• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ウッkeyのブログ一覧

2017年06月24日 イイね!

まぁ、ロータスがそれを選択したのであればいいんじゃないの

まぁ、ロータスがそれを選択したのであればいいんじゃないのロータス、中国に生産移転か!? 電動化/AI導入、さらにSUVラインナップも

ロータス、本当に「Made in China」になるのか?

ロータスは、製造拠点を中国に移転する可能性が出てきた。もちろん、ジーリー(吉利汽車)による買収の影響だ。

米経済紙の報道によれば、ジーリー・グループのチェアマンであるLi Shufuは、優先すべき課題は、ロータスとプロトンの収益改善化だと話しているという。

生産拠点の移転は、公式の発表ではないものの、ボルボS90の製造が中国で行われるようになったことを考えると、可能性は十分にある。なぜなら、現地では製造コストが抑えられるからだ。



ロータス、電動化/人工知能を導入? そしてSUVの噂

しかし、たとえ中国で生産が開始されたとしても、ロータスの本部はわが英国に残るだろう。これは、ジーリー傘下に入ったあとも、ボルボがスウェーデンを拠点にしていることを考えれば納得できる。

Li Shufuはさらに、ロータス/プロトンともに、

・電動化
・さらなる軽量化
・人工知能の導入

が優先課題だとしている。

ロータスが、ブランド史上初のSUVモデルをラインナップするという話しもある。AUTOCARは本件について、引き続きロータスに回答を求めている。


正直ロータスはSUVとかそういうのを出して欲しくないかな…
他の海外メーカーもこぞって売れるからなのかSUVを投入してきているけど
Posted at 2017/06/24 22:04:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記
2017年06月24日 イイね!

前回付けて思ったのは車両中央辺りに後方を見る方向に付けた方が見えやすいのかな~って思ってみたり

車室内を録画するドライブレコーダー、フロントガラスへの設置を解禁…保安基準を改正

国土交通省は、フロントガラスに、車室内の運転者の様子を録画するドライブレコーダーを設置することができるように、道路運送車両の保安基準を改正する。

車室内の運転者の様子を録画するドライブレコーダーの映像が安全運転指導や事故調査・分析に利活用されている。このため、事故時や運行中の運転車の状況に関する情報を入手するためのカメラについて、道路と交通状況に関する情報を入手するためのカメラの設置が認められている範囲と同一の範囲に限って、前面ガラスへの設置を解禁する。

設置可能な範囲は車室内後写鏡により遮へいされる範囲などのほか、前面ガラスの上縁であって車両中心面と平行な面上のガラス開口部の実長20%以内の範囲または前面ガラスの下縁で車両中心面と平行な面上のガラス開口部から150mm以内の範囲とする。

6月22日に施行した。


当然色々制約はあるもののフロントガラスに取付出来るっていうのは良い事なんだろうけどね
ただ、私個人の感想としてはルームランプに共着とかするような感じで車両の中央部に真下に見下ろす様な球体ドライブレコーダーっで全集を包囲できた方が良いような気がしましたネ
(データの同期とかをする手間も要らないし、まとめて情報集約が出来る訳ですし)
Posted at 2017/06/24 21:54:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記
2017年06月24日 イイね!

しかるべき手順を取らないと購入も出来ないと

しかるべき手順を取らないと購入も出来ないと840hpの“悪魔のダッジ チャレンジャー”市販価格が決定。販売プロセスも特殊なものに

2017年のニューヨークオートショーで発表されたダッジ・チャレンジャーSRTデーモン、「史上最強・最速の市販車」、「量産V8エンジンとして歴代最高馬力」といった刺激的なキャッチコピーでマッスルカーファンだけでなく、多くのクルマ好きに強烈な印象を残した。

その加速性能は凄まじく、ゼロ発進ではフロントタイヤが浮き上がってしまうほどで、ギネスレコードとなったことがニューヨークオートショーで話題となった。認定された1/4マイルの加速タイムは9.65秒、ゴール地点での終速は140mph(約224km/h)に達するほど。これが市販車として販売されるのだから、北米で今年の大注目の1台となるのも納得だ。

そのチャレンジャーSRTデーモンの販売価格は…8万4995ドル(約945万円)。この価格にはガスガズラー税(燃費の悪いクルマに課せられる税)も含まれていると明言してしまうのも、デーモンたる所以かもしれない。

興味深いのは、発売前からプレミア価格が付くことが予想されているため、ディーラーが値段を釣り上げて販売するのを防ぐために、メーカーが販売プロセスにまで介入するという異例の措置をとっていること。過去の限定車で実際にそのような事例があったようだ。

