車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月24日 イイね!
第153回名車ソムリエ  今回の名車は『初代  トヨタ  カリーナ』ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

説明しよう!

トヨタを、そして日本を代表する大衆車であるカローラとファミリーカーであるコロナの中間に位置する車として兄弟車であるセリカとともに誕生したのが『初代 カリーナ』である。

主なコンポーネントはセリカと共用していたもののスペシャリティカーであるセリカに比べカリーナに求められたのは安定したセダンとしての走りだった。
ボディラインナップは4ドアセダンと2ドアセダンの2車種。
ボディデザインは、ロングノーズ・ショートデッキのセミファストバック、独特な丸目4灯ヘッドライト、縦長のリアランプもカリーナの特徴だった。

当初搭載されたエンジンは、1400cc4気筒、と1600ccツインキャブ仕様。
1年後にはセリカGTと同じ1600ccDOHCエンジンを搭載した 1600GTモデル が登場。
最高出力115馬力、最高時速185㎞をマークしセダンながらスポーツカーさながらの豪快な走りを見せた。



サスペンションは、フロントがストラットコイルの独立懸架、リアが4リンクコイルのリジット式。
500㎜を切る低い重心と、コロナよりも短いホイールベースで高速でも安定感のある走りを披露した。
セリカの低重心のクーペボディから生み出されるスポーティな走りをカリーナはセダンで実現したのである。
その後も2ドアハードトップや2000ccエンジンを搭載した2000GTモデルなど、ユーザーのニーズを受け止めるべくラインナップを追加。

初代カリーナは、当時としては異例となる7年間に渡りフルモデルチェンジんすることなく販売されたのである。
2代目以降もバンやステーションワゴン、4WDモデルの登場など時代に合わせた進化を続け、2001年までに31年間、7代に渡って愛される人気車種となったのであった。

大衆車、ファミリーカー、堅実というトヨタのイメージにセリカとともにスポーティという一面を加えた名車、それが、『初代 トヨタ カリーナ』なのだ!

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

今回は1970年に発売がスタートした 初代のカリーナでしたね (^^)

・カリーナは英語でりゅうこつ座の意味。

・当時の新車販売価格はおよそ70万円!

・カリーナの有名なキャッチコピーといえば、「足のいいやつ」。
これは1600GTモデルが追加してから使われるようになり、それまでパンフレットで使われていたのは、「気になる男の、気になる車」らしいです (゚∀゚)

・カリーナのイメージキャラクターといえばCMにも出ていた千葉真一さん!
1970年の初代から1984年の4代目までイメージキャラクターを務めていた。
その4代目まで千葉真一さんはカリーナを所有していたそうですよ〜 (゚Д゚≡゚д゚)





こんにちは〜 L(・∀・。)
タイヤMANでございます L(・∀・。)

去年の夏、友人とスカイラインミュージアムに行ったのを最後に...

バイクは一時引退!

子供が大きくなるまで〜

なーんてホザいてましたが...... (´Д` )















そんなことできないっすよねー!

嫁子の顔色を伺いつつ猛烈な家事手伝いと優しい夫を演じること1週間、ついに単独行動の許可がおりまして
ニヤリ_φ(≖ω≖。)

実家からフォーティーエイトを引っ張りだし今シーズンの初ハーレー! ┣¨┣¨┣¨≡ヘ(*`Д´)ノ┣¨┣¨┣¨

してきました (o´∀`o)ニコッ





満開の臥竜や城山等で撮影できたら良かったんだけどなぁ〜(´・∀・`)

しかしながらわたくしはそんな身分ではござーせんのでww
実家近くの公園前で楽しませて頂きやしたよww

ちょっと山に入ると未だに5分咲きくらいのがあるのが残念でしたがね〜(´Д` )





そんな楽しい時間はあっという間に過ぎ去るもので、嫁子より18時までに帰宅せよとの指示があり今回はこれで終わり (ㆀ˘・з・˘)

トータル30分くらいしか乗れませんでしたが、とても良い気分転換となりました (*•̀ᴗ•́*)و ̑̑



⬆︎ムスッコが待ってるぞとLINEで送られてきた





さてさて
少し前に晩飯にハンバーグを作りましたが〜

肉汁が出てこないというハプニングがあったので!

リベンジしましたよ (´・∀・`)





まずは袋を破きます (´・∀・`)





さらに袋を破きます (´・∀・`)





沸騰したお湯に18分投入します (´・∀・`)





完成!!





