• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

tanashinnのブログ一覧

2017年09月21日 イイね!

戦闘力とコントロールゾーン、車両制御精度について(頭の中整理メモ)

戦闘力とコントロールゾーン、車両制御精度について(頭の中整理メモ)10日ほど前、丸和でダートラ練習をしていて人生初の転倒を喫してしまい、日々反省&イメージトレーニングをしているのですがその中で思ったことをメモしておきます。
割と当たり前のことかもしれませんが、頭の中の整理を兼ねて。

この半年は自分のGCの他にもスイフトスポーツに乗ってラリーに出たり、ちょっとだけエボやらGRBに横乗りさせてもらったりでいろんな車の動きを体感したのですが、そうしているうちにちょっとだけ、クルマの戦闘力とは何なのか分かるようになりつつあります。

当然エンジンのパワー、軽さ、駆動方式などは基本的な要素として存在するのですが、実際に競技本番に挑む場合はそれらはいい具合にクラス分けされます。多少の性能差はあれど、大局的にはほぼイーブンコンディションのクラス内で速さを争うことになると考えて良いはずです。しかしながら、やはりそのイーブンコンディションの競技車の中にも戦闘力の差というのは存在しているので、これはなんだろうかと。

それは、コントロールゾーンの在り処と大きさなのではないかと考えました。
別の言い方をすると、ドライバーのコントロール精度の悪さをどれくらい許容するか、クルマの姿勢に対するエラー許容率の分布みたいなものが戦闘力の差なのではないかと思うのです。

クルマの状態/姿勢をコントロールゾーンに入れてあげると、クルマの動きが少し予定と違う方向へ行きそうになってもエラー許容率の大きさを活かして立て直すことができ、ゾーン状態継続となります。
そしてこのコントロールゾーンというのは、大きさも在り処も車種やクルマの状態によって微妙に違います。
(そういえばスノーボードも板によって、思い描いたラインで綺麗に曲がるために必要な操作が微妙に違いますね... 荷重の位置が違ったり、踏むイメージが違ったり、適当にエッジを立てれば曲がるものもあればきちんと角付けしてゆっくり立てなければ曲がらない板もあります。)

感覚的には、うちのGCはコントロールゾーンが小さめで、コーナー進入時の操作や姿勢は高い精度を求められる。ゾーンに入っていないと超絶アンダーでコーナー中盤から後半にかけてひたすらアクセルはパーシャルで我慢するしかなくなるし、曲げ直し/曲げ増しも難しい。(横転の原因は、ゾーンに入れたと思ったけど外因で弾き出されて曲げ直せなかったこと)
この前乗せてもらったエボ9はコントロールゾーンが広く浅く、マイルドな感じ。曲げ直しし易い。
GRBはGCとエボ9の中間? 懐が深い感じがする。
クルマによって、速い走らせ方というのもそれぞれ少しずつ違う。

モータースポーツは、荒っぽい言い方をしてしまえば、如何に曲げられる姿勢を作ってたくさんアクセルを開けられるかの勝負なわけですが、ドライバーの車両制御精度の悪さや路面の状況によって、同じコーナーでも毎回同じ姿勢で進入するということはなかなか難しいです。姿勢が作れていなければ思うようにアクセルが踏めず、遅い。
つまり雑な言い方をすれば、
「速さ」≒「アクセル全開の時間」≒「(ドライバーのスキルおよび外的要因による車両制御の誤差)-(その姿勢でのクルマのエラー許容率)」
と説明できるのではないかということです。

上手いドライバーが乗ったらどんなクルマでも速いというのは、そのドライバーの車両制御精度が高いため、たとえゾーンが小さくても高確率で車両状態をコントロールゾーンに入れることができるから。
乗りやすいクルマが速いと言われるのは、ドライバーの車両制御精度が多少甘くてもゾーンの広さを活かしてエラーを許容し修正するチャンスを与えてくれるから。

ただ、特にラリーのような想定外の外因が車両制御に影響を与えることが多い競技だと、どうしてもドライバーの車両制御精度だけでゾーンに入れ続けることが難しい場合があります。例えば、前走者のインカットで舗装路面に砂が出てきていたり、石が落ちていて避ける必要があったり。こういう外因によって制御が乱されたとき、ゾーンの狭いクルマだと状態修正に時間がかかり、アクセルを踏んで再加速するタイミングが遅れてしまいます。これが積み重なってキロあたり数秒の遅れ、という形で勝負が決するわけです。これが「コントロールゾーンの分布も戦闘力の一要素である」理由ではないでしょうか。

