車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月11日
車は消耗品だって事を再認識してほしいものです
【注意】リコール未対策車は保安基準を満たさず車検に影響が出ることも!

所有者の責任で必ず対策を実施すべき

自動車にはリコール制度がある。これは、設計や製造上の問題があったときに、自動車メーカーの判断により、国土交通省に事前届出をした上で回収・修理を行うというもの。

その種類としては、リコール、改善対策、サービスキャンペーンと3つがある。このなかでリコールというのは、道路運送車両法の保安基準に適合していない(適合しなくなるおそれがある)問題に対して改善措置を行なうものだ。

ちなみに、改善対策というのは保安基準に規定されていないが不具合発生時に保安上看過できない問題を指す言葉。サービスキャンペーンは、リコールと改善対策のいずれにも該当しないが設計・製造上の不具合を指す。

つまりリコールが出ている状態というのは保安基準を満たしていないことになる。クルマのカスタマイズなどで保安基準に適合していないと車検に通らない、つまり公道を走ることができないように、非常に重大な問題だ。なにしろ、リコールが出たものについては、対策をするまでは保安基準を満たしていないことになるのだ。

もちろん、リコール未対策だからといって、すぐさま走行禁止になるわけではないし、それが違法改造と同じ扱いになるわけではない。しかし、放置していいわけでもない。

実際には、リコールを未対策でも内容によって車検が通ることはあるが、リコール対策をしていない旨の書類を渡されるなど、リコール対策をするように喚起される。また、リコールの内容によっては、そのまま放置しておくと周囲に迷惑をかける可能性もある。

つまり、リコールはメーカーだけの責任ではなく、所有者の責任ともいえる。面倒くさいからといって実施せずにいてはいけないのだ。

(文:山本晋也)



【意外と知らない】クルマが故障する「前兆」とは?

追加メーターでの可視化も有効な手立て

どんなにクルマの性能や品質がよくなろうとも、機械である以上、故障はする。最新のクルマも壊れにくくなっただけだし、故障は未来永劫ついて回る。なにごとにも絶対はない。だからメンテなどを行うのだが、故障の前兆をしっかりとキャッチするというのも、大事に至る前の予防行為として重要だ。

ではどうやって故障の前兆を知るのか? じつは昔から変わっていないし、これからも変わらないだろう。それほどシンプルだ。ポイントはふたつのみ。「振動/異音」となる。実際の故障となってしまうと、エンジンが吹けないとか、作動しないとなるが、これらはこのふたつの前兆があるか、まったくなにもなく突然壊れるか。だからあくまでも前兆となると、振動か異音に注意していればいい。

ただ最近のクルマは制音や制振技術が向上していて、たとえばエンジンからの異音はわかりにくくなっている。またオーディオをかけていれば、その音にかき消されてしまうこともある。だから、たまにオーディオを消したり、窓を開けて走ったりすると、意外な発見をすることが多い。

振動については、体感できるものなのでオーディオなどは関係ないが、微妙なレベルだと最初は疑問に思うけど、すぐに慣れてしまったりするので、おかしいと思ったらすぐに点検に出すようにしたい。

また故障の前兆の「可視化」を進めれば、振動と異音以外にも前兆を知ることができる。それが油温や負圧などの追加メーター設置だ。純正で付いている場合もあるけど、装着していればエンジンなどの内部状況が数字で把握できる。ふだんの数値が頭に入っていれば、異常が発生した場合、気が付きやすくなるわけだ。

(文:近藤暁史)



【注意】溝があってもダメ! タイヤの劣化にご用心

まったく使っていなくても寿命がやってくる

どんな高性能なクルマでも、地面と触れているのは4本のタイヤのみ。サイズにもよるけど、面積はタイヤ1本あたりハガキ1枚程度といわれている。それだけにタイヤのメンテは重要だ。

タイヤはもちろん劣化や摩耗するのだが、タイヤ交換時期としてわかりやすいのは、溝がなくなった状態。溝の中にあるスリップサインが表面に出るのが目印で、残量が法定での限界である1.6mmとなったことを表わしている。

