車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月19日 イイね!
原始的な内燃機関を使った自動車も手詰まり感。
燃費向上パワーUPも地道な目立たないコツコツチマチマの賜物に過ぎないわけで、大きなブレークスルーがあったわけでない。
完全HCCIエンジンも新燃料を開発しないと無理っぽいし
新燃料の当てがあるわけでなくどうしようもない。
ノートのシリーズハイブリもブレークスルーではなく、手詰まり感から捻り出した原始的誤魔化しに過ぎない。たまたまバッテリー性能と回生技術向上でその誤魔化しが現時点で一部効くだけの話で、トロコイドCVTと同じ運命になるだろう。すなわち10年後には消え去る。
そういえばトヨタのルーツ式SC登場時も、何も知らない者は「凄い新システムだ!」と感心してたが、「あんなものは何十年も前からある時代遅れな物だよ」と言って顰蹙を買ったのを思い出した。だが事実だ。

ハッキリ言うと間欠燃焼内燃機関には飽きた。
しかし除雪機のエンジンは好きだ。原始的なエンジンは除雪機にこそ似合う。
だが我が除雪機はエンジンとモーターで駆動するハイブリッドなる未知な機械だ。

自動車メーカーは飽きさせないようあの手この手で新型を出すが、それに踊らされるのは子供だけ。超再帰性理論だ。

今の自動車原型が出来て100年以上、進化しているように見えて実は何の進化もない。
そろそろ別なモノが欲しい。
高効率タービンエンジンでも電気でもなんでもいい。間欠燃焼機関以外なら良いのだ。

「既に電池車があるではないか?」

航続距離100チョイで納得できるならそれでいい。

「400くらい走るのがあるではないか?」

入手性が悪く、環境耐性も未知。珍しい色物が欲しいならそれでいいだろう。

どちらも普遍性が無い。


先日、電池車を売ってるDと話した。
電池車はメカ故障が無く、(回生が効くので)ブレーキも減らず、冷却水オイル交換もなくメンテはほとんど発生しない。
もし電池車が普及したら失業を心配するような口ぶりだった。

民の都合はさて置き、整備が簡素化されるとするなら、整備規制が命なる官も自分の身を心配する事になるかもしれない。利権は死守したいところだ。

今の自動車メーカーが自動車メーカーたる理由は「エンジンとミッションの開発」だ。
電池車はどちらも不要、自動車メーカーが自動車メーカーたる理由は無くなる。
電機メーカーが電池車を作って売る事が出来るよう、規制利権をさっさと撤廃しておけば、シャープも東芝も、このような事態を避ける事が出来たかもしれない。

車の規制と言えば「軽自動車」これもさっさと撤廃してワールドワイドなAセグメントに開発リソースを集約すれば、少なく見てもアジアの僻地でチマチマ売る数倍の台数を稼げるだろう。これは日本の利益となるが、何も見えずに「えー!ゼイキンガ~」と宣う愚かな大衆がそれを潰す。

民主主義においては大衆の平均レベルが国の全てを決定するのだから、Aセグメントの税は現状維持で良いとすればよいだけだ。ついでにBセグメント以上も見直せばさらに良い。

いったいどこの北朝鮮人民よ?としか思えない思想の人民が巷に溢れてるのがこの国の一番大きな問題だ。

核融合発電が間もなく始まるのだから、電気をジャンジャン使う国がより良い発展を描くだろう。


Posted at 2017/05/19 19:09:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月27日 イイね!

動作は問題なく、残るは内装仕上げのみ。
しかしまぁこの配線をどうやって収めるか・・・おそらく余分な配線は短縮し体積を減らさないと無理でしょうね。

それにしても時間掛かりすぎだろ?と思うでしょうが、当初言ったように、ナビは不要でオーディオ強化目的であった。
しかしSPを交換した時点でしょせんカーオーディオ主義としては十分に満足いくものになったのでナビを付けるのはやめようかとも思った。

