車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月26日 イイね!
WRX系のマイナーチェンジが待たれるけどその辺りはどうなるんだろうかね~ラリードライバーが激走! 東海地区初開催も大盛況【スバル・ゲレンデタクシー2017】

年々知名度も上がり、参加者を増やし続けている大人気イベント『スバル・ゲレンデタクシー 」。昨年までは東日本エリアのみでの開催でしたが、今シーズンはエリアを拡大し、西日本エリアの人も行きやすい東海地区でも初開催されました。

開催地として選ばれたのは、岐阜県にある高鷲スノーパーク。初心者から上級者まで楽しめる西日本最大級のスキー場で標高1,550mのゲレンデ頂上から最長滑走距離4,800mというダイナミックなコースなどが特徴の人気スキー場です。

この高鷲スノーパークで開催されたゲレンデタクシーは、前回の長野で開催された内容に加え、全日本ラリー選手権でWRX STIを駆り活躍中の鎌田 卓麻選手が来場。ゲレンデタクシーのドライバーを務めたほか、イベントの締めくくりにデモランも開催されました。

ゲレンデタクシーでは、鎌田選手のドライブするフォレスターに同乗させていただき、ラリー競技を現役で戦う鎌田選手の高い運転技術を間近に見ることができました。ほかのゲレンデタクシーのドライバーもプロの方たちなので、自分と比べるとはるかに高いレベルのドライブを体験できましたが、やはり鎌田選手のドライブはまさに異次元の走り! 滑りやすいゲレンデでも的確に、しかも高速でフォレスターを操る姿に感動しました。

デモランでは実際に鎌田選手が全日本ラリーで使用しているWRX STIのラリーカーで登場!ゲレンデタクシーとはまた違った迫力の走りを間近に見ることができました。

特設されたコースを自由自在に走り回るWRXに私も来場者のみなさんも目が釘付け!華麗なスピンターンやドリフトに惚れ惚れしちゃいました。ターンの時には巻き上げた雪がギャラリーのところまで飛ぶ勢いで、雪をかぶりながら歓声をあげる人々を見て、イベントの一体感を感じました。

今シーズンのゲレンデタクシーは、今回の高鷲スノーパークでの開催をもって終了となりました。開催ごとに盛り上がりと充実した内容と進化を遂げるゲレンデタクシー。来シーズンの開催にも大いに期待が高まります。

(岩本 佳美)


ラリーの現場とも違った雰囲気だろうけどこういうのを間近で見られるのは良いよね


【ムービー】ドリキン土屋圭市が雪上でスバルBRZとWRX S4を振り回す!

FRとAWDの違いを明らかにする

ドリキンこと土屋圭市さんが、スバルの雪上試乗会に乗り込んだ。走らせたのはFRスポーツのスバルBRZとAWDスポーツのWRX S4。卓越したテクニックを動画でお届けしたい。そしてFRとAWD、それぞれの動きの違い、走りの楽しさについてもリポートする!


動画はリンク先から見てくださいな

スバル中国販売22%減、3か月連続で減少 1月

スバル(富士重工)の中国法人は2月中旬、1月の中国における新車販売の結果を公表した。総販売台数は3630台。前年同月比は22.4%減と、3か月連続で前年実績を下回った。

スバルブランドは2004年、中国市場に本格的に参入。2006年には、富士重工の100%出資会社として、スバル汽車(中国)有限公司を設立した。

2013年には、スバル汽車(中国)有限公司を、現地企業との合弁会社へ移行。新体制により、現地販売への関与を高め、販売体制の強化を図ってきた。

また、2016年11月の広州モーターショー2016では、先進の安全システム、「アイサイト」を中国市場に初めて導入すると発表。さらなる販売増を目指している。

スバルの2016年の中国における新車販売台数は4万5522台。前年比は3.2%減だった。


果たして今度どうなるんですかね~
Posted at 2017/02/26 01:08:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 富士重工 | 日記
2017年02月26日 イイね!
コレでフェイクなんだ~ランボルギーニ・ウルスと兄弟に!大刷新のポルシェ・カイエン次期型

ポルシェ・カイエン次期型が、厳冬のスカンジナビアに姿を見せました。

一見、これまでよりカモフラージュが軽く見えますが、実はフェイク。フロントエアインテークやデイタイムランニングライト、ヘッドライトなどは全てダミーパーツがはめられています。

とはいえ、露わになっているルーフラインが現行モデルより伸びやかに、そしてルーフエンドが丸みを帯びていることが確認できます。

次期型はフォルクスワーゲン・グループの「MLB」プラットフォームを使用し、アウディ「Q7」を始め、VW「トゥアレグ」次期型やランボルギーニ「ウルス」と兄弟モデルとなります。

