車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月03日 イイね!
ライフの、スタッドレスタイヤ 来週、富山県の天気予報にも、雪マークが
 表示されるようになりました。
 本日(12月 3日)、天気が晴れで暖かかったので
 ライフ (通勤車) だけですが、
 スタッドレスタイヤに交換しました。

取付けたたのは、オークションで購入してあったスタッドレスタイヤです。
  (タイトル画像を参照)
--------------------------------------------------------
・ホイール → HONDA純正のアルミホイール (ライフ用 ?)
・タイヤ製品 → 「YOKOHAMA ICE GUARD 155/65/R13 73Q」の一年履いた中古
・タイヤの製造年月 → 2015年 14週の製品です。
・購入価格 → ホイール付きスタッドレス×4本(落札価格) + 送料 = 約10,000円
--------------------------------------------------------

①本日の午前中は、孫の生活発表会を見に行ってました。
②午後から一番で、雪がこいをしました。

③少し、時間が残ったので、通勤車の「HONDA ライフ」だけ、
 とりあえず、スタッドレスタイヤに交換しました。

ライフに、スタッドレスタイヤを取付けた写真です。
       ↓

我家には、車が全部で、5台あります。
------------------------------------------------
 ・私が主に乗る、シャトル、ライフ
 ・家族の車で、フィット、クロスロード、フリード
          (みんカラには未登録です)
------------------------------------------------
後日、残り4台の車について、スタッドレスタイヤに交換が必要でーす !!!
Posted at 2016/12/03 18:10:33 | コメント(3) | トラックバック(0) | 車・整備 | 日記
2016年11月27日 イイね!
富山県に、移動オービス導入 本日(11月27日・日曜日)の、
 我が家の新聞記事(北日本新聞)に、
 「移動オービス導入」の記事が
 でかでかと、掲載されていました。

←タイトル画像は、
  移動オービスの写真です。

 写真を見る限りでは、
 二輪は、大丈夫かと ???



新聞の記事から、一部を要約して記載します。
           ↓
------------------------------------------------------------
①目的 = 道路の狭い生活道路での交通事故を減らすため

②運用 = 富山県警は、本年度中をめどに、持ち運びができる、
     小型の速度違反自動取締装置(オービス)の運用を始める。
     各地へ"出張"する「小型オービス」の本格的な導入は、全国で初めて。

④取締 = 速度超過をした車のナンバーや、ドライバーの姿を自動で撮影して、
     後日呼び出すため、パトカーや違反車両を止めるスペースがない道路でも、
     取り締りが可能になる。

⑤効果 = 狭い道から、国道まで、どこまでも速度違反に目を光らせ、ドライバーに注意を促す。

⑥経過 = 小型のオービスは、警察庁のモデル事業として、今年4月から、「岐阜」「埼玉」の
     両県警で試験運用されている。
     富山県警が試験の実績を踏まえ導入を検討しているのは、重量25kgで、三脚が付いた
     「可動式」と呼ばれるタイプです。
     富山県は、11月補正予算案に導入費「1080万円」を計上しました。

⑦予想される取締場所 = ・時速30Kmに規制された狭い道路
                 ・国道8号線など、主要国道

------------------------------------------------------------

この自動車運転者にとって重大な記事をスキャナーしました。
            ↓

※このプログを見られた人は、富山県にお越しの節は、「ご注意」ください !!!

今までのレーダー取締のように、レーダーを構える所には、警察官はいないと予想されます。
また、レーダーを置いた所から100m程度の場所に、違反車両を引き入れることは
ないと思われます。

したがって、レーダー探知機がきかない「狙い撃ち」は、なさそうです。
GPSレーダー探知機も、事前に警告は、無理と思われる。

常時、レーダー波を出していると思われるので、高感度のレーダー探知機が望まれる。

私が考えた対策案です。(笑わないでね !!!)
     ↓
------------------------------------------------------
①フロントガラスに、吸盤のついた望遠レンズを取り付ける、、、。
 約200mぐらい前を拡大して、タイトル画像の「小型のオービス」を早く発見する。(←夜はムリ)
②また、新型ドライブレコーダーとして、常時撮影しているカメラを画像を分析し
 「小型のオービス」と判定したら、警告音を出す。(←メーカーの開発望む)
------------------------------------------------------
上の私の案に賛同して頂ける、自動車関連グッズの開発者の方は、ぜひ開発して、
商品化を、お願いします。(期待してまーす !!!)

