• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

けんだま((*´∀`)ノシのブログ一覧

2017年10月11日 イイね!

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート

出遅れたーガーΣ(`・ω・Ⅲ)ーン






↓↓↓
東京2020大会特別仕様ナンバープレートは、2017年10月10日から2020年11月末頃(予定)まで交付します。
なお、事前申込みは、2017年9月4日から開始します。


既に申し込み始まってたし(´°д°`)↯↯、今日ニュースで見た!って嫁から聞いて初めて知りました。。。

欲しいけど、予算が取れないのでお預けかな・・・
Posted at 2017/10/12 00:07:31 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年09月05日 イイね!

エブリイワゴン車検2回目

2017/09/05
エブリイワゴンが2回目の車検を迎えました。
走行距離 約33,000㌔




今回もまた、
車検に向けて直すところがたくさんです。





・REIZヘッドライトユニット車検非対応の為戻し
・フォグランプバルブ交換
・マフラー 純正戻し
・ホイール 戻し
・カーテン取り外し
・ウイポジ OFF
・グリル内LED OFF
・LEDリフレクター OFF(反射板貼り付け)
・サンキューホーン 車検非対応の為、OFF
・USナンバーフレーム 取り外し

車検の時は何かと面倒ですねぇ(´Д`;)






・LEDウインカーリレー そのまま
・リアテールランプ そのまま
・ウインカーバルブ LEDのまま
・ミラーウインカー表裏共に そのまま
・自作デイライト そのまま

・フロントガラス
コートテクトのまま(当たり前ですが)





デイライトはスイッチによりON/OFFが出来る機構がバレて・・・今回は「その他の灯火」扱いになりました。まぁなんとか車検はパスしました。
ε-(´∀`*)ホッ


が、しかし( 艸д゚*)
LEDリフレクターの配線がバレて・・・

車検落ちました・・・


最悪=͟͟͞͞(꒪ỏ꒪)チ───(´-ω-`)───ン



配線があると「その他の灯火」となり、地上高35cm以内はアウトみたいです。

LEDリフレクター付けてる人は注意です🚨⚡⚡

合格させる選択肢としては
1.配線を完全に見えなくした上にスイッチOFF
2.LED球を取り外す
3.リフレクターごと取り外す

前回は引っ掛からなかったのに・・・( ・᷄д・᷅ )Why?

検査官によりますね。。


今回は整備工場の機転により出戻り後に配線カットして再検査、合格を頂きましたが。
次回はリフレクターごと取り外す必要があるとのことでした。


また2年間、好き放題いじります(ω°∀°ω)
まずは現状から復帰せねば(´-ωก`)


Posted at 2017/09/07 15:25:30 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年08月03日 イイね!

インターネット中継なう

長岡花火をインターネット中継でみてます

花火で泣けます

これからも、追悼の意も込めて
続いていく事を祈ります。



Posted at 2017/08/03 20:36:27 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年06月24日 イイね!

東洋経済オンラインより。面白い記事だったので備忘録として♪

超一流の社長は、「3種類の部下」を従えている

秘書役・参謀役・補佐役が必要だ


社長に必要な部下とはどのような部下か。いろいろな部下が必要だということは言うまでもありませんが、少なくとも3種類の部下を持つことが好ましいのではないかと思います。それは秘書役的部下、参謀役的部下、補佐役的部下です。

第1の秘書役的部下とは、社長が指示したことをそのとおりに実行する、あるいは周囲に伝える部下です。社長の指示を自分流に解釈して勝手に動くような部下では、社長は自分の考えを実現できません。当然、会社全体に自らの戦略を浸透させていくことができなくなります。そのため、社長の指示に私見を入れずに伝達できる部下は貴重といえます。社長が自分の考えなり政策、戦略を社内に徹底したいと思うならば、このような秘書役的部下を持つことが必要ということになります。

次に、参謀役的部下。社長に対して積極的に助言、諫言(かんげん)できる部下です。社長の指示なり戦略には是正すべきところがある、あるいはまったく別の指示・戦略のほうが好ましいと思ったときに、参謀役的部下は「社長、その指示はこういう修正をしたほうがいいと思います」とか「その戦略は、採らないほうがいいのではないでしょうか。むしろ、このような策を採ったほうがいいのではないでしょうか」というように異論を述べることに躊躇しません。丁寧な物言いをしつつも、社長に対してきちんと別の意見を提示できる部下が、参謀役的部下といえるでしょう。