新プラットフォームにより、エアロダイナミクスを始め燃費やパフォーマンスが向上するほか、車重が約20%軽減され、剛性アップが図られます。

エクステリアのポイントは、新型「パナメーラ」のフロントエアインテーク・デザイン、「マカン」のクラムシェルフードとラップアラウンドテールライトとのこと。また、室内も「パナメーラ」新型からインスピレーションを得たものとなりそうで、タッチスクリーンのインターフェイスはシンプルになると思われます。

パワートレインは、現行ラインナップがブラッシュアップされるほか、直列4気筒や完全エレクトリックモデルの投入も噂され、ワールドプレミアは2017年と発表されています。

(APOLLO)


この感じだとランボのウルスも含めた4兄弟になるんだ
トゥアレグ≒カイエン≒Q7≒ウルス
ですか…

年内には出るんだぁ
Posted at 2017/02/26 00:59:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記
2017年02月25日 イイね!
日本仕様にもルーフレール付き出るのかな?【IIHS衝突安全】スバル インプレッサ新型、全評価項目で最高評価獲得…小型車唯一

富士重工(スバル)は、北米で販売している2017年型『インプレッサ(アイサイト装着車)』が、米国IIHS(道路安全保険協会)の2017年安全性評価にて、最高評価の「トップセイフティピック+」を獲得したと発表した。

全面改良モデルとなる2017年型インプレッサはセダン・5ドアモデルともに、すべての耐衝撃性能試験をはじめ、前面衝突予防性能試験、新規導入のヘッドライト性能試験、さらにチャイルドシート取り付け性評価で最高評価を獲得。小型車として唯一、IIHSの全評価項目で最高評価を獲得した車種として認定された。

IIHSの「トップセイフティピック」を受賞するには前・側・後面・スモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)耐衝撃性能試験すべてで最高の「Good」を獲得するとともに、前面衝突予防評価にて「Superior」または「Advanced」の獲得が必要。さらに上の「トップセイフティピック+」を受賞するには、ヘッドライト性能評価における「Good」、「Acceptable」のいずれかの獲得が必要になる。

アイサイトを装着したインプレッサは、衝突予防性能試験において、時速12マイル・時速25マイルのいずれも衝突を未然に回避し、最高評価「Superior」を獲得。また、ヘッドライト性能試験では、ハイビームアシスト機能付LEDヘッドライト装着車が最高評価「Good」を、LEDヘッドライト装着車が「Acceptable」を獲得した。


2017年型スバル・インプレッサがアメリカの「IIHS」で小型車唯一の最高評価を獲得!

スバル車の大きな購入動機になっている「安全」といえば、「アイサイト」の浸透によるものが大きいと思われます。しかし、クルマの安全性能はアクティブセーフティだけでなく、パッシブセーフティを含めたトータル性能が問われます。

さらに、試験対策を入念に行い試験では高い評価を得ても、リアルワールドで高い安全性が確保されていなければその価値は半減してしまいます。

スバルは「アイサイト」に代表されるアクティブセーフティだけでなく、万一の際に重要なパッシブセーフティにも注力。

今回、北米で発売されている2017年型のインプレッサが、「IIHS(Insurance Institute for Highway Safety/道路安全保険協会)」が実施している最新の2017年の安全性評価において、最高評価の「トップセイフティピック+」を獲得しました。

スバルは、IIHSの安全評価で2016年に「トップセイフティピック+」をレガシィ、アウトバック、フォレスター、インプレッサ、スバルXV、WRXで獲得していて、さらに2105年も5車種で「トップセイフティピック+」を得ています。

昨年11月から北米でも生産されている2017年型インプレッサは、セダン、5ドアモデルともに、要求されるすべての耐衝撃性能試験で最高評価「Good」を獲得し、前面衝突予防性能試験においては最高評価の「Superior」を獲得。

さらに、新規導入されたヘッドライト性能試験においても最高評価「Good」を得るとともに、チャイルドシート取り付け性評価においても最高評価「Good+」を獲得し、小型車としては唯一、IIHSの全評価項目で最高評価を獲得した車種として認定されています。

先述したように、IIHSでは2017年安全評価からヘッドライト性能評価が新たに加えられ、安全評価の受賞要件が強化されています。「トップセイフティピック」を受賞するには前、側、後面に加えて厳しい評価試験のスモールオーバーラップ衝突、ロールオーバー(車両転覆)耐衝撃性能試験すべてにおいて最良の乗客保護性能を持ち合わせた車両として最高の「Good」を獲得するだけでなく、前面衝突予防評価において「Superior」または「Advanced」を獲得することが要求されるそうです。