今回はチーズinハンバーグでした ニヤリ_φ(≖ω≖。)

いや〜大成功、大成功 \(^o^)/\(^o^)/

Posted at 2017/04/24 09:46:22 | コメント(3) | トラックバック(0)
2017年04月17日 イイね!
第152回名車ソムリエ  今回の名車は『スバル  アルシオーネ』ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

説明しよう!

水平対向エンジンや量産乗用車としては世界初となる4WDの採用など独自の技術力で自動車市場に足跡を残してきた富士重工業。
ツーリングワゴンや小型車市場で、確固たる地位を築きつつあったスバルの次世代を担うために誕生したのがスバル初のスペシャリティカー、アルシオーネである。

多くの新たな試み、メカニズムを投入し開発されたアルシオーネであったがその中でも特筆すべき点は空力性能の高さ。
数々の戦闘機を世に送り出した中島飛行機の流れを組む富士重工業、アルシオーネには飛行機屋としてのプライドとノウハウが惜しみなく投入された。



エクステリアはくさび形のスタイルが特徴で、低いボンネットとボディーには徹底したフラッシュサーフェス化が施された。
ドアハンドルやホイールカバーも極力凹凸をなくしフロントウィンドウとリヤウインドウの傾斜角を同じ28度に設定するなど、その空力へのこだわりは凄まじいものであった。
空気抵抗を数値化するcd値は当時としては驚異的な0.29を記録し国産車で初めて0.3を切った車となった。

搭載されたエンジンは1.8リッターのターボエンジン。
発表から2年後には新開発の2.7リッターエンジンも追加ラインナップ。
さらに、電子制御式のエアサスペンションや、一定の走行速度を保つオートクルーズコントロールなど最新鋭の装備も搭載され話題となり、アルシオーネはこれまで培ってきた技術の上に新たなメカニズムを投入し先進性も追求された。
スバルのフラッグシップカーとして大きな話題となると共に、その先進性と技術は後のレガシィ、インプレッサへと受け継がれていくこととなる。

未来に向けた革新技術を余すことなくつぎ込みスバルの新たな時代の一歩を記した名車、それが、『スバル アルシオーネ』なのだ!

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

こんにちは L(・∀・。)

皆様〜 (゚∀゚)
お花見はされましたか? (゚∀゚)

まぁお花見したからってどうゆう事もないんでがねぇ (゚∀゚)
毎年毎年、会社や取引先、近所の人から聞かれます (゚∀゚)

日本人てのは何かにつけて酒を飲む機会を作りたい民族らしく 桜を見る程で 飲み会等がしたい、ってだけらしいですよ!

まさにわたくしタイヤMANもその通りでございます ( ̄∀ ̄)

今週末あたりが信州善光寺、城山公園が満開とのことで先輩と逝くことになるかもしれません ( ̄∀ ̄)

が!

その前に!

15日土曜日は家族サービスということで、隣町である須坂市、臥竜公園に行ってきました ニヤリ_φ(≖ω≖。)
ローカルテレビで何やらイベントがあるとのことで急遽決定です L(・∀・。)



っってオイ!
全然咲いてないですやん (・_・;



それでも少しだけ咲いているのがあったので即撮影 パシャッ! Σp[【◎】]ω・´)



っってなんかボケてないか?
んーまぁいい iPhone5s ならこんなもんだ。



ここには軽い湖的なのがあって、足漕ぎアヒルさんボートをレンタルできる (^^)
家族で利用するのが多いみたいです (^^)

30分500円
安くないっすか〜?





そんなことより!

こういう場所と言ったら屋台って気になりませんか (゚∀゚)

わたくしはもちろん気になる人です ( ̄∀ ̄)



今回もしっかりクレープを頂きました。



なんでだろう?
屋台のお兄さんて昔からチンピラみたいなのが多いですよね (・_・;

不思議。





CR-Vのタイヤ交換したら疲れたので、いつもより増してテキトーなブログとなりました m(._.)m
Posted at 2017/04/17 09:30:02 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年04月09日 イイね!
第151回名車ソムリエ  今回の名車は『初代  マツダ  キャロル』ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

説明しよう!