速くなるためには「ドライバーのスキル」と「コントロールゾーンの広さ」の両方を磨かなければならないと思います。人によっては、クルマを弄り倒す暇があればタイヤとガソリン使って腕を磨け、と言う方もいますが、良いポイントに良い大きさのコントロールゾーンを持つクルマはスキルアップを助けます。逆に、いくら良いコントロールゾーンがあってもスキル不足のためにそのゾーンに入れる制御が全くできない場合はクルマがどれだけ良くても遅いです。

また、クルマのカスタム/チューニングは、コントロールゾーンの在り処を移動させる行為であって、大概の場合はクルマの能力の絶対値を上げることではないと思います。
その仮定の上で、ドライバーがクルマをどんなふうに走らせたら速いのか、そのためにどこにどれくらいの大きさのゾーンがあると自分のドライブを助けてくれるのかを知らずにクルマに手を加えると、コントロールゾーンが見当違いなところに飛散してしまうので、無駄な出費にもなるし速くならないどころか遅くなったりもします。

それから、色んな人とお互いのクルマに乗り合いっこするのはかなりスキルアップの助けになると感じています。
色んな人のドライブを、いろんなクルマの挙動を、見て感じることが重要です。
自分が遅いのはクルマが悪いのか、ドライビングが悪いのか、ときには自分が知らないスタイルの走らせ方に気づいたりもできて、かなり短時間で自分のドライビングも変わりますしクルマのカスタムの方向性も見えるかもしれません。

とまあ、ただ思いついたことを書き出しただけですので、間違いもあるでしょうがお許し下さい。
あと、車は直しますよー。幸いルーフとピラー以外はさほどダメージがないと思います。そして転倒など皆が通る試練だと思って復活再チャレンジします。
Posted at 2017/09/21 02:01:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | ただの日記 | 日記
2017年08月21日 イイね!

目が… (たいしたことなかったけど)

16日のダートラ終了時からなんとなく目に違和感があった。少し眩しく、霞んで見えるていどで、はじめは砂埃で角膜表面に傷がついたかなー、程度にしか思ってませんでした。

しかし昨日実家から東京への移動中に、違和感が目の不調への確信に変わりました。
左眼の視野の中心が薄褐色に色づいて見える。その部分をよく使うあたりの立体感が薄い。

日常生活に影響が出るほどの症状ではなかったものの、悪化する可能性がないとも言えないので本日眼科へ。
診断結果は、「中心性網膜炎」「中心性漿液性脈絡網膜症」。要は網膜(カメラでいうフィルム部分、例えが古い)に水ぶくれ。網膜の検査写真、素人でもわかるほどポッコリむくんでました。
http://www.skk-health.net/me/08/

大抵の場合数ヶ月程度で自然治癒するとのことで、大事には至らずホッとしました。
しかし、クルマは壊さなくても体を壊してたらどうしようもないな…
今は、検査用の目薬の影響で左眼の瞳孔が開きっぱなしでめちゃくちゃ眩しい。

ダートラ場の砂埃との因果は直接的には無いと思いますが、間接的にストレスを与える原因になっているかも。とりあえず次回以降ダートラ走るときはメガネを使うことにします。
Posted at 2017/08/21 13:44:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | ただの日記
2017年08月18日 イイね!

グラベル練習合宿

グラベル練習合宿お盆はダートラ場巡りをしてきました。
良い練習になりました。

14日 野沢
1年ぶり3度目のダートラ場走行。恐る恐る、Lock-to-lockの練習から走り始め。
先日追加したフォグランプが壊れそうだったので急遽取り外して挑みました笑
徐々に慣れて、低速区間は比較的イメージ通りに動かせるように。半クラとかギア選択も適宜使えるようになったかな...?

動画は初級低速コース。ラスト1本の終盤270度ターンが一番上手く回れた。
途中、ジムニーが転がるトラブルも...
こういうときに喜々として軍手をした人たちが集まってくるところがラリーの人たちらしさ笑
帰り道には見事なひまわり畑を見つつ、実家のある石川へ向かう。

15日 お休み。御一行は福井の今庄へ遠征していたようです。

16日 門前
野沢とは違って初心者コース設定なし。門前は怖いところ。

実験的にペダル操作も録画してみました。動画の2分10秒あたりに大きめのジャンプがあってビビった。ダンパー酷使しすぎたかもしれない...
路面が硬くてフロントタイヤがなくなりました。

ワンコも見物に来ていました。

能登の海を眺めながら再び実家へ。


18日 イオックス・アローザ
近所だったので寄ってみた。大学生のジムカーナ大会が催されていました。

弟を連れてデモランを見て撤退。どうやら前日に来ていたら少し走れたらしい。惜しいことをした...