さらに、最高評価の「トップセイフティピック+」を受賞するには、ヘッドライト性能評価における「Good」、「Acceptable」のいずれかの獲得が必要。アイサイトを装着したインプレッサは、IIHSが実施した衝突予防性能試験において、時速12マイル、時速25マイルいずれの速度域においても衝突を未然に回避し、最高評価「Superior」を獲得。

また、ヘッドライト性能試験においては、ハイビームアシスト機能付LEDヘッドライト装着車が最高評価「Good」を、LEDヘッドライト装着車が「Acceptable」と評価されています。

(塚田勝弘)


2個目の記事2105年にも5車種って未来にいきすぎだよw

それは置いておいてプラットフォーム一新の効果が絶大だね
Posted at 2017/02/25 00:58:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 富士重工 | 日記
2017年02月25日 イイね!
殆どの人が許可取ってると思うじゃん?あんな会社名じゃ公道でマリオカート、任天堂が提訴

任天堂は24日、公道カートのレンタルサービスを行なっている「株式会社マリカー」とその代表取締役を著作権侵害行為などで東京地裁に提訴した。

任天堂によると、株式会社マリカーは任天堂のゲームシリーズで有名な「マリオカート」の略称である「マリカー」の標章を会社名に用い、顧客への公道カートのレンタルサービスを提供。その際にマリオなどのコスチュームを貸与し、その画像や映像を任天堂の承諾なしに宣伝・営業に利用していた。

任天堂はこれを不正競争行為および著作権侵害行為に該当すると主張し、株式会社マリカーと代表取締役に対して損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提起した。

コスチュームに身を包み集団で公道カートを走らせる人たちの姿は、東京都内の各所で目撃されていた。


「お客様で迷子になった方も…」任天堂から提訴された“株式会社マリカー”声明発表

2月24日、任天堂から著作権侵害行為及び不正競争行為で提訴された株式会社マリカーが声明を発表した。

株式会社マリカーは、公道で走行可能なカートのレンタルや販売を行っており、近年ではインバウンド向けの展開にも注力している。ガイドが同行する形でのレンタルも行っており、東京では品川のほか、渋谷や秋葉原など複数の店舗を経営。レンタル料金は30分1500円~とリーズナブルな値段でカートを貸し出していた。また、レンタルの際にはマリオなどのコスチュームも貸与するサービスもあったという。

同社ホームページの説明は下記の通り。

マリカーでは、普通免許で運転できる一人乗りの公道カートのレンタルや観光ツアーを提供しています。独自に高速化チューニングを行い、カーナビ、サウンド音響、無線機、アクションカメラ、レンタルコスプレなど、オプションも多数ご用意。注目度は圧倒的で街中を走るだけなのに有名人になった気分。みんなで日本一の公道カート「マリカー」を楽しんじゃってください!!ぜひ日本最大級のマリカーに遊びに来てください!

ご存知の通り、「マリカー」は任天堂の人気レースゲームシリーズ『マリオカート』の愛称であり、任天堂は、略称の社名の利用やコスチュームの貸与が著作権侵害行為および不正競争行為にあたるとし、2月24日提訴したと、リリースをだした。

◆任天堂の提訴を受けて、株式会社マリカー側も声明発表

今回の提訴をうけ、株式会社マリカーは下記の声明を発表した。声明によると、現時点では訴状を受け取っておらず、コメントは難しいとのこと。ただし、数ヶ月前には任天堂側とも協議及び情報交換をし、一定の理解は得られていたという。

以下、同社が発表した報道機関向けの声明である

 このたびは、世間をお騒がせしていること、はじめにお詫び申し上げます。

 本日(平成29年2月24日)、任天堂株式会社様より、当社に対して訴訟が東京地方裁判所に提起した旨のニュースリリースの発表がありました。

 現在、このニュースリリースに基づいて多くの報道がなされおり、また私たちにも多くの問い合わせを頂いております。

 私たちのサービスは、旅行で来られる外国人の方々に非常に喜んで頂けており、口コミで広がってきたサービスで、これを目的に日本に来てくださる外国のお客様も多く、Facebook、TripAdvisor等のレビューにおきましても5つ星の評価を頂いていることなどもあって、普段より各種報道機関に取り上げて頂く機会も多く、この場を借りて深く御礼を申し上げます。

