車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月10日
誰しも青春の時を過ごす、そして受け継がれていく。
誰しも青春の時を過ごす、そして受け継がれていく。 ちょうど1年前



一眼レフで撮りたいものが何なのか、



思うところがありました。



時の流れ。



1年たった今、



それも少し変わりつつあることに気付かされた。





3日で3ヵ所の撮影、3つのコンセプト。
ご意見頂けると嬉しいです。








2日目。

【誰しも青春の時を過ごす】



































































































































時が過ぎた
世界は目まぐるしく回った
時は動きが無くじっと立ち止まって
千年を過ごした
そして誰もいなくなった








1日目

【美しさは対称性ゆえに存在する】









































































































































光があるから闇がある
怒った目と笑顔
色彩と陰影

対称性こそ、全ての価値を保持する力。








3日目

【時が過ぎても、受け継がれていく一瞬の輝き】





















































自分も風のように走り抜いたこの1年。
次の目標に向かって
新しい夢を追いかけていこう。








Nikon D750
AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED



ゆるくていいかげんな写真撮ってます。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2016/10/10 21:21:29

イイね!0件



今、あなたにおすすめ
この記事へのコメント
2016/10/10 22:46:54
前半の甘酸っぱい青春が素晴らしい.
遙か遙か昔を思い出します.
コメントへの返答
2016/10/10 23:12:18
遥か遥か、ですか。
でも、その時間は決して無くならない。ここに訪れて、そういう大切なことを思い出したような気がしました。
2016/10/11 08:44:58
SKDさん!おはようございます♪

素敵な画像をありがとうございました(^^)

表情、しぐさ、色、背景など、ホントにカメラをやられる方々は素晴らしいですね。

それとさりげない文章により、どんどん画像に惹き込まれてしまいます。

また、次回のアップを楽しみにしています♪

では、SKDさんにとって
素敵に輝く一週間となりますように…

新潟の赤い全輝-ZENKI-86乗り
とても優しい気持ちになれました(^^)より

コメントへの返答
2016/10/11 18:26:25
返事が遅くなり申し訳ありません。

今回もクルマとは一切関係ないブログでしたがわざわざありがとうございます。

ドイツからマフラーが届いたらまたクルマネタで上げられると思いますが、それまではせいぜい深夜の首都高スナップくらいですね。
2016/10/11 10:52:08
SKDさん、おはようございます(^^)
今日もまた素敵な写真の数々ありがとうございます^_−☆
SKDさんは人を撮るのが上手♬
その瞬間、表情を逃さなく撮影する技術とモチベーションはプロの領域かと思います(≧∇≦)
素晴らしい写真をありがとうございます^_−☆
ボケと構図、絞り加減もいい感じですよ☆彡

それと以前自分への返信でプロの方はRAWではなくJPEGで撮っていることに対してショックを受けたとお話ししてましたが、考え方次第かと思います(^^)
絶対にRAWがいいとは限りませんから、その時、そのシーンに合わせた撮影の仕方とか色々あると思います。
プロはアマチュアより自身の引き出しの数も多ければ、引き出しの幅も違うので。
SKDさんの写真好きな自分から言わせればそんなに遜色はないですから大丈夫ですよ^_−☆
これからも人や建物の写真お待ちしていますね🎶

埼玉松伏白い稲妻⚡️全輝-zenki-86のjack-jpより
コメントへの返答
2016/10/11 18:34:19
返事が遅くなり申し訳ありません。

jackさんってプロの写真家さんですか?凄く深みのある写真のように感じてます。個展とか開かれないんでしょうか、絶対に観に行くのに。

自分はいつか新宿、銀座のギャラリーで個展を開けたらいいなと思います。もう10年早くカメラ始めていたらもっと違ったんじゃないかな~とも思います。残念です、時の流れは残酷過ぎます。
2016/10/11 12:32:52
初めてコメントさせていただきます。べにぃと申します。

わたしも写真をやりますが、人間を撮るのはどうも苦手で、思ったようにいきません。頭の中でイメージしたとおりに、絵になってるようでとても素晴らしい写真ですね。
コメントへの返答
2016/10/11 18:44:38
返事が遅くなり申し訳ありません。