1960年、現在のマツダ、当時の東洋工業は初の軽自動車 R360クーペ を発売。
31万円という低価格と独自の2+2シーターで一定の人気を集めたものの実質2人乗りだったために軽乗用車市場では4人乗りであった スバル360 などライバルの後塵を拝していた。
そこでマツダは本格的な4人乗り軽乗用車の開発に着手、誕生したのが『キャロル』である。

スタイリングはリヤエンジンで、キャビンとエンジンルーム、ボンネットが独立した3ボックススタイル、そのボンネットには独立したトランクルームを設置した。

さらに室内空間を確保するためリアガラスを垂直に設置し、後部座席の頭上にスペースを確保。この クリフカット と名付けられたスタイルはキャロルの代名詞となるとともにスタイリッシュな見た目を演出するのにも一役買った。



エンジンは、2サイクルが主流の当時の軽自動車において、4サイクル直列4気筒OHVエンジンを搭載。
軽量かつ冷却性の高いアルミ合金で作られた、世界で最も小さい4気筒エンジンは、V型配置の半球型燃焼室やクロスフロー配置の吸排気弁などを使って採用、360ccながら様々な技術が盛り込まれた意欲作でクラストップレベルの性能を誇った。
また、トーションラバーとトレーリングアームの4輪独立懸架サスペンションを採用したことで上級車種に迫る乗り心地や静粛も手に入れた。

こうして、軽自動車とは思えぬ最新のメカニズムを詰め込まれたキャロルは大ヒットを記録、最古のブランドとなるなどマツダを代表する小型車としてその名は現在にまで受け継がれた。

軽自動車を超えた軽自動車として市場に新風を巻き起こした名車、それが、『初代 マツダ キャロル』なのだ!

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

こんにちは L(・∀・。)

東京では桜が満開ですが、長野県北部ではまだもう少しなんですよね〜

そろそろうちのムスッコ(6ヶ月)の離乳食が



1日2回になり花見もできるか微妙?な感じでございます (。´・ω・)

バイクか車、どちらかでも桜とコラボしたいですがね〜









そんなことより!

実家に帰った時にこんなものを見つけたぞ!



1998年8月の中古車雑誌だ ε=ε=(((((((( *・`ω・)っ

中を開いてみると? (゚∀゚)



⬆︎ おおおおぉぉ〜



⬆︎ 2017年の方が高いってどゆこと(;´д`)



⬆︎ むむっ❗️コレは❗️ポールスミス仕様ではないか❗️



⬆︎ 32GTRが安い? (゚∀゚)

今となっては✖︎✖︎な車達の若かりし頃ですね L(・∀・。)

現在では✖︎✖︎のような扱いをされる✖︎✖︎✖︎✖︎ですが、当時はイケイケだったのを思い出しますね L(・∀・。)










そしてこんなモノも発見 /(^o^)\ナンテコッタイ



10年以上前の当時の彼女にもらった指輪である。
実家の俺の部屋の引き出しから出てきたものだ。
コイツの処分に困っているので、最善の処分方法を教えて頂きたいです。

1 昔の女のプレゼントを持っているなんて気持ち悪い、地域のルールに従って冷静に不燃ゴミに出すべきだ。

2 あいつがいて今がある、想い出は想い出だ。自宅の庭に埋め立て、供養する。

3 新潟県へと続く一級河川千曲川に放流。(結果的に映画「ジュマンジ」のようになるだろう)

さて、貴方ならどうする?(゚Д゚≡゚д゚)
Posted at 2017/04/09 17:00:02 | コメント(3) | トラックバック(0)
2017年04月03日 イイね!
第150回名車ソムリエ  今回の名車は『初代  ホンダ  NSX』ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

説明しよう!

80年代後半、ホンダは1つの研究をスタートさせた。それはFFを超えるスペース効率を持った車を生み出す事。
考え出されたのは薄型エンジンを後部シート下に配置する、アンダーフロアミッドシップエンジンリアドライブ=UMRという、新たなパッケージリングであった。
実際にテスト車が作られたが様々な問題からこれは幻となる。

しかし、その中で開発陣が感じたのはUMRによってもたらされた新たな 走りの軽さ であった。
そこでホンダは、このスポーツカーのようなドライブフィールを実現するため研究方針を変更。
ベースとなった小型車 CR-X に2000ccエンジンを搭載したプロトタイプを作成、さらに欧米の市場を見据えさらなる排気量アップを決定し、ホンダ初のスポーツカー NSX の開発がスタートした。
開発されたのは レジェンド のエンジンをベースにした3リッターV型6気筒DOHC、自然吸気エンジンながら280馬力を発揮。
NAにこだわるホンダらしい、ターボ車にも引けを取らない高性能エンジンを搭載することになった。

ボディは、量産車初となるオールアルミボディーを採用。
しかし高性能エンジンを活かすために欠かせない、軽量化にはうってつけのアルミであったが強度は犠牲となる。
そこで幾度となく耐久テストを敢行。
ボディーだけでも5種類のアルミ合金を使い分け、衝突時のエネルギーを効率よく吸収する フロントサイドフレームを用いるなど強度の底上げも図られた。
完成されたボディは従来のスチールボディに比べると約200kgも軽いという驚異的なものであった。