具体的にはデーモンの販売については、「過去に複数台のSRTヘルキャットの販売実績がある」ディーラーだけが売ることができ、さらに「SRTヘルキャットおよびチャージャー、チャレンジャーの販売実績」によって割り当て台数が決まるというルールを定めている。またディーラーはメーカーに対して顧客から受けたオーダー以上の発注はできず、メーカー希望小売価格と同等もしくは安く販売したほうが優先して割り当てられるという決まりも設けられた。本当に欲しいユーザーにしっかりと届けたいというメーカーの意思が感じられる措置だ。

ちなみに、生産予定台数はアメリカ向けに3000台、カナダ向けに300台のみと発表されている。


ギネス記録モノのスペックを1000万円で購入出来るって考えれば安上がりなのかもね


余裕の1000馬力って事なのかね

イイよね~こういうアメ車の排気量と馬力で殴り合ってる感じw


Posted at 2017/06/24 21:49:05 | コメント(0) | トラックバック(2) | 自動車業界あれこれ | 日記
2017年06月23日 イイね!

1兆円だか2000億だか知らんけど

【新聞ウォッチ】欠陥エアバッグで経営難のタカタ、週明けの6月26日にも民事再生法申請へ

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2017年6月23日付

●東芝決算報告また延期、監査法人了承得られず、きょう申請(読売・12面)

●日産19年に初PHV 三菱自の技術活用(読売・12面)

●タカタ、26日にも民事再生申請(読売・12面)

●ドローン宅配へ「交通ルール」20年代実現向け官民で整備へ(朝日・7面)

●月例報告景気判断上方修正、6か月ぶり個人消費改善続く(毎日・6面)

●企業とスポーツ、九州三菱自動車販売・城戸崎健二社長、野球部は社員の誇り(毎日・7面)

●EV、2030年にHV上回る、世界販売台数の民間予測(産経・10面)

●日産再生記念彫刻を除幕(日経・16面)

●トヨタ株を500億円取得、KDDI「関係、より深める」(日経・19面)

●さえぬ車株波乱の芽、第2のサブプライム警戒(日経・20面)

●マツダ、4万9000台リコール(日経・42面)

ひとくちコメント

欠陥エアバッグの大規模リコール(回収・無償修理)問題で、経営難に直面しているタカタの法的整理による再建計画の手続きが、大詰めを迎えている。週明けの6月26日にも東京地裁に民事再生法の適用を申請する方針を固め、自動車メーカーとの資金繰り支援などについての最終調整に入ったという。

きょうの各紙が「タカタ、26日にも民事再生法申請」などと取り上げているが、タカタは法的整理を申し立てた後の運転資金を確保するため、三井住友銀行などの主力取引先の金融機関にいたしては、数百億円規模のつなぎ融資を要請する方針だとも報じている。

タカタの負債総額は、自動車メーカーが立て替えているリコール費用を含めると、1兆円を超えるとみられており、製造業では戦後最大となる見通し。

また、タカタは再生法申請後、会社分割で再建を図る。シートベルトなどの事業を新会社に移行して、リコール費用の支払いなどの債務は旧会社に残すという。中国企業傘下の米自動車部品会社キー・セイフティー・システムズ(KSS)がスポンサーとして2000億円規模を出資し、新会社が事業を譲り受ける資金に充てる計画である。

ただ、きょうの日経によると「大規模リコールを招いた『インフレ―ター』と呼ぶエアバッグを膨らませる装置について、撤退する計画である」とも伝えている。

こうしたなか、タカタ株は急落。22日の東京株式市場でも前日比134円安の110円と上場来の安値を更新。時価総額は100億円を割り込んだ。



紙切れ同然になってんのかな~今株買ったらとは…思わんよね
Posted at 2017/06/23 23:29:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記
2017年06月23日 イイね!

ベスト9のうち3つに1.5Lの3気筒エンジンってのも凄いよな~

ベスト9のうち3つに1.5Lの3気筒エンジンってのも凄いよな~フェラーリ488 GTB/F12ベルリネッタ、「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」受賞

3.9ℓV8ターボと6.3ℓV12が同時受賞

フェラーリ488 GTBと488スパイダーが搭載するエンジンは、わずかに排気量を小さくしてカリフォルニアTおよびGTC4ルッソにも搭載されている。

「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」では、「パフォーマンスエンジン」クラスと「排気量3~4ℓ」カテゴリーで、同時に賞を受賞した。

今年はまた、F12ベルリネッタとF12 TdFに搭載するフェラーリの自然吸気6.3ℓV12エンジンが「4ℓ超」カテゴリー賞を2年連続で受賞。これは2013年の受賞から数えて通算3回目となる。

フェラーリ、受賞に何を思う?

