• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年09月16日

今後はEVが増えるんだろうな…

今後はEVが増えるんだろうな… ポルシェ・カイエン・クーペ、誕生なるか ポルシェ最新情報(1)

もくじ
ーBMW X6のライバル デザインスタディは存在
ーポルシェ 「派生モデルの歴史」
ー約3倍のセールス ポルシェの成長

BMW X6のライバル デザインスタディは存在

ポルシェは、新型カイエンのクーペ版(予想イラスト参照)を導入するかどうか検討している。

オリバー・ブルーメCEOは、AUTOCARの取材に応じ、カイエン・クーペ誕生の可能性を「よく考えているところです」と説明した。


ライバルは、
・BMW X6
・メルセデス・ベンツGLEクーペ
となるものの、ブルーメは「まだ何も決まっておりません」と現在の状況を明かしてくれた。

また、デザイン部門を率いるミハエル・マウアーも、社内のデザインプロジェクトとして、カイエン・クーペにあたるものが作成されたことを認めた。



ポルシェ 「派生モデルの歴史」

マウアーは、ポルシェが派生モデルを作り続けてきた「確かな歴史がある」と話している。


「デザイン部門としては、常に提案を求められています。そこがこの仕事の最も魅力的なところなのです。ブランドに新たなデザインアイデアを採り入れるときは、予算に制限はございません。このため、全てのモデルに対して、多くのアイデアが生まれています。そこから先は、ビジネスの計画に従うまでです」

しかし、彼もブルーメと同じように、何も決まっていないと話している。



約3倍のセールス ポルシェの成長

ブルーメCEOは、「ポルシェにとって健全な成長率は、毎年5%といったところです。わたくし共は、決して大量生産ブランドではないのですから」と続けた。


ポルシェのセールスは、
2009年:75,000台
2016年:237,000台
と約3倍になっている。

そして、(ミッションEにインスパイアされた)コードネームJ1という新型EVの導入により、さらに20,000台が追加されるとブルーメは考えている。



電動911/ボクスター 開発は道半ば ポルシェ最新情報(2)

もくじ
ーポルシェにも電動モデルを VWのプレッシャー
ーポルシェ 全固体電池も検討か
ーEVボクスター すでに存在 バッテリーの壁
ーエレクトリック911 最適なバッテリーは?

ポルシェのEV VWのプレッシャー

ポルシェの電動パワートレイン・モデル、
 エレクトリック911
 エレクトリック・ボクスター
という2車種が導入されるかどうかは、バッテリー開発の成否が鍵を握っている。

・車高の低さを維持できるか
・クラスをリードするハンドリングは失われないか
・ロードホールディング性の高さ
といったものを、ポルシェは見極めているところだ。

同ブランドは、2030年までに全車種に電動モデルを用意するようにプレッシャーを掛けられている。これは、フォルクスワーゲン・グループとしての目標なのだ。



ポルシェ 全固体電池も検討か

そうした状況から察するに、本年末に登場予定の次世代型911で、まずはハイブリッド仕様を導入することになるだろう。

ポルシェのR&D部門を率いるミハエル・スタイナーは、「EVスポーツカーは、強い縦加速度を発生させることができます。しかし、重量がかさむので、ハンドリングについては不利なのです」と話している。


ポルシェが注視しているのは、全固体電池だ。これなら、リチウムイオン・セルよりも軽量でコンパクトという長所がある。つまり未来のEVスポーツカーに適した技術なのだが、実用化にはまだ何年も時間が必要だ。

スタイナーはこう語る。「現在の状況を変えてくれる新バッテリーに期待しています。しかし、開発の道はまだまだ長いでしょう」



EVボクスター すでに存在 バッテリーの壁

同ブランドは、すでにオールエレクトリックのボクスター開発車両を作成している。パフォーマンスは高いのだが、車重面では不利なので、ロードホールディング性能は劣る。

また、911の電動化についても研究を続けているが、ホイールベース内にバッテリーをパッケージする試みも、車高やドライバーのヒップポイントが高くなるジレンマに陥っている。


可能性のあるソリューションは、後席部分にバッテリーをマウントする方法だ。しかしこれでは、2+2スポーツクーペという911の魅力を損なう2シーターモデルになってしまう。

スタイナーもこう認める。「2シーターのエレクトリック911というのは、正しき道なのか。われわれは、自問自答しているところです」



エレクトリック911 最適なバッテリーは?

しかし、もうひとつの選択肢も存在する。T型のバッテリーだ。


これならセンタートンネルとリアシートのなかに搭載可能で、ドライビング・ポジションと重心の低さという、911の持ち味を失わずに済むだろう。



918スパイダー後継車に必要な3条件 ポルシェ最新情報(3)

もくじ
ーどうなる? 918スパイダー後継
ー速くても、寿命が短くては…
ー険しきニュルブルクリンクの道
ー’04年カレラGT、’13年918スパイダー、その次は?