昭和47年に、富山県から発生したサーキット族(暴走族?)のため、
富山県に、全国で初めて「レーダー取締機」が導入されました。

今年度、全国初めて本格導入される「移動式・小型オービス」に、
富山県在住の私としては、また全国初めてかと、、、非常に困惑してまーす !!!
Posted at 2016/11/27 15:59:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | 車・関連 | ニュース
2016年11月20日 イイね!
ハロゲンフォグランプに交換しました 本日(11月20日・日曜日)に、先日
 オーションで落札していた、
 HONDA純正ハロゲンランプ(クリア)に
 自分で交換しました。
  (FIT3用の新車外しです)

← タイトル画像は、交換後の写真です。



H 8バルブ(イエロー)を、事前に取付けてあるので、
「イエローのハロゲンフォク゜ランプ」として活用します。

理由は、「パーツレビュー」にも、くわしく記載してあります。

雪が降っている時に、走行中にどんどん、本ライト(LED)と、LEDフォグランプに、
雪が付着し、LEDのため溶かす熱量が不足して、真っ暗な状態になるためです。

特に、北陸の雪は、水分が多く、雪が降ると、LED本ライトにも
LEDフォグランプにも、雪がべったり付着してしまいます。(雪質にもよるが、、、)

一冬、スキー、雪の中の通勤で判ったことは、雪国では、「ハロゲンランプ」のフォグにしないと、
ダメということです。 (シャトルは、本ライトも、LEDのため、特に必要でーす)

昨年納車時に、取付けていた「LEDフォグランプ」ですが、残念ですが、取外しました。


取外し前の「純正LEDフォグランプ」と、購入した「純正ハロゲンランプ」の写真です。
事前に、「H 8 イエローバルブ」に、「クリアー」から交換してあります。
     ↓

「純正LEDフォグランプ」を取り外した後、
 購入した「純正ハロゲンランプ」と、並べて比較した写真です。
     ↓

今回は、フォグランプ本体だけの交換なので、バンパーを外す必要はありません。
ジャキアップして、タイヤを外します。

次に、ホイールインナーを半分程度外して、フォグランプを交換します。
交換後は、ホイールインナーを、ホイール内側とバンパの下側から固定します。
タイヤを取付けて、交換作業は終わりです。(左右必要)

詳しい手順は、私のシャトルハイブリッドの「整備手帳」を参照してください !!!


FIT3の新車外しの「フォグランプ」に交換した写真です。
 (バルブは、(H 8 12V35W のイエローです 、フォグ電源OFF) 
     ↓

日中に取り付けたため、明るい黄色には見えませんが、夜になれば、大丈夫と思われます。

フォグ電源を入れて、「ハロゲンフォグランプ」に、近づいて見た写真です。
     ↓

後日、バンパーの下の穴から、「+ドライバー」で、投射距離を調整したいと思います。

フォグランプの交換作業が、無事完了しました。 (作業時間は、約2時間必要でした)
初めての体験だったので、慎重に実施しました !!!

もし、ハロゲン球が切れた時も、同様な作業が必要ですね !!!
Posted at 2016/11/20 16:58:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車・整備 | 日記
2016年11月13日 イイね!
私の天体望遠鏡 本日(11月13日)、私の天体望遠鏡で
 剣岳の頂上付近を撮影してみました。

 子供ができた時に、天体観察好きな
 子供になるようにと、約30年前に
 購入したものです。

 ・メーカー = ビクセン(Vixen)
 ・製品名  = SUPER-POLARIS-R-150S
 ・購入価格 = 約18万円(付属品含む)

