• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年02月08日

四つの塔

先週火曜日,インド・ハイデラバードから二十数時間掛けて帰国したと思えば,
木曜日には名古屋は7年ぶりの大雪.
早朝の雪かき後に賢島まで出張.
気温30℃からいきなりの氷点下に,身体の調節機能が麻痺しそうなB11です.




ハイデラバードではそれなりに写真も撮りましたが,後処理には苦労しました.
とにかくインドは構図をまとめるのが難しい.
線も色も雑然としている.

そんな中でなんとか仕上げたのが,「チャール・ミナール」編.
ハイデラバードの代表的な建造物です.



チャール・ミナールとは,4つの光塔を意味する言葉.

雑踏の広場の中に突如洗われる美しい塔.









建物の下から北の門を望む.

外国人入場料は,ここも現地の人たちの20倍.








狭い螺旋階段を上って.....










中程のベランダに到達.四方へ視界が開ける.

これは南方向.辺りの混雑の様子がおわかりいただけるでしょう.
左手の立派な建物はニザーミヤー・ユーナーニー病院.









小学生?のグループが引率されて来ていた.

立派な制服だが,裸足.
前列左から二番目の子は,後のお兄さんに首を回されている(^^)









これは西側の道

この辺りイスラム地区のようで,黒い布で顔を覆った女性が多い.
交通は我々から見るとまさにカオス.









人々を見下ろすように止まっていた鳩









北側.広場入り口への門.

こちらも相当な混雑.









それなりに整然と流れるロータリー











下に降りてマーケットを冷やかす.
これは関節・筋肉痛の塗り薬らしい.

タイガーバームのインド版かな?









鮮やかな柘榴

もちろん買いません.









昼食は安全第一で西洋資本のホテルへ.

外部の喧噪が嘘のような空間.









生演奏をやっていた.
このオジサンのギターがよく,とくにブルース系は超絶技巧.










ブッフェにて,名物料理のマトン・ビリヤーニーなどをいただく.

後ボケは恐らく両家の子女であろう4人組.










まるでモデルのような美人のお姉さんが携帯で誰かを呼びつけていた.










食事を終えて外に出れば,また雑踏.
重い荷物を担いで移動中の一家.


彼らにとって,この子達にとって,幸せって一体何なんだろう?
ほんの数メートルだが,その間に横たわる無限の距離.
そして感じる,やるせない無力感.

インドでは,来る度に人生を考えてしまう.
ブログ一覧 | 世界写真紀行 | 旅行/地域
Posted at 2012/02/08 23:40:15

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2012/02/08 23:47:59
インドに行くと人生観がって話を耳にします。

行かないとわからないのでしょうか。
わかっていることも多いですよね。

passionを大事にしたいです。
言い訳です。
コメントへの返答
2012/02/09 07:36:45
私の場合は人生観が変わることは無かったです.
ただ,いつもは判っていても見ないように,考えないようにしていることを否応なしに再認識させられる.そんな感じかな.

我々はパッションが大切な立ち位置にいる.
幸せですね.
2012/02/08 23:52:31
インド・・・

貧困の差が光と影を色濃く生み出しているイメージですね。
コメントへの返答
2012/02/09 07:39:05
インド,確かに貧富の差は激しいです.

でも,「人を騙しても」というメンタリティが比較的見られないのは救いですね.
2012/02/09 01:03:34
どれも素晴らしい写真ばかりなんですが
最後の一枚は心にズシンときますねー。

生きる…
コメントへの返答
2012/02/09 07:40:33
最後の一枚,出そうかどうしようか迷ったのですが,キレイなところばかりではいけないような黄がして...
皆,生きています.
2012/02/09 09:00:49
お疲れ様でしたw

どこも皆一生懸命生きてますね


田舎はいいですよ~♪

長閑で、何にもありませんが^^;
コメントへの返答
2012/02/09 20:18:18
今回は体調も壊さず,無事に帰国できました.
(^^)

インドではフェンス一つ隔てて富と貧が共存していますからね.シビアです.

田舎暮らし,憧れます.
でもすぐ虫が騒ぐんだろうなぁ...
2012/02/09 13:54:04
リアルな生活空間撮影ですね!
原色も濃く鮮やか、しかし褪せた雰囲気は埃の演出?
東西文化と宗教観が我々には新鮮ですね
表通りに裏通り、過去日本も通った道・・・
中国型インフラと早さを選ばないで欲しいですけど(汗

一見ルールなど無さそうだけど・・・
これがインド式なんですね(笑
コメントへの返答
2012/02/09 20:22:44
前回(2008年)の時は,さらっと表面を撫でたブログに終始してしまいました.
今回は少しは実態を描きたいと思っていました.でも,そういうのはみんカラユーザーには重すぎるかも.今回はその妥協点を探る試みです.