 大変僭越ながら現在の報道には事実とは異なる内容があるのですが、突然の対応に追われ、私どもの方から事実関係をご説明する機会が十分にとれず申し訳ございませんでした。

 この文章を通じて皆様に詳しい経緯をご説明すると共に対応が遅れたことをお詫びしたいと思います。

 現状ではまだ訴状を受け取っていないので、法的な側面に関する具体的内容についてのコメントができる状況にございませんが、私たちは、複数の弁護士・弁理士等の専門家に相談をし、私たちのサービスが、任天堂様に対する不正競争行為及び著作権侵害行為には該当しないと判断した上で、サービスを提供してきました。また、数か月前には、任天堂の担当者様と協議及び情報交換も行い、私たちのサービスに理解を示す発言も得られていました。

 公道カートレンタル事業者の中には、任天堂の許可無く勝手に模造された衣装を販売、レンタルしているなどの悪意のある業者もあり、任天堂様と協力してそのような事業者がなくなるように対応していこう協議した矢先のことであり、大変困惑しております。

 今回、既に任天堂さまの突然の提訴により、問い合わせへの対応や取引先への説明などで、私たちのサービス業務にも大きな影響が出ております。ホームページもパンクして閲覧できなくなり、メールも受信できなくなり、電話回線もパンクしたことにより、お客様で迷子になった方も発生しており、皆様への対応が遅くなったことを重ねてお詫び申し上げます。

 世界的企業との法的紛争となると、どの程度の負担がかかるのか想像することもできません。このままでは事業の継続に多大な影響が出ることを恐れております。

 一方で多くのお客様から応援の声も頂いており、専門家の皆様からも私たちを支援したいというお話も頂いております。

  私たちのサービスは、お客様の笑顔のためにあります。

  私たちは、このお客様の笑顔を守るために全力で頑張ります。

 公道カート総合サービスを通じて、これからも皆様に楽しいひと時をお届けできるよう努力してまいりますので、今後ともご愛顧のほどどうぞよろしくお願い致します。



【悲報】任天堂法務部、マリカーにぶちぎれ
そりゃ、怒られますよね~
Posted at 2017/02/25 00:53:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2017年02月25日 イイね!
7速並みの全長で8速入れちゃったかZFとポルシェ、新型8速DCT共同開発…電気駆動にも対応

ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ZFは2月中旬、新型8速デュアルクラッチトランスミッション(8速DCT)をベースとしたモジュラーハイブリッドトランスミッションをポルシェと共同開発した、と発表した。

共同開発における重点目標のひとつが、電気駆動をオプションとして実現すること。新しいギアセットデザインにより、出力100kWのハイブリッドモジュールを現行の7速DCTスポーツトランスミッションと同等の全長に収めることに成功した。

また、燃費節約走行時にはハングオンクラッチを使ってフロントアクスルのみを駆動するオプションの統合全輪分散型トランスミッションも、同様に省スペースでの組み込みを実現。基本トランスミッションのパワーロスも、いくつかの改良を施すことで最大28%削減。これには、超ワイドレシオ、ギアの8速化、感応型潤滑システムなどの効果があげられる。

ZFの乗用車トランスミッション部門を統括するユルゲン・グライナー代表は、「この新型8速DCTスポーツトランスミッションは、素早いシフトチェンジ、高効率、電気駆動という要素と、様々な組み合わせで限られたスペースに設置できる柔軟性を両立させた」と述べている。


やっぱり多段化するよね
ただ、半クラの制御とかどれくらいお利口さんになってきているのかな
Posted at 2017/02/25 00:43:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車業界あれこれ | 日記
プロフィール
「WRX系のマイナーチェンジが待たれるけどその辺りはどうなるんだろうかね~ http://cvw.jp/b/238718/39374419/
何シテル?   02/26 01:08
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
レヴォーグ,WRX他のグローバル展開状態 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/06 07:34:50
Prodrive IMPREZA 555 Group A 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/10 18:27:16
全日本ラリー第8戦!&悲しいお知らせ・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/13 22:35:59
お友達
PV稼ぎの方や私とのやりとりを好ましく思わない方はご遠慮下さい。
基本的にはウェルカムですけどね(笑)
180 人のお友達がいます
うがたん@VMGB 2.0GT-Sうがたん@VMGB 2.0GT-S * yasu1020yasu1020 *
わだっち@BF5Cわだっち@BF5C * youji721005youji721005 *
しげちばしげちば * ちょい悪ペガサスちょい悪ペガサス *
ファン
80 人のファンがいます
愛車一覧
スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサ スバル インプレッサ
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
スバル インプレッサ スバル インプレッサ
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.