では、溝が残っていれば問題なく使えるのかというと、そうではない。ゴム製品だけに、まさに生もの。極端なことをいえば、まったく使っていなくても、時とともに寿命がやってくる。

その原因はいくつかあるが、紫外線による表面の劣化やゴム内部から油分が抜けてしまうことにある。前者は暗所に入れてあればいいけど、後者は保管状態がよくても、多かれ少なかれ起ってしまう。家庭で使われているゴム製品でも同様なので、実感できるだろう。

気になる賞味期限は製造されてから3年ぐらい。限界ギリギリでも5年だろう。限界を超えると、油分は抜けて、カサカサになってくるし、表面には細かいヒビも発生してくる。

もちろんこのような状態で使うのは危険きわまりないので、新品と交換だ。ちなみにサイドには製造された年と週が明記されているので、自分の履いているタイヤがいつ作られたのか、把握しておくといいだろう。

また劣化を進めるとされているのが、タイヤを洗ったり、クリーナーをかけることとされている。以前いわれていた劣化防止剤が流れてしまって、劣化が進むというのは最近は問題なくなってきているが、そもそもゴム製品を頻繁に洗うこと自体、ダメージとなりうる。

一般的なゴム製品のことを考えれば明らかだろう。でもタイヤは大丈夫なのではと思うかもしれないが、タイヤメーカー自身が注意換気していることでもある。

(文:近藤暁史)



機械ものですから…それが理解できないんだったら乗らない方がいいんじゃないかな?
ブログ一覧 | 自動車業界あれこれ | 日記
Posted at 2016/10/11 21:03:01

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/11 22:11:44
嫁の友達(主婦)の言葉を思い出した。
「日産(旦那のセレナ)と本田(自分のFIT)はダメよね。すぐ調子悪くなって、やっぱり、トップのトヨタじゃないからなのかしら?そういえばあなた(嫁)の乗ってるスバルもそんなに悪くないよだね」と言われたそうです。

よく聞くと点検や消耗品の交換には無頓着だそうで、当たり前と言えばあたりまえ。うちは、ファン感点検などでいろいろ指摘された事項はそのままお願いしたり、自分で部品交換したりして凌いでました。嫁もそれを知っているので「プ~」って吹きそうになったのを我慢したそうです。

何故かその奥さん、姑さんのおすすめでマツダアクセラになってるのは、秘密ですが。

コメントへの返答
2016/10/12 06:43:15
まぁ、興味もない人にはなんで壊れるのかもわからないって事なんでしょうね…
そんなんじゃどこのメーカーのクルマを買ってもそんなに変わんない気がしますからね(汗)

怖いな~エコだからってディーゼル買っていたら大惨事になってそうな気が(滝汗)
2016/10/12 10:55:42
軽自動車専用の軽油を入れたら壊れたのに、ガソリンスタンドは責任とってくれません

って、Yahooの質問コーナーに書いてありましたよ

なんのこっちゃ
コメントへの返答
2016/10/12 20:20:56
残念すぎる頭には何を言っても通じないって事ですよ…
そもそも軽自動車専用って今の時代にディーゼルの軽なんかないっつぅ~の
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「もう4年ですか~ホント今回は弄るつもりはあんまり無かった筈なんですけどね http://cvw.jp/b/238718/38970592/
何シテル?   12/07 18:25
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
全日本ラリー第8戦!&悲しいお知らせ・・・ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/13 22:35:59
~テイン流~ 車高の正しい測り方 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/23 06:59:52
REX 新車解説書 '89.6 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/10 22:30:32
お友達
PV稼ぎの方や私とのやりとりを好ましく思わない方はご遠慮下さい。
基本的にはウェルカムですけどね(笑)
192 人のお友達がいます
阿部ンタドール阿部ンタドール * STI/スバルテクニカインターナショナルSTI/スバルテクニカインターナショナル *みんカラ公認
もぐもぐもぐもぐもぐもぐ * 銀ちゃん⊿7みん⊿銀ちゃん⊿7みん⊿ *
fujimurafujimura * IIcx@赤GF8IIcx@赤GF8 *
ファン
79 人のファンがいます
愛車一覧
スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサ スバル インプレッサ
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...
スバル インプレッサ スバル インプレッサ
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.