インドは中国よりモラルが保たれている.その理由は宗教の存在でしょうね.

現地の人たちには厳然としたルールが見えているのでしょう.交通一つとっても我々には理解不能ですが.
2012/02/09 16:07:21
混沌としていて無秩序なようでいて、それでもなんとかなってしまう。

予定調和なんて言葉は嘘っぱちだと思えるような、まさに坩堝の中の光景ですね。
これがパワーなのか澱なのか判りませんが・・・

ただただ
『すげぇなぁ』
と感心しちゃいます。

カースト制度のもとで恐ろしいほどの貧富の差は有っても、子供たちはそれでも、日々の中でそれぞれに小さな幸せを見いだすのでしょうか?
少しでも明るい笑顔が彼らの顔に宿るように願ってやみません。
コメントへの返答
2012/02/09 20:27:52
重めのブログにコメントいただきありがとうございます.

一見混沌・無秩序ですが,長い歴史で培われたバックボーンが感じられます.このあたり中国は共産革命・文化大革命で宗教などが一担破壊されていることが大きいのかも.

運命を受け入れる,以前の日本にもあった諦観のようなものが,人々の中に宿っているのかも.子供達にとっては厳しい環境ですが,それでも道は開かれていると思いたいですね.
2012/02/09 17:03:00
お疲れ様でした
混沌の中にも規律があるようで・・・エネルギーを感じますね
最後の写真の少女ドキッとしました、目に飛び込むグリーンのボトル
鮮烈です。
映画「シンドラーズリスト」のオープニングシーンを思い出しました。
コメントへの返答
2012/02/09 20:32:50
日本の十倍の国土に十倍の人口.
混沌とエネルギーの同居ですね.

最後の写真,思い入れがあるので嬉しいです.
車のフロントグラス越しで,逆光・埃もあり,色乗りが悪くなりましたが,それが却って良かった.
子供が抱えているボトルは,恐らく水入れだと思います.しっかり抱えた様子が生きる意思の表れのように思えて....
思っている効果を強調するために,ボトルの部分だけ彩度を上げてあります.
2012/02/09 21:18:41
 こんばんは

インドって確か世界有数の貧富の格差の激しい国。
日本で暮らせて感謝感謝。
貧富の差はこのままでしょうが何十年かすれば経済力は日本を上回るかも・・・

この市場で冷やかしとは・・・(汗)
コメントへの返答
2012/02/09 21:33:54
こんばんは.

旅行者の目から見ても,目も眩むような格差です.でも,為す術もなく見ているだけ.
日本に生まれて,その中で職を得て生き甲斐を持てた.本当に恵まれてますね.

冷やかし,実際は物売りと物乞いを断るのに必死だったりして(^^;
2012/02/09 23:06:50
こんばんは(^^)

雑然とした街の風景と貧富の差の大きさが写真でも良く分かります。
人生を考えてしまうというのは、以前インドネシアに行った時に感じたのと同じなのかも。。。
こういうのは目を背けず現実を見ないといけないですね。

コメントへの返答
2012/02/09 23:57:42
☆こんばんは☆

整然とした王宮とか寺院だけを撮っていれば,写真は綺麗なんですが...
最後の一枚どうするか迷ったのですが,入れない訳にはいかないなぁと思ったので...
おかげでブログが重くなってしまいましたね.

インドに限らず,現実を見据えるのもなかなか辛いものです.
2012/02/09 23:45:46
1枚目の写真、ゲームのCGに見えました(^^;

しかし、混雑というかグチャグチャな状態ですね~
どの方角もこのようなのは考えられません・・・

貧しいと思われる人はやはり痩せているのですね。
戦後の日本も外国の人にはこのように映っていたのでしょうか・・・

まだ寒波が来そうなのでご自愛下さい☆
コメントへの返答
2012/02/10 00:01:28
CG!(^^;
その発想はなかったなぁ.

正真正銘,四方八方がこの混雑です.
とんでもないですね.

以前からインドではふっくらした女性が美人とされていました.それは上流階級の証しなんですね.
もっとも最近ではダイエットも盛んになってきているようですが...

不況だデフレだといいながら,ダイエットにうつつを抜かす日本は恵まれています.
2012/02/09 23:59:38
気温の差。激しいですね。
くれぐれもお気をつけください。

「生」を感じさせる写真拝見し、色々考えさせられました。
コメントへの返答
2012/02/10 00:03:19
熱帯から一気に氷点下でしたから,適合に骨が折れました.今のところOKです.