Posted at 2017/08/19 01:06:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 練習 | 日記
2017年08月09日 イイね!

DCCDのお話

DCCDの設定が分からんのです。

自分なりの使い分けなんて
街乗り→フリー
スポーツ→ロック
の2種類しかなくて、中間はほぼ使うことはない。
Autoモードなど無い初代のDCCDですが…

フリーの場合、
限界走行してなければ抵抗なくすっと曲がる。気持ち良いほど曲がる。
でも、スポーツ走行するとリアのインリフトが起こってトラクションが皆無になりコントロール不能に…
インリフトしない場合は、リアがべったり食ってて、フロントが先に負けてアンダーが強い。

ロックの場合、
街乗りでは曲がるときにセンターデフが抵抗になって曲がりにくくなる。最小回転半径も明らかに大きい。
でも、スポーツ走行でインリフトしてもフロントで引っ張ってトラクション稼げる。オーバーステアにもアンダーステアにも持ち込める。

こういうスンポーです。
もちろん限界が低いタイヤを履けばインリフトなんかこ起こらないし、DCCDフリーでリア二輪回してドリドリできるんだが当然速くはない。

DCCD締結力高くする以外にも、インリフト対策としては
リアデフのイニシャルを上げる
スタビライザーとかスプリングでロール量をコントロールする
という手もあるけど、まあ全てにおいて完璧な足ってものは存在しないし、今のバランスがわりかし乗りやすいので現状維持かな…

みなさんはDCCDどんな使い方しているのでしょうか?
Posted at 2017/08/09 01:08:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | GC8
2017年06月28日 イイね!

フィットネスデビュー

運動不足だし、最近スポーツ走行してると脚の疲労感がかなりあるし、ラリーの先輩方も皆トレーニングしとけと仰るので(若狭ラリーのときはDay 2の朝に叩き起こされて朝ランに巻き込まれた…)、この前の日曜日にAnytime Fitnessに登録しました。

目的は、下記
- 見た目からして弱そうな上半身の筋肥大
- スノーボード及びスポーツ走行で必要な大腿四頭筋周辺を強化して練習効率を上げる
- ケツの肉を増やして長時間フルバケシートに座っててもヘタレないケツを手に入れる

で、昨日初ワークアウト。
まあ適当に筋トレしたあとに、仕上げの有酸素運動としてエアロバイク漕ぎやったのですが、
調子に乗って運動強度強めでやったのが凶と出て、見事にハンガーノックになりました。
意識飛びそうで辛かった。まあ急性の飢餓状態なので当然ですよね。
30分ほどストレッチマットの上でゴロゴロしてなんとか復活して帰ってきましたけど、無駄に筋肉が溶けてそうで勿体無い。

ということで、昨日分かった弱点が、
- そもそも栄養不足&バランス不調
- 肘筋が極端に弱い
- 左腕周辺が右腕に比べてかなり弱い

というところ。
しかし、Twitterでも某アカウントが言っているように、
筋トレすると色々悩みが解決するような予感がしています。
とにかく、三日坊主にならないように頑張ります。
Posted at 2017/06/28 11:58:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | ただの日記 | 日記

プロフィール

「戦闘力とコントロールゾーン、車両制御精度について(頭の中整理メモ) http://cvw.jp/b/2385428/40444521/
何シテル?   09/21 02:01
2016年 冬 ラリーやべぇ!ラリー参戦計画始動! 8月中旬 グラベルラリー仕様GC8購入 9月末 MTに慣れよう月間終了 どんどん走行会などに参加してみよ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

スバル フォレスター  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/19 16:07:17
えっ?86/BRZの後期って?? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/16 08:46:06
GT コックピット製作!・・・Ver.1(GFpro) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/07 17:41:40

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
どノーマルなXブレイクです。登山とかスノーボードに行くのに大活躍しています。2年でだいた ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
競技用として購入。練習機です。 もうすぐ17万km。前オーナーも競技に使っており、至る所 ...
スズキ スイフトスポーツ スズキ スイフトスポーツ
※タイヤレビュー投稿用に登録 ラリーのときに借りた。 LSD、KYB足、ロールケージ、 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.