車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月03日 イイね!
預けていたRCZが一時帰還しました。





しばらく慣らし運転でECU学習させてください。
と、いうわけで1週間乗って、
来週またワンオフでしばらく預けます。





まだ燃調合ってないんで、
途中で息継ぎするんだけど…





中間~高回転域にわたってトルクがモリモリついてくる。
ECU学習後の50馬力アップなら、
これは相当楽しいですね~。

抜けもよくなってるし、サウンドも今の段階でも
図太くなってます。





となるとやっぱり、
足回りのリセッティングがしたくなりますね。
あと空力。
ダウンフォースが足りないです。









子供にはやっぱりスポーツカーが一番!
「もう1回! もう1回!」
っておねだりする反応が微笑ましいです。

クルマの写真も良いけど、
クルマを愛する人の姿を捉えた写真こそ、
撮りたいものです。

深夜の首都高でも、
びっくりするぐらいの小さいお子さん連れた
家族ギャラリーが多いですよね。
Posted at 2016/12/03 17:59:11 | トラックバック(0) | 日記
2016年11月30日 イイね!
2017年仕様へ ①RCZの2017年仕様へ向けて、
現在持てる全ての時間と資金を投資しています。



年内中に

メタル触媒
ECUチューン
ブーストアップ
ワンオフマフラー

これでざっと70万円支出済み。







既に50馬力アップ、トルクも増大しており
あとはサウンド次第という段階です。
写真は交換したメタル触媒。

純正のセラミック触媒はRCZの場合アメリカ製ですが、
その質はかなり悪いものです。

タイヤチョイスでも言えますが、
世の中には根拠のない【純正信者】が大勢います。
バランス重視の純正は
必ずしも最適な選択とは言えません。



年明け上半期では、速くなった分、
ストッピングパワーを上げるために
ブレーキローターとパッドを大口径のものに変更。
吸気系と点火系も改善させます。
ここまでで約100万円程度。



下半期はまだ計画段階ですが
ホイール&タイヤか、
GTウィングか、
サスのバネレート変更あたりです。



全ての構想を実現させるとなると
150万円くらいでしょう。
2017年仕様が完成する頃には
2018年が目前かもしれませんね(笑)



タイヤはハンコックを考えたりしています。
コンチネンタルは既に使用ゾーンから外れてますので。











節約中なので首都高もずっと走ってません。
こんなことはこっちに越してきて初めて。
年末には一旦RCZが戻ってくるので、
大晦日付近は警察と一緒にグルグルしますけど。

カメラもずっと持ち出していなかったんですが、
先日、
一足早い会社の忘年会が赤羽であり、
RCZも無いので電車で行くがてら
久々の写真を楽しみながらお酒を飲みました。



お酒を飲んだのは、12年ぶり。



20歳で飲んだ以来ですね。
あびるほど飲んでも、
まぁ、わかってはいましたが…

クルマの方がはるかに気持ちが良いですよ。
首都高、それが全てです。
大震災で崩壊するその日まで、
首都高は走り続けたいですね。





























みんカラ、Facebook、Instagram。
なかなか見れてないんですが、
相変わらずFacebookとInstagramの写真は凄いです。

今、
六本木のとあるカフェで
合同の写真展が開かれていて、
RCZが戻ってくる前に、
1、2回は都内で今年最後の撮影をできればいいなと
思っているところです。



















下町商人







下町が似合うケータハム







都会の紅葉を自販機が照らして







路地裏あんこう







自転車を輝かせる都会の光







ココロのスキマ、お埋めします。(笑うセールスマン)







クルマの世界も、写真・映像の世界も、
摩訶不思議なアンダーグラウンドは常にそこに。
扉を開くかはあなた次第です。







お行きなさい







ヒメアノール

【アノール】とはイグアナ科アノール属に含まれる
トカゲの総称であり、165種。
【ヒメアノール】=ヒメトカゲとなるが、
ヒメトカゲとは体長10cmほどで、
他のエサにもなる小型爬虫類。

つまり、
ヒメアノールとは強者の餌となる弱者を意味する。
(映画 ヒメアノ~ル解説文より)




社会の弱者
災害に弱いとされる都市
雪に脆い東京

一方で、
1360万人のための電力を地方に創出させる力を持ち、
3.11災害以降、
電力供給低下の名の下でも首都の夜は煌々と照らされ、
地方の夜の道は真っ暗闇の中を
自車のヘッドライトのみで延々帰った日々を思い出す。