生とその反対を考えさせられる土地ですね,インドというところは...
2012/02/10 00:18:41
温度差の激しい移動、お疲れさまでした。


もう、25年以上前に3か月ほど滞在してたのが記憶の片隅に(w
インド、もう一度滞在したいですなぁ~

南の猥雑さもインドですが、北の厳しさもインド。
いずれにせよ我々とはスケールが違いますよね。

格差社会と我々が感じるものも、ヒンドゥーの枠組みの中で生きてる人々には当たり前かも。
(西洋式教育を受けた人や他宗教、あとはダリットのひとには奇異に映るんでしょうが)


コメントへの返答
2012/02/10 09:20:44
移動は結構慣れているつもりでしたが,今回は気温差と衣類の準備,空港待ち時間など結構な負荷でした.

インドに3ヶ月とは...
zatさん,「嵌った」ほうですね(^^)
私はムリ!

カーストあるいはアウト・カースト制による何千年の既成事実積み重ねが,現在の諦観を生んでいるのでしょうか.
このような「レガシー」なシステムを引きずったままでは,先進国入りはムリでしょうね.
2012/02/10 01:15:44
こんばんは~

いや~水曜日夕方仕事中にある資格を東京で講習を受けないと剥奪される事が発覚して急遽上京でバタバタです~その後は週末までよんどころなき事情で拘束~ご師匠のように気温格差で自立神経調整が難しくなっているのではなく,年始からの体調不良はなんとかなっておりますが体力回復中で自律神経系がまだ本調子ではありません,寒いのに冷や汗でます(爆)

>これは南方向.辺りの混雑の様子がおわかりいただけるでしょう.
>左手の立派な建物はニザーミヤー・ユーナーニー病院.

この道は車も動いているんですか?駐車場かと思いました(汗)交通事故とそうとうあるでしょうね~
病院も歴史ある建物であるいみ凄いですが衛生問題はどうなんでしょうか?

このインドを観るとグローバル化してお金持ちのインド人はやはり一握り~グローバル化=アメリカ化とはまさにそのとおり~インドも貧困と一部の富のコントラストはちょいと目を覆いたくなります

国内に目を向けると我々の業界を含め改革しないと沈みそうな日本ですが~やっぱり英知を結集してマジで改革していけば凄い国になるなとも思えますね~頑張れ日本というのがここ最近の本音です
アメリカ・・・・余命はいくばくか?
EU・・・・・ヤバイです
ロシア・・・・・何考えているか不明の不気味な国です(特にプーチンやばい)
中国・・・・・弾けたらマジやばい
韓国・・・・・お隣だから仲良くしたいけど「不仲」で民意をコントロールしたい意図が見え隠れ
北朝鮮・・・・・世界のお荷物と時限爆弾
日本・・・・・いつまでたっても己の考えを真剣に路線変更できない愚か者

すいませんご師匠のブログに変な書き込みしてしまいました~まだ本調子ではないです(汗)

あっ,ところで例のローパス無しのニコンの新型どう評価されますか?




コメントへの返答
2012/02/10 09:38:19
おはようございます.

資格,大切ですよね〜.
私も講習受けさせられています.
まあ,受けさえすれば貰えるので楽とも言えますが(^^;

私の場合体調はオッケーです.
今回は相当注意していましたからね.
928さんこそお大事にしてください.

この道路,ちゃんと機能しています.
クルマやリクシャはクラクションをけたたましく鳴らしながら人をぬうように低速移動しています.でも,外国人が渋滞中の首都高速見たら同じように思うかも.
「この道は車も動いているんですか?」
〔笑)

インドも中国もおかしいところが一杯ありますね.世界の人々は持ち上げすぎています.現実を見れば難問山積だと思います.

衛生問題,水は日本のレベルにはありませんね.でもそれ以外は,「ハイクラスの生活空間」では西欧並みだと思います.
尤も,一歩門を出れば誇りと汚れが一杯ですが...

日本も病根は深いですね.
今思えばバブルに浮かれていた時にもっと有効な手が打てなかったかと悔やまれます.
ここ二十年沈む一方ですもんね.特に最近は沈下の速度が加速しているように感じます.

社会が多様化して価値観も多様化.それを代弁する政治家がまとまれなくなっている.
その辺りが迷走の原因じゃないかな.

仰有るように見回しても上手くいっている国・地域は殆どありませんね.世界恐慌も間近かなぁ.

その中でも中国はマジやばいように思います.
漁船が日本・韓国領海まで出張るのも,公害で中国沿岸の漁業資源が全滅だからとも言われています.
土地バブルも一時の日本よりひどいかもしれない.何より心配なのは一人っ子政策後遺症の少子高齢化.日本のように成熟仕切らない前に,何億人という低所得層を残して少子高齢化が来るんですから...
その時はまた「日本を悪者」にして国難を乗り切ろうとするんでしょうねぇ.
やれやれ.

