• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

くるめのくにのブログ一覧

2016年03月31日 イイね!

九州旅行(最終日)

九州旅行(最終日)4日目
ついに最終日となります。

熊本城から空港です。

やってきました熊本城。
独身時代に出張ついでに寄った以来です。

今回は子供たちが一緒なので、ごくスタンダードに天守へ向かいます。



で、ちょうど今日まで公開だった未申(ひつじさる)櫓から。



3月限定公開、ぎりぎり間に合ってラッキーでした。




そのほか、宇土櫓・小天守・大天守と登りました。







下の子はさすがに疲れた様子でしたが、全部登れてよかったです。

雨もしっかり降ってきたので、最後に本丸御殿を見学して終了。



鹿児島城もそうですが、今回は家族旅行なので本格的な城址見学ではありません。
本来は一日かけて遺構巡りをするのですが・・・

なお、熊本城はまだまだ復元活動を行っているようです。
最終的にはどんな姿になるのでしょうか。
姫路城とは違う、威圧感のある熊本城。やはりいいですね・・

さて、天気が悪いので最後の目的地は公園をとりやめて御船町恐竜博物館へ。



子どもは恐竜も好きなのでチョイスです。

この地域は、御船層群という国内では珍しい多様な恐竜の化石を産出する地層があるそうです。

博物館では、多くのレプリカや専門的な解説を交えた展示がされています。
私自身も見入ってしまいました。





ちょっと楽しいかも・・・。

旅行先最後の食事はどこにしようかなと調べ、近くの肥後そう川手延べ麺 本店へ。



手延べ麺ということでそうめんを連想しましたが、うどんもラーメンもパスタもあります。
私は五穀ナポリタンをいただきました。おいしかったですよ。

いよいよ空港へ向かいますが、まだ時間があります。
そこで最後の最後、雑貨屋&カフェのwalet。



メイン道路から入ったところでこんなところに?というところにありました。



「スーツケースに入るもの」をショッピングし、いい雰囲気のカフェでコーヒー・デザートをいただきましてついに全行程を終了・・・

400Kmほど走ったレンタカーも返して、空港へ。



空港発が10分ほど遅れましたが、羽田には順調に到着し、無事に帰宅となりました。

飛行機から東京の灯りが見えてくると、あー終わったな・・・という感じですよね・・・。

ちなみに、この子たちは平川動物園から一緒に連れ帰った新しい家族です。



以上、今回の旅でした!!
Posted at 2016/04/01 23:43:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年03月30日 イイね!

九州旅行(3日目)

九州旅行(3日目)3日目
阿蘇観光です。

宿屋の近く、というか、近くに宿をとったというか・・・
阿蘇ファームランドが本日のメインイベント。



ここは、健康の専門家がつくったテーマパークとのこと。

ただ体を動かして遊ぼうというだけではなく、それぞれのアトラクションごとにテーマがある。
ストレッチから始まり、足腰を使うもの、頭を使って迷路を進むもの、一通り終わったころにはもうクタクタ・・・





詳しくは公式ホームページを見てください(投げやり・・・)

ちょっと残念だったのは、途中から雨が降り出してキングスライダーなるものができなかったことですね。

そうそう、なにやら撮影もしていました。
紹介VTRとかかな。




お昼は施設内の健康食材を用いたバイキング。
ちょっと割高かもしれませんが、アトラクションも込みで健康になった気がします。


相変わらず雨が降ったりやんだりだったので少し趣向を変えて妻の趣味でもある雑貨屋さんへ。



阿蘇神社の近くにある金物屋さんは、レトロな雑貨を取り扱っています。
昭和なアイテムがたくさん・・・飛行機でなければたくさん買わされることろでした・・・



帰りは近くの和菓子屋さんで焼きたてのどら焼き「阿蘇どら」を美味しくいただきながら駐車場へ。

とても雰囲気の良い参道です。




最後の宿泊地、菊南温泉に向かいますがまだ時間があったので阿蘇ドライブ。



登るに連れて霧が濃くなり、観光というわけにはいかなくなりましたがこれはこれでとてもいい感じです。
運転にはかなり気を遣いましたが・・・。




無事に宿泊地につき、温泉に入ってのんびり。


Posted at 2016/04/01 22:51:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年03月29日 イイね!

