015年03月15日 イイね!

タイ東北部と北部28日間一人旅(旅行ルート編)

タイ東北部と北部28日間一人旅(旅行ルート編)2月12日(木)から3月11日(水)にかけて、タイ東北部と北部を観光して来ました。
今回の目的は、3つ設定して計画しました。

1つ目は、タイ国内は出来るだけ、国鉄を使い廻ること。
バスの1stクラスは、速くて快適に旅行できるが、やはり、タイ国内旅行は、クーラーのない車内で風を受けながら、変わりゆく風景を眺めて旅行することです。

2つ目は、春節祭(旧正月)と万仏祭を楽しむこと。
爆竹が響く祭りと屋台でチャーンビアを飲みながらタイ料理を食べるのが楽しみです。

3つ目は、レンタバイクで周辺の観光地を廻ること。
ピマーイ遺跡、ラオス国境沿いのメコン川を見ながらのドライブ、スコータイを起点に、
シーサッチャナーライ遺跡、カムペーンペット遺跡に行くこと。

今回は、1つ目の旅行ルートに付いて記述すます。
下の地図は、今回の旅行ルートです。


タイ国鉄とバスのチケットです。


①②➄タイ国鉄の写真です。

①は、バンコクからナコーンラーチャシーマ(コラート)行きの急行列車で、2ndクラス 325B、
 1200円、4.5時間の指定席クーラー付きの快適な旅でした。
②は、ナコーンラーチャシーマからノンカイ行きの普通列車で、3rdクラス 63B、233円
 7時間、車内販売は頻繁に来るが、ビールがないのが残念だ。
➄は、ピッサヌロークからチェンマイ行きの普通列車で、3rdクラス 65B、240円 7.5時間
 いずれも時間が長すぎるので、疲れました。
 気候は、日本の初夏くらいで、朝晩は、少し涼しく感じました。

④ウドンターニからピッサヌローク行きのバスです。

 少し古いバスでかなりの速度を出して走っていました。 7時間、228B、840円
 ただし、シートベルトを着用しているのは自分のみ。
 また、途中で、ウドンターニ行きのバスとの乗り換えがあり、壊れたクーラーの為、1時間蒸し風呂
 の状態でした。こんなの有りがタイです。
 確かに、クーラーの壊れたバスで、ウドンターニまで6時間の旅は辛いでしょう。

⑥⑦チェンマイとチェンライ間のグリーンバス

 車両も新しく快適な3時間の旅でした。
 行きは、Aクラスで、140B 520円、復路はVIPクラス3列席で、280B 1040円
 外国人は、VIPクラスに乗せようとしているみたい。
 ただ、アームレストを両方使う事が出来ないくらい横幅が広かった。
 本当は、真ん中のXクラス4列席180Bに乗りたかったが英語力不足の為、交渉を諦めた。

⑨スコータイからバンコク行きの1stクラスのバス

 メイン路線であるので、バス会社もたくさんあり選ぶのに苦労した。
 写真を見て一番良いと思うバスにした。ハイデッカー1等の4列席の通路側。 342B 1270円
 7.5時間の旅。  後で、気ずいたが、窓側席に交渉すればよかったと思った。
 12時にドライブインに停車して20Bくらいの簡単な食事券での昼食があった。
 文字が読めないので指差しで注文しました。
 このバスは、欧米人が居無かったので、置いてきぼりにされないかと、不安でした。
 バスは定刻通りバンコク北バスターミナルに着いたが、ここから市街地までタクシ-待ちが40分
 あり、荷物持ちの旅行者には不便でした。
 タイ人は、市内バスやソンチオを使っていますが、言葉の面で難しい。

次編は、祭り編を記載します。

追記)
昨年の1月は、普通列車でもジュースと一緒にビールも販売しており、ビールが飲めたが、
今年は、アルコール禁止となり厳しい旅行となりました。
昨年1月のチェンマイからバンコクへの夜行寝台列車の食堂車での酒宴の写真です。
現在はどうなっているかな。

食堂車での酒宴の欧米人、見ているとこちらも踊りたくなる雰囲気。




飲み足らなく、日本から持って来た焼酎を一人で飲む。



Posted at 2015/03/15 10:24:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「東北の夏祭り 2017 http://cvw.jp/b/2375598/40537147/
何シテル?   10/06 19:38
暇と時間はあるが金がないので ノートでの一人車中泊を楽しんでいます。 東北の桜、7月の北海道、東北の夏祭りの車中泊が楽しみ。 また、タイ北部と東北部の11...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

2 人のお友達がいます
mac verRmac verR B級整備士B級整備士

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ノート 日産 ノート
日産 ノートに乗っています。 平成23年10月に走行距離55,791kmの中古を購入 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.