これには相当の実力と勇気が求められます。承知のように、黒田官兵衛、山本勘助、竹中半兵衛は、歴史にその名を残した名参謀として知られています。このような部下を持つことは、社長自身が「バカ殿」にならないためにも必要かつ不可欠と言えます。

社長は、参謀役的部下をつねに周囲に置くべきです。

もちろん、時に気に障ること、痛いと感じることがあるでしょう。しかし、参謀役的部下が会社を思い、とらわれずに物を申してくれているならば、素直にその部下の諫言に耳を傾ける。そのような参謀役を積極的に重用するような社長でなければ、経営者として大成しないでしょう。

次に、補佐役的部下です。社長が出した指示がつねに正しいということはありえません。人間ですから、言い間違いの指示、勘違いの政策もあります。そのとき、参謀役的部下の場合には「おそれながら殿、それは好ましくありません」と諫言するのに対して、補佐役的部下は諫言しません。社長の好ましくない政策であっても「わかりました」と言って、まったく否定しません。

そして「かしこまりました」と退出しますが、数日、数カ月、時に1年以上ということもありますが、やがて、しっかりと成果を出す。そして、社長のところに報告に来ると「社長のご指示に従って取り組んだ結果、かくかように成果を上げることができました。これも社長のお陰です」。そういうことができる部下が補佐役的部下です。

補佐役的部下は社長の「思い」に従う

秘書役的部下と参謀役的部下と補佐役的部下。いずれも重要な役割の部下ですが、そのなかでもレベルが高いのが、補佐役的部下です。優秀な補佐役を持つことは非常に難しい。しかし、補佐役的部下の有難さをいちばん痛感するのは、社長自身ということです。あっ間違ったかな、勘違いだったのかなと心のなかでフツフツと思い続けているところで、補佐役的部下が大きな成果を上げてくれるので、社長は心のなかで手を合わせて感謝する。感謝しなければ社長として失格でしょう。

なぜ社長の誤った指示を受け止めておきながら成果を出せるのか。それは、社長の指示を表面的な言葉ではなく、「思い」として受け止めているからです。会社を思う社長の願いを読み取りながら、その指示を受け止めるのです。「社長のご指示に従って」という言葉についても、ウソを言っていると思うようではあなたの成長はそこで終わるでしょう。補佐役的部下が「社長のご指示に従った」のは、社長の言葉ではなく「社長の心に従った」ということなのです。

松下幸之助さんが成功したのは、高橋荒太郎(あらたろう)さんという補佐役がいたからです。高橋さんが補佐役であったからこそ、松下さんは成功したともいえます。そのような高橋さんに感謝していた証拠に、松下さんは生前から「三家法要」を高野山で毎年営んでいましたが、その「三家」とは、当然、松下家。そして、丁稚(でっち)の頃、商いを教えてくれた五代家、加えて高橋家なのです。


いかに、松下さんが補佐役的部下・高橋荒太郎さんに感謝していたかがわかります。ホンダの本田宗一郎さんに仕えた藤沢武夫さんも名補佐役でしたし、歴史的にいえば堺屋太一の小説『豊臣秀長―ある補佐役の生涯』で一躍有名になった秀吉の弟、豊臣秀長も名補佐役であったと思います。

社長の言葉どおりに忠実に動く部下が、秘書役的部下。社長の言葉を判断する部下が、参謀役的部下。社長の言葉ではなく社長の心で動く部下が、補佐役的部下ということです。

最初の10年は「秘書役的部下」に徹してみる

このことはひとりのビジネスマンが、組織に入社してからどのような過程で成長すべきかということも示唆していると思います。

入社してから最初の10年ほどは、まず秘書役的部下に徹したほうがいいかもしれません。この時期、学ぶべきものは学ぶ、採り入れるべきものは採り入れる。とにかく上司の言うとおりに動くべきでしょう。

上司の癖を読み取り、活用の仕方を考える。そして35歳前後からは上司の指示に対して言うべきことを言っていく。敢然と諫言していく。毅然と助言していく。そして50歳前後になれば補佐役的部下へ変身していく。その結果、経営幹部になって会社全体の経営を担当する。まあ、大ざっぱな記述ですが、そう意識して自己を変化させるということも考えられるのではないかと思います。