エクステリアデザインもスポーツカーとしては視野のいいキャノピーや緩やかなウェッジウェイブのボディを採用、戦闘機をモチーフにした。
軽量ボディに高性能エンジン、洗練されたスタイリング。
これまでの日本になかった新たなスポーツカーとして1990年にベールを脱いだNSXは、バブルと呼応するように多くの自動車ファンを熱狂させた。

そして初代の生産終了から10年、日本でも 2代目NSX の販売がスタート。
アルミボディのミッドシップというスタイルはそのままに、ハイブリッドシステムを搭載した新型 NSX 。
3.5リッターのツインターボエンジンは、モーターの出力と合わせると581馬力になるという!

モーターで左右のタイヤを独立駆動させることでスムーズに反応するハンドリングは、新時代のスポーツカーの走りを感じさせる。
日本の自動車史に金字塔を打ち立て、10年の時を経て再び伝説を刻もうとしている名車、それが、『初代 ホンダ NSX』なのだ!

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

こんにちは L(・∀・。)
新年度1発目!
今回の名車は NSX !
バッチリ録画しましたよ( ̄∀ ̄)
※過去10回分は近日中に全てヨウツベに公開予定

150回にふさわしい名車であります(^^)

・NSXの
Nは ニュー
Sは スポーツ
Xは 未知数
を表し、新時代に期待を持って名付けられた (`・ω・´)シャキーン

・当時の新車販売価格はおよそ800万円!
ちなみに今年発売された新型NSXは2300万円、オプション等全てつけると3000万円になるらしいです...(゚Д゚)

・2014年から放送されていた 仮面ライダードライブ で主人公が乗っていた車のベースにNSXが使われていたのではないかと言われている!

⬇︎ほんとだ、キャビンの感じがそれっぽい



うちは仮面ライダークウガあたりから全く見なくなってしまったが、もはやライダーではなくなってますね ww

今回の名車ソムリエは4/1土曜日に放送だったのですが、4/2日曜日にホンダDへ遊びに行ったら!!

なんと!

偶然にも!

⬇︎















新型NSXと出会いました!!
/(^o^)\ナンテコッタイ
/(^o^)\ナンテコッタイ
/(^o^)\ナンテコッタイ















⬆︎タイヤ 太っっ! (゚Д゚≡゚д゚)エッ





うちのムスッコがハーフバースデーとかいうやつでヨメッコが何やら製作していた。



友達が幼稚園の先生らしく色々教えてもらったようだ。

とりあえず病気や怪我なく順調に育ってくれているぞ☆
Posted at 2017/04/03 12:00:03 | コメント(3) | トラックバック(0)
2017年03月27日 イイね!
第149回名車ソムリエ  今回の名車は『ルノー  キャトル』ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

説明しよう!

1961年フランスの自動車メーカー、ルノーから発売された小型車キャトルは戦後フランスの自動車史を塗り替えたとまで言われ国民的大衆車であったシトロエン・2CVの対向車として開発された。
シトロエン2CVを始め、当時の多くの車は室内空間の確保に優れるとされた「エンジンを後方に積むRR方式」を採用していた。

しかし、エンジンを前部ボンネット内に横置きにしたFF式の方がスペース効率が良いのではないか?という考えが50年代後半に広まるとルノーはいち早くその流れに反応。
FFレイアウトの車としてキャトルを開発、デビューさせることとなった。

広くなった室内空間を利用し、キャトルは貨物バンのようなバッグドア付きの2ボックスハッチバックスタイルを採用した。
これこそが今日の小型実用車の定番であるハッチバックスタイルの先駆けであり、ラゲッジスペースに難があった2CVに差をつけることになったのである。
発売当初、搭載されたエンジンは水冷直列4気筒744cc。
大衆車としての条件を満たし実用性も高く経済的なエンジンであった。



これまでになかった室内空間の広さと実用的なエンジンを兼ね備え、新たな小型車の可能性を示したキャトルはデビューするや瞬く間に大ヒットを記録。
大衆車市場での地位を盤石にし、以降32年もの長きにわたり生産され続けた。

今日に残るハッチバック車の先駆けとして、後世に語り継がれる名車、それが、
『ルノー キャトル』なのだ!

ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ
ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

おはようございます L(・∀・。)

毎月最終週は有名人の思い出の名車ということで、L⇔Rの黒沢秀樹氏が乗っていた ルノー の キャトル でした。

残念ながら初見でして、特にコメントはございませんw
しかしハッチバックの先駆けなんですって!