果たして、



ヒトも、



社会も、



本当の【弱者】とは何だろう。



自殺するヒト。
理不尽に殺されてしまうヒト。
薬物に溺れるヒト。
それを生み出し、抜け出せない社会。



強者に見える弱者。
弱者に見える強者。



果たして本当の【弱者】って何さ。



いつの時代も子供達に罪はない。
罪があるのは大人の方だ。
だが悲しいことに、
代償を払わせられるのは子供だということを
ほとんどの人間が黙殺している。














東京オートサロン2017が近づいてきました。
まだ幕張が空き地だらけだった頃のサロンは、
駐車場が24時間開放され、
サロン期間中は深夜ともなると
この海外の動画のように
ドリフトやら音響やら爆音やらでお祭り騒ぎでした。
中央分離帯に陣取って3メートル先をワンエイティが
ドリっていったもんです。



世界に誇る名だたる自動車メーカーがそろう日本。
一方でクルマを家電のように考え、
興味を持てない今の日本人に比べて、
海外の街で愛される日本車とチューニング文化は、
彼らに尊敬と感謝の気持ちしか起こりません。



しかし、クルマも女の子も火吹き過ぎなのは笑えます。
まるで銀座の中心のような場所であの盛り上がり。
夜の都内でも似た光景は見られますが、
やっぱり受け入れ方が違いますね。



RB26、最高のエンジンです。
Posted at 2016/11/30 19:09:06 | トラックバック(0) | 日記
2016年11月10日 イイね!
5ヶ月間あーだこーだ誤魔化し続けてきたYM、その度にこちらが提案するも(客なのにねw)、不可解な言い訳でかわし、口を開けば「なんならキャンセルしてもらってかまわない」と謝罪よりも開き直り。まるでそう望んでいるかのような口ぶり。

被害にあってるのは自分だけにとどまらず、聞き込みをすれば父親から息子の代に変わってからは悪評しか聞こえない。

商売人の面汚し。
よくあんなで商売やってられますよ、と語り合う。





お世話になってる社長が、もう競技用マフラーをワンオフで製作しましょう、と。

ただこのご時世だから、完全な直管仕様は無理らしい。全ては2輪の無法ぶりが招いた4輪への被害だが、そこを嘆いたところで何も始まらない。世間の2輪への感覚の麻痺は昔からだ。動いたのは行政の縛り。





久々に直管でもという思いもあるものの、メーカーへの行政執行がとられる時代になった以上、ユーザーのわがままを押し通すのはただのエゴイズムだし、妥協点の中で抜けとトルク管理、音質を考えるしかない。

中間をストレート化し、リアを消音と効率性のバランスを吟味しながら設計、吸気側の効率も同時に上げることで凡庸なエンジン(この点の考えは社長と一致する。残念だけど90年代は車両の価値の8割はエンジンの価格と言ってよかった程だが、近年は新規設計・効率重視のエンジンすら各社ほとんど見受けられない始末。燃費よりも重要視する次項はいくらでもある。)を少しでも改善させる必要がある。

来月預け入れ、年末にはシェイクダウンできる予定。それまでにエンドの形状を考えるとする。特にこだわるつもりもないけど。





10年経って変わったこと。





昔なら直接殴り込みに行って警察沙汰にもなっていただろうけど、今はその気力すら持てない。

自動車を取り巻く環境は確実に閉塞感を感じるものになってきている。モータリゼーションに触れることなく育つ日本の大多数の国民が、皮肉にも海外のアイデンティティを理解することなく、グローバリゼーションの下、安易に右に習えしていくのは、日本人の島国精神の悪しき面のひとつだ。
Posted at 2016/11/10 20:26:56 | トラックバック(0) | 日記
2016年11月07日 イイね!
やるじゃねーか、地球。今年も残りわずか。
冬眠の準備に入る前にいつもの海へ。




























平日に有休で4連休。
天気も良いし、久々に深夜の常磐道かっ飛ばして
やっぱ遠いね。
さすがに誰も居ないだろと思ったら、
そこそこの数の写真家たち。
皆、有休組?かと思えば、
すぐに立ち去る写真家たち。