そして月日が経ち、エージングも進んできたところでボーカルのエロさが乏しくなってきたのだ、おそらく帯域が広がり相対的に中抜けを起こしたのだろう。

純正オーディオのしょぼい調整でどうにかなるものでもなく、このナビのオーディオセッティング機能に頼ることにしたのだ。

ところが、まったくのフラットデフォルトセッティングでエロさが復活している。
歪感も少なく静粛性・帯域・細かい部分の再現性、全てが別物に。

レコードをデジタル化した音源では、純正では聞こえなかったスクラッチノイズまで聞こえるようになった。

音を聞くとその作業以上の結果に満足。

SP交換、エージングの進行、ヘッドユニットの交換。
それぞれの結果を一つずつ確認しながら行えるのもDIYの醍醐味。

自分で出来ることは自分でやろう主義。


以前調査の通り、アイドルストップ再始動での再起動は発生せず。ケンウッドの低電圧耐性は極めて良い。
Posted at 2017/04/27 20:29:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | ナビオーディオ系 | クルマ
2017年04月22日 イイね!
3Mポリマーどっちが強い?


判断方法は鉄粉の落ち易さ。
まずは普通に洗車し1回薬剤を掛け、スポンジで軽く擦り、高圧洗浄機を掛けただけで綺麗さっぱり無くなった。
これがもし素塗装面であれば薬剤3回掛けないと取れない。
以上から越冬耐久性はどちらも同じ性能であり差は認められない。
水弾き具合も変わらず、見た目も「ポリマー掛かってるな~」という光り具合で差は認められない。

ということでこのまま放置し、塗装保護長期耐久性はどちらが優れているか観察することにする。

Posted at 2017/04/22 20:25:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車両美装 | クルマ
2017年04月05日 イイね!
各種酵素配合!
ガソリン、軽油に最適!
レギュラーガソリンがハイオクガソリンに変化するような実感が得られます
軽油も普通軽油がRV軽油になったような実感が体感できます
パワーがアップすることで燃料の省エネに貢献し、経済的なドライブが出来ます。
○注意点→給油前に
○○○○は、少量を燃料タンクに入れるだけで燃焼効率を高める助燃剤です。
最先端のバイオテクノロジーを駆使して数々の酵素を配合しトルク、馬力、加速力 UP のメリットを応用すると 省エネドライブが可能です。
アクセルワーク・ブレーキングに注意して安全運転プラス、○○○○で 市街地走行は約10%、高速走行で15~25%の改善も可能です。
個人の燃料節約は、自然環境の保護に役立ち国の Co2 削減目標8%の達成に大きく貢献できる商品です。
○○○○の酵素成分は燃焼中の炭化水素(HC)分子構造を変化させ、反応作用を起こし続けるため、燃焼速度を速め効率が格段にアップし燃費節約につながります。

  ○物質の特定
単一物質、混合物の区別 : 混合物
ケロシン(灯油) : 危険物第4種類、第2石油類(JIS・K-2203)
アルコール系: 危険物第4類引火性液体
水酵素系 : 既科学物質 ※対象外
その他 : ナフテン酸、オクチル酸、脂肪酸

○○○○(燃料添加剤)に関する、(社)日本油料検定協会総合分析センターにおける検査成績(JIS・K-2254 及び JIS・K-2249 の検査方法に準ずる)の取得済み。
-----------------------------------------------------------------------

商品名は〇〇〇〇で伏せ字。私なら買わない商品。
しかし宣伝文句に嘘はありません。
肝を背景色の強調表示で判りやすくしました。
   「変化するような実感が得られます」 
   「なったような実感が体感できます
これは全く意味不明ですね。燃料の性質を理解していない素人向けの文言。
実感しない体感しないのは、それに気が付かないお前が悪いのだ(笑)

でもある種の人はブログなどで
「燃費が良くなった気がします」「パワーアップした気がします」
「音が静かになった気がします」
などと意味不明な供述を繰り返しており・・・・・なんてことに


アクセルワーク・ブレーキングに注意して安全運転プラス、〇〇〇〇で
普段から妙な添加剤好きなちょっと足りないボロ臭い運転の人が高効率運転をすれば、10%向上は当たり前です。添加剤のおかげではありません。

 「JIS・K-2254 及び JIS・K-2249
何やら偉そうな組織がお墨付きを与えておりますが
なんのことは無い、比重と蒸留点を調べただけ。
ユーザーが期待する効能とは何の関係も無し。
似たようなもので「特許取得!」などもありますが
ただの意匠特許だったりする・・・・

とまあ、判りやすいパターンでして、極めて正直で良心的な業者だと思います。見つけたらぜひ買ってくださいね。そして「気がします」という評価をお願いします。
Posted at 2017/04/05 18:19:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | ケミカル | クルマ
2017年03月16日 イイね!
ENモード

DINモード


OUT数値(INモードでは4.1)

MOLL EFBバッテリー到着。
さすがに新しいブツは生きがいいの~
この数値差を見ると、3年過ぎでかなり劣化していたと考えるのが妥当だろう。
突然死する前に交換しておこう。

































なわけがない!