今のフィットやアクアの元祖?
になるのかな |ω・`)





さてさて〜
先週は運転免許の更新に行ってきた



オカンから警察署でやった方が早いしビデオ見るだけだからラクだよと聞いていたのだが〜

俺は約3年前に携帯電話でヤラかし、摘発されていた過去を持つために運転免許センターでの更新が必要でした ショボ━(´・ω・`)━ン

午後の部は13:00からの受付だったので、少し早めの12:40に現地到着するもすでにGGとVAVAで満員御礼〜
行列の出来る運転免許センターw
結局最後の方になりましたね (。´・ω・)

そして、免許証と通知ハガキと更新料を持って、長い列に並ぶ ┣¨┣¨┣¨≡ヘ(*`Д´)ノ┣¨┣¨┣¨

みーんな黒い服を着ていたもんだから
お気に入りの しまむら製 赤いニセダウンジャケットのおかげで、まるでオシャレさんになったかのような気がした

待つこと数十分、俺の番がくる |ω・`)

俺は免許証と更新ハガキと手数料を出した
が、窓口女は言いました

「交通安全協会に御協力いただけますか?(^^)」

俺は最高の笑顔で パスで と言いました L(・∀・。)

交通安全協会では、安全講習や注意喚起の看板等を作成・設置しているらしいですが、上質な免許証ケースをくれるくらいであまりメリットがないような気がしますよね (^^;)

そんなタイヤMANですが2回に1回は入会するルールを自分で定めております。



次回はゴールド免許になると同時に長野県内において1件でも死亡事故が減るよう願いを込め、交通安全協会に入会しようと思っている (*`・ω・)ゞ キリッ

自動車免許の更新の際は必ず聞かれる 交通安全協会 への入会ですが、皆様は入られてますか?(゚Д゚≡゚д゚)
Yes! or No?





お知らせ(´⊙ω⊙`)
H29 3/12 から普通免許と中型免許の間に、
準中型というのが新たに設けられた。
H29 3/11以前に普通免許を取得した人には関係ないようだが。





※対向車、先行者がいない時は
夜間はハイビームで走行 ⬇︎



最近まぶしい奴が増えたと感じていたがコレのせいか?(;´д`)
ハイビームってけっこう忘れるんだよなぁ〜





この日の夜は国道18号沿い おいしい広場 内にある、



味噌専門店 ラーメン みそ丸
に行ってきました ε=ε=(((((((( *・`ω・)っ



ちゃあ丸 850円



何ヶ月ぶりのラーメンだろう、
こってりな印象はないのだが、胃袋に中々のダメージを与えてくれた。
俺も歳とったな。




そしてついにこの日がきた。





10万㎞。
タイヤMANは、
ようやく元をとったのだと考えます。





ポンコツ認定された愛車は!!





息子とともに

20万㎞を目指します (*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

さあ、どこへ行こうか ワクワク♪o(・ω・o)(o・ω・)oワクワク♪
Posted at 2017/03/27 08:00:02 | コメント(3) | トラックバック(0)
プロフィール
タイヤMANと申します。 2016年10月、1人目の子供が誕生しました。 先輩パパの皆様、よろしくお願いします。 *毎週土曜朝9時からの全国放送FMラジオ ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
馬鹿よ貴方は~♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/30 18:37:45
連休最終日&22年前はこんな日でした。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/21 14:58:14
トヨタ アリスト  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/25 22:25:37
お友達
友達100人できるかな L(・∀・。)
65 人のお友達がいます
Hiro.sHiro.s * 根津見男根津見男 *
icebluemetallicicebluemetallic * アンクルライダーアンクルライダー *
ボルサリーノ・トゥボルサリーノ・トゥ * VW-DRAGONVW-DRAGON *
ファン
40 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ CR-V RE子 (ホンダ CR-V)
ホンダ CR-Vに乗ってます。 H21.11.25から新車で乗り始め、現在95,000㎞ ...
ヤマハ シグナスX SR シグ雄 (ヤマハ シグナスX SR)
YAMAHA シグナスx SR に乗っています。 以前はKawasakiのZRX4 ...
ハーレーダビッドソン XL1200X フォーティーエイト 鉄郎 (ハーレーダビッドソン XL1200X フォーティーエイト)
2014モデル XL1200X forty-eightに乗ってます。 2014年11月 ...
スズキ ワゴンRスティングレー スズキ ワゴンRスティングレー
嫁様の車です(^^) こちらにチャイルドシートを搭載しているので家族で出かけるときはワゴ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.