茶道や武道などに「守破離(しゅはり)」という言葉があります。守とは、師匠の言う「型を守る」こと、破とは自分に合った型をつくり、既存の「型を破る」こと、そして、離とは型から自由になり「型から離れる」ことをいうそうですが、この言葉に倣えば「守破超」、すなわち、守とは、社長、上司の指示を「守る」こと。破とは、その指示を自分なりに吟味し、時に「破る」こと。超とは、上司の指示をその心で受け止め「超える」こと。そういうことがいえるかもしれません。

ともあれ、長たる者は、秘書役的部下と参謀役的部下と補佐役的部下を持つべきだということ。また、ビジネスマンとしての歩き方も、秘書役的社員→参謀役的社員→補佐役的社員、そして経営幹部ということも、ひとつの歩き方だということは覚えておいていいことではないかと思います。

~終わり~


私は、参謀役的部下でありたいです。
Posted at 2017/06/24 12:18:31 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年05月29日 イイね!

コートテクト、ETC通過👌🙆👌

前回のブログでETCの通せんぼについて書きましたが、その続きです。

通せんぼを受けて、ETCを見直しました。
取説をダウンロードして、取り付け方法を見直しました。



取り付けにあたり、T字のステーを買ってきまして。万力で挟んで少し折り曲げ。





そんでもって台座をビス留めしまして・・・



両面テープを貼り付けてこんな形のを用意しました。ここに本体を乗っけてフロントガラスに貼り付けます。



というのも・・・


取説によると、
こちらの商品はダッシュボード専用となっていたようでして(^ω^;);););)


アンテナの向きや角度に制約がありました。

そのため、ダッシュボード専用品をコートテクト指定箇所に配置させるとなると、少し考えなければ行けません。
指定箇所付近に配置させるためには、ステーを噛ませて取り付けないといけないかな。
アンテナを外向きに、かつ角度はスペックを守らないと反応しないのが分かりました。





そんなんがあって。



今までのこの取り付け方法だと反応しづらいと。制約に「これはダメよ」と書いてありました。
ただ、全くダメではなく、通れる時は通れたので不思議ですが。。。

って事で、アンテナは上を向かせる形で取り付け直しをしました。

角度も調整して、


だいたい20°ってとこでしょうか。




許容範囲が15°~30°となっているので、オケー👌


天地が逆になってた上、
軽バンのフロントガラスでは角度がキツくて適してないとの結論に至りました。

黄帽子のピットにも相談したら、軽バンは必ずダッシュボードに取り付けてますと言ってました。ピットの方も、フロントガラスに付けたら実際にバーが開かない事を経験したらしいです。

取り付け直しは完了したので
試しに、恐る恐る🚗💨高速に入ったら・・・

通過できました.˚‧º·(ฅдฅ。)‧º·˚.

・・・

お騒がせしてすみませんでした(ó﹏ò。)

軽バンのフロントガラスに取り付ける際は、よく考えて取り付けないとダメですね。

そもそも、フロントガラス貼り付け専用品なら手間もなく貼り付けるだけですが。今回は移設する際の見落とし(そんなスペックだとは思っていなかった)が原因でした。

以上((。´・ω・)。´_ _))
Posted at 2017/05/29 11:04:29 | コメント(3) | トラックバック(0)

プロフィール

けんだま((*´∀`)ノシです。よろしくお願いします。 少しずつ、マイペースですが。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ちょっとオーバーのオイル交換(^-^)v 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/21 23:07:35
ドアミラーウインカー・ポジション化 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/05 13:10:02
図々しいにも程がある 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/25 06:58:32

お友達

気軽にお友達に誘ってください( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧
19 人のお友達がいます
スズエブスズエブ * 老眼おやじ老眼おやじ
なんなるなんなる 道路屋道路屋
オキティマGオキティマG eshikari:SF-5eshikari:SF-5

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エブリイワゴン スズキ エブリイワゴン
いいクルマです(*´︶`*) 主に通勤用ですが、 街乗りに遠出に、燃費はアレですが・・ ...
トヨタ エスティマ トヨタ エスティマ
主に嫁が乗ってます
ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
15万㌔走りきりました(๑・㉨・๑)
トヨタ カレン トヨタ カレン
免許取って、初のクルマ。 いろんな思い出をつくらせてもらったことと、あちこち連れ回してく ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.