バッテリー減液が突然死主因であるという推測に基き、補液使用することにしたが、結果は未知なので車載状態で補液するような乱暴な方法はとりたくない。前にも書いたように補液をきっかけとして劣化が急速に進む可能性も考える。
であるから車載バッテリーを取り外し補液の後充電。CCAテスター数値チェックやマルチチャージャーで放充電等を行い、性能低下が見られなければ車載し継続使用する。
その間、一時使用するBTなのだ。
補液計画が見事成功したなら次回からは車載補液で可能だろう。
突然死BTから徐々ボケBTに変身したなら計画大成功。

なぜMOLLを選択したか?それはこのメーカーの設計思想に大いに共感できたからなのだ。
バッテリー減液に着目し各メーカー宣伝文句を詳細に調べてみた。
大抵は「寿命末期まで減液を抑えMF化した」とある。
すなわち「減液=寿命だからポックリ逝く前に交換しておけ」と取ることもできる。
そんなわけでMFは接着液栓だったりするのだ。意地でも補液させない構造と大きなコストダウン。期間定期交換でウマー。保証は2年だから3年で交換しておけ。とばかりに。
しかしポックリ逝く機械は機械として失格だ。
不調の予兆があり、交換修理手続きに入るまである程度は機能するのが良い機械。
その点昔のバッテリーは優秀な機械だったのかもしれない。
いまのMFバッテリーは本当に高性能なのか?
充電受け入れ性は確かに高性能なのだろうが・・・・

さてMOLLに惚れた理由。
http://www.nikkosha.co.jp/battery/moll.html
MOLLのIS対応宣伝文句は一味違う。
「仮に液補充の必要性が生じた場合でも開栓し補液を可能としています。」
この設計哲学は他の追従を許さないだろう。(他にも1メーカーあったような気もするが忘れた・・・ GOLF7対応に限定しなければいくつかある)
液栓を設けることによりコストUPは明らかで、コスト競争力は低下する、しかし安易に接着液栓にしない凄さ。

この哲学に心底惚れ込んだ。
Posted at 2017/03/16 17:49:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 電気関連 | クルマ
プロフィール
「運転免許更新不要論が盛り上がってきたタイミングで、ボケ老人事故が多発しているかのように工作宣伝活動を行い、ボケ老人対策という大義名分で不要論の火消しに成功。利権はこうして死守され、拡大される。」
何シテル?   05/23 06:12
VW札幌西で購入。前車が6万キロ走りそろそろブレーキパッド足回り等々に手を入れなきゃならなくなってきた、イロイロ面倒なんで車でも変えるかって事で購入。前車Dラー...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
最低ヤナセ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/01 05:08:04
ヤナセの対応は最悪 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/01 05:07:22
エイプリルフールネタ? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/30 20:36:34
お友達
無更新や登録だけの人以外OK
18 人のお友達がいます
きんどうにちようきんどうにちよう * みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
y0u2y0u2 ちょびん666ちょびん666
りぇにゃんりぇにゃん ぶっち222ぶっち222
ファン
21 人のファンがいます
愛車一覧
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
フォルクスワーゲン ゴルフ7に乗っています。購入ディーラー(カローラ系)がダメすぎて笑え ...
トヨタ カローラ トヨタ カローラ
最初のマイカーと言えるものは確かこれだったよなぁ~・・・ 親戚からの頂き物で、車検切れる ...
マツダ グランドファミリア マツダ グランドファミリア
自分で最初に買ったのはこれだった。安けりゃなんでもいいやって感じで、当然中古
日産 ローレル 日産 ローレル
こんなのも乗ってました
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.