 当時では、高額でしたね !!!
   (反射望遠鏡の口径15cm)
     ↓

私の子供の時は、宇宙を想像したり、天体観察が好きでした。
中学校の時に、光学レンズ(口径10cm)のキットを買って、自作の三脚で、月などを見ていました。

上の写真の天体望遠鏡は、社会人になり、お金を貯めて、やっと購入したものです。   

「月」「土星」「木星」などを、子供に見せたり、町内の子供達に見せて
約10年は使用していたと思います。

その後は、納屋の2Fの物置(現在は、AVルーム)に保管していました。

なぜ、「天体観察をしなくなったか?」と言う理由は、当時の約18万円でも
土星の輪を見るのが精一杯だったからです。

宇宙の天体を観測するには、100万円以上でないとダメと判りました。
子供を育てるのに、せいいっぱいとなり、私の趣味からは除外されてしまいました、、、、。
(フィルム写真も、一枚も撮影することなく、保管状態でした、、、)

で、、、なぜ今頃になって、天体望遠鏡を使う気になったのは、
下記の「インターネットでの記事」が、キッカケでした。
-------------------------------------------
「三菱自動車のCM」が中止に、、、撮影関係者の知識がなく、、、
反射望遠鏡が、天体を撮影ないで、「地面」に向いていた、、、と。
-------------------------------------------
写真を見ると、メーカーは、私のと同じく、ビクセン(Vixen)だと思います。
フレーム・赤道儀の色だけで、判りますね !!!

反射望遠鏡の右側(接眼レンズ、対物口)が、空に向けて設置しないとダメなのに、
ファインダーの取付も逆だし、、、対物側が、地面に向いています。
(要するに左右の向きが、逆なんですね!!!)

インターネットに掲載されていた写真です。(勝手に掲載して、すみません)
     ↓

「三菱自動車のCM記事」を見て、なぜかしら、私の天体望遠鏡は、どうなっているのかと???

「数十年使ってないな、、活用してやらないと、、、」と気持ちが動きました。

とりあえず、インターネットでいろいろ調べていたら、
コンパクトディジタルカメラでも、天体望遠鏡の接眼レンスに直接ひっつけて、
ディジタル写真が、簡単に撮影できると、、、、。

じゃ、私も実験しようということになりました。

今日は、天気がよく温かい富山県となりました。 (快晴でーす)
ドライブ日和、ツーリング日和でしたが、、、、、。

天体望遠鏡で、写真を撮ることに集中し、一日過ごすことに決定しました。

約20年間は、ナイロンの袋をかぶせて、埃が付かないようにしていただけです。
使用できる状態か? 確認してみました。
               ↓
--------------------------------------------
・三脚(赤道儀)の金属部分などに、すこしサビがでていました。
・反射望遠鏡の反射鏡(対物鏡)の淵も、ところどころシミがついていましたが、
 なんとか使えることを確認。
・接眼レンズ(4mm、5mm、9mm、20mm)も、問題ないことを確認。
--------------------------------------------
で、外へ持ち出すのはやめて(三脚を含めると、すごく重いです)、室内から撮影しました。

撮影の対象物は、私の好きな「剣岳」としました。

今日の「剣岳」です。 ← (ディジタルカメラのみで撮影、少しズームアップ)
     ↓

私は、コンパクトカメラを、2個使っています。
--------------------------------------------
①CASIO EX-S10 (10万画素、光学3倍ズーム、F= 6.3mm ~ F18.9mm 少し古い機種)
②CASIO EX-H30 (16.1万画素、光学12.5倍ズーム、F= 4.24mm ~ F53.0mm 5年前の機種)
--------------------------------------------
で、撮影できるか実験を開始 !!!

①天体望遠鏡を、窓近くに設置しました。
②肉眼で「剣岳の頂上付近」が見えるように、4個の接眼レンズを試しました。

※その結果、「20mm」でないと、ピントがあわないことが判明し、「20mm」に決定しました。

  倍率は、750mm÷20mm = 37.5倍

③その状態で、2個のコンパクトディジタルカメラを接続し、
  「ピッタリ接続」 ~ 「数cm離した接続」など、試した結果、

※「CASIO EX-S10」を、ピッタリ接眼レンズに取り付けた場合だけ、写真が撮れました。

「CASIO EX-S10」を、ピッタリ接眼レンズに取り付けた写真です。
  (片手で、カメラを支えて剣岳を撮影)
     ↓

なんとか、「剣岳の頂上付近」を撮影した写真です。
 (カメラのズームは使用せず)
     ↓

本日、天体望遠鏡と、コンパクトカメラで写真が撮れたので、うれしかったです。
なぜかしら、再利用できた感じでーす !!!