自分も最初の一眼レフを買ったばかりの頃は人を撮るなんてことは考えていませんでしたよ。当初は愛車や建物をかっこよく撮るためだけでしたから。

ちょうど1年前の、よさこい祭りを…もともとお祭りなんて行くガラじゃないんですよ。だけどせっかくカメラ買ったし、練習のつもりで行ってみて、人を撮るという感覚に魅了されたんです。それ以来、街撮りスナップをメインに、自分なりの表現を探してきて、その1つの答えがモノトーンの写真ですね。今、自分の写真の7割はモノトーンです。



不思議なものです、写真は。
絵画とは異なりますが、撮り方ひとつでメッセージが変わります。

自分はもともと映像製作の勉強もしていたので、その感覚も少なからず影響はしてるとは思いますが。
ありがとうございました。
2016/10/11 12:45:30
学校と学生いいですね
表情やしぐさを上手く捉えられてます
よくこんな場面撮れましたね 関係者?(笑)

31~52はSKDさんの十八番だと思うんですが
強い、迫るような表現

運動会の写真はいつもと違う気がします
なんだろ
柔らかく撮られてても学生さんとは違う 
子供だからかな?

写真てなんなんでしょ
1年前とは自分でも進化してるはずなんですが
何か足りない?なんて
いつも自問自答してます(笑)
コメントへの返答
2016/10/11 15:29:00
それぞれのコンセプトの違いに気がついていただけて嬉しいです。本編では解説を入れると誰一人見てくれなそうなので写真だけにしましたが、この機会に少し。



最初の2日目、学校での作品はそういう撮影会なのでモデルさんにお願いして撮影しました。だってここは中学校ですからね。

【人撮り】ではあるんですが、コンセプトは学生時代の青春をもう一度思い出して欲しい、ですので、表向きは人をメインに据えつつ…撮っているのはその情景そのものです。なのでモデルとは明確な距離感を残して、誰しもが学生時代に見たような一瞬を再現しました。



真ん中の1日目は、地方のよさこい祭りですね。この祭りは夜まで開催する珍しいよさこい祭りで、流し踊りはライトを積んだ音響車両が先導するわけです。

【光と影のアート】と【生々しさ】を撮るのが目的でした。

東京の祭りではなく地方を選択したのにはもう1つ大きな理由があります。
可能な限り近づいて迫力と生々しさを感じる作品にするには、撮る対象人物を決めたら密着する必要があります。比較的観客の少ない地方では、200mの通りをスタート地点~終着点まで「対象人物」と密着並走して撮り続けられる環境があるわけです。

これは非常に大きいです。
そのお陰で、例えば作品34の男性の頬を伝わる汗に肉薄するかのような写真や、作品45のレンズと視線が交錯する演者の写真が撮れました。開始からカメラマンがずっと自分の横を並走してきたら、絶対見ますもんね。

結構大変だっただけに、モノトーンは地味とバカにされがちですが、どれも気合い入ってる写真です。



最後の3日目、運動会は、知人に娘と親戚の息子の幼稚園の写真を撮って欲しいと依頼されて行きました。

競技の写真は望遠レンズでないとなかなか厳しいですが、お昼は御家族・御親戚と一緒にお弁当を頂けるとのことだったので、【家族の団らん】や【子の純粋な美しさ】をテーマにしました。
残念ながら御両親の顔が写ってるものや名前が出てるものは掲載許可を頂いてないのでブログでは少ないですが、実際はこの3倍程撮影して全てA4現像してプレゼントしました。凄く喜んで貰えて、また機会があればお願いしますと。

学校編とは違って、最短距離まで近づいて、子供の姿そのものを撮っています。距離感を保った撮影でない分、人物そのものの美しさを撮ろうと。なので、「学校編と似ているようで何か違う」と言っていただけるのは、最大の誉め言葉です。ありがとうございます。