過去6年間、「4ℓ超」カテゴリーと「パフォーマンスエンジン」カテゴリーを席巻してきたフェラーリは、他のどの高性能スポーツカーメーカーをも凌ぐ受賞数を記録している。

フェラーリは、「1947年、Cavallino Rampante(跳ね馬)の輝かしい歴史は、V12エンジンによって始まりました」

「それだけに70年目を迎えた今年、改めてV12エンジンが重要な賞を受賞したことは、大きな意義があります」とコメントしている。

また、ターボラグをゼロに抑え、プログレッシブに盛り上がるパワーと回転数全域にわたり途切れることのないトルクの発生を実現、V8ターボで実現させたことも、受賞の要因になったと考えているようだ。

主催側は、フェラーリのエンジンをどう見る?

インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー(IEOTYA)アワードを創設したトニー・ロビンソン氏は、「IEOTYAの歴史において、このようにパワフルなパフォーマンスエンジンがIEOTYAタイトルの中で最も重要となる総合最高位を2年連続で受賞たことは、2度しかありません」と述べる。

「フェラーリV8は驚異的なパワーデリバリー、精密さ、ドライバビリティー、そして最高のサウンドを備えています。遠からず、このエンジンは傑作として永久に記憶されることでしょう。わたしは、すでにそう思っています」と付け加えた。



国際エンジンオブザイヤー、フェラーリ 488 の3.9リットルツインターボに栄冠…2年連続

英国のUKIPメディア&イベント社は6月21日、「インターナショナルエンジンオブザイヤー2017」を発表した。フェラーリ『488 GTB』『488スパイダー』の3.9リットルV8ツインターボが、2年連続で栄冠を手にしている。

この賞は車の心臓部、エンジンに着目して優れたエンジンを選出するもので、2017年が19回目。5月時点で少なくとも世界1か国以上で販売されている乗用車のエンジンを対象に、世界31か国の58名のジャーナリストが投票を行い、最高のパワーユニットを決定した。

インターナショナルエンジンオブザイヤー2017の結果は以下の通り。

1:フェラーリの3.9 リットルV8ターボ(251点)…488

2:ポルシェの3.0リットル水平対向6ターボ(216点)…911

3:BMWの1.5リットル3気筒ターボ+モーター(151点)…i8

4:アウディの2.5リットル直5ターボ(139点)…TTRSとRS3

5:フォードの999cc 3気筒ターボ「エコブースト」(136点)…フィエスタやフォーカスなど

6:テスラのEVパワートレイン(135点)…モデルS/X

7:PSAの1.2リットル直3ターボ(131点)…プジョー208やシトロエンC3など

8:ポルシェ2.0リットル水平対向4ターボ(128点)…718ボクスター/ケイマン

9:フェラーリの6.3リットルV12(113点)…F12

フェラーリ488 GTBと488スパイダーの3.9リットルV型8気筒ツインターボが、2年連続の栄冠。2位のポルシェ『911』改良新型の3.0リットル水平対向6気筒ツインターボに、35点の大差をつけて受賞となった。

インターナショナルエンジンオブザイヤーを主催するDean Slavnich氏は、「これまでに開発された最高のターボエンジンだろう。高度な技術を搭載した超洗練されたフェラーリV8だ」とコメントしている。


当然トップを取ったフェラーリのが凄いんだけどね
Posted at 2017/06/23 23:23:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記

プロフィール

「まぁ、ロータスがそれを選択したのであればいいんじゃないの http://cvw.jp/b/238718/39987459/
何シテル?   06/24 22:04
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

NEWデモカー入庫♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/28 20:08:16
AUTO PRODUCE A3 60Φトリプルメーターフード(レザーバージョン/ブルーステッチ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/30 18:31:32
自動車任意保険の更新で、これに決めました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/25 22:40:56

お友達

PV稼ぎの方や私とのやりとりを好ましく思わない方はご遠慮下さい。
基本的にはウェルカムですけどね(笑)
180 人のお友達がいます
tomo9040tomo9040 * 紫.紫. *
わだっち@BF5Cわだっち@BF5C * もぐもぐもぐもぐもぐもぐ *
しげちばしげちば * あんこ親父あんこ親父 *

ファン

83 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.