孫にも、見せてやれそうです。

今後、天体望遠鏡と、コンパクトカメラの接続方法を検討します。
アダプタが売っているらしく、安かったら購入してみます。

もう少し、試行し、撮影技術を磨き、「月」などが撮影できるようになるまで、
がんばりたいと思います。(寒くなったので、来年から本格的かな、、、???)

※うまく撮影できたら、一眼レフのディジタルカメラも、ほしくなってきそうでーす、、、。
Posted at 2016/11/13 15:00:26 | コメント(2) | トラックバック(0) | 天体望遠鏡 | 趣味
2016年11月06日 イイね!
孫といっしょに、立山山麓へⅢ 本日(11月 6日・日曜日)に、孫といっしょに
 立山山麓に行ってきました。

 今年は、2回目です。
 昨年の1回を合わせると、
 孫にとっては、3回目になります。

 昨日と違い、天候は自宅付近でも曇り空です。


 孫に、「何処に行きたい」と聞いたら、 「アルペン村と、ゴンドラに乗りたい」とのこと、、、。

 タイトル画像は、あるぺん村の動物ふれあい広場付近の駐車場です。

 下記の場所を、目的にしました。
----------------------------------------
 ・アルペン村の動物ふれあい広場
 ・立山山麓スキー場の山頂
----------------------------------------
 たまには、家族サービスしないと、、。

まずは、「アルペン村」に到着しました。
動物ふれあい広場で、「やぎ」「子馬」「ひつじ」に、えさ(100円)×2個を買って
孫の喜ぶ姿を、、、、パチリ。
     ↓

お昼も、アルペン村にて、孫といっしょに昼食を取りました。
いつもの通り、注文は、「お子様うどんセット」です。(写真ありません)

次に、「立山山麓スキー場(らいちょうバレー)」に行き、ゴンドラに乗ります。
(ゴンドラ往復料金 ⇒ 大人 = 1000円、小学生 = 500円、小学生以下 = 無料です)
今にも雨が降りそうな気配です。
     ↓

ゴンドラの中から、乗ってすぐに、撮影しました。

ゴンドラ乗場の下の方は、景色がきれいに見えましたが、
 (ゴンドラには、フィルムが貼ってあるため、画像が不鮮明ですが、、)
上に行くにしたがい、ガスってきて、何も見えませんでした。
     ↓

ゴンドラ山頂駅に到着すると、誰もいないと思っていましたが、、ビックリ !!! 国際的ですね !!!
インドネシアからの若いグループに出会いました。

いっしよに写真をお願いされたので、私のカメラでも、シャッターを押してもらいました。
     ↓

天候がよくなかったけど、孫にせがまれて、ゴンドラ山頂駅から、
遊歩道を、約700mぐらい歩いて、展望台へ向かいます。

しかし、ガスっていて展望台も、ごらんの通りでーす !!!
     ↓

ゴンドラ山頂駅で、自動販売機で飲み物を飲みながら休憩した後、
ゴンドラで下山して、シャトルで帰宅に着きました。

途中、猿の群れに会いました。(写真ありません !! 撮影失敗しました)

来年も、数回来たいと思っています。
(孫に好かれる、おじいちゃんになりきりまーす)
Posted at 2016/11/06 20:55:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車・ドライブ | 日記
プロフィール
オトきちです。 主な趣味は、 --------------------------------------- ①音 関係(オーディオ、ホームシアター)...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
17 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ シャトルハイブリッド ホンダ シャトルハイブリッド
※シャトル納車までの経過 (①~⑦) ① 2014年10月の状況 2015年の2月に ...
カワサキ Z250 カワサキ Z250
私の、ロード用バイクです。 主に、林道を走らない場合に、使用しています。 (コースに ...
カワサキ スーパーシェルパ カワサキ スーパーシェルパ
私の、オフロード用バイクです。 主に、林道を走る場合に、使用しています。 (コースに ...
ホンダ ライフ ホンダ ライフ
①2016(H28)年 8月31日(水) 納車  (1枚目の写真) 今年(H28)の、 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.