あぁ、なるほど。
仕事前に撮りに来たわけか、
熱心なことで。
どこかにゆるくていいかげんな人いなーい?
クルマも写真もー。
ついでに人生もー。




























みんなは太陽と鳥居を合わせようと
三脚担いで構図決めで固まってるなか、
自分はそういう人混み大嫌いだし、
別に同じ写真撮りたくもないし。

今日はぐいぐい広角で先端まで進んで
1人撮影してたら…
この大波に、下半身呑まれた。



やるじゃねーか、地球め。
おもしれー。























みんな良い写真撮れた?
こっちは憂さ晴らしに海見に来ただけだからさ。
冬って嫌いなんだよね。
首都高も寒いし。

結局5ヶ月前に頼んだマフラーは
色々あってまだ届かないよ。
YなMのワークス。
開き直り逆ギレ上等で呆れるよ。
まぁ届いてもRCZはキレのない走りなんだけど…





それで、(どれで?)
ホンダのS660 6MT を試乗してきた。
元コペン乗りとして。

軽としての制約(コスト含む)の中で
こだわった部分と妥協した部分が極端だよね。
頑張って作ってる。

という、
オブラートに包んだ言い方をしても良いけど、
ようするに
手抜き箇所は徹底的に手を抜き、
こだわりは今風の浅く曖昧なテイスト。

誤解してほしくないけど、
けなしてるわけじゃないから。
誉めてるし。
なんせ、コペン乗ってるし、弄くってるし。



そもそも、前提がダメなのよ。
【軽規格】っていう先入観がダメ。
軽をつくるのと、軽いクルマを作るのは、
その本質において別物なのよ。

だから軽は嫌いだけど、
軽いクルマは好きなんだよね。
その妥協点も手抜き感も、その開き直り伸びしろも。

同じ意味で、
高く作ろうとするスーパーカーと、
結果的に高くなったスーパーカーは、
本質が別物だから。
だから、日産のR35が物凄いわけよね。

















鳥居が入ってるのこの1枚だけとかマジで。



本当はS1000探る目的もあったんだけど、
RCZのマフラー、
ほら大阪とドイツがもう色々ありすぎだから
マジであの商売ありえないから。



ひょんなことで乗り換えるって言うなら、



86

NDロードスター

S660

全部乗った上で、最も酷評のS660が
実は最もお気に入りで愛着持てそうなわけよ。
クルマって不思議だよねぇ。
優等生や凡庸なクルマって、
結局面白味が感じられなかったりする。

ほら、【みんな乗ってる】ってだけで
「あっそう、ふーん」 って。



まぁ、S660も黄色ナンバーで乗る気、
ないけどね。
あぁでも、レブ7700回転のエンジンじゃ物足りない。
9000回転が懐かしい。
RCZに至っては…
どこぞのBとMとWのメーカーと同じエンジンだから
これ以上はやめておこう。
エンジンだけは古き良き90年代には敵わないよね。





とりあえず、もう少しS1000とマフラーを待とうか。
Posted at 2016/11/07 02:44:57 | 日記
2016年10月24日 イイね!
星の子掲載許可を頂いた写真のみ、公開しています。








































インタビューしながら。











二人の馴れ初めは?とか。











「惚れたから、ガンガン押しまくった!」











元ヤン(疑惑w)のK.Mくん。











「ちょっとレンズ睨んでー」

「え、ムリ( ̄0 ̄; 」

「じゃ、自然な感じで笑ってー」

「オッケー(  ̄▽ ̄)!」











自分らしい写真も少しだけ。











映画のワンシーンを意識して。











目指してるアート系とは違うけど、
こういうのもまぁ、面白いかな。











さすがじゃん!
カッコいいぜーK.M























ぷにゅ~♪♪











横も縦も、お好みで。












「太陽が出てる日にまた撮ろうね」

嬉しいお言葉、気持ち。
次はもっと色々な写真で思い出残そう。
腕磨いておきます。

「ありがとう」

K.Mくん(歳上だけどw)
M.Mさん
I.Mちゃん♪
またよろしくね(*´ー`*)♪











【私たちの遺伝子中の窒素も、
歯の中のカルシウムも、血液中の鉄も、
かつて収縮した恒星の内部で作られた。
私たちの体は、すべて星の物質でできている。
私たちは、
きわめて深い意味において「星の子」なのである。】

カール・セーガン
米国の天文学者





Nikon D750
AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED


依頼されたり、お願いしたり。
ゆるくていいかげんな写真撮ってます。
一緒に撮る人も募集してます。 











Posted at 2016/10/24 21:06:57 | 日記
プロフィール
「一時帰還 http://cvw.jp/b/2378808/38948288/
何シテル?   12/03 17:59
PEUGEOT RCZ Nikon D750 AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
ファン
155 人のファンがいます
愛車一覧
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.