九州旅行(2日目)

九州旅行(2日目)2日目
鹿児島観光と阿蘇への移動です。

朝風呂に入っていたら綺麗な朝日が桜島から昇ってきた。
部屋に戻って撮影。




さて、家族旅行でも城跡訪問は必須事項!
ということで、鹿児島城(鶴丸城)へ朝一訪問です。



島津氏や西南戦争で有名ですね。

城門跡には、西南戦争時の銃痕がのこっております。



城内は整備中らしく、ところどころ立ち入りが制限されています。
城門の復元活動もあるようです。遺構が破壊されない、往時の建物を復元することは賛成です。




城山にも登りたいところですが、これは家族旅行。
山麓の遺構や庭園を見て回って終了です。


続けてメインイベントの平川動物公園!

広くて見ごたえ十分。

・・・でも疲れた・・・

子どもたち大満足でした。










昼過ぎに切り上げ、宿泊先の阿蘇へ170Kmほどの移動です。
子どもたちは動物園で疲れて後部座席でお昼寝・・・
わたしも一時妻に運転を代わってもらって仮眠しました。



宿に到着し、美味しい夕食をいただきまして家族で早寝・・・
動物園が疲れたもので・・・


Posted at 2016/04/01 22:11:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年03月28日 イイね!

九州旅行(1日目)

九州旅行(1日目)勤続20年の節目に5日間の休みをとり、家族で3泊4日の鹿児島・熊本へ旅行に行ってきました!

ブログには、1日ごとにアップしていきます。

1日目
目的地は鹿児島です。

羽田発9:40なのですが、平日でもあり通勤ラッシュを避けるため、例によって早朝5:10に自宅を出発しました。

うーん・・・早すぎ・・・

羽田の民間駐車場付近に着いたのは6:20。
しょうがないので、子供達には後部座席でDVD「うしおととら」を見せて時間をつぶし、結局空港に着いたのは7:30。



時間をつぶしていざ鹿児島へ。

鹿児島空港には足湯と手湯があり、こんなこともあろうかと準備していたフェイスタオルを使って家族4人で休息・・・



九州ではレンタカーでの移動です。
借りた車はプレミオ。
車内空間は快適。運転も快調!
・・・パワーシート、初めて使ったけどちょっと感動・・・



九州自動車道の桜島SAでお昼休憩をし、



そのまま最初の目的地、桜島へ。

フェリーに乗り込み、






桜島上陸です!




こちら、鹿児島のゆるキャラ「ぐりぶー」
特技はぐりぶーダンスらしいっす・・・





鹿児島の友人に勧められた湯之平展望所からみた桜島。雄大でした。





このときは静かでしたが、夕方は噴煙を上げていましたよ。

麓にある桜島自然恐竜公園には、遊具がたくさんあって子供たち大喜び。





とくにこの滑り台は高くて長くて楽しかったようです。







約1名喰われておりますね・・・。





と、こんな感じ(?)で桜島を後にし、屋台村で軽く食事をすませて鹿児島市内のホテルへ。

夜は友人と久しぶりの再会をして楽しく過ごせましたとさ。
Posted at 2016/04/01 21:30:10 | コメント(0) | 日記
2016年03月27日 イイね!

出発前夜

出発前夜あすから3泊で鹿児島、阿蘇、熊本へ家族旅行行ってきます!

ひさしぶりの飛行機だ。
Posted at 2016/03/27 20:29:58 | コメント(1) | トラックバック(0)

プロフィール

「@かさきよさん
お疲れさまでした~
玉川温泉の近くのようですね。ごゆっくり(^^)」
何シテル?   09/18 16:51
2児のパパ、普通のオヤジです。 家族が起きてこない早朝のうちにドライブしたり、隙をみて趣味の城跡めぐりをしたりしています。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/3 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

車いじりというよりは、ドライブや史跡めぐり、ペットネタを多く取り扱っております。
話の合いそうな方、そうでもないかもなという方、お声掛けください!
69 人のお友達がいます
kizuna1kizuna1 * ken..ken.. *
hajikun2002hajikun2002 * 9696996969 *
薪アート薪アート * hikarupka(ヒカルプカ)hikarupka(ヒカルプカ)

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ シエンタ トヨタ シエンタ
シエンタ 赤ダイスに乗っています。 燃費もいいし、普段は格納している三列目シートを出せ ...
スズキ アルト スズキ アルト
妻がメインで乗るコンパクトな軽。 買い物や子供の送迎用途がメインだが、見た目以上に車内は ...
日産 セレナ 日産 セレナ
実家の車、初のハイブリッドです。 多人数乗車や旅行には大変便利です。
ダイハツ タント ダイハツ タント
実家の車です。 取り回しやすさはもちろん、特筆すべきは視界の広さと車内の広さ。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.