考えていると段々憂鬱になってきます.
2012/02/10 08:47:03
最後の写真、本当に心にズシンと来ます。

先日、日本にあるインド人学校のことを紹介していて、その教育方針に日本人入学希望者が増えていると言うものでしたが、ほんの一部の富裕層のものなのですね・・・

人を求めている企業業種は沢山有るのに、働けるのに失業したまま生活保護で生きていられる日本はおかしいです。

世界中どこであっても、罪のない子供たちが小さくても夢を持って生きていける世の中にしなければいけませんね。
つまらない私利私欲のための議論を重ねるのは、やめた方が良いです・・・
コメントへの返答
2012/02/10 09:48:39
もっとひどい状況にも遭遇するのですが,そういったところにカメラを向けるのは憚られて...
これは乗っている車のフロントグラス越しに望遠だから撮れました.

塀一枚隔てて厳然たる格差が存在する国.それがインドです.

日本の求人ですが,一見多くあるようでも,中身を見ていくと結構制限が多い.年齢とか資格とか職歴とか...
その結果職安に行っても結局はじかれてしまう人が多いようです.私の身内にもいるのですが...

世の中,我々を含めての反省ですが,「批判は多いけど実効性のある提言が少ない」
文句を言って終わりではなく,実際に解決法を示さねば...
2012/02/12 12:19:23
まいどです!

お写真!堪能させて頂きましたo(^▽^)o
観光パンフでは見られない世界ですね。
日本とインド…どちらが幸せなのか。

人口が世界一多い…あの国よりは住んてみたい気がしました^^



コメントへの返答
2012/02/12 17:14:50
どおも!

確かに観光パンフでは使えない写真がありますねぇ.最後のなんか絶対ムリ.
でも,これもインドの一面なんですよねぇ.

日本人への悪意は一切感じられませんので,それは良い点ですね.
2012/02/19 14:34:48
ご無沙汰しております。

久しぶりにみんカラにきました。

そしたら
インドの写真が
私は東京で感じているテーマそのもので
ここに表現されていました。

やはり
文化は自然の環境が育て、

文明は
そのおいしいところを目立つように立たせるけど、

でも
その裏には
代償がこもっていきます。


なんだか
書き方が
戦場カメラマンみたいに

なりました。

B11さんがだぶりました

光の絵で
語りつづけててください。


東京で
テーマをもって
場所を取りませんか。

なんか涙が出てきた。
コメントへの返答
2012/02/19 16:50:53
ご無沙汰ですぅ.
相変わらず大変そうですね.

私の方はこの4月で業界のお役を降ろしてもらいます.まだ小さいのは残っているけれど,だいぶ楽になりそうです.ぬえのような得体の知れない権力から少し遠ざかることができるかな?

インドの状況は変わってないですね.
いや,経済発展で上流がよりリッチになった分,格差は拡大しているんじゃないかな.

文明の代償,大きなテーマですね.
古今東西,どの文明でも必ず表と裏がありました.日本はかなりマシな方だったけど,ここに来て怪しくなってきましたね.
北欧なんかは上手くいっているのかなぁ.

最近,写真は社会と似ているなぁなんて思います.光あれば必ず影がある.影が無くては,光も成り立たない.社会も,どんなに頑張っても影は無くならないかも.

私が白黒写真をあまり好かないのも,光と影だけで成り立っているからかも.
カラーだと「色」がありますからね.なにか救われる気がします.

東京での語らい,いいですね.
少しお暇ができたら是非お誘いください.
楽しみにしています.
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「B11の写真紀行 http://cvw.jp/b/238553/40025168/
何シテル?   07/02 13:57
ストリートフォトグラファー. スタジオは世界の街角. 写真集,「vapor trail... ー旅の記憶ー」 Parade books アマゾンにて発...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

B11 世界写真紀行 
カテゴリ:B11ブログ目次リンク
2017/07/03 22:32:03
 
B11 日本写真紀行 
カテゴリ:B11ブログ目次リンク
2017/07/02 14:05:35
 
B11 写真関連・その他ブログリンク集 
カテゴリ:B11ブログ目次リンク
2008/03/23 11:00:19
 

ファン

148 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
SL55AMGより乗り換え.足車として活躍中
アストンマーティン DB9 ヴォランテ アストンマーティン DB9 ヴォランテ
Grow old with me.
ボルボ V70 ボルボ V70
優れた安全性.4代目ボルボ 家族の車
メルセデス・ベンツ SL メルセデス・ベンツ SL
どnormalのSL500 ABCトラブルでB11に乗り換え

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.