今後は自分のモデルさんを使ったSKD主導の撮影というのも、今、打ち合わせを重ねているところで、凄く楽しみです。
ありがとうございました。
2016/10/11 15:56:04
いつも真剣に取り組まれているのが
伝わってきます。
いろんな表現の引き出しを持つと言うことが写真の幅を広げると同時に
自分の伝えたい事を明確にできる事なんだと考えます。
 
モノクロは決して地味じゃなく想像を掻き立てるんじゃないでしょうか
昔はこれしかなかったですが(笑)
ハマると凄い力があると考えます
私、苦手ですが・・・
コメントへの返答
2016/10/11 18:53:39
新しい撮り方、新しい被写体、新しいロケーション、新しい何か…を始めるのはドキドキしますが、気に入った写真が撮れたり、プレゼントした相手に喜んでもらえると凄く嬉しいですね(^^)
2016/10/11 19:29:51
(* ^-^)ノこんばんわぁ♪  SKD@1.4G さん

いつもモノクロの面白さを拝見しています。

陰影の少ないやわらかな写真とあえて強調する迫力のある写真。
どちらも好きですが、青春の一ページは強調が似合うと思います。

やわらかな写真は中年を過ぎてからですよね (ノ ̄▽ ̄)ノ あは
コメントへの返答
2016/10/11 23:14:24
クルマも写真も、イエス・ノーがはっきりしているのが面白いと感じますね。芸術を表現するのは難しいです。
2016/10/12 07:07:58
コメント失礼します
モデルさんか現実の生徒さんかは問題ではなく
戻れない自分の青春と素直に重ね合わせました
舞いの凛とした空気感、子供の飾らない姿
瞬間の中で、撮りたいものを即座に

足元にも及びませんが、私は構図にこだわりすぎて
本質を見失ってしまうことが多々あります

こちらのブログ、光の加減が素敵でした
また訪問させていただきますね
コメントへの返答
2016/10/12 12:18:04
わざわざありがとうございます。

果てなく続きそうな高架線下の180が素敵でいいなと思いました。自分のファンの方でもう1人180乗りで写真やられてる方いますが、このクルマは写真愛を育てるんでしょうか、スタイリングが芸術的ですからね。
そろそろクルマ撮影も新しいロケーションを見つけたいです。

こちらこそ次の撮影楽しみにしています。
2016/10/13 16:14:18
先日は当方のブログにイイネありがとうございます。
お写真を拝見させて頂き、いきなりのコメントを失礼いたします。

ファーストインプレッションで36番の写真にただただ惹かれてしまいした。
光加減や躍動する被写体が凄く印象的で素敵です。

そして、自分がもっともっと上達したいと思いました。
素敵な写真をありがとうございました。
コメントへの返答
2016/10/13 17:18:24
わざわざありがとうございます。

F1.4の単焦点レンズは撮影の幅が大きく広がると思います。楽しみですね。

余談ですが自分もDEデミオ乗っていました。懐かしいです。
2016/10/13 16:17:19
様々な人の表情や感情までが

レンズを通しても伝わり

写しだし 表現されていますね!

テクニックでしょうね。

素晴らしい作品ですね。

カメラの事はサッパリで 皆様の様な

コメントが出来ずお恥ずかしい限りです💧

思ったことしかお伝えできませんが(笑)
コメントへの返答
2016/10/13 17:29:07
ありがとうございます(^^)

大丈夫です、難しい話は自分もさっぱりわかりませんから(笑)

【ゆるくていいかげんな写真】
というのは、専用の機材、専門の知識、複雑なテクニックがなくても、素敵な写真は撮れるんじゃないの?という挑戦の意味も含んでいます。

プロの写真家が様々な機材を駆使し、豊富な経験から入念に計算されたイメージから撮る芸術的な1枚。それももちろん、人を感動させます。しかし、それが最上位では決してない。という意味です。

気持ちがこもっていれば、メッセージは伝わる。そう信じたいですね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「エイリアンズ http://cvw.jp/b/2378808/39656515/
何シテル?   04/23 21:40
PEUGEOT RCZ OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
首都高C1を1周した動画 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/09 09:05:28
お友達
1 人のお友達がいます
jack-jpjack-jp
ファン
167 人のファンがいます
愛車一覧
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.