どうなる? 918スパイダー後継

最高時速338km/hで走るポルシェ918スパイダー。

それを凌ぐ速さを実現しない限り、後継モデルを名乗ることは許されない。このためにポルシェは、技術的なブレイクスルーがやって来るのを待っている。


918スパイダーの後継モデルに求められるのは、間違いなくエレクトリック・パワートレインだ。しかし、内部関係者は警鐘を鳴らす。課題はやはり、現代のバッテリーが重いことだ。

「未来のスーパースポーツというのは、テクノロジーに左右されるのです。もしも今ローンチするならば、ハイブリッドを選ばなければなりません。しかしそれは、918スパイダーで済ませたことです」 こう語るのはR&D部門を率いるミハエル・スタイナーだ。



速くても、寿命が短くては…

たしかにEVの加速力は、ポルシェの哲学と一致している。しかし問題は、次期スーパースポーツを名乗る以上、918スパイダーのノルドシュライフェのタイムを破らなければならないことだ。


実のところ、EVならそれも可能だ。しかしスタイナーは、バッテリーからパワーを引き出す割合が多きすぎるために、結果的にセルにダメージを与えることになると、忠告する。つまりバッテリーの寿命を縮めてしまうのだ。

「現時点では、バッテリーが消耗品だと考えるカスタマーは、それほどいないと考えています」



険しきニュルブルクリンクの道

さらにバッテリーを搭載することによって生じる重量増は、
・タイヤ
・ブレーキ
・ステアリング
に過剰な負担を掛ける。しかもニュルブルクリンクでは、コーナリングや減速操作を休む暇もなく続けなければならない。


スタイナーはこう続ける。

「ポルシェは、スーパースポーツにモデルサイクルを設けておりません。次のモデルが誕生するには、ずっと長い期間が必要でしょう」



’04年カレラGT、’13年918スパイダー、その次は?

彼の言うことを理解するために、近年のポルシェのスーパースポーツ・モデルをおさらいしよう。

・カレラGT(2004):カーボンファイバータブを採用
・918スパイダー(2013):ハイブリッドテクノロジーを採用

カレラGTから918スパイダーまで9年掛かっている。つまり、スタイナーは新型スーパースポーツは、少なくとも2021年までは登場しないと言っているのだ。


WEC(世界耐久選手権)から撤退し、ポルシェはフォーミュラEに挑戦する。その成果が、918スパイダー後継モデルの行方を決めるはずだ。

スタイナーもこう考えている。「ポルシェの新型スーパースポーツに望まれるのは、新味のあるモデルであることです」



911シリーズもそうだけど他のカイエンやパナメーラもEV化するんだろうけど

ブログ一覧 | ポルシェ | 日記
Posted at 2017/09/16 21:21:24

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

なんか雰囲気959に似てきた?
ウッkeyさん

GT4≒スパイダー
KANE4♪さん

マクラーレンP1スパイダーが登場し ...
intensive911(JUN)さん

もうマイチェンする頃なのね
ウッkeyさん

ポルシェが「960」商標を登録。来 ...
intensive911(JUN)さん

次期NSXは、EVカーに?
ライチュウ@滋賀さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「GTIでもRでもいいんだけど「T-Roc」ってそもそも何w http://cvw.jp/b/238718/40455671/
何シテル?   09/23 00:21
初めまして。 インプレッサG4に代替を致しました~ 自分色に染めて行こうと思います 燃費を気にする割にアクセル踏んじゃうんですよ~ バトンに関し...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

NEWデモカー入庫♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/28 20:08:16
AUTO PRODUCE A3 60Φトリプルメーターフード(レザーバージョン/ブルーステッチ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/30 18:31:32
自動車任意保険の更新で、これに決めました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/25 22:40:56

お友達

PV稼ぎの方や私とのやりとりを好ましく思わない方はご遠慮下さい。
基本的にはウェルカムですけどね(笑)
180 人のお友達がいます
麻宮騎亜麻宮騎亜 * もぐもぐもぐもぐもぐもぐ *
youji721005youji721005 * kantomo704kantomo704 *
LED・HID販売のfcl.LED・HID販売のfcl. *みんカラ公認 ちょい悪ペガサスちょい悪ペガサス *

ファン

85 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ G4 スバル インプレッサ G4
初の新車に代替をいたしました~ ターボからNAになりましたが、インプレッサはインプレッサ ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
GC6を自らの事故で失った後、次の愛機を探している所コイツが浮上しました。 車重は10 ...
スバル インプレッサハードトップセダン スバル インプレッサハードトップセダン
初のマイカーです。NAという事とコズミックブルーマイカって色なのであまり回りにいない車な ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.